FC2ブログ

京のお店 今日のお品

この記事はホームページならIndexに当たります
☆ カフェ・喫茶店
東山区 cafe Amazon

☆ 公衆浴場
東山区 大黒湯(七条通)

☆ 川魚店
東山区 炭火焼うなぎ・川魚 大国

☆ そば・うどん
東山区 鴨川製麺所

☆ タイ料理レストラン
下京区 キンカーオ

☆ 茶店・和菓子匠
東山区 甘春堂本店

☆ 中華料理店
下京区 中華美食店 中光園

☆ 手作りパン屋さん
東山区 井上製パン

☆ ビールバー
下京区 CRAFT KYOTO

☆ 八百屋さん
下京区 中島商店

☆ ラーメン店
下京区 第一旭本店
東山区 ラーメンの坊歩

↑に、今後当面の記事をリンクします。
そのリンクを見て気になるお店や商品がありましたら、
そちらをクリックしてぜひ閲覧してみてください。
初めは記事の方もごくわずかですが、
時期が経つと共に記事も増えていきますので
その辺は長い目で見てください。

「京のお店 今日のお品」とは?
当面の間「京の道 今日の道」は京都市内の道案内を休止し、
京都市内の様々な店舗の紹介を繰り返します。
それらのお店と商品を一方的に勝手に宣伝します。
(さすがに、各店舗の許可は取っています)
ただ自費で商品購入しますので、
収入減少中の自分はそのうち苦しくなるかもしれません。
(更新間隔が空いたら、それが原因と思ってください)

「京のお店 今日のお品」作成の経緯
緊急事態宣言が解除されたものの、
現在京都市街地はまだまだコロナ禍で「日常」とは程遠い状態です。
このブログは京都市内の「日常」を掲載する意図もあり、
いろいろ非日常と化した場所を暢気に散策するのは
当初のこのブログの趣旨とは外れます。

また一方であちこちで人出も戻ってはいますが、
「観光公害」と呼ばれたような状態には暫くは戻らないでしょう。
自分は知己が多い方ではありませんが、
それでも経営難の店主は知り合いに多くいらっしゃいます。
例えばその店がテイクアウトを始めたとして、
そのことが周知されないと買い求める方々は増えません。
一方で、各店舗がTVなどでCMを流すのも現実的ではありません。
まぁローカルTV局がその辺頑張って
文字放送で各店舗の宣伝を流していますが、
写真や画像がない状態では宣伝の力が弱いです。
ですから、自分のようにブログなどで
特定の地方や都市の情報を発信してきた者が、
各地方の店舗や商品の情報を
伝えることに意義があるように考えます。

当面は通し番号を打ちません
この「京の道 今日の道」ブログは、
初回ブログ以降通し番号を打ってきました。
(諸事情で、一部記事は例外。番外・未分類の記事を指します)
現在は第745回ブログまで続いてきましたが、
今回ブログ以降は趣旨が異なりますので、
暫くこの通し番号を廃止します。
「コロナ騒動」が一段落して、京都市街地が落ち着いたら
また「道ブログ」を再開させる予定です。
(「大黒通」を予定しています)
通し番号も、その際に再開します。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

ラーメン専門店 本家第一旭

ホームに戻る
第一旭-1
店名:本家第一旭本店   業種:ラーメン店
営業時間:午前6時~翌午前1時   定休日:木曜日
デリバリー:なし  テイクアウト:生麺と袋詰めスープ(詳細後述)
住所:下京区高倉通塩小路下る東塩小路向畑町845
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください。)

今回から本格的に京都市内のお店を紹介するわけですが、
初めのうちはウチの近所の記事を中心に書いていきます。
今回は、自分が幼いころからの常連第一旭本店の記事を書きます。


第一旭-2
京都駅北側の正面口改札を出て、
目の前の塩小路を右(東)側へ約200m進みました。
ここで塩小路は、高倉通と交差します。
「塩小路高倉」交差点南東角で、
屋台村の崇仁新町が開店していました。
(2020年5月22日金曜日の様子です。
崇仁新町は、2020年5月末日を以って閉店されます)


第一旭-3
塩小路から、高倉通を南に向いています。
ここから急に上り坂なのは、高倉通を約150m南下すると
JRの線路に架かる陸橋の高倉跨線橋に到達するからです。
ちなみに、ここより南の高倉通沿いを「たかばし」と呼びます。
(高倉跨線橋の様子は、第400回ブログを参照)


第一旭-4
塩小路から、高倉通を約50m南下しました。
「たかばし」の上り坂の途中に、
京都市を代表するラーメン店が開店していました。
手前(北)側が新福菜館で、奥(南)側が第一旭本店です。
数カ月前までどちらの店にも長い行列ができていましたが、
2020年5月段階ではどちらも待たずに入れました。
では、第一旭本店に入店します。


第一旭-5
店内は、半分程度の入りでした。
改装されて以前より座席数が減っていますが、
壁やメニュー表・厨房の様子はいつも通りでした。
自分は、いつものカウンター席に座ります。

こちらは「コロナ騒動」以前から、
生麺とスープを袋詰めにして持ち帰りが可能でした。
またウチのように近所なら大きな鍋を持って行って、
その中に2人前のラーメンを入れてくれたりもします。
(もちろんその後は、自分で自宅まで持ち帰ります)
今回は、普通に食べて帰ります。


第一旭-6
そうこうしているうちに、ラーメンが来ました。
以前ならラーメンが来る前にキムチを肴にビールを飲みましたが、
脳出血を患って以来それはやめています。
(以前の様子は、第400回ブログ参照)
自分は、ここではいつも750円の普通のラーメンを注文しています。
こちらのメニューに載る写真と多少違うのは、
「もやし多め」をこちらにお願いしているからです。
(その際の追加料金は、発生しません)
自分はこのシャキシャキした太めのもやしが大好物で、
いつももやしをスープに浸けてから先に食べます。


第一旭-7
先にもやしだけ食べると、こうなります。
……と言いますか、これがこちらの標準的なラーメンです。
鉢一面に叉焼が入っているように見えますが、
実際はスープに沈んでいたりネギに隠れていたりして
写真よりさらに多く叉焼が乗っけられています。
少し料金高めの特製叉焼麺もあるのですが、
安めの普通のラーメンでもこのくらい叉焼が入っています。
ですから、自分はいつも普通のラーメンを注文しています。


第一旭-8
ラーメンを食べている途中で、
白飯の小(100円)を追加注文しました。
ご飯に載っている沢庵は、常識の範囲内で食べ放題です。
(まぁ2枚か3枚というのが常識でしょうか?)


第一旭-9
白飯(小)に、ラーメンのスープをかけます。
そのまま飲むのもいいですが、
個人的にはこの方がスープを堪能できます。
こちらは、醤油ベースの脂が浮かない澄んだスープです。
塩味と脂身の薄いこの味は、京都人の好みですね。


第一旭-10
約30分かけて、こちらのラーメンを完食しました。
自分はこのスープが好物なので、1滴残さず戴きます。
では、合計金額850円を支払って帰宅します。

「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまな業種のお店一覧に戻ります。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

鴨川製麺所(旧:萬三)

ホームに戻るkamogawa-1.jpg
店名:鴨川製麺所   業種:手打ちうどん店
営業時間:午前11時~午後9時   定休日:不定休
デリバリー:なし   テイクアウト:あり(詳細後述)
住所:東山区七条通川端通東入日吉町228
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください。)


kamogawa-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、206系市バスや208系市バスなど
七条通を東へ進む市バスに乗って、約10分。
こちらの「京阪七条」バス停で降りました。
……と言う設定で、こちらのバス停を撮っています。
(実際は、ウチの近所のバス停です)
この辺りから最東端の東大路までの七条通は、
近年観光化が進んで飲食店が増えてきました。
今回も、その中の1軒にお邪魔します。


kamogawa-3.jpg
その「京阪七条」バス停で、西を向きました。
赤いポストの前に、ラーメンの坊歩が建っていますね。
その先約20m先で、七条通は川端通と交差します。
そして「七条川端」交差点に、
京阪電鉄「七条」駅に通じる下り階段があります。
(「七条」駅以北の京阪電鉄は、ずっと地下鉄です)
さらに「七条川端」交差点より西は、鴨川に架かる七条大橋です。
この辺りは鴨川より東なので、「鴨東」(おうとう)と言います。


