fc2ブログ

第912回 壬生の中心街です~坊城通南から北~その1

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。


今回は、コロナ禍以降初めての本格的な「道ブログ」です。
(2022年のこの時期に、短い道の「大黒町通編」を連載しましたが)
通常のこのブログは、1本の長い道を延々紹介します。
そして、最初には写真を載せない
その道についての記述を載せます。
(次回ブログから、その道を端から端まで連載します)
この形式は、「正面通編」以来です。

今回紹介する道は、坊城通です。

千本通の東側に伸びている道で、七条通~三条通を貫きます。
ウチのブログでは、下京区西屋敷町(島原地区)と中京区壬生地区で
何回か登場しています。
坊城通の位置は、この地図で確認してください。
壬生寺の東側が、坊城通です。

平安京以来の小路
坊城小路(現在の坊城通)は、平安京が成立した際にも
朱雀大路(現在の千本通)の東側に伸びていました。
坊城通の位置は、その時以来変わっていません。
どうも当時朱雀大路の「坊門」の反対側に位置していたのが、
この道の名称の由来だったようです。

この辺りには、平安時代に東鴻臚館(外国の大使館)がありました。
ただ鎌倉時代以降京都市街地の中心がだんだん東に移って、
その頃から明治時代まで坊城通沿いは田畑だったようです。
新撰組の近藤勇が初めて壬生に来たときも、
この辺りは一面水田だったと記録しています。

元花街「島原」
坊城通最南端は、七条通です。
住宅街を北上すると、正面通以北が元花街「島原」です。
歌舞練場などが廃止されて「花街」を名乗っていませんが、
置き屋さんやお茶屋さんは現存していて、
大夫さんもいらっしゃいます。
(現在も、「花街」として機能しています)
まぁ基本的には住宅街ですが、
花屋町通中心にカフェや飲食店が建ち並びますし、
歴史的遺構も多数残っています。

壬生中央を貫く
五条通を北上すると、京都産業大学付属高校で突き当たります。
ただし坊城通は松原通以北で復活し、
それより北が中京区壬生地区です。
かつて新撰組が闊歩した地域で、今も遺構が残っています。
坊城通は壬生寺の東側の通りで、
毎年節分になるとかなり賑やかになります。
(京都では、「節分」を盛大にお祝いします)

壬生寺の参道
現在壬生寺への最寄り駅はJR嵯峨野線「丹波口」駅ですが、
かつてはJR嵯峨野線「二条」駅でした。
ですから、その「二条」駅から壬生寺までが門前町として
かなり賑わっていました。
三条会商店街も、壬生寺参道として繁栄したことから始まってます。
その名残で、今も四条通以北の坊城通には
さまざまなお店が建ち並んでいます。
なお坊城通は三条通までですので、
そこからは千本通に移って「二条」駅まで進みます。

……と言う訳で、次回ブログから坊城通を北上します。
今回は、ここまでです。

~次回は、豆の子稲荷に参拝します~

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第913回 豆之子稲荷へ参拝~坊城通南から北~その2

「京のお店 今日お品」カテゴリーに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

913-2.jpg
京都駅北西端の33番ホームからJR嵯峨野線に乗って、1駅。
こちらは、JR嵯峨野線「梅小路京都西」駅です。
今回は七条通から坊城通を北上して、豆之子稲荷に参拝します。
撮影日は、2023年1月26日木曜日午後3時半。
まだまだ通りに、雪が残っていました。


913-3.jpg
こちらが、自分が乗っていた園部行きの普通電車です。
「梅小路京都西」駅は2019年に成立した新しい駅なので、
ホームと線路の間に壁が設置されています。
実は1980年ごろまで、この位置に「丹波口」駅がありました。
「丹波口」駅が五条通沿いに移転したため、
この辺りにまた駅を設置する必要ができたようです。


913-4.jpg
「梅小路京都西」駅から、園部行き普通電車が出発します。
確かこの日(2023年1月26日)のこの時間帯に、
京都府南丹市園部町は大雪警報が出ていました。
京都市の大雪警報は、2023年1月24日と25日、
1月27日と28日に発令されました。
この日だけ、快晴の一日でした。
まぁあちこち路上に、雪は残っていますが……


913-5.jpg
「梅小路京都西」駅ホームを南下すると、
すぐにエスカレーターが姿を現します。
ではここを降りて、1Fコンコースを目指します。


913-6.jpg
「梅小路京都西」駅エスカレーターから、
1Fのコンコースへと降りてきました。
平日は閑散としたコンコースですが、梅小路公園内の駅ですから
休日や観光シーズンにはたくさんの方々で混み合います。
では、このまま駅コンコースを南下します。


913-7.jpg
先程のエスカレーターから、
「梅小路京都西」駅コンコースを約10m南下しました。
目の前に、京都鉄道博物館が建っています。
この辺りは、梅小路公園の敷地内です。
次はこの改札口から、「梅小路京都西」駅を出ます。


913-8.jpg
JR嵯峨野線「梅小路京都西」駅前で、
梅小路公園内を西に向いています。
この先に、上り階段があります。
そこを上がったら、七条通までの陸橋が伸びています。
またその西側の陸橋は、もともとJR嵯峨野線の線路でした。
この時点ではただの通路ですが、
休日や観光シーズンになるとこちらに屋台村が立ちます。


913-9.jpg
今度はJR嵯峨野線「梅小路京都西」駅から、
梅小路公園敷地内を東に向きました。
ここからはJR嵯峨野線の高架をくぐり、
梅小路公園の中央部に進みます。


913-10.jpg
JR嵯峨野線「梅小路京都西」駅から高架をくぐり、
梅小路公園の中央部にやって来ました。
梅小路公園は「T」字型なのですが、
その交差している場所で東を向いています。
(この南側に、さらに東に伸びる道があります)
目の前にスケートリンクがありますが、
開業した2020年以来、結構人気スポットのようですね。
その右(南)側には、飲食店が入るテナントビルが建っています。


913-11.jpg
そのスケートリンクの前で、梅小路公園を北に向いています。
この日(2023年1月26日)は平日ですが、
大学生に見える方々がサッカーや
バスケットボールを楽しんでおられました。
梅小路公園を巡ると結構楽しいのですが、
今回のメインが坊城通なので、
今回はこちらをそのまま北上します。


913-12.jpg
スケートリンク前から、梅小路公園を約200m北上しました。
ここで梅小路公園を出て、七条通に出ます。
その七条通沿いに、「梅小路公園」バス停が立っています。
実は京都駅から205系市バスに乗っても、ここまで来られます。


913-13.jpg
梅小路公園を出て、「梅小路」バス停から七条通を西に向きました。
JR嵯峨野線の高架の手前で、千本通が北に伸びています。


913-14.jpg
「梅小路公園」バス停から、七条通を約50m東に進みました。
ここで、七条通は千本通と交差します。
「七条千本」交差点より南にも道が伸びているように見えますが、
こちらは梅小路公園の駐車場につながる通路です。
JR嵯峨野線の高架より西は、京都中央市場と商店街です。
ちなみに、室町通以前のこの辺りに丹波口がありました。
ちなみに現在のJR嵯峨野線「丹波口」駅は、
そもそも下京区中堂寺地区にあります。
JR嵯峨野線の駅は京都市街地が都市化するに従い徘徊しており、
駅名と所在地の地名がズレている事例が幾つかあります。
(「二条」駅も、御池通沿いにありますし……)


913-15.jpg
「七条千本」交差点南東角から、北東角を見ています。
横断歩道の先に、京果ビルが建っています。
こちらは、もともと京都中央市場の青果市場でした。
現在は、飲食店が多く入るテナントビルです。
1Fに、听(ポンド)梅小路店志津屋 七条店が入っています。


913-16.jpg
横断歩道を渡って、七条通から千本通を北に向いています。
左(西)側がJR嵯峨野線の高架で、右(東)側が京果ビルですね。
このまま進むと、第314回ブログのルートです。


913-17.jpg
今度は千本通から、七条通を東に向きました。
左(北)側に京果ビルが建っていて、
目の前に京都駅行きの「梅小路公園」バス停が立っています。
ここからは、七条通を東に進みます。


913-18.jpg
千本通から、七条通を約50m東に進みました。
約30m先に「黒毛和牛」の看板が立ってますが、
あちらが高級精肉店のイマムラ総業です。
高級和牛のお店ですが、コロッケや焼豚など
お惣菜は気軽に買えます。
そして、この位置で七条通は坊城通と交差します。


913-19.jpg
今度は七条通から、坊城通を南に向きました。
こちらにも路地が続いていますが、明らかに私道です。
さらに約20mで、その路地も突き当たります。
ですから、そちらには進みません。


913-20.jpg
さらに七条通から、坊城通を北に向きました。
では、いよいよ今回ブログのメイン坊城通を北上します。


913-21.jpg
七条通から、坊城通を北上しています。
すると、こちらの立て札が住宅の壁に貼ってありました。
「下京区夷馬場町第一坊城通」と書かれています。


913-22.jpg
七条通から、坊城通を約50m北上しました。
約5年前まではこの辺りは住宅街だったのですが、
ここ数年で古い住宅がほとんど解体されて、現在は駐車場です。
この辺りで、坊城通の道幅が急に広がります。


913-23.jpg
その辺りで、坊城通から東に向いています。
この辺りから路地が伸びていますが、
数日前の積雪がまだ残っています。
狭い道やビルの陰など日当たりが悪いところは、
この日(2023年1月26日)はずっと雪が残っていました。


913-24.jpg
その路地を突き当りまで、東に進みました。
この位置にお地蔵さんがいらっしゃったのですが、
現在はいらっしゃいません。


913-25.jpg
その路地の突き当りで、南を向いています。
駐車場を隔てて、約30m先にお地蔵さんがいらっしゃいました。
おそらくこの位置にいらしたお地蔵さんが、あちらに移動しています。


913-26.jpg
さらにその路地の突き当りで、西に振り返りました。
では、ここから坊城通に戻ります。


913-27.jpg
その路地から坊城通に戻り、北を向いています。
ただ、坊城通は約50m先で突き当たります。
取り敢えず、その突き当りまで北上します。


913-28.jpg
坊城通を約50m北上して、突き当りまで来ました。
ここで坊城通は、北小路と交差します。
渉成園最南端を通る下珠数屋町通の延長線上の道です。


913-29.jpg
その突き当りに、お地蔵さんがいらっしゃいます。
その脇に、町内の住民用に掲示板もあります。
おそらく、町内の地蔵盆はここで行われるのでしょうね。


913-30.jpg
坊城通の突き当りから、北小路を西に向いています。
ちなみに北小路をこのまま西に進むと、千本通で突き当たります。
(詳細は、第314回ブログ参照)
ただ目の前で、北小路から北に伸びる道があります。
こちらが、ここから続く坊城通です。
実は坊城通は時折筋を変えたり、途切れたりします。


913-31.jpg
先程の位置から北小路を西にズレ、
北小路から坊城通を北に向いています。
では、ここからはこの坊城通を北上します。


913-32.jpg
北小路から、坊城通を北上しています。
この日は2023年1月26日木曜日でしたが、
しかも大雪の直後でしたが、紅葉が落ちていました。
この紅葉は、どこからやって来たのでしょうね。


913-33.jpg
北小路から、坊城通を約50m北上しました。
左(西)側に、朱い鳥居が見えます。
こちらが、今回ブログの表題にある豆之子稲荷です。
では、こちらに参拝していきます。


913-34.jpg
朱い鳥居をくぐり、豆之子稲荷境内に入ります。
先ずはこの手水舎で、手を清めます。
写真の背後にもお地蔵さんがいらっしゃいますが、
こちらに参拝した後、そちらもお参りしました。


913-35.jpg
そして、こちらが豆之子稲荷の本殿です。
中央の提灯によると、ご祭神は稲荷大明神です。
1862年に出版された「京都指掌圖文久改正」に
この神社が載っていますので、
江戸時代末期にはこの位置にいらっしゃったことが分かります。
また「京都府地誌」と言う明治時代の書物には、
こちらの神社は「豆粉神社」と記載されています。
豆粉とは、生の大豆を磨り潰した粉のことです。
稲荷神は「死霊神」としての側面を持っていますが、
こちらはおそらく豊穣神として信仰されていると考えられます。
(この辺りは、江戸時代~明治時代には水田が広がっていました)
では、こちらをお参りします。


913-36.jpg
豆之子稲荷の向かい(東)側に写っていたお地蔵さんにもお参りし、
豆之子稲荷本殿背後(北東側)のお地蔵さんにもお参りします。
こちらのお地蔵さんは、天道大日如来だそうです。