kamogawa-4.jpg
「七条川端」交差点まで進み、七条通南側歩道へと渡ります。
目の前にハンバーガーショップのマクドナルドが見えますが、
2Fからの眺めがとてもきれいなので、自分のお気に入りです。
(第408回ブログを参照)


kamogawa-5.jpg
川端通で七条通を南側歩道へ渡り、
マクドナルドの前で東を向きました。
次は、ここから七条通を東に進みます。


kamogawa-6.jpg
「川端七条」交差点から、七条通を東に約20m進みました。
先程のバス停のちょうど真向かいに、
今回お邪魔する鴨川製麺所があります。


kamogawa-7.jpg
こちらが、手打ちうどん専門店鴨川製麺所です。
実は2020年のGW中の緊急事態宣言真っ最中に
開店した相当新しいお店です。

とは言え、この位置には元々「萬三」(まんぞう)という
手打ちうどんも出す居酒屋さんが、30年以上建っていました。
こちらは、その当時から同じ店主が経営されています。
つまり、うどんも出す居酒屋さんが
手打ちうどんにより特化する形で新装開店された感じですね。


kamogawa-8.jpg
こちらは、鴨川製麺所の店頭の一角です。
新装開店祝いの蘭の飾りの前に、レジ袋が並んでいます。
こちらは、聖護院大根や九条ネギなど京野菜の福袋です。
いろいろ詰め合わされていて、一袋560円です。
自分はときどきこの前を通るのですが、
袋の中身がよく入れ替わっているので、
おそらくたくさん売れているのでしょう。
また店に入ったところにカウンターがあって、
そこで注文すればテイクアウトも可能のようです。
自分がこちらで食事している間に、
数名の方々が買い求められていました。


kamogawa-9.jpg
自分はここで頂くつもりでしたので、
店頭でうどんを注文して店の奥に入っていきました。
こちらは食事の前に料金を支払するシステムなのですが、
うどんを購入してレジに向かう前に、こちらの天ぷらに遭遇します。


kamogawa-10.jpg
こちらは、その天ぷらの左側です。
左から、南瓜・レンコン・牛蒡・サツマイモ・舞茸・竹輪です。
竹輪は80円しますが、他はどれも50円です。


kamogawa-11.jpg
続いて、カウンター右側の天ぷらです。
左から、えび天・いか天・かき揚げです。
えび天は180円でイカ天は100円ですが、
かき揚げの価格はよく覚えていません。


kamogawa-12.jpg
レジで精算を済ませた後、こちらのテーブルに座りました。
この時点でお客さんは自分一人だけでしたが、
食べ終わるころには席は半分くらい埋まってしまいました。


kamogawa-13.jpg
こちらが、この時自分が注文したものです。
うどんと天ぷら合わせて、750円でした。


kamogawa-14.jpg
鴨川製麺所では出汁が張ってあるうどんも出しますが、
自分はこの「ざるうどん」が好きです。
こちらのうどんは粘りとこしが強いのが特徴で、
ちょっと讃岐うどんと似た食感です。
ですからこういう食べ方が、個人的には気に入っています。
(他には、釜揚げうどんとか)


kamogawa-15.jpg
さらに、自分は天ぷらも頼んでいます。
手前はえび天ですが、奥は左からレンコン・舞茸です。
お気づきかもしれませんが、食感で選びました。


「京のお店 今日のお品」トップに盛りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまな業種のお店の一覧に戻ります。

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

空豆地蔵の大黒湯(七条通)

ホームに戻る
sitidaikoku-1.jpg
店名:大黒湯   業種::公衆浴場
営業時間:午後3時半~午後11時半   定休日:土曜日
浴槽:深い浴槽・浅い浴槽・薬湯・水風呂
住所:東山区七条通本町西入ル本町新6丁目216-5
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


sitidaikoku-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、206系市バスや208系市バスなど
七条通を東に進む路線に乗って約10分。
こちらは、京阪電鉄「七条」駅最寄りの「京阪七条」バス停です。
豊国神社三十三間堂などの神社仏閣のおかげで、
ここから東の七条通もだいぶ観光地化されてきました。
今回も、ウチの近所を散策して大黒湯にお邪魔します。
サウナの梅湯と並んで、自分がよく通っている公衆浴場です。


sitidaikoku-3.jpg
「京阪七条」バス停前で、七条通を東に向いています。
約50m東に進むと、七条通は鞘町通と交差します。
鞘町通は約800m北上すると、宮川筋と改名します。
「七条鞘町」交差点北東角に、
ワッフルやホットケーキが美味しい喫茶店
cafe Amazonが建っています。(第149回ブログ参照)


sitidaikoku-4.jpg
鞘町通から、七条通を東に向きました。
辺りは市街地ですが、ここより東に進むと
東山の斜面が始まって少しずつ上り坂となります。
また約70m先の本町通に辿り着く手前に、
「大黒湯」という看板が見えますね。


sitidaikoku-5.jpg
鞘町通と本町通とのちょうど中間の七条通沿いに、
公衆浴場の「大黒湯」があります。
ちなみに、京都市東山区には約800m北の
六原裏門通沿いにも「大黒湯」という公衆浴場があります。
(第151回ブログを参照)
七条通沿いの「大黒湯」の東隣には、
最近立ち呑み屋さんが開店されています。
緊急事態宣言が開けて、こちらもまた賑わっています。


sitidaikoku-6.jpg
七条通で北を向き、「大黒湯」の暖簾をくぐりました。
ここから北に、細長く店庭が伸びています。
典型的な「ウナギの寝床」(京町家の別名)ですね。
公衆浴場自体はこの店庭の奥ですが、
このうなぎの寝床と言いますか店庭には、
公衆浴場を利用する方々が自転車を駐輪されています。
そして、その手前には空豆地蔵がいらっしゃいます。


sitidaikoku-7.jpg
空豆地蔵前に自転車を駐輪された方が帰られたので、
正面から空豆地蔵を撮り直しました。
京都市街地には各町内にお地蔵さんがいらして
地蔵盆が取り仕切られますが、
こちらはそういうお地蔵さんとは異なります。


sitidaikoku-8.jpg
空豆地蔵の祠を大写ししました。
左手に写っているのは、木製のおりんです。
こちらのお地蔵さんに願かけをしてお祈りした後、
その願いがかなえられたら
このおりんの中に炒った空豆を供えます。


sitidaikoku-9.jpg
空豆地蔵の脇から、店庭を北に向いています。
突き当りのプレハブは、お客さん用のトイレです。
左(東)側の暖簾をくぐると、大黒湯の脱衣所に繋がっています。
左(北)側が男湯で、右(南)側が女湯です。
まぁ他の場所同様にそちらの番台でお金を払って
脱衣所で服を脱いだ後お風呂場に移動します。
こちらは公衆浴場ですから、ここから先の写真はありません。

こちらの浴槽は、他の公衆浴場よりも水温が高いのが特徴です。
特に深い方の浴槽は、慣れていないとちょっと熱いかもしれません。
お勧めは、先ず薬湯に入ることです。
こちらは、深い浴槽ほど高温ではありません。
薬湯に入ることで水温に慣れつつ身体をほぐし、
数分後に深い浴槽に移動します。
すると、少々熱くても気にせずに入れます。

端午の節句(5月5日。「こどもの日」の別名)の菖蒲湯が
実施されるのは年によって異なりますが、
冬至(12月20日ごろ)の柚子湯は毎年行われます。
ただし、柚子湯は深い浴槽で行われます。
薬湯の方ではありませんので、ご注意ください。

「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまな業種のお店一覧に戻ります。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

井上製パン

ホームに戻る
inoue-1.jpg
店名:井上製パン   業種:手焼きパン屋さん
営業時間:午前7時~午後7時 定休日:日曜日・毎月第3月曜日
デリバリー:なし    喫茶スペース:なし
住所:東山区七条通鞘町東入ル日吉町221
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


kamogawa-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、
206系や208系など七条通を東へ向かう市バスに乗って約10分。
こちらは、「京阪七条」バス停を東に向いています。
この辺りから七条通最東端の智積院辺りまで、
ここ数年で一気に観光地化されてきています。
そういう訳でこの辺りは近年飲食店が増えているわけですが、
今回はずっと以前からこの地にあるパン屋さんを紹介します。


kamogawa-3.jpg
「京阪七条」バス停から、七条通を西に向きました。
赤いポストの前に、ラーメンの坊歩が建っています。
さらに約20m先で、七条通は川端通と交差します。
この辺りから、地下鉄となる京阪電鉄の「七条」駅へ
降りる階段がありますね。
さらに川端通以西には、鴨川に架かる七条大橋が伸びます。
その辺りが、京都市東山区と京都市下京区との区境です。


kamogawa-4.jpg
「四条川端」交差点で、南を向いています。
横断歩道の向こうには、左(東)側のマクドナルド京阪七条店と
右(西)側の京阪電鉄「七条」駅に通じる階段が見えますね。
ではこちらを渡り、七条通南側歩道に移動します。


kamogawa-5.jpg
横断歩道を南に渡り、川端通から七条通を東に向いています。
次は、こちらを進んでいきます。


inoue-6.jpg
川端通から、七条通を東に約20m進みました。
目の前に鴨川製麺所が建っていますが、今回は素通りします。


inoue-7.jpg
鴨川製麺所から、七条通をさらに約30m東に進みました。
ここで七条通は、鞘町通と交差します。
右(南)側にシャッターが閉まっているお店が見えますが、
こちらは生マッコリを出す京都で唯一の居酒屋です。
ただここ最近のコロナ騒動以来閉まったままで、
張り紙なども一切ありません。
もう店を閉じられたのでしょうか?


inoue-1.jpg
鞘町通から、七条通を東に約20m進みました。
ちょうど向かい(北)側に、大黒湯が建っています。
集酉楽サカタニの東隣が、手作りパン屋さんの井上製パンです。
数年前までイノウエベーカリーという屋号だったのですが、
改装を機に屋号も変わりました。


inoue-8.jpg
以前のイノウエベーカリーだったころは
どちらかと言えば食パンに特化したお店でした。
今も当時のままの食パンをこの店で購入できますが、
どちらかと言えば今はお菓子パンや焼き菓子に特化したお店です。
ですから、今回もこの4品を購入しました。


inoue-9.jpg
こちらが、自分食べた2品です。
左がフィナンシェ(120円)で、右がマンゴータルト(230円)です。
フィナンシェは、バターの香りと
しっとりとした感じが堪能できます。
マンゴータルトは、多分ドーナツ生地をパン窯で焼いたものです。
マンゴージャムは丁寧に煮込まれていて、
ゴロゴロと大きな果肉が残っているので、
マンゴーの果実を生のまま齧っているかのような食感と
果肉由来の濃厚な甘みが口全体に広がります。


inoue-10.jpg
さらにこちらはウチの母が食べた2品です。
左側がリンゴのプチタルト(160円)で、右側がマフィン(90円)です。
リンゴのプチタルトのタルト生地がとにかく固かったそうで、
タルト生地は固いものが好きなウチの母は満足していました。
こちらのリンゴジャムも丁寧に煮込まれているので、
果肉のゴロゴロ感と濃厚な果肉の甘味は、
先程のマンゴータルトと同じようです。
マフィンはカップケーキのような味わいで、
散りばめられたチョコチップが独特の風味を出しています。


inoue-11.jpg
また、井上製パンはお惣菜パンも充実しています。
また別の日に取材して、焼きそばパン(170円)を買いました。
写真でもわかるように、中には洋葱などの野菜が
焼きそばの中に入っています。
通常この手の焼きそばパンの焼きそばは
そばだけを炒めてソースを掛けただけなのですが、
(たまに青のりや紅ショウガが入っていれば良心的なほう)
こちらの焼きそばはとても丁寧に作られています。
先程のジャムの煮込み方もそうですが、
こちらの井上製パンはパンに入る具材を
本当に1品1品丁寧に作られています。


inoue-12.jpg
2020年6月9日火曜日に、さらにこちらを買いました。
ウチの近所のチロルが2020年4月末で店を閉じられたので、
こちらには最近よく通っています。
(チロルの詳細は、第684回ブログ参照)


inoue-13.jpg
レジ袋の中は、230円の食パン1斤です。
焼き立てですので、透明の袋の上部は閉じていません。
その場で6枚切りにしてもらったので、
食パンの端は頼んで残していただきました。
ここが食パンのいちばんおいしい部分ですよね。

「京のお店 今日のお品」のトップに戻りたい方は、
こちらをクリックしてください。
さまざまな業種のお店が検索できます。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

ラーメンの坊歩

ホームに戻る
boufu-3.jpg
店名:ラーメンの坊歩   業種:ラーメン店
営業時間:午前10時~午後11時半   定休日:特になし
デリバリー:なし   テイクアウト:唐揚げ&焼き豚
住所:東山区七条通川端東入ル下堀詰町236
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


boufu-1.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、206系や208系など
七条通を東に向かう市バスに乗って、約10分。
こちらは、京阪電鉄「七条」駅に近い「京阪七条」バス停です。
ここから東の七条通沿いには神社仏閣が多いこともあって、
ここ数年一気に観光地化してきた地域です。
そのため、この辺りにも急に飲食店が増えてきました。
今回も、その中の1軒にお邪魔します。


boufu-2.jpg
今度は「京阪七条」バス停前で、西を向きました。
郵便ポストの前に、今回ブログのメイン
「ラーメンの坊歩」が建っています。

ラーメン店としてはちょっと変わった構造の建物ですが、
こちらは数年前まで本屋さんでした。
また書籍以外のものもいろいろ売られていた店で、
手前(東側)のショーケースは
かつてその本屋さんが煙草も売っていた名残です。
また、その本屋さんは近隣の京都国立博物館の前売り券や
果ては葉書や切手までも売っていました。


boufu-4.jpg
ラーメンの坊歩の店内に、入ってみました。
自分は、いつもカウンターのいちばん奥のこの席に座ります。

こちらの席に座ると、水の代わりにこの烏龍茶が出されます。
ちなみにこの写真の左端にポットの底が写り込んでいますが、
そのポットにも水ではなく、烏龍茶が入っています。
(ポットの烏龍茶は、セルフサービスで飲み続けられます)


boufu-5.jpg
注文してから、約10分経ちました。
すると、こちらがほぼ同時にやって来ました。
では調味料の下の引き出しを開けて、
割りばしを取り出しこちらを頂きます。


boufu-6.jpg
先ずこちらが唐揚げです。
1人前に見えますが、これで半人前サイズです。(350円です)
つまり、1人前はこの2倍の量です。(そちらは、650円です)
まぁ自分にはこれで十分ですね。
鶏肉を適当な大きさに切った後、塩や醤油以外にも
おそらく味噌も混ぜて漬け込んでいます。
マヨネーズが添えられていますが、
何も付けなくてもしっかり濃厚な味がします。
また、これとは別に唐辛子味の唐揚げもあります。
(実は、その唐辛子味がこちらの名物です)
こちらは、おそらく鶏肉を漬けこむ際に豆板醤も入っています。

また、ラーメンの坊歩では
唐揚げと焼豚の盛り合わせの持ち帰りが可能です。
どちらも酒の肴にもご飯のおかずにもなりますね。
自分が食べている間にも、
唐揚げが2人前持ち帰りで注文されました。


boufu-7.jpg
そして、こちらが鶏ガラ白湯ラーメンです。(650円)
鶏ガラ白湯スープをベースに、豚の背脂が結構入っています。
見た目は淡白そうですが、実は相当濃厚な味がします。
またこちらのラーメンには、切り刻んだ九条ネギが添えられます。
収穫された九条ネギは青い部分と白い部分が半々なのですが、
このラーメンの坊歩では九条ネギの白い部分しか添えられません。
ラーメンの麺をすすり濃厚な白湯スープを飲みながら、
時折切り刻まれた九条ネギを生で齧るのが、自分の好みです。


boufu-8.jpg
約30分かけて、唐揚げとラーメンを頂きました。
こちらもオリジナルの鉢なので、「坊歩」のロゴが見えますね。
この後会計の際に紙製カードにスタンプを押してもらいながら、
このブログを書く許可を頂きました。


bouhu-11.jpg
それで、こちらがそのカードです。
このブログと営業時間の表記が異なりますが、
コロナ騒動で営業時間が変更されてところも多いので、
こちらも同様なのでしょうか?


bouhu-12.jpg
こんなふうに、スタンプを集めています。
現在は、スタンプは6個集まってます。
ラーメン1杯で、スタンプ1個もらえます。
10個でラーメン1杯が無料ですね。


「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまな業種のお店を検索できます。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