913-37.jpg
豆之子稲荷の脇で、坊城通を北に向いています。
では、また坊城通を北上します。


913-38.jpg
豆之子稲荷から、坊城通を約50m北上しました。
ここで坊城通が、また突き当たります。
ただ、この東西に伸びる道の名称は不明です。


913-39.jpg
坊城通から、その小路を東に向いています。
ここからは、こちらに進みます。


913-40.jpg
坊城通から、この小路を東に約20m進みました。
この位置から、また左(北)に道が伸びています。
こちらが、さらに北に伸びる坊城通です。


913-41.jpg
その小路から、坊城通を北に向いています。
目の前で坊城通は正面通と交差しますが、
その正面通以北が元花街の「島原」です。
ただもうだいぶ写真を貼り付けましたので、
今回はここまでです。

~次回は、元花街「島原」を散策します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第914回 元花街「島原」 前編~坊城通南から北~その3

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

913-41.jpg
前回ブログで参拝した豆之子稲荷から坊城通を約50m北上して、
少し東にズレて、坊城通を北に向いています。
目の前で坊城通は正面通と交差していて、
正面通以北のこの辺りが元花街の「島原」です。
歌舞練場を廃業させて名目上は花街ではないのですが、
置き屋やお茶屋などは現在も機能していて、
置き屋さんには現役の大夫さんが活躍しておられます。
今回は、この島原の南西部中心に散策します。
撮影日は、2023年1月26日木曜日午後3時45分。
路上のあちこちに、まだまだ雪が残っていました。


914-2.jpg
先程の位置から坊城通を北上して、「正面坊城」交差点に来ました。
交差点の南東角で、両方の道が表示されています。


914-3.jpg
坊城通から、正面通を西に向いています。
約100m先に、西新屋敷児童公園があります。
元花街島原は、行政的には下京区西新屋敷地区と呼びます。
第694回ブログではこの児童公園の前から北上して、
元花街島原を散策しています。


914-4.jpg
今度は坊城通から、正面通を東に向いています。
約200m先に、諏訪神社が勧請されています。
(詳しくは、第693回ブログ参照)


914-5.jpg
さらに正面通から、坊城通を北に向いています。
正面通以北の坊城通は、石畳の道に変わります。
それが、元は花街だった島原の名残です。
現在の島原は大半が住宅街ですが、
置き屋さんやお茶屋さんも何軒か残っており、
花街としての機能も年々元に戻っています。
また花屋町通中心に、小売店や飲食店も点在します。
では今回は坊城通を北上して、元花街島原を散策します。


914-6.jpg
正面通から、坊城通を約10m北上しました。
こちらに、小さな店舗があります。
看板に、「A kitchen」と書いてあります。
おそらく、そちらが店名でしょう。
店内には、様々な野菜が並んでいました。
おそらく、八百屋さんなのでしょうね。


914-7.jpg
その八百屋さんから、坊城通を約30m北上しました。
こちらに、湯の宿 松栄と言う旅館が建っています。
(google mapでは、「誠の湯」と表示)
ただし、こちら側は裏口です。
コロナ禍以前は、修学旅行生がたくさん宿泊されていました。
こちらの自慢はお風呂で、日帰りの方用に
「誠の湯」と言うスーパー銭湯としてそのお風呂を開放されています。
2Fの食堂も、飲食店として島原を散策される方に開放されています。
実は島原には観光地があちこち点在していて、
そこを散策される方は結構いらっしゃいます。


914-8.jpg
正面通から、坊城通を約100m北上しました。
ここで坊城通は、花屋町通と交差します。
花屋町通は、元花街島原のメインストリートです。


914-9.jpg
坊城通から、花屋町通を東に向いています。
約30m先に、島原大門が聳えます。
こちらは、京都市指定文化財です。
江戸時代の「島原」は、四方を塀で囲っていました。
そして、花屋町通に立つ2つの門からしか
この「島原」に入れませんでした。
ちなみに西門は現存せず、
その脇の島原住吉神社のみ現存します。
(島原住吉神社の様子は、第597回ブログ参照)


914-10.jpg
今度は坊城通から、花屋町通を西に向きました。
ご覧の通り、島原の現状はマンションなどが建つ住宅街です。
ただ京町家がも結構現存しており、
そちらに様々なお店が増えてきています。
ここからは、この花屋町通を少しだけ西に進みます。


914-11.jpg
坊城通から、花屋町通を約30m西に進みました。
カメラのフレームから外れていますが、
この左(南)側に先程の旅館「松栄」の正面口があります。
また右(北)側の京町家は、陶磁器のお店が営業中です。
元花街「島原」は一見するとただの住宅街ですが、
実は結構様々なお店が点在します。
その京町家の西側で、花屋町通は東側通と交差します。


914-12.jpg
花屋町通から、東側通を南に向いています。
左(東)側の駐車場は、この先の旅館「松栄」(誠の湯)のものです。
コロナ禍以前は、この駐車場に観光バスがよく停まっていました。
右(西)側の大きな京町家は、きんせ旅館です。
元々は「島原」のお茶屋でしたが、改装されて
現在は旅館とバーを30歳くらいの男性が経営されています。
お独りで経営されているので、旅館に泊まれるのは15人ほどです。
1Fがバーで、ここで様々なお酒が飲めます。
また、こちらのバーは昼間はカフェとして営業されています。
ただバーとして経営されている場所なので、
カフェにしてはちょっと照明が暗いです。
とは言えバーに改装されたのは大正時代で、
当時の雰囲気を残したなかなか味のある場所です。
自分は、昼間に訪れたときはシフォンケーキと紅茶を頼みました。
元がバーだけに、シフォンケーキには洋酒がいっぱい掛っていました。
(詳細は、第315回ブログ参照)


914-13.jpg
今度は東側通から、花屋町通を西に向きました。
左(南)側が先述の「きんせ旅館」で、こちら側から入れます。
その「きんせ旅館」の西側で、花屋町通は西側通と交差しています。
花屋町通から西側通を南下すると、元お茶屋の角屋が建っています。
さらに花屋町通を西に進むと、花屋町通は蛇行して
(その辺りに、かつて東鴻臚館が建っていました)
島原住吉神社の辺りで千本通に突き当たります。
(千本通が、元花街「島原」の最西端です)


914-14.jpg
さらに、花屋町通から東側通を北に向きました。
ここから、東側通をちょっと北上します。


914-15.jpg
花屋町通から、東側通を約10m北上しました。
こちらに、町家カフェのhyuggeが建っています。
自分もこちらの常連なのですが、
よく考えたらこの日(2023年1月26日木曜日)は定休日でした。
元花街にある町家カフェと言うことで、
こちらの座敷でときどき大夫さんがイベントを行っています。
自分はいつも中国茶を頼んでいますが、
こちらの名物はスパゲティーとカレーライスです。


914-16.jpg
hyuggeの前で、東側通を北に向いています。
では、この東側通をもう10mだけ北上します。


914-17.jpg
hyuggeから、東側通を約10m北上しました。
こちらは、公衆浴場の島原温泉です。
「温泉」と書いていますが、関西では
時折公衆浴場をこのように表示します。
こちらの定休日は毎週金曜日なので
開いていると思ったのですが、閉まっていました。


914-18.jpg
「島原温泉」の入り口に、この紙が貼られていました。
どうやら、臨時休業のようですね。
……と言う訳で、こちらにも入れませんでした。


914-19.jpg
島原温泉の前で、東側通を北に向いています。
向こうに見える東側通の突き当りが、
元花街「島原」の最北端です。


914-20.jpg
今度は島原温泉の前で、東側通を南に向きました。
ではここから南下して、花屋町通に戻ります。


914-21.jpg
島原温泉の前から、東側通を約20m南下しました。
ここで東側通は、花屋町通と交差します。
ここからは花屋町通を西に進み坊城通をまた北上しますが、
この辺りが切りがいいので、今回はここまでです。

~次回は坊城通の島原を散策して、五条通まで北上します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第915回 元花街「島原」 後編~坊城通南から北~その4

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

914-21.jpg
前回ブログで坊城通を花屋町通まで北上して、
そこから元花街「島原」を散策しました。
現時点では公衆浴場の島原温泉から東側通を約20m南下して、
目の前で東側通が花屋町通と交差した場所にいます。
今回は花屋町通を東に進み、そこから坊城通を五条通まで北上します。
途中置き屋さんの輪違屋など、島原関連施設に立ち寄ります。
撮影日は、2023年1月26日木曜日午後4時。
あちこちに、雪が残っていました。


915-2.jpg
東側通から、花屋町通を東に向いています。
本当は花屋町通を逆に西に進んだ方が
角屋島原住吉神社など観光地が多いのですが、
坊城通をメインにしている今回はそちらに向かいません。
では、このまま花屋町通を東に進みます。


915-3.jpg
東側通から、花屋町通を約20m東に進みました。
こちらに、湯の宿 松栄の正面玄関があります。
修学旅行生も泊める大きな旅館ですが、
お風呂場をスーパー銭湯として開放しています。
また2Fの食堂も普通の飲食店として
宿泊客以外の方々でも利用ができます。


915-4.jpg
「湯の宿 松栄」の正面玄関前で、花屋町通を東に向いています。
この先に、京都市指定文化財の島原大門が見えます。
では、こちらを進んでいきます。


915-5.jpg
東側通から、花屋町通を約50m東に進みました。
島原大門が、さらに近付いてきました。
ちなみに島原大門より東は、島原商店街が続きます。
そして、ここで花屋町通は坊城通と交差します。


915-6.jpg
今度は花屋町通から、坊城通を北に向きました。
ここからは、このまま坊城通を北上します。


915-7.jpg
花屋町通から、坊城通を約30m北上しました。
坊城通の左(西)側に、輪違屋(わちがいや)が建っています。
こちらの建物は京都市指定文化財で
屋内には貴重な文化財が多数保存されていますが、
現役で機能している置き屋さんでもあります。
置き屋さんとは舞妓さんや芸妓さん(島原なら大夫さん)の
詰め所で、住居でもあります。
もし舞妓さんや芸妓さん、大夫さんを料亭で指名したいなら、
この置き屋さんに申し込むことになります。
置き屋さんの主人は、舞妓さんや芸妓さん、大夫さんの
スケジュール管理もされます。
ただ近年お茶屋さん(花街で食事するところ)が島原で減少して、
大夫さんとお客さんの接点が減ってきたため、
この輪違屋はお茶屋さんも兼ねるようになりました。
ちなみに通常は観光目的に拝観はできませんが、
(大夫さんの住居でもありますので、プライバシーの問題があります)
ときどき特別拝観があります。
輪違屋屋内の様子は、第595回ブログ参照)


915-8.jpg
輪違屋の前で、坊城通を北に向いています。
ここからは、坊城通を北上します。


915-9.jpg
輪違屋の北隣は更地ですが、そちらを眺めています。
この先(西側)に煙突が見えますが、
その辺りが、前回ブログで出てきた島原温泉です。


915-10.jpg
同じ位置で、坊城通を北に向いています。
右(東)側の京町家の大屋根に、雪が残っています。
ただだいぶ溶けてきて、それが大屋根から石畳に落ちてきます。
油断すると飛び散った雪や泥水が掛かりそうなので、
ちょっと警戒しつつ北上します。


915-11.jpg
輪違屋さんから、坊城通を約50m北上しました。
坊城通の左(西)側に、日蓮宗成就山法華寺が建っています。
では、こちらの境内に入っていきます。


915-12.jpg
日蓮宗成就山法華寺境内に入ると、するに妙見宮が建っています。
堂内には、妙見菩薩がいらっしゃいます。
三十番神とともに、妙見菩薩は日蓮宗寺院によく祀られています。


915-13.jpg
そして、こちらが日蓮宗成就山法華寺の本堂です。
ご本尊は、釈迦如来です。
813年に東寺の北側に建立された法華寺は、
創建当初は当時と同じ真言宗寺院でしたが、
鎌倉時代の1281年当時の住職真広法印が日蓮の弟子となって、
この寺院も日蓮宗に改宗されました。
室町時代に入ると、京都の日蓮宗寺院は
どこも延暦寺の僧兵に焼き討ちにあったのですが、
この寺院も例外にもれず、たびたび焼失を繰り返したそうです。
それでも東寺の北側にこちらの寺院は存在し続けましたが、
1963年に東海道新幹線の線路建設により、
こちらの位置に移転してきました。
では、こちらにお参りして先へと進みます。