炭焼きうなぎ・川魚 大国

ホームに戻るokuni-1.jpg
店名:炭焼きうなぎ・川魚 大国   業種:川魚店
営業時間:午前9時半~午後5時半   定休日:日曜日
デリバリー:なし   飲食スペース:なし
住所:東山区正面通本町西入ル本町新5丁目146
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


okuni-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、206系や208系など
七条通を東へ進む市バスに乗って、約10分。
こちらは、京阪電鉄「七条」駅に近い「京阪七条」バス停です。
今回は、おそらく京都市街地にしか存在しない業種である
川魚屋さんにお邪魔します。
京都では、魚屋さんを海水魚の店と淡水魚の店で区別します。


okuni-3.jpg
「京阪七条」バス停から、七条通を東に向きました。
もう100mほど東の大和大路沿いに
三十三間堂京都国立博物館が建っており、
この辺から東の七条通沿いが近年観光地化されています。
ただ今回紹介のお店は、どちらかと言うと地元民のお店です。


okuni-4.jpg
「京阪七条」バス停から、七条通を約50m東に進みました。
「七条鞘町」交差点北東角に、このブログで度々訪れた喫茶店
cafe Amazonが建っています。
(第149回ブログを参照)


okuni-5.jpg
七条通から、鞘町通を北に向いています。
京町家も建ち並びますが、町工場も並んでいます。
次は、こちらを北上します。


okuni-6.jpg
七条通から、鞘町通を約200m北上しました。
ここで鞘町通は、正面通と交差します。
通常の「京の道 今日の道」なら
鞘町通の様子をゆっくり取材するのですが、
今回ブログの趣旨からそちらは省略します。
東(西)側に京都美術工芸大学体育館がありますが、
現在そちらは改築工事中です。
右(東)側は、老舗料亭の道楽です。
鴨川が近いということもあって、川魚専門の料亭ですね。


okuni-7.jpg
鞘町通から、正面通を東へ向いています。
目の前の料亭道楽は、この正面通から入ります。
できればここに入って取材してみたいのですが、
自分の所持金からそれは難しいですね。
では、正面通をこのまま東に進んでいきます。


okuni-8.jpg
鞘町通から、正面通を約30m東に進みました。
先程の写真の裏(東)側に、今回ブログのメイン
「炭焼きうなぎ・川魚 大国」があります。
業種的には、川魚店に属します。
先述のように、京都では魚屋さんを海水魚の店と
淡水魚の店とに区別します。
海水魚を売る店は海鮮魚店、淡水魚を売る店は川魚店と呼びます。


okuni-12.jpg
こちらをブログに掲載する許可を頂いた際、
店頭のショーウィンドウも撮影させていただきました。
上の段にはウナギの八幡巻とアユの塩焼きが、
下の段にはさまざまな大きさのウナギの蒲焼が並んでいます。
川魚店と言えば、先ずはウナギとアユですよね。


okuni-11.jpg
そのショウウィンドウの脇にも、こちらの商品も売られていました。
実は、店主がわざわざ自分のために並べ直されました。
いつもお話して思うのですが、
こちらの店主はとても温厚で親切な方です。
手前がウナギの肝を別に炭火で焼いたものです。
そのままでも食べられますが、お吸い物に入れてもおいしいですね。
その奥は左から生シジミ(生きています)とアユの飴炊きです。
いちばん奥が左からコイの洗い(一種のお刺身)と
小アユの飴炊き、ウナギの時雨煮ですね。
どちらも、初夏の川魚屋さんの定番ですね。
この中では、生シジミがよく売れていました。
初めは写真の倍以上の量があったのですが、
自分が店主とおしゃべりしているうちに、ここまで減りました。
買い求められたのは、飲食店の料理人が多かったようです。

本当は自分はエビ豆(川エビと大豆の煮もの)が欲しかったのですが、
川エビは涼しくなる中秋以降でないと獲れません。


okuni-9.jpg
結局、自分はこちらを購入しました。
シジミの佃煮(350円)です。
こちらが最後の1パックでしたので、
先程の写真には写っていません。



okuni-10.jpg
そのシジミの佃煮を鉢に盛ってみました。
1粒1粒貝類独特の旨味があって、
ウチの母も相当気に入りました。
ご飯のおかずでももちろん美味しいのですが、
おにぎりの中心にこちらを1粒入れるのも絶品です。


okuni-13.jpg
シジミの佃煮を数日で食べ切ったので、
数日後にまたこちらで買い物をしました。
今度は包装紙に包んでいただきました。


okuni-14.jpg
包装紙を開けました。
今回は、モロコの飴炊き(700円)を頂きました。
モロコとは琵琶湖固有種の小魚で、
琵琶湖に近い京都市民は相当昔から好んで食べてきました。


okuni-15.jpg
モロコの飴炊きも、鉢に移しました。
こちらは、今は亡き祖父の好物でした。
モロコが1匹ずつきちんときちんと形状を保っているのは、
こちらの店主の腕前の面目躍如です。


okuni-16.jpg
モロコは、体長約8㎝の小魚です。
店主に軟らかく煮て頂いたので頭や骨ごと食べられますが、
おにぎりの具にするにはこの形状を崩さないといけません。
(せっかくのきれいな形状が、勿体ないです)
ですから「ご飯の友」として、普通に頂きます。
もし自分が脳出血を患っていなかったら、
酒の肴としていたのですが……

「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまな業種のお店を検索できます。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

CAFE アマゾン

ホームに戻る
amazon-1.jpg
店名:cafe Amazon   業種:カフェ・喫茶店
営業時間:午前9時~午後5時   定休日:水曜日
デリバリー:なし   テイクアウト:あり(詳細後述)
住所:東山区七条通鞘町通東入ル下堀詰町235
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


amazon-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、206系や208系など
七条通を東に進む市バスに乗って、約10分。
こちらは、京阪電鉄「七条」駅に近い「京阪七条」バス停です。
ちょうどここから祇園方面に進む206系市バスが停まっていますね。
約100m先に三十三間堂京都国立博物館が建ち並んでおり、
この鴨東地区は近年急速に観光地化された地域です。
今回紹介するお店は自分が生まれる前からありましたが、
近年観光客に人気があって有名になった喫茶店です。


amazon-3.jpg
「京阪七条」バス停から、七条通を東に向いています。
以前はこの辺り一帯が商店街だったのですが、
今は観光地化されて飲食店の割合が増えています。


amazon-4.jpg
「京阪七条」バス停から、七条通を約50m東に進みました。
ここで七条通は、鞘町通と交差します。
その「七条鞘町」交差点北東角に、今回ブログのメイン
cafe Amazonが建っています。
創業50年以上の喫茶店ですが、ブログやSNSなどの記事によって
ここ数年テレビなどの露出が急に上がったお店ですね。


amazon-5.jpg
cafe Amazonに入店すると、すぐに2Fに通されました。
そして2Fに上がると、窓際のカウンターに案内されました。
窓の外には、七条通南側歩道が見えます。
目の前のコンビニエンスストア2Fに集酉楽サカタニが見えますが、
その左(東)側のビル1Fに井上製パンが入っています。


amazon-6.jpg
cafe Amazon2Fには自分以外にも4人家族がいらして、
カレーやサンドイッチなどを注文されてました。
ちょうどお昼時で、ランチメニューがこの時間割引中でした。
さて、入店から15分ほどしてこちらがやって来ました。
自分はランチメニュではなく、
ティータイムで出てくるようなものを注文しました。


amazon-7.jpg
先ずは、こちらです。ブレンドコーヒー(420円)です。
ただし400円以上のものを同時に注文すると、
セットメニュー扱いとなり350円に値引きされます。
こちらの珈琲は産地別に様々な品種があるのですが、
セットメニューの値引きに魅かれてブレンドを注文しました。
いつもはブラックコーヒーを頂くのですが、
この日は目の前のクリームも入れてみました。


amazon-8.jpg
そして、こちらはセットメニューのホットケーキ(400円)です。
先に切られているので、ナイフは付いていません。
他店と比較してメイプルシロップの量が多いので、
(あくまで個人の感想です)
自分は先にシロップを掛けてしばらく放置します。
すると上の段に浸み込まなかったシロップが溢れて、
いったん皿の上にこぼれます。
それをさらに放置すると、
だんだん下の段のシロップを吸い取り、
メイプルシロップ味のホットケーキの出来上がりです。
そうしてからホットケーキにホイップクリームを塗り込み、
それを1片1片フォークに刺していただきます。
これがとても甘くて、蕩けるような食感を楽しめます。


amazon-9.jpg
約30分かけて、こちらを頂きました。
本来ならこれで820円ですが、
先述のセット料金で750円に値引きされています。
最後にこちらの店のブログ掲載の許可を快諾して頂き、
セット料金の会計を済ませました。


149-7.jpg
2013年8月27日火曜日にも、こちらに訪問しています。
そのときには、ワッフルとのセットメニューを注文しました。
(第149回ブログを参照)
セットメニューなので、両方合わせて
こちらもブレンドコーヒー値引きの750円です。
こちらの目玉商品はコーヒーなのですが、
個人的にはこのようにメイプルシロップを掛けるデザートが、
こちらのいちばんの「推しメニュー」です。

~2020年6月25日木曜日 訂正~
「こちらのcoffe Amazonは、テイクアウト無し」
当初そう記述していたのですが、
この日再訪してみたところテイクアウトの項目が
七条通側の壁に張り出してあるのを見つけました。
そちらによると、コーヒーは一通りテイクアウト可能で、
他にはトーストとサンドイッチもほぼ全種類
持ち帰りが可能のようです。

「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
こちらをクリックしてください。
さまざまなお店の検索が、可能です。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

甘春堂 本店

トップに戻る
kanshun-1.jpg
店名:甘春堂   業種:茶店・和菓子匠
営業時間:午前9時~午後6時
定休日:なし(毎年元日・1月2日は休業)
オンラインショップ:あり(詳細はホームページ)
喫茶スペース:なし(約200m東の東店には喫茶スペースあり)
住所:東山区川端通正面下ル上堀詰町292-2
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


kanshun-2.jpg
京都駅前北側市バスターミナルから、206系や208系など
七条通を東に向かう市バスに乗って、約10分。
こちらは、「京阪七条」バス停です。
約200m東に京都国立博物館三十三間堂などが建っており、
近年急速に観光地化が進んでいる地域です。
今回は、この辺りで150年以上前から続く和菓子匠に向かいます。


kanshun-3.jpg
「京阪七条」バス停から、七条通を西に向いています。
目の前の赤いポストの脇に、ラーメンの坊歩が建っています。
ただ今回はこのラーメンの坊歩を素通りして、
さらに50m西の「七条川端」交差点に向かいます。


kanshun-4.jpg
「京阪七条」バス停から西に約50m進みました。
ここで、七条通は川端通と交差します。
川端通は、鴨川東岸沿いに南北に伸びる道です。
この横断歩道を西に渡った先の七条大橋の向こう(西側)は、
京都市東山区鴨東地区から京都市下京区菊浜地区に移ります。


kanshun-5.jpg
七条通から、川端通を北に向きました。
目の前に、京阪電鉄「七条」駅4番出口が見えますね。
京阪電鉄の路線は、この「七条」駅以北が地下鉄に変わります。
一見行き止まりですが、とりあえず目の前の
地下に通じるエレベータの北側に回り込みます。


kanshun-6.jpg
地下にある京阪電鉄「七条」駅へ通じるエレベータの
北側に回り込んでみました。
すると目の前の京阪電鉄「七条」駅4番出口の右(東)側に、
川端通の北側に抜ける下り坂が見えます。
次は、こちらの下り坂を進みます。


kanshun-7.jpg
京阪電鉄「七条」駅4番出口脇の坂道を下り切り、
川端通を北を向いています。
この辺りの川端通の道幅がせまいように見えますが、
こちらが元々の川端通です。
現在の川端通には約30年前まで琵琶湖疎水が流れていて、
この道幅のせまい川端通は当時からこのまま存在していました。
(この辺りの琵琶湖疎水は、現在暗渠化しています)
4車線の川端通に対して、こちらは旧川端通と呼ばれています。
では、ここからこの旧川端通を北上します。


kanshun-8.jpg
七条通から、旧川端通を約100m北上しました。
ここで旧川端通は、大通りの川端通に吸収されます。
(旧川端通は、正面通以北で復活します)
右(東)側に見える京都美術工芸大学東山キャンパスは、
既に授業を再開されています。
ガラス越しに、寛いでおられる学生さんが数名見受けられました。


kanshun-9.jpg
先程の位置から、川端通をさらに100m北上しました。
京都美術工芸大学東山キャンパスの北隣に、
今回ブログのメイン甘春堂本店が建っています。


kanshun-10.jpg
横断歩道を渡り、鴨川東岸(川端通西側歩道)から
今回ブログのメイン甘春堂本店の全体像を撮りました。
こちらは、川端通と正面通との交差点の南東角に当たります。
1865年以来、創業150年以上の老舗和菓子匠です。


kanshun-11.jpg
こちらは、甘春堂本店のショーウィンドウです。
子猫の置物の脇に白い茶碗が飾ってありますが、
茶壽器(ちゃじゅのうつわ)という甘春堂の象徴的な和菓子ですね。
実際に器型の菓子で抹茶を点てて飲んだ後、齧って食べられます。


kanshun-12.jpg
さすがに、店内の写真はありません。
代わりに、持ち帰った紙袋を撮影します。
先述の通り本店には喫茶スペースがないので、
他のお客さんも撮ってしまう可能性から、店内の撮影を止めました。


kanshun-13.jpg
こちらが、その紙袋の中身です。
季節柄、グラスに入った冷たいお茶で頂きました。


kanshun-14.jpg
この袋の中のお餅を撮ろうとしたのですが、
上手くピントが合わずこの写真しか載せられませんでした。
こちらは大仏餅で、16世紀末の豊臣秀吉政権以来この辺の名物です。
大仏餅の大写しをご覧になりたい方は、
ここをクリックしてください。
現在の甘春堂の象徴的和菓子は茶壽器ですが、
元々はこの大仏餅が甘春堂の象徴でした。


150-9.jpg
2013年9月1日には、こちらを購入しました。
甘春堂の和菓子で、満月を見上げるウサギを描いて遊んでみました。
手前のウサギは干菓子で、奥の満月は麩菓子です。
ちなみに、中央のシメジは有平糖(あるへいとう)です。
個人的にはこういう抹茶とともに頂く菓子にこそ、
甘春堂の真骨頂があると思っています。


615-42.jpg
さらに2018年11月23日には、こちらを購入しました。
左端の波模様は有平糖で、残りはすべて干菓子です。
有平糖は日本人が飴を作り始めた安土桃山時代そのままの菓子で、
江戸時代にさかんになった金平糖や飴細工の原型です。
手間暇と高度な技術が必要な割に需要がないので、
もう作られない和菓子匠も多いのですが、
甘春堂はこだわりを持って作り続けられています。
こういうところに、この甘春堂和菓子職人の誇りを感じますね。

~2020年7月1日撮影~
kanshun-20.jpg
2020年6月30日火曜日に、こちらを購入しました。
では、こちらの包装紙を外します。


kanshun-21.jpg
中からは、水無月が出てきました。
名古屋などで食される外郎(ういろう)という生菓子と、
ほとんど同じ原材料と製法で作られています。
外郎との違いは小豆を上部に並べて葛で固めたところでしょうか?
こちらは水無月の名の通り、毎年6月30日の
夏越の祓い(なごしのはらい)の後に食べられる生菓子です。
京都市内の多くの和菓子店では夏場に作られますが、
この甘春堂では毎年6月限定で販売されます。


kanshun-22.jpg
甘春堂の水無月は1片230円ですが、5片セットで1,250円です。
1片が必ず直角に等辺三角形なのは、氷を模しているからです。
そもそも夏越の祓いでは氷を食べたそうなのですが、
水無月は夏場に氷を手に入れられない庶民の代用品でした。
甘春堂の水無月は米粉の荒さが特徴で、
おそらく乾燥した米を店の奥でいちいち砕いています。
そして、葛や片栗粉などを一切入れずに
ほとんど米粉だけで蒸し上げていますね。
食べていて、他店に比べて粘り強く
米粉が歯に付いてくる感触がします。
ちょっとお餅を食べている気がしました。

「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
こちらをクリックしてください。
さまざまなお店の検索が、可能です。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