915-14.jpg
日蓮宗成就山法華寺本堂に背を向け、東に向きました。
では法華寺を出て、坊城通に戻ります。


915-15.jpg
日蓮宗成就山法華寺の向かい(東)側に、
京都市島原老人デイサービスセンターが建っています。
高齢者介護サービスを行う施設のようです。


915-16.jpg
京都市島原老人デイサービスセンターの門前に、
こちらの石碑が立っていました。
こちらに、もともと島原歌舞練場が建っていました。
歌舞練場とは各花街に明治維新以降建てられた施設で、
舞妓さんや大夫さんの養成所ですが、
中等教育レベルの授業も行われていたようです。
(現在の歌舞練場では、学校教育は行われていません)
祇園宮川町など、京都五花街には必ずある施設ですが、
島原はこの歌舞練場を廃止して、「花街」を名乗らなくなりました。
とは言え、先述の輪違屋のように置き屋さんは島原に現存して、
現役の大夫さんも何人もいらっしゃいます。
ですから、歌舞練場がないものの島原も花街として機能しています。


915-17.jpg
京都島原老人デイサービスセンターから、坊城通を北に向いています。
目の前で石畳の地面が、アスファルトに変わります。
ここが、元花街島原(行政的には下京区西新屋敷地区)最北端です。


915-18.jpg
坊城通がアスファルトの地面に変わった地点で、西を向きました。
左(南)側が元花街島原で、右(北)側が下京区中堂寺地区です。
右側の建物は京都中央卸売市場の一部ですので、
この道には深夜になると食材を運ぶ大型自動車が出入りします。
ちなみに、この道に名前はありません。
約100m先の千本通で突き当たります。
ただ約80m先の西側通沿いに大銀杏の木が立っていて、
そちらの根元に弁財天を祀る祠があります。
(そちらの様子は、第597回ブログ参照)


915-19.jpg
その道から、坊城通を北に向いています。
左(西)側の塀の向こうは、京都中央卸売市場です。
この辺りは、確か青果市場だったと思います。
では、このまま坊城通を北上します。


915-20.jpg
その京都中央卸売市場を背後に、お地蔵さんがいらっしゃいます。
こちらにもお参りして、坊城通を北上し続けます。


915-21.jpg
そのお地蔵さんの前で、坊城通を北に向いています。
では、ここから坊城通をさらに北上します。


915-22.jpg
そのお地蔵さんの前から、坊城通を約100m北上しました。
ここで坊城通は、中堂寺通と交差します。


915-23.jpg
坊城通から、中堂寺通を西に向いています。
交差点部分を撮影していませんが、
実はそちらに小学生低学年の児童数名と保護者が数名が、
ずっと立ち話をされていました。
そちらをフレームから外すため、このアングルで撮っています。
右(北)側は中堂寺児童公園なのですが、
いつも小学生が複数いらっしゃいます。
ただこの日(2023年1月26日)はまだまだ雪が残っていて、
児童の数はだいぶ少なめでした。


915-24.jpg
今度は坊城通から、中堂寺通を東に向きました。
約800m先(大宮通の手前)に、住吉神社がいらっしゃいます。
実は例祭が結構派手で、自分は何回かお参りに行ったことがあります。


915-25.jpg
さらに中堂寺通から、坊城通を北に向いています。
だいぶ五条通に近付きましたので、
この坊城通をさらに北上していきます。


915-26.jpg
中堂寺通から、坊城通を北上しています。
右(東)側に、古い京町家が建っています。
以前よりはだいぶ減りましたが、
坊城通沿いはまだだいぶ京町家が残っていますね。


915-27.jpg
中堂寺通から、坊城通を約100m北上しました。
ここで坊城通は、五条通と交差します。


915-28.jpg
五条通から、坊城通を北に向いています。
坊城通は、約100m先で京都産業大学付属高校で突き当たっています。
まぁ坊城通はあちこち突き当たっては筋違いで復活するのですが、
今度もその例に漏れません。
とは言え、坊城通上に五条通を渡津横断歩道がありません。
別の道経由で北側に進みますが、
それは次回ブログ以降です。


915-29.jpg
坊城通から、五条通を東に向いています。
この日(2023年1月26日)の五条通南側歩道は、完全に雪道です。
五条通北側歩道や車道、中分離帯の雪は溶けていましたが、
ビルの陰になる五条通南側歩道は全然雪が溶けていませんでした。
……そうそう、目の前で焼肉屋さんの「五徳」が営業されていました。
自分の大学生時代の常連のお店です。
お年を召されたご夫婦が経営されていましたが、お元気でしょうか?
今度京のお店 今日のお品の記事で紹介します。


915-30.jpg
「五条坊城」交差点南西角に、中堂寺坊城郵便局が建っています。
この時点で午後4時半前でしたから、営業中でした。


915-31.jpg
さらに坊城通から、五条通を西に向いています。
自転車通行用の道に立っているは、
歩道を歩くと足が滑って転倒するからです。
郵便局の前や飲食店の前は雪かきをされて通れますが、
そうでないところはとても危ないですね。
今回ブログは、このまま五条通を西に進みます。


915-32.jpg
坊城通から、五条通を約100m西に進みました。
自転車用の道がないところは歩道を歩きましたが、よく滑ります。
自分の周囲でも、たくさんの方々が転倒されていました。
ここで五条通は、千本通と交差します。


915-33.jpg
「五条千本」交差点南西角に、「丹波口」駅があります。
ではここからJR嵯峨野線に乗って、京都駅経由で帰宅します。
今回は、ここまでです。

~次回は、節分の壬生寺を目指します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第916回 壬生寺へ~坊城通南から北~その5

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。


2023年も節分になりました
1877年(明治10年)までは、この節分が大晦日でした。
そのため京都の神社仏閣では大晦日の行事の一部が、
この節分に行われます。
まぁ京都の多くの神社仏閣でも豆まきは行われますが、
壬生寺では代わりに狂言や護摩焚きが催されます。
今回は壬生寺の最寄り駅から坊城通を通って、
壬生寺まで進みます。


916-1.jpg
京都駅ホームの北西端から、JR嵯峨野線に乗って2駅。
こちらは、JR嵯峨野線「丹波口」駅です。
今回はここから坊城通まで回り込んで、壬生寺を目指します。
撮影日は、2023年2月2日木曜日午後1時15分。
雪はほぼ溶けましたが、曇り空の一日でした。


916-2.jpg
今まで自分が乗っていたJR嵯峨野線の
亀岡行き普通電車が出発します。
この「丹波口」駅には、新快速電車は停まりません。


916-3.jpg
JR嵯峨野線の亀岡行きの普通電車が、
「丹波口」駅ホームを離れていきます。
次は、「二条」駅に停まります。
では「丹波口」駅ホームから、階段を下ります。


916-4.jpg
JR嵯峨野線「丹波口」駅ホームから階段を下りて、
中2Fにやって来ました。
こちらは、「丹波口」駅の休憩所です。
椅子に腰かけられている方が、結構いらっしゃいますね。


916-5.jpg
JR嵯峨野線「丹波口」駅中2Fの休憩所に、
こちらのポスターが貼ってありました。
実は、今シーズン(2023年)から
京都サンガのユニフォームが一新されます。
JR嵯峨野線沿線の「亀岡」駅前に、
京都サンガのホームサンガスタジアムが建っています。
ですから、JR嵯峨野線各駅に
京都サンガのポスターが貼られています。


916-6.jpg
JR嵯峨野線「丹波口」駅中2Fから、さらに階段を下りました。
1Fに、JR嵯峨野線「丹波口」駅改札口があります。
では、こちらからJR嵯峨野線「丹波口」駅を出ます。


916-7.jpg
JR嵯峨野線「丹波口」駅改札を出て、北を向いています。
目の前の角を曲がれば、すぐに切符売り場です。
次は、この先の扉から屋外に出ます。


916-8.jpg
JR嵯峨野線「丹波口」駅から東側の出口を出て、南に向きました。
「丹波口」駅と言うよりJR嵯峨野線の高架が、千本通沿いです。
この辺り一帯が、京都中央卸売市場です。
JR嵯峨野線「丹波口」駅から約350m南下すると、
前回ブログで訪れた元花街島原の西大門跡です。


916-9.jpg
JR嵯峨野線「丹波口」駅から北側の出口を出て、
五条通を西に向いています。
千本通から約100m先の新千本通にかけて、
五条通より南が京都中央卸売市場です。
この辺りは、大型の輸送車が多く通ります。


916-10.jpg
今度はJR嵯峨野線「丹波口」駅から北側の出口を出て、
五条通からそのまま北を向きました。
「五条千本」交差点の横断歩道が、
JR嵯峨野線の高架下に伸びています。
ここからはこの横断歩道を渡り、五条通北側歩道に移ります。


916-11.jpg
五条通北側歩道に渡りました。
五条通以北のJR嵯峨野線高架下は、駐輪場です。
結構北の方まで駐輪場なので、たくさん停められます。


916-12.jpg
その横断歩道から、五条通を東に向いています。
目の前で、五条通は千本通と交差しています。


916-13.jpg
五条通から、千本通を北に向いています。
普通に壬生寺に向かうならこの千本通を北上すべきですが、
今回は「坊城通編」として散策しているので、
ここからは千本通を北上しません。
(五条通から千本通を北上するなら、
第316回ブログ以降のルートを参照してください)


916-14.jpg
今度は千本通から、五条通を東に向きました。
ここからは、五条通を東に進みます。


916-15.jpg
千本通から、五条通を約100m東に進みました。
ここで五条通は、今回ブログのメイン坊城通と交差します。


916-16.jpg
五条通から、坊城通を南に向いています。
前回ブログでは、花屋町通から坊城通を五条通まで北上しました。


916-17.jpg
今度は坊城通から、五条通を東に向きました。
坊城通から五条通を約300m東に進むと、
五条通は大宮通と交差します。


916-18.jpg
五条通から、坊城通を北に向いています。
ここからは、この坊城通を北上します。


916-19.jpg
五条通から、坊城通を約50m北上しました。
左(西)側に、京都市立光徳小学校の校門が見えてきました。
この辺は学校が多くて、生徒が通行しない時間に取材しています。


916-20.jpg
京都市立光徳小学校の校門脇に、
こちらのお地蔵さんがいらっしゃいました。
またお参りして、坊城通を北上します。


916-21.jpg
五条通から、坊城通を約100m北上しました。
坊城通は、いったん万寿寺通で突き当たります。
正面に見えるのは、京都産業大学附属中学校・高校です。


916-22.jpg
坊城通から、万寿寺通を西に向いています。
右(北)側に、京都産業大学附属中学校・高校が見えます。
ここからは、いったん万寿寺通を西に進みます。


916-23.jpg
坊城通から、万寿寺通を西に約50m進みました。
左(南)側に地域スーパーのマツモト 五条店が建っています。
魚介類が新鮮なイメージがありますが、お惣菜も人気ですね。
正面には、光徳公園の入り口が見えます。
そして光徳公園の東側で、坊城通がまた復活します。


916-24.jpg
万寿寺通から、坊城通を北に向いています。
左(西)側が先述の光徳公園で、
右(西)側が京都産業大学附属中学校・高校です。
ここからは、また坊城通を北上します。


916-25.jpg
万寿寺通から、坊城通を約50m北上しました。
ここで左(西)側を向くと、光徳公園の入り口がまた見えます。
この先に公園中央の舞台と桜並木が見えます。


916-26.jpg
光徳公園の入り口の前で、坊城通を北に向いています。
では、坊城通の北上を再開します。


916-27.jpg
万寿寺通から、坊城通を約100m北上しました。
坊城通は、松原通でまたまた突き当たります。


916-28.jpg
坊城通から、松原通を西に向いています。
左(南)側が下京区中堂寺地区ですが、
右(北)側は中京区壬生地区です。
つまり、ここから壬生に入っていきます。
新撰組の最初の拠点ですね。
光徳公園北端を西を眺めて、千本通付近まで進むと、
飲食店やスーパー銭湯が建ち並び賑やかになります。
その辺りのルートは、第29回ブログを参照してください。


916-29.jpg
今度は坊城通から、松原通を東に向きました。
約50m先に、また北に伸びる道があります。
そちらが、何度目かに復活した坊城通です。


916-30.jpg
松原通から、坊城通を北に向いています。
第913回ブログから何回も筋違いを繰り返した坊城通ですが、
松原通以北の坊城通は筋違いを起こしません。
では、ここを北上します。