タイ料理 キンカーオ

ホームに戻る
quinkao-1.jpg
店名:キンカーオ   業種:タイ料理レストラン
営業時間:午前11時半~午後3時(注文は午後2時15分まで)
     午後5時~午後10時半(注文は午後9時半まで)
定休日:月曜日(ただし臨時休日あり)
デリバリー:あり(詳細は、ここをクリックしてください)
テイクアウト:あり(ランチは、全品可能)
住所:下京区七条大橋西詰稲荷町448鴨川ビル2F
(地図で確認されたい方はここをクリックしてください。)


quinkao-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、206系や208系など
七条通を東に進む市バスに乗って、約10分。
こちらは、京阪電鉄「七条」駅に近い「京阪七条」バス停です。
約200m東に京都国立博物館三十三間堂などがあって、
近年急激に観光地化された地域ですね。
今回紹介するお店は下京区菊浜地区にあるものの、
京阪電鉄「七条」駅前と言っていい場所に建っています。


quinkao-3.jpg
「京阪七条」バス停から、西に向きました。
赤いポストの前に、ラーメンの坊歩が建っていますね。
ただ今回はこのラーメンの坊歩を素通りして、西に進みます。
「京阪七条」バス停から西に約50m進むと、
七条通は川端通と交差します。


quinkao-4.jpg
七条通から、川端通を南に向いています。
横断歩道の先に、マクドナルド京阪七条店が見えます。
その右(西)側には、地下にある京阪電鉄「七条」駅に通じる
2番出口が見えますね。


quinkao-5.jpg
今度は七条通から、川端通を北に向きました。
目の前に、京阪電鉄「七条」駅の4番出口が見えます。
この地下に通じるエレベーターの北側に回り込み、
さらに川端通を北上すると約200m先に甘春堂本店が建っています。


quinkao-6.jpg
さらに川端通から、七条通を西に向きました。
ではこの横断歩道を渡り、川端通西側歩道(鴨川東岸)に移ります。


quinkao-7.jpg
「七条川端」交差点北西角で、西を向いています。
この右(北)側に、京阪電鉄「七条」駅の3番出口があります。
次に目の前の鴨川に架かる七条大橋を渡り、七条通を西に進みます。


quinkao-8.jpg
鴨川に架かる七条大橋を西に渡っています。
鴨川の真ん中で、京都市東山区鴨東地区から
京都市下京区菊浜地区に移動します。
目の前の鴨川西岸に黄色いビルが建っていますが、
あちらの2Fが今回ブログメインのタイ料理のキンカーオです。


quinkao-9.jpg
鴨川に架かる七条大橋を西側に渡り切りました。
鴨川西岸に鴨川ビルが建っていて、
キンカーオへは左(西)側の扉を開けます。
右(東)側の扉を開けると1Fの別の店に入ります。


quinkao-10.jpg
先程の扉を開けると、鴨川ビルの階段を上ります。
そして2Fに上がると、キンカーオ店内に入る扉があります。
店内に自分が入ると、別にお客さんが1名だけいらっしゃいました。
自分が入店したのがお昼時としては遅い時間だったからのようです。
店員さんに席が指定されず、どこに座ってもよかったようなので
東向き中央の眺望の良い席に座りました。


quinkao-11.jpg
先程の席から、窓の外を眺めています。
鴨川に架かる七条大橋と鴨川東岸が、真正面に見えますね。
鴨川東岸は桜並木が続きますので、
毎年春になると、この辺は絶景になります。
(鴨川東岸の桜の様子は、第114回ブログ参照)


quinkao-12.jpg
さらにその向こう(東側)は、東山が聳えます。
その東山の一角をズームで撮ると……朱い仏塔が見えてきました。
距離と方角から、あちらは清水寺の多宝塔ですね。


quinkao-13.jpg
あちこち写真を撮っていると、注文したランチメニューが来ました。
それでは、こちらを頂きます。


quinkao-14.jpg
こちらが、本日の日替わりランチです。
こちらのランチメニューはどちらも900円~1000円なのですが、
日替わりランチは、ちょっと豪華なものが980円で統一されます。
(おそらく、相当出血大サービスです)
なお、こちらのランチメニューはどれもテイクアウトが可能です。


quinkao-15.jpg
最初の一口目は、こちらのスープです。
透明なスープにごま油が浮いているのは中華っぽいのですが、
ワカメが浮かぶナンプラーが入ったちょっと酸っぱい味付けは、
完全にタイと言いますか東南アジアの味です。
さらに、ニンジンやカブなど根菜の銀杏切りも入っていますね。


quinkao-16.jpg
そのスープをちょっとレンゲでかき回してみました。
すると、器の底からセロリの千切りや豆腐も出てきました。
いろいろな具材が入っていて、スープは豊かな味になっています。


quinkao-17.jpg
次は、こちらの小鉢ですね。左は、まぁ生野菜サラダです。
サニーレタス・キャベツの千切りに、
酸っぱいフレンチドレッシングが掛かっています。
右側の鉢には、いろいろ入っています。
手前は2種類のエビ煎で、
色の濃い方にはナンプラーで味が付いていました。
レンゲの中には……多分ピクルスです。
カブにキュウリにニンジン・底にはキャベツですね。
さらにその間に、揚げたカボチャがありました。
こちらには唐辛子ベースではあるのですが、
少々甘酸っぱいソースが掛かっています。
多分ナンプラーは入っていますが、他は蜂蜜でしょうか?
……様々な調味料が入っていて、深い味わいがします。


quinkao-18.jpg
こちらが、日替わりランチのメインです。
食べ始めた当初は料理名を覚えていたのですが、
このブログを執筆した時点では忘れていました……
左側は、豚肉と様々な野菜をいためたものです。
緑色の野菜は……何でしょうか?
一見ピーマンですが、少しだけ辛味があって甘いですね。
他には赤ピーマン・洋葱・小松菜(?)が入っていました。
それだけだったら町中華の野菜炒めですが、
ナンプラーベースで様々なソースで味付けられて、
辛味と酸っぱさが程よいアクセントになっています。

ご飯の方は、もちろん細長い「タイ米」です。
日本では馴染みのないお米ですが、
ふっくら炊き上げられています。
さらに、ほんのり甘い香りがします。


quinkao-19.jpg
そして、こちらがデザートのココナッツミルクです。
黒と緑のタピオカが入っています。
さらに甘く煮込んだカボチャが入っていて、
それがデザートによく合います。

「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまなお店の検索が、可能です。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

中島商店

ホームに戻る
nakajima-1.jpg
店名:中島商店   業種:八百屋(果実と野菜の販売)
営業時間:午前7時~午後6時半   定休日:月曜日
デリバリー:なし   飲食スペース:なし
住所:下京区須原通七条下る稲荷町462
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください。)


quinkao-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、206系や208系など
七条通を東に進む市バスに乗って、約10分。
こちらは、京阪電鉄「七条」駅に近い「京阪七条」バス停です。
今回お邪魔するお店も京都市下京区内に建っていますが、
地域的には鴨川に架かる七条大橋圏内のお店です。
自分が生まれる前から経営されている八百屋さんですね。


quinkao-3.jpg
「京阪七条」バス停から、七条通を西に向いています。
赤いポストの前に、ラーメンの坊歩が建っていますね。
ただ今回はもっと西のお店にお邪魔するので、
ラーメンの坊歩を素通りします。
「京阪七条」バス停から七条通を西に約20m進むと、
七条通は川端通と交差します。


quinkao-4.jpg
七条通から、川端通を南に向いています。
「七条川端」交差点南東角に、
マクドナルド京阪七条店が建っていますね。
その右(西)側には、京阪電鉄「七条」駅2番出口が見えます。


quinkao-5.jpg
今度は七条通から、川端通を北に向きました。
目の前に、京阪電鉄「七条」駅4番出口が見えます。
右(東)脇のエレベーターを北に回り込み川端通を北上すると、
約200m先に甘春堂本店が建っています。


quinkao-6.jpg
さらに川端通から、七条通を西に向いています。
次はこの横断歩道を渡って、川端通西側歩道に出ます。


quinkao-7.jpg
川端通西側歩道に移り、七条通を西に向いています。
この右(北)側に、京阪電鉄「七条」駅3番出口があります。
さらに目の前の鴨川に架かる七条大橋を西に進みます。


nakajima-8.jpg
鴨川に架かる七条大橋を西に向かっています。
この辺りで、京都市東山区鴨東地区から
京都市下京区菊浜地区に移ります。
では約100m西に進み、七条大橋を渡り切ります。


nakajima-9.jpg
七条大橋を西へ渡り切り、京都市下京区菊浜地区に入ってきました。
右(北)側に、タイ料理店のキンカーオが建っています。


nakajima-10.jpg
七条大橋西詰から、七条通を西に約50m進みました。
ここで、七条通は交差点に出ます。


nakajima-11.jpg
その交差点を北に向いています。
七条通以北のこの道は、三ノ宮通です。
こちらを約400m北上すると、サウナの梅湯の脇に出ます。


nakajima-12.jpg
今度はその交差点で、南を向きました。
七条通以南の歩道月2車線の道は、須原通です。
つまり、七条通を境に南北で別の道です。
「七条須原」交差点の南東角が、今回ブログのメイン中島商店です。
「七条須原」交差点南西角のコンビニエンスストアは、
たまにこのブログに出てきます。
(第614回ブログを参照)


nakajima-1.jpg
「七条須原」交差点で、横断歩道を七条通南東角へと渡りました。
では、こちらの八百屋さん「中島商店」にお邪魔します。


nakajima-13.jpg
この中島商店は、今は亡き祖父や祖母の代からの付き合いです。
このブログ取材を打診したところ、快く二つ返事で承諾されました。
では、中島商店の店頭を北から南へ紹介します。

七条通沿いの最北端いちばん目立つところには、果実が並びます。
ミカンがやたらと高いのは、この時期が旬を外した夏だからです。
店主の一推しは、中央の大きなスイカです。
初物でしかも結構大きいということで、4,500円します。
その脇のパイナップルは、こちらでよく買います。
酢豚に入れたり、杏仁豆腐に入れたり、まぁいろいろ便利です。


nakajima-15.jpg
その南隣には、こちらのトマトです。
新鮮でみずみずしいのが、写真でもわかります。
店の奥には、乾物とかが並んでいます。
兵庫県播磨産の素麺「揖保乃糸」の写真が、見切れていますね。


nakajima-14.jpg
さらに店頭の南隣中島商店のほぼ中央部は、お惣菜が並びます。
左から、炊き込みご飯、焼きそば、賀茂茄子の田楽です。
あまり数量が無いのは、大半がすでに売れてしまったからです。
こちらのお惣菜は、午前中がいちばん売れます。


nakajima-16.jpg
その南隣には、こちらのプラスチック製の樽が並びます。
どの樽の中にも、ぬか漬けが入っていました。
左から、大根、キュウリ、ナスです。
昔は、京都市街地のどの八百屋さんも
このように自家製漬物を売っていました。


nakajima-17.jpg
中島商店の店頭の最南端には、こちらが置かれていました。
手前が牛蒡と洋葱、さらにジャガイモですね。
奥はナスですが、賀茂茄子ではありません。
(賀茂茄子は、マル茄子の一種です)
形状から山科ナスかもしれませんが、
「京都産」以外の表示がないのでよく分かりません。


nakajima-18.jpg
今回はお使いを頼まれていたので、
「サツマイモはありませんか?」と尋ねてみました。
すると、店主がこちらの段ボールを出して来られました。
「これらは、徳島産の鳴門金時です。
しかも上物なので、安いものでも1本650円です。
高いものなら、1本800円します」
とのことでした……
これらは、天ぷら屋さんや料亭に売られていきます。


nakajima-19.jpg
結局サツマイモは諦めて、こちらを買いました。
ナス2本と奥の冷蔵庫にあった糸こんにゃく1袋です。
ちなみに、糸こんにゃくはその日の晩の肉じゃがに入れました。
萬三(現在の鴨川製麺所のこと)では、
約30年前糸こんにゃくの入った肉じゃがを出していました。
それが自分の大好物だったので、
家で調理する際肉じゃがには糸こんにゃくを入れます。


nakajika-20.jpg
一方、ナスは、ちりめん雑魚と一緒に炊きました。
本当は身欠きニシンを入れたいところですが、
今手持ちに無くて代わりにちりめん雑魚です。
海鮮魚の乾物を野菜と一緒に炊くのが、
昔からの京料理の基本ですね。

「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまな業種のお店を検索できます。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

中華美食店 中光園

ホームに戻る
chuko-1.jpg
店名:中華美食店 中光園   業種:中華料理店
営業時間:当面ランチのみ(午前11時半~午後2時半)
定休日:火曜日
デリバリー:なし   テイクアウト:なし
住所:下京区塩小路河原町西入ル上之町18-16
(地図で確認される方は、ここをクリックしてください)


chuko-2.jpg
京都駅北側の正面口改札を出て、
目の前の塩小路を右(東)に、約200m進みました。
こちらは、「塩小路高倉」交差点南西角を東に向いています。
今回は、この近所の中華料理店にお邪魔します。


chuko-3.jpg
塩小路から、高倉通を南に向いています。
ここからJRの線路に架かる高倉跨線橋のために、
約100m上り坂になります。
約50m先に、京都を代表するラーメン店が並んでいます。
奥(南)の第一旭本店は撮影日(2020年6月18日)が定休日でしたが、
手前(北)側の新福菜館はこの時点で行列待ちでした。


chuko-4.jpg
では信号が変わりましたので、「塩小路高倉」南西角から
横断歩道を渡って「塩小路高倉」交差点南東角に移動します。
「塩小路高倉」交差点南東角にあった崇仁新道は、
現在解体工事が進んでいます。
(こちらには、京都市立芸術大学が移転します)


chuko-5.jpg
次は、その「塩小路高倉」交差点南東角から、
「塩小路高倉」交差点北東角に向きました。
横断歩道の先に、焼き肉に特化した精肉店があります。
次は、この横断歩道を北に渡ります。


chuko-6.jpg
その横断歩道を渡り、高倉通から塩小路を東に向いています……
ではなく、交差点付近に引っ越し用トラック駐車のため
「塩小路高倉」交差点北東角から約30mずれて、東に向いています。
手前(西側)のお好み焼き屋さんの東隣に、
今回ブログのメイン中華美食店 中光園が建っています。


chuko-7.jpg
その中華美食店 中光園の店頭で、塩小路を東に向いています。
目の前で塩小路は、河原町通と交差します。
ですから、こちらは「塩小路高倉」というよりも
「塩小路河原町」に建っているお店と言えますね。


chuko-8.jpg
では、こちらの中華美食店 中光園に入店します。
目の前の看板には「中華美食店」の看板はありますが、
「中光園」の看板はありません。


chuko-9.jpg
こちらが、中華美食店 中光園の店内です。
この時点で午後2時ですので、お客さんは自分一人です。
約6年前の開店以来、店内の様子は変わっていません。
写真に写っている席以外に、この時点で自分が座っている
壁際のテーブル席が2つあります。
(手前のテーブル席と同規模のものが2つです)
奥の丸いテーブルは、手動で中心部分が回転します。
(大きな中華料理店にあるものと、同じテーブルです)
ただ、日本人はそれ程大人数でこちらを利用することはありません。
ですから、通常のテーブルと同じ用途で使われています。


chuko-10.jpg
こちらは、自分が座っている席の上部です。
いろいろメニューが写真となって貼られていますが、
写真の中心に「福」の文字が上下逆転しています。
これを中国語で書くと、「福倒」(福がひっくり返る)です。
つまりまったく同じ発音の「福到」(福がやって来る)に通じ、
この札は中国の飲食店によくある縁起物です。


chuko-11.jpg
京都市内のお店は、ウチのようなブログ取材を
忌避されることがよくあるのですが、
こちらの店は取材の度に積極的に取材を快諾してくださいます。
今回の取材を申し込んだ際も快諾された上に、
こちらの写真を撮るよう依頼されました。
どのテーブルにも1枚置かれたランチメニューですね。
うっかり右下の半チャンセット(ラーメンと炒飯の半分セット)の
価格「850円」が見切れてしまいました……
だいたい800円~1,000円といったところでしょうか。
いろいろ美味しそうですが、以前取材した際のものは避けます。


chuko-12.jpg
結局、こちらを注文しました。
850円の丼セットから、天津飯ですね。
自分がこちらを頂こうとすると、
2名のお客さんがカウンター席に就かれました。


chuko-13.jpg
先ずは、こちらの卵スープです。
スープ自体の粘りで、レンゲが沈みません。
卵以外にはっきり分かるのは、ニンジンですね。
赤い色が、アクセントになっています。
野菜中心に煮込んだスープの味はとても薄味なのですが、
後述の天津飯自体の塩味が濃いのでバランスが取れています。


chuko-14.jpg
ちょっとピントがずれてしまいましたが、
小鉢に鶏の唐揚げが入っています。
醤油や紹興酒で鶏肉を漬けこんで下味が付いているので、
塩・胡椒などの調味料は不要ですね。


chuko-15.jpg
そして、こちらが福神漬け付きの天津飯です。
この店では甘酢ではなく、醤油ベースのタレが掛かっています。
(ほとんど酸っぱさがありません)
ご飯の上の卵には蟹身と青ネギが入っていて、
その卵自体にも多分顆粒スープが入っているのでしょうか?
相当濃い味が、卵自体からします。


chuko-16.jpg
約30分掛けて、こちらを頂きました。
他の中華料理店と比べて天津飯のご飯が多くて、
(たぶん茶碗に大盛り1杯入っています)
このくらい味の濃さが白飯の量から考えて、
ちょうど良い味なのでしょうね。