916-31.jpg
松原通から、坊城通を北上しています。
坊城通の左(西)側に、こちらのお店があります。
浅葱色の羽織が、店頭に並んでいます。
おそらく、こちらは新撰組関連グッズを売っています。
この辺りからもう壬生ですから、新撰組関連のお店が増えてきます。


916-32.jpg
新撰組関連グッズのお店の前で、坊城通を北に向いています。
この辺りはマンションが立ち並び、京都市内有数の人口密集地帯です。
松原通から坊城通を約100m北上すると、
坊城通は高辻通と交差します。


916-33.jpg
坊城通から、高辻通を西に向いています。
坊城通からJR嵯峨野線の高架まで、飲食店が建ち並びます。


916-34.jpg
今度は坊城通から、高辻通を東に向きました。
約300m先で、高辻通は大宮通と交差します。
その近くに「四条大宮」交差点があるので、
その付近は結構繁華街です。


916-35.jpg
さらに高辻通から、坊城通を北に向いています。
もうだいぶ壬生寺に近付いたので、通行人が増えてきました。


916-36.jpg
高辻通から、坊城通を北上しています。
左(西)側に、路地が伸びています。


916-37.jpg
その路地の奥を覗いてみました。
呑み屋さんや公衆浴場が、建ち並んでいます。
この時点は昼過ぎでしたが、
もっと遅い時間にこの路地は賑やかになるのでしょうね。


916-38.jpg
その公衆浴場「壬生湯」に近付いてみました。
どうやらこの日(2023年2月2日木曜日)も営業予定でしたが、
開業されるのはあと2時間後のようです。


916-39.jpg
その路地から、坊城通を北に向いています。
この先で坊城通は仏光寺通と交差しますが、
その辺りに警察官が立っておられます。
どうもその辺りは、車両通行止めだそうです。


916-40.jpg
坊城通と仏光寺通との辻に、こちらが立っていました。
この先が、壬生寺の敷地です。
ここから節分の壬生寺参拝なのですが……
この辺りで法螺貝の音色が聞こえてきました。
どうやら聖護院の修験者さんによる祈祷が、もう始まっています。
ここからその修験者さんを取材しますが、
もうだいぶ写真を貼り付けましたので、今回はここまでです。

~次回は、壬生寺の護摩焚き祈祷を掲載します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第917回 壬生寺の護摩焚き 前編~坊城通南から北~その6

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

916-39.jpg
前回ブログでJR嵯峨野線「丹波口」駅から坊城通を北上し、
仏光寺通の手前までやって来ました。
今回はこの先の壬生寺にお邪魔して、節分の行事に参加します。
撮影日は、2023年2月2日木曜日節分前日午後1時半。
壬生寺に着いたら、既に行事が始まっていました。


917-1.jpg
坊城通から、仏光寺通を西に向いています。
約100m先にJR嵯峨野線の高架が伸びていますが、
この位置からは見えません。
右(北)側の土塀は、壬生寺のものです。


917-2.jpg
今度は仏光寺通から、坊城通を北に向きました。
左(西)側の土塀が壬生寺で、右(東)側の土塀が旧神先家です。
仏光寺通以北の坊城通は、住宅街から風景が一変されます。
この辺りが中京区壬生地区の中心で、
新撰組が闊歩したのが大体この辺りです。


917-3.jpg
仏光寺通から坊城通を約30m北上して、右(東)を向いています。
こちらが、旧神先家邸宅です。
武家造の京町家では最古の邸宅で、
京都でいちばん保存状態の良い武士の邸宅でもあります。
こちらは、現在根付の博物館として機能しています。
(こちらの詳細は、第319回ブログ参照。
根付の博物館のサイトは、ここをクリックしてください。


917-4.jpg
旧神先家邸宅の前で、坊城通を北に向いています。
約20m先から、律宗壬生寺に入れます。
壬生寺の節分会は神社の例祭並みに賑やかになりますので、
壬生寺の周囲には何基も屋台が立ち並びます。


917-5.jpg
旧神先家邸宅から坊城通を約20m北上して、西を向きました。
こちらが、律宗壬生寺の山門です。
本当ならここから壬生寺をゆっくり散策したいのですが、
ちょっと先に巡りたい場所があって急いで門をくぐります。


917-6.jpg
壬生寺山門をくぐり、境内に入ってきました。
その山門に入ってすぐに、壬生寺境内を北に向きました。
こちらに壬生寺の末社一夜天神がいらっしゃるのですが、
その前に聖護院の修験者さんたちがいらっしゃいます。
実は今回ブログの冒頭時点で法螺貝の音色が聞こえており、
この数分前から一夜天神さんの前で祈祷が始まっていました。


917-7.jpg
聖護院の修験者さんたちの祈祷は、さらに数分続きました。
修験者さんたちが発せられる文言を聞いていると、
どうやら般若心経の経文のようです。
般若心経は最短のお経ですぐ唱え終わるのですが、
修験者さんたちはそれを何度も繰り返されていました。


917-8.jpg
聖護院の修験者さんたちの中に、
「壬生寺」と書かれた法被を身に着けられた方々がいらっしゃいます。
こちらは後で分かったのですが、
壬生寺の法被を身に着けられた方は壬生寺の僧侶ではなく、
壬生寺の檀家の方のようです。
(護摩焚き祈祷の際に、紹介されていました)


917-9.jpg
さらに数分経って、聖護院の修験者さんたちの祈祷が終わりました。
すると修験者さんの一人が、幟を手に先頭を歩かれました。


917-10.jpg
続いて錫杖を持たれた修験者さん、朱い幟を持たれた修験者さん、
法螺貝を演奏されていた修験者さんが後をついて行かれます。
修験者さんたちは、本堂方面(境内西側)に進まれます。


917-11.jpg
壬生寺山門の真下で、境内を西に向いています。
法螺貝を吹きながら、こちらの修験者さんも西に進まれます。
そちらには壬生寺本堂があって、
目的地は本堂の北東前です。


917-12.jpg
法螺貝を演奏される修験者さんたちの後続は、
紅い傘を持たれた修験者さんと
その傘の陰にいらっしゃる修験者さんです。
たぶん、こちらが聖護院の修験者のうち代表される方でしょう。


917-13.jpg
そして「壬生寺」の法被を身に着けられた方々が、
修験者さんの行列の最後尾です。
行列参加者全員が、壬生寺本堂がある西へ向かって歩かれます。
行列の周囲には塔頭寺院や露店が並ぶのですが、
先に修験者さんが催される加持祈祷を優先します。
(節分の壬生寺の模様は、護摩焚き祈祷を取材した後に
いったん外に出て、再び壬生寺を訪問して取材します)


917-14.jpg
律宗壬生寺山門から、境内を約50m西に進みました。
この先に、壬生寺本堂が建っています。
ただ聖護院の修験者さんたちは、本堂には向かわれません。
本堂の右(北)側の広場に向かわれました。


917-15.jpg
その広場には、縄で結界が敷かれています。
その結界の南西角に門があって、
そこから修験者さんたちは結界内に入っていかれました。


917-16.jpg
次々と修験者さんたちが、結界内に入っていかれます。
……ところが、修験者さん数名が結界外に留まられます。


917-17.jpg
すると結界内にいらした方が、
外にいらっしゃる修験者さんと問答を始められました。
形式上はこちらの方々が本物の聖護院の修験者かの審査なのですが、
実際はその問答を通して「修験道とは何か」ということを
壬生寺の参拝者に説法されるのが目的のようです。
「修験道の発祥は?」「修験道とは?」「修験者の装備の謂れは?」
などが質問され、それにすべて答えられると
「汝は本物の修験者のようだ。ここを通って良し」
と返事が返ってきて、全員が結界内に入っていかれました。
(ここ壬生寺以外にも、祇園祭などでも同様の問答があります)


917-18.jpg
結界の東側に回り込み、壬生寺境内を西に向いています。
結界内中央に、護摩壇が用意されています。
こちらが、護摩壇の正面です。


917-19.jpg
聖護院の修験者さんたちの後続の数名も、
この結界内に入って来られました。
ここから、修験者の皆さんが護摩焚きの準備に入られます。


917-20.jpg
結界内で修験者さんたちが、再び法螺貝を演奏されます。
その曲(?)に合わせて、修験者さんたちが所定の位置に移動されます。


917-21.jpg
そして修験者の代表者は、護摩壇の正面に腰を下ろされます。
これで修験者の皆さんは、全員所定の位置に就かれました。


917-22.jpg
すると、修験者さんのうちの一人が弓を片手に登場されます。
ここから、護摩壇と周囲を破魔矢で清められます。


917-23.jpg
その修験者さんの背後を撮影しました。
矢筒に、色取り取りの破魔矢が刺さっています。
こちらの色にはすべて謂れがあるのですが、
それはこの後で順に紹介します。


917-24.jpg
先ずは、修験者さんがこちら(東)側を向かれます。
右手には、青(緑)の矢がつがえられます。
青(緑)は東の守護獣「青龍」を表します。
こちらを放つことで、東方を清められます。
……とはいえ、そのまま発射すれば大惨事です。
実は弓は緩く結んであり、そこまで矢は速度が出ません。
それを上空に打たれます。


917-25.jpg
続いて、修験者さんは左(南)に向かわれました。
こちらには、朱い破魔矢を射られます。
朱は南の守護獣「朱雀」を表します。
こちらを放つことで、南方を清められました。
とは言え、破魔矢は真上にゆっくり上がった後地面に落ちてきました。
落下した破魔矢は、参拝者の取り合いになります。
破魔矢に限らず、使用済みの護摩焚き祈祷の諸道具は
すべて参拝者が持ち帰ることができます。
それらはすべて、縁起物として参拝者に重宝されます。


917-26.jpg
さらに、修験者さんは向こう(西)側に向かわれました。
そちらには、白い矢を射られます。
白は、西の守護獣「白虎」を表します。
こちらを放つことで、西方が清められました。


917-27.jpg
そして、修験者さんは北側に向かわれました。
そちらには、黒い矢を打たれます。
玄(黒)は、北の守護獣「玄武」を表します。
こちらを放つことで、北方が清められました。


917-28.jpg
これで、結界外の四方が清められました。
続いて、修験者さんは護摩壇に向けて黄色い矢を放たれました。
黄は、修験道のご本尊不動明王を象徴しています。
つまり、破魔矢で護摩壇が清められます。


917-29.jpg
そして、修験者さんは艮(うしとら)の方に向かわれました。
艮とは北東のことで、要するに鬼門です。
修験者さんは最後に青(緑)と玄(黒)の破魔矢を放つことで、
鬼門封じを行われました。


917-30.jpg
ここで、修験者さんが一礼をされました。
これで、破魔矢による儀式は終わりです。


917-31.jpg
続いて、別の修験者さんが護摩壇前に登場されました。
実は、こちらの修験者さんは上手く撮れませんでした。
この時点で修験者さんは小刀を抜いておられます。
そして、その小刀を使って九字を切られました。


917-32.jpg
修験者さんが、小刀で中空に格子状に九字を切られます。
「臨 兵 闘 者 皆 陣 列 在 前」と唱えられて、
小刀を仕舞われました。


917-33.jpg
さらに、別の修験者さんが護摩壇前に登場です。
こちらは、小さな斧を持って来られました。


917-34.jpg
その修験者さんは、護摩壇の正面に向かわれました。
そして、短い祈祷を奉げられました。


917-35.jpg
短い祈祷を終えられた修験者さんは、手にした斧を振り上げられます。
そして、そのまま3回にわたって斧を振り下ろされました。


917-36.jpg
さらに、その修験者さんは艮(北東)の方角に回り込まれました。
そして、鬼門から3回斧を振り下ろされました。


917-37.jpg
これで、一通り護摩壇と周囲が清められました。
ここから、いよいよ護摩焚きが始まります。
するとさらに別の修験者さんが護摩壇正面に回り込まれ、
そのまま竹製の松明を持ち去られました。


917-38.jpg
実は、護摩壇前に現れた修験者さんはもう一人いらっしゃいます。
二人の修験者さんは護摩壇の向こう(西)側の祭壇前に移動し、
祭壇のロウソクを使って、松明に点火されました。


917-39.jpg
松明に点火すると、二人の修験者さんが松明を掲げられます。
この松明が、護摩焚きの種火となります。


917-40.jpg
点火した松明が、護摩壇正面に戻されます。
ここから、この火を使って護摩壇に着火します。
ただその前にも儀式があって、
その後から護摩焚き祈祷が始まります。
ただもうだいぶ写真を貼り付けましたので、
今回はここまでです。

~次回は、壬生寺の護摩焚きを掲載します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第918回 壬生寺の護摩焚き 後編~坊城通南から北~その7

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

918-1.jpg
前回ブログで壬生寺の護摩焚き前の様々な儀式が終わり、
いよいよ松明に点火されました。
後は壬生寺住職による短い祈祷の後、
本格的に護摩壇に点火されます。
撮影日は、2023年2月2日木曜日午後1時45分。
今年の節分も煙まみれ、煤まみれになりました。


918-2.jpg
聖護院の修験者さんが点火した松明を交差させ、
護摩壇前で待機されています。
すると壬生寺のご住職が姿を見せられ、
護摩壇正面で護摩焚き前に短い祈祷をされました。
般若心経などのお経ではなく、日本語で
当世のご時世やこの壬生寺で節分会を行うことを述べられ、
最後に世界中の人々に平和と健勝を祈願されました。
その間、聖護院の修験者さんたちは全員起立して傾聴されていました。


918-3.jpg
短い祈祷が終わると、壬生寺のご住職は
修験者の代表者の脇に腰かけられました。
(お2人には、イスが用意されています)
すると、修験者さんが護摩壇に松明を突き刺されました。


918-4.jpg
やがて、護摩壇から白い煙が経ちました。
護摩壇の中には松葉が敷き詰められていて、
それに火が点いた模様です。


918-5.jpg
続いて、松明で護摩壇に点火された修験者さんが、
バケツ片手に着火した護摩壇に水を掛けられます。
護摩壇に水を掛けることで、
火や煙の大きさや位置を調整されています。
こうしないと、すぐに辺りは煙まみれになります。


918-6.jpg
すると修験者さんの代表者が立ち上がり、
護摩壇に杖を振り下ろされました。
代表者さんはそれを角度を変え、1周繰り返されました。
そしてこの頃から、周囲の修験者さんが祈祷を開始されます。
太鼓の音色に合わせて、「世界平和」から「家内安全」まで
様々なことを唱えられています。
さらに、時折「南無神変大菩薩」とも唱えられます。
神変大菩薩とは、修験道の開祖役小角の菩薩行を表します。


918-7.jpg
ところが、数分後に辺りが真っ白になりました。
写真では修験者の代表者さんが写っていますが、
実際にここにいたときは、何も見えませんでした。


918-8.jpg
さらに、数分が経ちました。
比較的距離が近い結界の縄や参拝者の姿は、確認できます。
法住寺の護摩焚きでもそうですが、
護摩焚きの初めは必ず煙まみれになります。
毎年節分に参拝する自分は、もう慣れましたが……


918-9.jpg
とは言え、すぐに煙まみれの状態は鎮まります。
先程から修験者さんが護摩壇に水を掛けられ、
火と煙の勢いと位置を調整されます。
そのことによって、煙は真上にだけ上がります。


918-10.jpg
周囲が煙まみれになっている間にも、
修験者の代表者さんは護摩壇に杖を振り下ろされていました。
この際に使われる杖は必ずY字型なのですが、
こちらがだんだん焦げていきます。


918-11.jpg
そして修験者の代表者さんはY字型の杖を手許に置き、
護摩木を他の修験者さんから受け取られました。
さらに、右手に小刀を持たれました。


918-12.jpg
修験者の代表者さんは小刀で護摩木の封を切られると、
そのまま護摩木を護摩壇に投じられました。
こうして、護摩焚きは粛々と続けられます。


918-13.jpg
実は修験者の代表者さんはその後扇で護摩壇を仰がれたのですが、
そこも上手く写真が撮れませんでした。
その後は、他の方々が護摩木を護摩壇に投じられます。


918-14.jpg
先ずは、この壬生寺のご住職が護摩木を投じられます。
修験者の代表者さんと同様に封を小刀で切られて、
護摩壇に護摩木を投じられました。


918-15.jpg
続いて、壬生寺の檀家さんが護摩木を投じられます。
修験者さんがマイクを持ち込んでMCまでされていらしたのですが、
そこで結構大店の旦那さんと紹介されていました。
(すいません、社名は忘れました)


918-16.jpg
さらに、先程の大店の若旦那さんも護摩木を投じられます。
たぶんですが、先程護摩木を投じられた旦那さんのご子息です。


918-17.jpg
そこからは、修験者の代表者さんは護摩壇正面のイスに座られました。
そしておそらく般若心経を唱えられていると思うのですが、
距離的には近いのですが、自分にはよく聞こえませんでした。
それに対して、他の修験者さんたちが「バケツリレー」の要領で
次々と護摩木を護摩壇に投じられました。
実は法住寺の節分会よりも参拝者から寄せられた護摩木が多く、
その分護摩壇内の松葉を少なくされています。
ですから、護摩壇で燃えているのは護摩木です。
要するに護摩木の材料である材木がよく燃えていて、
そのため法住寺よりも舞い上がる煤の量が倍以上に多いです。
目の前の紅い傘にも、参拝者の頭にも煤がだんだん降り注ぎます。


918-18.jpg
護摩壇に、護摩木が次々と投じられます。
結界内に置かれた護摩木も多かったのですが、
壬生寺の本堂の方に収められた護摩木の束も、
次々結界内に持ち込まれていきます。
ですから、ここから結構長い間修験者の皆さんが
護摩木の「バケツリレー」を延々繰り返されました。


918-19.jpg
護摩木が焚かれて減っていくと、さらに護摩木が足されます。
ですから護摩木の量は、暫くこのままでした。


918-20.jpg
護摩壇の左右から護摩木の「バケツリレー」が続くのは、
見ていて壮観でした。
先述の通り他の護摩焚きより護摩木(材木)が燃える量が多いので、
黒い煙も登ってきています。
また他の護摩焚きよりも、火の勢いが強いですね。


918-21.jpg
とは言え約10分も護摩焚きを続けていると、
右(北)側の台の上にあった護摩木が底を尽きました。
後は左(南)側の台の分と、本堂近くに仕舞われている分です。


918-22.jpg
と言う訳で、右(北)側にいらした修験者さんも
左(南)側に回られて、こちら側の修験者さんを手伝います。
すると大量の護摩木が、かなりハイペースで護摩壇に投じられました。


918-23.jpg
もちろん護摩木の「バケツリレー」中も、
修験者さんたちの祈祷は延々続きました。
「世界平和」「家内安全」などを唱えられている一方で、
「南無神変大菩薩」も唱えられていました。
そちらに合わせて、こちらの太鼓が打ち鳴らされていました。
こうして聞くと、まるで音楽ですね。


918-24.jpg
そうしているうちに、こちら側の台の上の護摩木も尽きてきました。
本堂側から運ばれる護摩木は、もう終わりのようです。


918-25.jpg
遂に、左(南)側の台に置かれた護摩木も底を尽きました。
ただ、まだもう少し護摩焚きは続きます。


918-26.jpg
修験者の代表者さんが立ち上がり、
Y字型の杖を護摩壇に振り下ろされます。
祈祷自体はまだ終わっていませんでしたし、
護摩壇内の護摩木もしっかり燃やさないといけません。


918-27.jpg
実は、まだ少しだけ護摩木が残っています。
そちらは、護摩壇正面脇に敢えて残しておいた護摩木です。
修験者の代表者さんが、そちらの封を小刀で切られました。


918-28.jpg
そして、残った護摩木を護摩壇に投じられます。
まだ残しておいた護摩木は数本あるので、
修験者の代表者さんはこの動作を繰り返されました。


918-29.jpg
その後、修験者の代表者さんはイスに戻られました。
そのとき、護摩壇の松葉が崩れました。
護摩壇が燃えてきたためですが、
その上の松葉は水を掛け続けられたため燃え残っていました。
護摩壇に水を掛けられていた修験者さんが、
その松葉を拾い集められました。


918-30.jpg
その間も、祈祷が続いていきます。
こちらの修験者による太鼓の演奏も、より激しくなります。


918-31.jpg
一方、護摩壇の松葉はさらに崩れました。
もうほとんど護摩壇の組み木が、むき出しですね。
修験者さんたちが、竹竿で松葉を回収されています。


918-32.jpg
護摩壇の内部は、炎で真っ赤です。
護摩木が、激しく燃えているのが分かりますね。


918-33.jpg
すると結界の左(南)側にいらした修験者さんたちが、
一斉に法螺貝を吹かれました。
これが、護摩焚き祈祷が終わる合図です。


918-34.jpg
最後に修験者の代表者さんが閉じた扇を掲げられ、
そのまま九字を切られました。
それで、2023年度の壬生寺護摩焚き祈祷が終了です。


918-35.jpg
修験者さんたちは燃え上がる護摩壇をそのままに、
結界内から外に出て行かれます。
もちろん後片付けしなければならないのですが、
いったん結界内から出て行くのが祈祷の手順のようです。


918-36.jpg
修験者さんたちに続いて、壬生寺のご住職と檀家さんも退出されます。
壬生寺境内にあった結界内は、いったん誰もいなくなります。


918-37.jpg
壬生寺のご住職が結界を出られると、
聖護院の修験者さんたちがご住職に拝礼されました。
こちらは単なる挨拶ではなく、儀式の一部のようです。


918-38.jpg
その直後に修験者さんたちが戻って来られて、後片付けが始まります。
先ずは、結界を区切っていた縄が取り外されます。
すると参拝者は一斉に結界内に押し寄せ、
結界にくくられていた折り紙などを持って帰ります。
さすがに前回ブログで登場した弓や斧はダメですが、
護摩焚きで消費されたものはほぼ何でも持って帰れます。
折り紙以外にも、座布団代わりの松葉や燃え残った松葉なども
持ち帰ることができる対象です。
これらは、お札やお守りと同様のご利益があります。
基本早い者勝ちですので、参拝者同士で取り合いになります。
腕力に劣る方は「取り合い」に参加できませんが、
修験者さんが上手い具合にそれらを先に取って、
お婆さんやお爺さんに配っておられました。


918-39.jpg
聖護院の修験者さんたちが、どんどん後片付けされます。
護摩壇はまだ燃え盛っているので、暫くは放置です。
とは言え、護摩木もだいぶ燃えて灰になってきました。


918-40.jpg
護摩壇周囲ににあった結界も解かれ、イスや台も撤去されました。
露店を経営されている方以外は、
参拝者の大半も、本堂など壬生寺境内の他の場所移動されました。
自分ももう少ししたらここを移動しますが、
もうだいぶ写真を貼り付けました。
ですから、今回はここまでです。

~次回は壬生寺本堂に参拝しますが、
それと同時に露店巡りしながら昼食を摂ります~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第919回 節分の壬生寺~坊城通南から北~その8

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

919-2.jpg
前回ブログで壬生寺節分会の護摩焚き祈祷が終わり、
聖護院の修験者さんたちが後片付けを続けておられます。
修験者さんは鉤棒を持って、護摩壇を解体していかれます。
今回はいったん仏光寺通に出て、
坊城通から再入場して壬生寺本堂に参拝します。
撮影日は、2023年2月2日木曜日午後2時半。
ここから、護摩焚き祈祷以外の壬生寺節分会を散策します。


919-1.jpg
護摩壇が、どんどん解体されていきます。
炭化した護摩壇の木組はまだまだ熱いので、
壬生寺境内の地面に並べられます。


919-3.jpg
護摩壇内部にあった護摩木は、燃え尽きるまで放置されます。
護摩壇の周囲の松葉は、これ以上燃えないように取り除かれます。


919-4.jpg
壬生寺の檀家の方が、後片付けに参加されています。
その方は、護摩壇の木組に水を掛けていかれます。
木組の内部はよく燃えており、それを消火されていました。


919-5.jpg
護摩壇で燃えていた護摩木は放置されていましたが、
護摩壇の組み木など周囲で燃えていたものは取り除かれ、
とうとう護摩木の炎から、可燃物が引き離されます。
この炎も徐々に勢いが弱まり、だんだんと鎮火に向かいます。


919-6.jpg
壬生寺の檀家さんが、護摩壇の組み木に
バケツから水を掛けておられます。
組み木はだいぶ水気を含んで、もう素手でも触れます。


919-7.jpg
壬生寺の護摩焚き祈祷の後片付けはさらに進みますが、
そろそろ自分がここにいるのが邪魔になりそうです。
ですから、ここから壬生寺境内を移動します。
先ずは、壬生寺境内にあった護摩壇の位置から南に向きました。
自分がいる位置の西側に本堂が建っているのですが、
その南隣に千体地蔵がいらっしゃいます。
京都市街地で行き場を失ったお地蔵さんを
パゴタ状の塔に安置されたものです。


919-8.jpg
先程の位置から、壬生寺境内を約10m南下しました。
フレーム右(西)側の外に、千体地蔵がいらっしゃいます。
このままずっと壬生寺境内を南下すると、壬生寺南門ですね。


919-9.jpg
先程の位置から、壬生寺境内をさらに約5m南下しました。
左(東)側のたい焼きの屋台に結構人気があって、
自分はお客さんをすり抜けてきました。
では目の前の壬生寺南門から、いったん壬生寺を出ます。


919-10.jpg
壬生寺南門を出て、そのまま南を向いています。
目の前で、仏光寺通が東西に伸びています。
この先に土蔵が見えて、旧宅が建っています。
あちらも八木邸で、現在も八木家の方々がご在宅です。
ただ新撰組の屯所だった八木邸は、壬生寺の北隣です。
八木家はもともと壬生寺近辺の大地主ですから、
新撰組屯所以外にも邸宅を所有されてます。


919-11.jpg
壬生寺南門の前から、仏光寺通を西に向いています。
節分会の間は、壬生寺の周辺にも露店が立ちます。
取り敢えず、いったん仏光寺通を西に進みます。


919-12.jpg
壬生寺南門から、仏光寺通を約50m西に進みました。
こちらが、食堂の「丸福」です。
第321回ブログではこちらで冷麺を戴きました。
このお店を京のお店 今日のお品では紹介していませんでしたので、
昼食を摂りながらこちらのお店を取材しようと思っていたのですが、
どうやら閉まっています。
たぶん定休日ではないので、もしかしたら檀家の一員として
壬生寺の節分会に参加されているかもしれません。
まさかもう閉められているのではないとは思うのですが……


919-13.jpg
食堂の「丸福」の前で、仏光寺通を東に向いています。
お目当てのお店が閉まっているので、
ここからは仏光寺通を東に進んで壬生寺境内に戻ります。
……これで自分の昼食は、壬生寺境内の露店になります。


919-14.jpg
食堂の「丸福」から、仏光寺通を東に約50m進みました。
壬生寺南門まで、戻ってきました。
ただ今回は、ここから壬生寺には入りません。
立ち寄る露店に見当を付けていて、
そちらが坊城通沿いにあるからです。


919-15.jpg
壬生寺南門の前で、仏光寺通を東に向いています。
ここからは、暫く仏光寺通を東に進みます。


919-16.jpg
壬生寺南門から、仏光寺通を約50m東に進みました。
こちらの京町家が、苔玉屋です。苔玉の販売専門店です。
京都市街地の苔玉専門店は最近は何軒かできましたが、
たぶんここが最古です。
(苔玉屋には、第320回ブログにも訪れています)


919-17.jpg
苔玉屋から、仏光寺通を約30m東に進みました。
ここで仏光寺通は、坊城通と交差します。
目の前に警察官がいらっしゃるのは、壬生寺節分会の都合で
仏光寺通以北の坊城通が車両通行止めのためです。


919-18.jpg
今度は仏光寺通から、坊城通を北に向いています。
左(西)側の土塀は壬生寺ですが、右(東)側の土塀は旧神先家邸宅です。
旧神先家邸宅の前には、第917回ブログでも通過しました。


919-19.jpg
旧神先家邸宅前から、坊城通を北に向いています。
目の前から、壬生寺に入れますね。


919-20.jpg
旧神先家邸宅から坊城通を約30m北上して、左(西)に向きました。
では、こちらから壬生寺に再入場します。
……その前に、右(北)側のたこ焼きの露店にお邪魔します。
先述の「お目当ての屋台」とは、ここのことです。
実は、こちらには第635回ブログでもお邪魔しています。
こちらは5個300円ととても安いのですが、
1個1個にタコが1片入っていて、お得感があります。


919-21.jpg
たこ焼きの露店の奥に、飲食スペースがあります。
では、こちらのイスに座ってたこ焼きを戴きます。
飲食スペースの一部が写っていませんが、
そちらには自分の先客がいらっしゃいます。


919-22.jpg
飲食スーペースに座って、このたこ焼きを戴きました。
外がカリカリですが中はトロトロですので、
舌が火傷するのを注意しないといけません。
そして、中には大振りのタコが入っていました。


919-23.jpg
たこ焼きを戴いて、再び壬生寺山門前に立ち西を向いています。
では、ここから壬生寺に再入場します。


919-24.jpg
壬生寺山門をくぐり、すぐに北を向きました。
こちらに、壬生寺の末社一夜天神がいらっしゃいます。
第917回ブログでは、聖護院の修験者さんたちが
こちらで祈祷されていました。
夜泣き封じのご利益がありますが、自分にはあまり関係がありません。
とは言え、せっかく来たので先ずはお参りです。


919-25.jpg
壬生寺山門から、境内を西に向いています。
ここをまっすぐ西に進めば、壬生寺本堂です。
ただこの日(2023年2月2日木曜日)の壬生寺は、節分会です。
境内や周辺には、あちこち露店が立っていました。


919-26.jpg
壬生寺の末社一夜天神の向かい(南)側に、
壬生寺が経営する老人ホームがあります。
ただ、節分会の期間中はこの場所で炮烙焼きが売りに出されます。
炮烙焼きは直径約50㎝の円形の焼き物で、
こちらに願い事を書いて再び壬生寺に納めます。
壬生寺が参拝者から集めた炮烙焼きは、
壬生狂言の際に舞台から落とされます。
そして炮烙が割れたとき、参拝者の願いが叶うと考えられています。


919-27.jpg
その老人ホームの前で、壬生寺境内を西に向いています。
ここより西にも、様々な塔頭寺院やお堂が並びます。


919-28.jpg
一夜天神の西隣に、阿弥陀堂が建っています。
文字通り、堂内に阿弥陀如来像がいらっしゃいます。
また阿弥陀堂を通り抜けた北側に、壬生塚があります。
壬生塚が、壬生寺内の新撰組関連施設です。


919-29.jpg
阿弥陀堂の向かい(南)側に、壬生寺中院が建っています。
こちらも壬生寺の塔頭寺院で、ご本尊は十一面観音です。
そして、こちらでも炮烙焼きが売られていました。


919-30.jpg
中院の西隣に、「歯薬師」がいらっしゃいます。
要するに薬師如来がいらして、京都十二薬師の御1体です。
このブログでは、他に因幡薬師第307回ブログの水薬師・
第346回ブログの福勝寺・第347回ブログ追記に掲載した地福寺・
第117回ブログの雙林寺・第573回ブログの薬師院・
第158回ブログの蛸薬師に訪れています。


919-31.jpg
「歯薬師」の前で、壬生寺境内を西に向いています。
次はここから西に進み、壬生寺本堂前に進みます。
……と言いますか、今回ブログの冒頭の位置に戻ります。


919-32.jpg
今回ブログの冒頭護摩壇があった場所に戻ってきました。
護摩壇を組まれていた木材は鎮火済みで、
小型車両によって外に運び込まれてます。
ただ、護摩壇の炎は小さくなっても燃えています。

919-33.jpg
そうは言っても、護摩壇の炎はかなり小さくなっています。
他の可燃物からは遠く離されているので、
約1時間もしたら鎮火するでしょうね。


919-34.jpg
……と言う訳で壬生寺境内をさらに西に進み、
壬生寺本堂に向かいます。
ただその前に、目の前の小屋に向かいます。


919-35.jpg
小屋の中には、女性が一人いらっしゃいました。
その方にお金を納めると、線香が戴けます。
なお、線香に決まった金額はありません。
自分は、取り敢えず50円納めて線香1本もらいました。


919-36.jpg
先程の小屋の西側に、こちらが並んでいます。
中には液状の蝋が入っており、それが燃えています。
こちらの中に線香を差し入れて、着火させました。


919-37.jpg
そして、さらに西側にあるこちらに線香を立てました。
ちなみに中央のいちばん長いのが、自分が立てた線香です。
立てた直後なので、いちばん長いですね。


919-38.jpg
その香炉の西側に、律宗壬生寺本堂が建っています。
律宗と言えば奈良県の唐招提寺が総本山ですが、
この壬生寺も本山の扱いです。ご本尊は、大地蔵菩薩です。
こちらは、平安時代の941年に快賢によって創建されました。
一時期衰退しましたが、鎌倉時代の1300年に円覚が再興して
この時期から大念仏会や壬生狂言が行われるようになりました。
また天明の大火などでたびたび焼失していましたが、
現在のご本尊は1967年に唐招提寺から譲り受けており、
重要文化財に指定されています。
では、こちらに参拝します。


919-39.jpg
壬生寺本堂の南側には節分用の寺務所があり、
そちらでお札やお守り、炮烙焼きが売られていました。
その奥(西側)が、先述の千体地蔵です。


919-40.jpg
壬生寺本堂前から、南に向きました。
こちらの南門から、先程仏光寺通に向かっています。


919-41.jpg
今度は、壬生寺本堂から境内を北に向きました。
護摩壇があった場所より北側には、屋台村が形成されています。
ここからはその屋台村初め壬生寺境内を散策しますが、
もうだいぶ写真を貼り付けました。
ですから、今回はここまでです。

~次回は、壬生寺境内の屋台村を散策します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第920回 壬生寺屋台巡り~坊城通南から北~その9

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

919-41.jpg
前回ブログで壬生寺本堂に参拝し、本堂前で北を向きました。
第918回ブログまで続いた護摩焚き祈祷の名残で、まだ煙たいです。
今回は、今まで進んでいなかった壬生寺境内の北側を散策します。
節分会の壬生寺では、その辺りに屋台村が形成されています。
撮影日は、2023年2月2日午後3時。
壬生寺の節分会の様子は、まだまだ続きます。


920-2.jpg
壬生寺本堂から約50m北上して、
第919回ブログに護摩壇があった場所から北を向いています。
ここからは、壬生寺境内北側に広がる屋台村に進みます。


920-3.jpg
その屋台村最南端に、「うどん」の暖簾が掛かる露店がありました。
店内で飲食もできますが、この位置で注文して食べ歩きもできます。
2つの大きな鍋には、おでんが入っていました。
左(北)側の鍋には大根や煮卵、コンニャクが、
右(南)側の鍋には、かまぼこやちくわなど、練り物が入っていました。
前回ブログでたこ焼きは戴いたものの、「丸福」には入り損ねました。
おでんに、ちょっと(本音はだいぶ)惹かれます。


920-4.jpg
誘惑に勝てず、屋台村を少し逆戻りします。
ここから、この暖簾をくぐり店内に入ります。
(以後は、この露店の許可を戴いて撮影しました)


920-5.jpg
店内に入ると、店員さんにこちらに案内されました。
店内は自分以外に数名のお客さんがいらっしゃいました。
この席に就いて、暫く待ちます。


920-6.jpg
この席に就いてから、約5分が経ちました。
メニューにあった「土手焼き」や「うどん」も惹かれましたが、
初志貫徹でおでん4品(700円)と缶ビール(500円)を頼みました。
おでん4品はお店のお任せで、お客さんは選べません。


920-7.jpg
「おでん4品」を大写ししました。
手前左から大根と平天、奥も左から煮卵とこんにゃくです。
個人的にはかまぼこに惹かれていましたが、これはこれで絶品でした。
平天以外の3品は、いずれも出汁が浸みこみやすい品物です。
特に、大根は明らかに色が変わっています。
これは焦げている訳ではなく、単に出汁が浸みこんでいるだけです。
そして、この大根が最高傑作でした。
かなりよく煮込まれているので、歯に触れただけで崩れてしまいます。
口の中で噛んでいると、この大根から出汁が染み出てきます。
おそらくですが、こちらは長年継ぎ足されて煮込み継がれた出汁です。
その深みと旨味が底知れず、この出汁が大根を絶品に変えています。


920-8.jpg
こちらのおでんとビールを戴きました。
おでんはお婆さんが一人で煮込んでおられましたので、
ここを出る間際にこう言っておきました。
「今まで食べた大根の中で、いちばんおいしかったです」
そのお婆さんは、少し照れながらお礼をおっしゃりました。
ただこれはお世辞ではなく、単なる事実です。


920-9.jpg
その露店から、壬生寺境内を北に向いています。
こちら側にも、露店がまだまだ続きます。


920-10.jpg
おでんを戴いた屋台から約10m北上して、
壬生寺境内を西に向いています。
こちらに、壬生寺の寺務所が建っています。
中を覗くと、護摩焚き祈祷を終えた聖護院の修験者さんが
ゆっくり寛がれていました。


920-11.jpg
壬生寺寺務所の前で、境内を北に向いています。
ここから、もう少しだけ壬生寺境内を北上します。


920-12.jpg
壬生寺寺務所の前から、境内を約5m北上しました。
ここから北には、露店がかなり少なめです。


920-13.jpg
先程の位置からもう5mだけ北上して、北を向きました。
この先の北門を出ると、綾小路に出ます。
つまり、この辺が壬生寺の北端です。


920-14.jpg
壬生寺北門から約10m南下して、寺務所前に戻ってきました。
その位置で左(東)を向くと、露店が続いていました。
ここからは、こちらを進みます。


920-15.jpg
屋台村の左(北)側の建物は、壬生寺の舞台です。
こちらで、年に数回壬生狂言が催されます。
毎年節分には、武士の新妻が忍び込んだ鬼を退治する「節分」と
参拝者から集めた炮烙焼きを舞台で叩き割る「炮烙割り」が、
交互に演じられます。
ただ、2023年節分は午後5時以降にしか開催されません。
日没後ウチのカメラは機能しませんし、
帰宅後自分の母の分も食事を作らないといけないので、
今回(2023年)も壬生狂言観劇を諦めます……


920-16.jpg
壬生寺の舞台の南側に、さらに東へと屋台村が続きます。
ここからは、露店が立ち並ぶ通りに壬生寺境内を東に進みます。


920-17.jpg
先程の位置から、壬生寺境内を約10m東に進みました。
ここから屋台村は、南に伸びています。
この辺りは、射的場など遊戯施設が立ち並んでいました。


920-18.jpg
先程の角から、壬生寺境内を南に向いています。
左(東)側にお面の露店があり、右(西)側に「くじ」の露店があります。
この辺は、食べ物以外の露店が多いですね。


920-19.jpg
先程の角から、壬生寺境内を約50m南下しました。
この辺りに、第918回ブログまで護摩壇がありました。
だいぶ片付いていますが、護摩木はまだ燃えていました。


920-20.jpg
その東側には、こちらの屋台が立ち並びます。
第917回ブログ以降護摩焚き祈祷を自分が眺めていたのは、
だいたいこの位置からでした。


920-21.jpg
先程の位置から壬生寺境内を約10m南下して、左(東)を向きました。
この参道の先に、壬生寺の山門があります。
第917回ブログ前回ブログで、壬生寺に入ってきた門ですね。
さて、この辺りに壬生寺の塔頭が立ち並びます。
「歯薬師」には前回ブログで参拝しましたので、
ここからは「水掛地蔵」と「弁財天」に参拝します。


920-22.jpg
先程の位置から、壬生寺境内を約5m東に進みました。
左(北)側の小屋で、線香とロウソクが売られていました。
ロウソクは1本50円でしたが、線香の価格は決まっていません。
合わせて100円納めたら、小屋にいらした方が
線香を3本自分に手渡されました。
どうやら、それが「相場」らしいです。
そう言えば、修験者さんたちが聖護院に帰られる姿に遭遇しました。


920-23.jpg
こちらが、自分が買い求めたロウソクと線香です。
こちらを水掛地蔵さんと弁財天さんに奉げます。


920-24.jpg
水掛地蔵さんの脇に、燭台が置かれていました。
先ずは、こちらに自分のロウソクを並べます。


920-25.jpg
こちらが、水掛地蔵さんです。
お堂の手前に香炉があって、そちらに線香を1本捧げます。
それから、お地蔵さんに柄杓で水を掛けます。
まぁ、「水掛」地蔵さんですから……


920-26.jpg
そして、水掛地蔵さんと弁財天さんの間にも香炉があります。
こちらにも、線香を1本捧げました。


920-27.jpg
水掛地蔵さんの東隣に、弁財天さんのお堂が建っています。
こちらにも、線香を1本捧げました。


920-28.jpg
こちらが、弁財天さんのお堂です。
では、こちらにもお参りします。
こちらの弁財天さんは、この時点(節分会期間中)で御開帳中でした。
実はもっと近くで撮れば弁財天さんのお姿も分かるのですが、
さすがにそれは止めておきました。
確か、こちらは重要文化財だったはずです。


920-29.jpg
弁財天さんのお堂の東隣に、阿弥陀堂が建っています。
もちろん、こちらには阿弥陀如来がいらっしゃいます。
そして、この阿弥陀堂の北側に壬生塚があります。
そちらが、壬生寺境内の新撰組関連施設です。
ここからそちらに向かいますが、もうだいぶ写真を貼り付けました。
ですから、今回はここまでです。

~次回は、壬生の新撰組関連施設を散策します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第921回 壬生の新撰組~坊城通南から北~その10

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

920-29.jpg
前回ブログで節分会の壬生寺をほぼ散策し終え、
後は壬生塚を残すだけになりました。
「壬生塚」とは壬生寺の池に浮かぶ小島で、
壬生寺歴代管主や新選組隊士のお墓が立っています。
今回は壬生塚に訪れた後、
中京区壬生地区に残る新撰組の足跡を巡ります。
撮影日は、2023年2月2日木曜日午後3時半。
今回は、壬生寺より北に向かいます。


921-45.jpg
壬生寺阿弥陀堂内は撮影不可なので、写真はありません。
壬生寺の阿弥陀堂には、文字通り阿弥陀如来像がいらっしゃいます。
もちろんその阿弥陀如来像にはお参りしますが、
この阿弥陀堂が北側の壬生塚に向かえる唯一のルートです。
阿弥陀堂内に設置された料金所で300円を納めて、
阿弥陀堂の北側に広がる壬生塚に向かいます。


920-30.jpg
阿弥陀堂を北に抜けると、こちらの橋に辿り着きます。
この橋の先が、壬生塚です。


921-1.jpg
阿弥陀堂から壬生寺境内を北上して
橋を渡っている途中で、左(西)に向きました。
金鍍金の龍の像が、池に浮かんでいますね。


921-2.jpg
先程の橋を渡って、壬生塚に辿り着きました。
壬生塚の奥(東)の方に新撰組隊士のお墓が立っていますが、
手前のこの辺りには壬生寺歴代管主のお墓が立ち並びます。


921-3.jpg
同じ位置で、壬生塚を東に向いています。
右(南)側の道を進むと、新撰組隊士のお墓が立ち並びます。


921-4.jpg
壬生塚で東に進む途中に、こちらの人丸塚が立っています。
柿本人麻呂のお墓と伝わっていますが、
どの歴史上の資料を読み比べてみても、
京都に柿本人麻呂のお墓がある可能性は皆無です。
おそらく後世の歌人のお墓でしょうね。
ちなみに「人丸(ひとまる)」→「火止まる」の語呂合わせから、
こちらには火災除けのご利益があります。


921-5.jpg
壬生塚の最東端まで来ました。
こちらの近藤勇の胸像は、映画関係者が壬生寺に寄贈されたものです。
ちなみに、壬生塚に近藤勇のお墓はありません。


921-6.jpg
壬生塚最東端から、壬生寺境内を北を向いています。
壬生塚のいちばん奥に、新撰組隊士のお墓が立ち並びます。


921-7.jpg
先ずは、こちらに志納金を納めます。
この辺りは、この寄付により成り立っています。


921-8.jpg
この辺りから、壬生塚に並ぶ新撰組の隊士のお墓が並びます。
左(北)側のお墓は、新撰組勘定方河合耆三郎のものです。
新撰組の相当数が規律違反で切腹していますが、
河合耆三郎もその一人です。
親許がお金を納めれば切腹を許されることになっていたのですが、
肝心のお金を集めることに時間がかかり、結局切腹した方です。
切腹の期限延長を認めなかった新撰組の幹部に
腹を立てた河合耆三郎の父は、抗議の意味も込めて
この壬生寺に新撰組隊士としては破格に大きな墓を立てました。
それが、こちらです。
右(南)側は、新撰組隊士の共用のお墓です。
たくさんの方の遺骨を納めるのは不可能ですので、
こちらは墓碑だけで遺骨はこの下に埋まっていません。


921-9.jpg
そして壬生塚のいちばん奥に、こちらのお墓が立ってます。
右(東)側のお墓は、新撰組隊士共用のお墓です。
墓碑銘に、野口健司と書かれていますね。
他の隊士は、自分のよく知らない方々です。
ただ、このお墓の下には遺骨は入っていません。
野口健司のご遺体は、後述の光縁寺の北側
嵐電の線路の下に眠っておられます。


921-10.jpg
そしてその右(西)側が、芹沢鴨平山五郎のお墓です。
どちらも、後述の八木邸で暗殺された人物です。
ただ、ご遺体はこちらには埋められていません。
仏光寺通の南側に広がる壬生寺墓地の中に、
現在もご遺体が眠っておられます。


921-11.jpg
その芹沢鴨と平山五郎のお墓の裏(北)側は堀に見えますが、
先程の池と繋がっていて、この壬生塚が池に浮かぶ小島と分かります。
その「堀」に、こちらが飛来してきました。
魚を探すように暫く水面に嘴を漬けていましたが、
やがて遠くに去っていきました。


921-12.jpg
近藤勇の胸像前まで戻り、壬生塚を西に向いています。
あちらから、何人か参拝者が来られます。
壬生塚は「壬生地区の新撰組関連施設」ではいちばん有名ですし……
では、自分はそろそろ壬生塚をこのまま西に進みます。


921-13.jpg
壬生塚最西端から、南を向いています。
では、この橋を渡り壬生寺阿弥陀堂内に入っていきます。


921-14.jpg
壬生塚から壬生寺阿弥陀堂内に入り、
さらに南下してその阿弥陀堂を南に出ました。
こちらは、壬生寺境内ですね。
目の前(南側)に、壬生寺中院が建っています。


921-15.jpg
壬生寺阿弥陀堂を出て、壬生寺境内を東に向いています。
この日(2023年2月2日木曜日)は、
壬生寺では節分会が催されています。
第917回ブログから壬生寺境内を散策してきましたが、
そろそろこの先の山門に向かいます。


921-16.jpg
先程の位置から、壬生寺境内を約20m東に進みました。
では目の前の山門から律宗壬生寺を出て、坊城通沿いに出ます。


921-17.jpg
壬生寺山門から東側に出て、坊城通を北に向いています。
では、ここから坊城通を北上しています。


921-18.jpg
確か数年前まで壬生寺山門の北側は小さな駐車場だったはずですが、
いつの間にかカフェが開店していました。
「だんだらカフェ」と書かれていますが、
クッキーとかお菓子がおいしそうなお店ですね。


921-19.jpg
壬生寺山門から、坊城通を約30m北上しました。
坊城通の東側は、臨済宗永源寺派鳳翔山新徳寺(新徳禅寺)です。
江戸時代半ばの1739年、天巌文聰によって建立されました。
1863年清河八郎が江戸で結成した浪士組が京都に訪れたとき、
この新徳寺で宿泊しました。
清河八郎が京都に来た名目上の目的は
江戸幕府14代将軍徳川家茂の護衛だったのですが、
この新徳寺の本堂で江戸幕府を打倒する必要性を説きました。
その際江戸幕府側に立とうとした近藤勇芹沢鴨らが、
浪士組を脱退してその浪士組が江戸に帰った後も京都に残りました。
これが、新撰組の始まりです。
つまり、ここが新撰組発祥の地です。


921-20.jpg
その新徳寺では御朱印を発行されているはずなのですが、
本堂や境内には入れません。
代わりに、先程の門より北側に露店が立っていました。
この露店では、各種甘納豆が売られていました。


921-42.jpg
こちらが、その甘納豆です。
こちらは、中京区壬生地区の和菓子店が製造しています。
と言いましても、阪急電車「西院」駅の近くですが……
こちらで普段から販売されているわけではなく、
節分会のこの時期限定でこちらで売られています。


921-46.jpg
こちらは、この袋に入っていたリストです。
茶福豆や小豆が一般的ですが、
このお店は様々な甘納豆を製造しています。
この中にはありませんが、カカオ豆の甘納豆も売られていました。


921-43.jpg
こちらは、後日昼過ぎに戴きました。
最近は、ウチではそば茶が好まれています。


921-44.jpg
その甘納豆を大写ししました。
1種類だけではなく、様々な豆類が並びます。
それぞれが、素材本来の甘味を出しています。


921-21.jpg
新徳寺の門前から、坊城通を北に向いています。
節分会の時期は、四条通以南の坊城通に露店が並びます。


921-22.jpg
新徳寺から、坊城通をさらに北上しています。
壬生寺の北隣に、「鶴屋」という和菓子匠が建っています。
まんじゅうや羊羹など様々な和菓子が売られていますが、
近年は茶席が設けられており、そこで和菓子を戴けます。


921-23.jpg
鶴屋の茶席の前に、こちらが置かれておりました。
まんじゅうや羊羹などお持ち帰り用の和菓子以外にも、
このようなものも茶席で戴けます。


921-24.jpg
その「鶴家」の茶席から、さらに奥(西側)に向いています。
赤地に「誠」と書かれた旗が示すように、
和菓子匠の鶴屋の店主は、八木家の子孫です。
八木家はこの壬生一帯の地主だった一族で、
この八木家邸宅に新撰組隊士が居住していました。
つまり、この奥が新選組の壬生屯所です。


921-25.jpg
新撰組壬生屯所だった八木邸は撮影不可ですが、
有料で屋内を拝観できます。
拝観料は1000円ですが、学芸員の解説と
帰途に抹茶と和菓子を先程の茶席で戴けるサービス付きです。
邸内にいらした学芸員さんは何度か自分もお目に掛かった方でした。
数年ぶりにお話を聞くと、以前より詳しい話をされていました。
様々な参考文献を提示しつつ、いろいろ話されていました。
八木邸で話されるのは、先述の芹沢鴨平山五郎暗殺事件です。
学芸員さんが解説された部屋で起きた事件ですね。
当初は新撰組と対立する長州藩士の犯行と考えられていましたが、
会津藩主で新撰組を管轄する松平容保が、
近藤勇に命じて殺させたのが真相のようです。
ただ、一緒に部屋にいた吉栄さんも殺されたと解説されていました。
八木邸内の仏壇に芹沢鴨と平山五郎、お梅さんの位牌がありますが、
吉栄さんの位牌はありません。
さらに作家の子母澤寛が取材した八木為三郎氏の発言でも、
吉栄さんは事件後も生きています。
(当時子供だった為三郎氏と、吉栄さんが一緒に食事をしています)
そうすると吉栄さんは事件に巻き込まれていないことになりますが、
こちらの学芸員さんは終始一貫して
「吉栄さんは暗殺された」と主張されています。
たぶん調査された結果、この事件で
吉江さんが殺された証拠をつかまれたのでしょうね。


921-26.jpg
学芸員さんのお話は、30分近く続きました。
そちらを聞き終えて、鶴屋の茶席に向かいました。
この日(2023年2月2日)は結構寒かったので、
茶席には小さな火鉢が置かれていました。


921-27.jpg
最初に戴いた半券を提示すると、
店員さんがこちらを持って来られました。
抹茶とこちらで売られている和菓子ですね。


921-28.jpg
店員さんが持って来られたのは、抹茶と屯所餅でした。
こちらを戴きながら、ちょっと休憩します。


921-29.jpg
屯所餅は、求肥のの中に小豆餡が入った餅です。
そちらを抹茶とともに堪能していると、午後4時20分を回りました。
そろそろ西日が傾いてきています。
ちょっと慌てて、先を進みます。


921-30.jpg
茶席を後にして、鶴屋店内を東に向いています。
では鶴屋を出て、坊城通に戻ります。


921-31.jpg
和菓子匠の鶴屋の前で、坊城通を北に向いています。
では、ここからは坊城通を北上します。


921-32.jpg
鶴屋の前から、坊城通を約20m北上しました。
ここで坊城通は、綾小路と交差します。


921-33.jpg
坊城通から、綾小路を東に向いています。
右(南)側に、旧前川邸が見えますね。


921-34.jpg
坊城通から、綾小路を約10m東に進みました。
こちらから、旧前川邸に入れます。
結成後だんだんと入隊者が増えていった新撰組は、
程なく八木邸が手狭になってきました。
そこで、新撰組は八木邸の東隣のこの前川邸も
屯所として使うようになりました。
新撰組隊士と一緒に生活していた八木家の方々に対して、
前川家の方々は新撰組が現れると、
すぐにこの屋敷を捨てて別の土地に引っ越されました。
そのため、こちらを「旧」前川邸と呼びます。
この旧前川邸は新撰組隊士の居住スペースだったのですが、
古高俊太郎を拷問したり、山南敬助野口健司など、
多くの新撰組隊士が規律違反により切腹させられたりした場所です。
こちらは週末限定で公開されるのですが、
この日(2023年2月2日)は木曜日でしたので、
屋内には入れませんでした。


921-35.jpg
旧前川邸門前から、綾小路を東に向いています。
では、ここからはこの綾小路を東に進みます。


921-36.jpg
坊城通から、綾小路を約150m東に進みました。
ここで綾小路は、壬生川通と交差します。


921-37.jpg
壬生川通から、綾小路を東に向いています。
横断歩道を渡って、壬生川通から綾小路をさらに東進します。


921-38.jpg
壬生川通から、綾小路を東に向いています。
壬生川通以東の綾小路沿いに、小さなお寺がたくさん並びます。


921-39.jpg
壬生川通から、綾小路を約100m東に進みました。
こちらに、浄土宗上宮院聖徳寺が建っています。
ご本尊の阿弥陀如来像が、聖徳太子作と伝えられています。


921-40.jpg
上宮院聖徳寺から、綾小路を約30m東に進みました。
こちらに、浄土宗知恩院派満月山普照院光縁寺が建っています。
江戸時代末期の住職が山南敬助と友人であったため、
その山南敬助のお墓が立てられました。
以来新撰組隊士のご遺体が次々埋葬され、
墓地の北端に新撰組隊士共用のお墓が立っています。
そのため、多くの方がお参りに来られます。
ただこの日はあちこち回るのに時間がかかり、
この時点で午後4時半を回っていました。
そのため、光縁寺の門は閉ざされていました。
残念ながら中に入れませんので、ここから坊城通に戻ります。
ただもうだいぶ写真を貼り付けたので、
今回はここまでです。

~次回は、元祇園梛神社の節分会に向かいます~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第922回 元祇園梛神社の節分会~坊城通南から北~その11

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

921-40.jpg
こちらは、壬生川通と大宮通の中間の綾小路沿いです。
北側に、浄土宗知恩院派普照院光縁寺が建っています。
山南敬助初め、多くの新撰組隊士のお墓がある寺院です。
ただ前回ブログでは、時間が遅いため中には入れませんでした。
今回は光縁寺から綾小路を坊城通まで西に進み、
坊城通を北上して元祇園梛神社に向かいます。
こちらも、盛大に節分会を催されます。
撮影日は、2023年2月2日木曜日午後4時半。
「壬生の節分会」の連載は今回までですが、
「坊城通編」は次回ブログ以降も続きます。


922-1.jpg
浄土宗知恩院派満月山普照院光縁寺の門前から、
綾小路を西に向いています。
右(北)側に、光縁寺の塀が見えます。
約30m先に、浄土宗上宮院聖徳寺の塀が見えますね。
では、ここから綾小路を西に進みます。


922-2.jpg
浄土宗知恩院派満月山普照院光縁寺から、
綾小路を約130m西に進みました。
ここで綾小路は、壬生川通と交差します。


922-3.jpg
その位置で、壬生川通に移動する前に綾小路を南に向きました。
こちらに、お地蔵さんがいらっしゃいます。
先ずはお参りして、先に進みます。


922-4.jpg
壬生川通は、4車線の比較的広い道路です。
その壬生川通以西の綾小路が、車両通行止めでした。
2023年2月2日~2023年2月4日は、この辺一帯が節分会です。
露店などが道沿いに建ち並ぶので、
この期間中は自動車が一切通行できません。


922-5.jpg
壬生川通から、綾小路を西に向いています。
左(南)側に見えるお酒屋さんは、
「近藤勇」「土方歳三」「沖田聡司」というビールを売っています。
では、さらに綾小路を西に進みます。


922-6.jpg
壬生川通から、綾小路を約100m西に進みました。
あと約50mで綾小路が突き当たっているように見えますが、
約10m南下するとさらに西に綾小路は続きます。


922-7.jpg
先程の位置から、綾小路を約50m西に進みました。
左(南)側に見える旧前川邸には、前回ブログで訪れました。
こちらは、新撰組屯所の一つです。
そのさらに西の坊城通で、綾小路は突き当たっています。
そこを左(南)に進むと、もう一つの新撰組屯所八木邸や
節分会が催されている壬生寺が建ち並びます。(前回ブログ参照)
また目の前の坊城通沿いに、きんつば専門店の「幸福堂」があります。
第188回ブログでは、このお店できんつばを買いました。


922-8.jpg
その幸福堂の前で、坊城通を北に向きました。
この右(東)側が、先程まで歩いていた綾小路です。
ここからは、この坊城通を北上します。


922-9.jpg
綾小路から、坊城通を北上しています。
仏光寺通~四条通間の坊城通には、節分期間中は露店が立ちます。


922-10.jpg
さらに坊城通を北上しようとしたのですが、急に嵐電が横切りました。
そう言えば、ここ最近嵐電の車両は広告をラッピングしていませんね。


922-11.jpg
綾小路から坊城通を北上していると、
左(西)側にこちらの露店が立っていました。
こちらの「丸干し」は、ウルメイワシで出来ています。
もともと節分には、イワシを戴く風習があります。
実はこの日の晩御飯も、イワシの予定でした。
帰りにどこかのスーパーでも寄っていこうとも思っていたのですが、
ちょうどいいのでここでウルメイワシの丸干しを買って、
そのままこの日の晩御飯にします。


922-12.jpg
その露店では、丸干しをこのレジ袋に入れて戴きました。
全部で、500円だったと思います。


922-13.jpg
こちらが、レジ袋の中身です。
ウルメイワシの丸干しが、全部で5尾入っていました。


922-14.jpg
輪ゴムを外して、容器を開けました。
こちらは、オーブンでしっかり焼きます。
イワシは最近安いので、だんだんウチの定番になりつつあります。
節分の期間中は、いつも以上にたくさん戴きました。


916-42.jpg
これが、2023年2月3日金曜日に戴いた分のイワシです。
これだけでは寂しいので、肉ニラ炒めも一緒に戴きました。
(肉ニラ炒めは、写真撮影していません)


922-15.jpg
では、2023年2月2日木曜日に戻ります。
嵐電が坊城通を通過したので、踏切を渡ります。


922-16.jpg
嵐電の踏切を渡っている途中で、西を向きました。
嵐電はこのまま西にへと伸びていて、西大路の手前で北に曲がります。
そして三条通の車道に乗り上げてそのまま西に進み、
市営地下鉄東西線「太秦天神川」駅前に至ります。
(その辺の様子は、第885回ブログ参照)



922-17.jpg
その嵐電の踏切から、坊城通を北に向いています。
節分期間中の坊城通は、四条通まで露店が並びますね。
では、ここからさらに北上します。


922-18.jpg
先程の踏切から、坊城通を北上しています。
もともと坊城通は京都市街地でも狭い道なのですが、
そこに露店が建ち並び参拝者がだんだん増えてくるので、
人口密度がさらに高くなってきました。


922-19.jpg
綾小路から、坊城通を約100m北上しました。
目の前で、坊城通は四条通と交差します。
ただその前に、左(西)側にに向きます。


922-20.jpg
その場で西を向くと、石製鳥居が立っていました。
こちらが、今回ブログのメイン元祇園梛神社です。
同じ境内で、隼神社と合祀されています。
では、この鳥居をくぐります。


922-21.jpg
先程の鳥居をくぐり、元祇園梛神社境内に入ってきました。
いつもは静かな場所なのですが、
この日は多くの参拝者がいらして、とても賑やかでした。
壬生寺同様、こちらも盛大に節分会を催されます。


922-22.jpg
元祇園梛神社の社務所の前に、臨時の社務所が作られています。
そちらには数名の巫女さんが常駐されていて、
時折神楽を舞っておられました。
実は聖護院の修験者さんたちによる祈祷も、
壬生寺のより先にこちらで行われておりました。


922-23.jpg
元祇園梛神社の臨時社務所前から、境内を北に向いています。
この先に、元祇園梛神社の末社がいらっしゃいます。
毎年この時期、この辺りで
旧年のお守りやお札が焼かれていたのですが、
まだコロナ禍が完結していないため、2023年は中止されています。


922-24.jpg
では、先に末社にお参りしていきます。
先ずこちらは、稲荷社です。
こちらに、しっかりお参りします。


922-25.jpg
続いて、こちらの末社にもお参りします。
こちらは、田中社ですね。


922-26.jpg
田