298-14.jpg
2015年3月30日月曜日にも、こちらに立ち寄りました。
このブログでの取材はその回のブログが初めてですが、
自分はこちらには開店以来何回か立ち寄っています。
この時点で開店から半年くらい経っていました。


298-15.jpg
こちらが、その時食べた酢豚です。
実は酢豚と炒飯は、その料理人の馬脚が現れます。
例えば酢豚は甘酢の味付けのバランスだけでなく、
お肉が油っぽくないか、洋葱の火の通りはどうか、など
ちょっとしたミスですべてが台無しになってしまいます。
こちらの料理人は火加減が見事で、油切れが絶妙です。
こちらで本当に名人芸が堪能できるのは海鮮焼きそばなのですが、
それはまたの機会に掲載します。

「京の店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまな業種のお店を検索できます。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

CRAFT KYOTO

ホームに戻る
craft-1.jpg
店名:CRAFT KYOTO   業種:ビールバー
営業時間:正午~午後10時(週末は午前11時開店)  定休日:なし
デリバリー:なし   テイクアウト:あり(詳細後述)
住所:下京区七条通木屋町東入ル大宮町211
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


craft-2.jpg
京都駅北側ターミナルから、206系や208系など
七条通を東へ進む市バスに乗って約10分。
こちらは、京阪電鉄「七条」駅近くの「京阪七条」バス停です。
今回紹介するお店も京都市下京区に建っていますが、
京阪電鉄「七条」駅圏内ですね。


craft-3.jpg
「京阪七条」バス停の前で、西を向きました。
赤い郵便ポストの許に、ラーメンの坊歩が建っています。
ただ今回はこちらを素通りにて、
約20m西の「七条川端」交差点に出ます。


craft-4.jpg
「七条川端」交差点交差点で、七条通から川端通を南に向きました。
目の前に、マクドナルド京阪七条店がありますね。
その右(西)側は、京阪電鉄「七条」駅へ通じる2番出口です。


craft-5.jpg
同じ場所で、七条通から川端通を北に向いています。
目の前に、京阪電鉄「七条」駅に通じる4番出口が見えます。
ここから川端通を約200m北上すると、甘春堂 本店があります。


craft-6.jpg
さらに川端通から、七条通を西に向いています。
では、目の前の横断歩道を渡り川端通西側歩道に移ります。


craft-7.jpg
「七条川端」交差点北西角から、七条通を西に向いています。
完全に見切れていますが、
右(北)側に京阪電鉄「七条」駅3番出口があります。
では七条通を西に進み、鴨川に架かる七条大橋を渡ります。


craft-8.jpg
鴨川に架かる七条大橋を西に渡りながら、北を向いています。
約200m先に正面大橋が見えます。第685回ブログで渡った橋です。


craft-9.jpg
鴨川に架かる七条大橋を西に渡っています。
その七条大橋を渡っている途中で、
京都市東山区鴨東地区から京都市下京区菊浜地区に移ります。


craft-10.jpg
七条大橋を西に渡り切り、七条通を西に向いています。
目の前の鴨川ビルに、タイ料理店のキンカーオがあります。


craft-11.jpg
七条大橋西詰から、七条通を約50m西に進みました。
ここで、七条通は交差点に出ます。


craft-13.jpg
七条通から、この交差点を北に向いています。
七条通から北に、三ノ宮通が伸びています。
三ノ宮通は七条通から約400m北上すると上ノ口通と交差し、
その上ノ口通沿いに公衆浴場のサウナの梅湯が建っていますね。


craft-12.jpg
今度はその交差点で、七条通から南を向きました。
七条通から南には、須原通が伸びています。
「七条須原」交差点南東角に、中島商店が建っています。


craft-14.jpg
さらに同じ交差点で、西を向いています。
では、ここから七条通を西に進み建築中のビルを素通りします。


craft-15.jpg
先程の交差点の建つ建築中のビルの西隣に、
今回ブログのメインのビールバーCRAFT KYOTOが建っています。
店頭にオープンテラスがあるのですが、
この瞬間雨が強いのでお客さんは全員屋内にいらっしゃいます。


craft-16.jpg
CRAFT KYOTOから七条通を西に向いています。
約20m先で、七条通は木屋町通や高瀬川と交差します。
さらに約100m西に進むと、七条通は河原町通と交差します。
実は「七条川端」交差点よりも、
「七条河原町」交差点の方がCRAFT KYOTOの近くに位置します。
ただ自分がいつも通う道をイメージしているので、
「京阪七条」バス停からの道順で紹介しました。


craft-17.jpg
それでは、CRAFT KYOTOの店内に入っていきます。
店頭の黒板に、テイクアウトに関する記述があります。
2020年5月頃は店頭のオープンテラスに弁当が並んでいましたが、
6月に入ってそれはやめておられるようです。
ただ弁当自体をやめられたわけではなく、
店内で申し込めばその場で持ち帰り弁当を作られるそうです。
(できれば事前電話が欲しいそうです)
また弁当以外にも、ビールやつまみの持ち帰りも可能のようです。


craft-18.jpg
CRAFT KYOTOの扉を開けると店主がやって来られて、
除菌アルコールを自分の両手に振りかけてくださいました。
そして、その場で検温です。
自分は、一瞬で体温が分かるこの体温計を初めて使用しました。


craft-19.jpg
CRAFT KYOTOの店内には他のお客さんもいらしたので、
カウンターは撮影しません。
そのカウンターのいちばん手前に、この黒板が立て掛けてあります。
こちらが、この日に飲めるビールの一覧です。
要するに、この店のビールのメニューですね。
アメリカなどの海外産もたまに混じりますが、
大半が国内産のビールですね。
その全てが大手メーカーのものではなく、
中小であっても拘りを持つ醸造所のビールですね。


craft-20.jpg
もちろん自分はそこまでビールの知識はありませんから、
あまり店内が混んでいないときは店主にいろいろ質問します。
「自分は黒ビールが好きなのですが、何かありますか?」
この日のこんな質問には、店主はこう答えられました。
「今日は黒ビールを仕入れていないのですが……
『8番』とかどうですか?
醸造前に小麦を焙煎していますし、黒ビールと似た味わいですよ」
そういう訳で東京のCraft Rock社産のOrdinary boysを頼みました。
どの辺が普通(ordinary)なのか、後のお楽しみです。


craft-21.jpg
注文してから約10分後、こちらがやって来ました。
ビールが少し減っているのは、
約5分早く来たビールだけ先に頂いていました。


craft-22.jpg
そして、こちらがやってきた直後のビールです。
Craft rock社産のOrdinary boys(普通の少年たち)ですね。
「黒」ビールというよりも「焦げ茶」ビールですが、
小麦を焙煎した独特の香りとコクは、しっかり主張しています。
店主がおっしゃる通り自分好みのビールでした。


craft-24.jpg
そして、ビールのつまみはフィッシュ&チップスです。
「フィッシュ」のフライは、
本場イングランドと同じタラを使っています。
フライドポテトがチップス状ではなくフレンチフライ状なのは、
まぁご愛嬌ということでしょうか?
お皿の中央から前に鎮座するのは、タルタルソースです。
紫色しているのは、大量のしば漬けが入っているからです。
つまりこれは、紫蘇(しそ)の紫ですね。
CRAFT KYOTOのフードメニューには
京野菜など京都を感じさせるものが材料に使われています。

「京のお店 今日のお品」トップに戻りたい方は、
ここをクリックしてください。
さまざまな業種のお店を検索できます。

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「京のお店 今日のお品」
緊急事態宣言後の
京都市街地で
コロナ騒動下でも
頑張っておられる
さまざまなお店と
その商品を
紹介して宣伝します。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。

「錦小路東から西」
四条通の1本北に伸びる
錦小路を東から西に
進みます。
錦市場から祇園祭鉾町へ
最終的に住宅街に
移動していきます。

「五辻通東から西」
上立売通と今出川通の
中間に伸びる五辻通を
東から西へと進みます。

「正面通東から西」
脳卒中のリハリビがてら、
比較的ウチに近い
正面通を
東から西に進みます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: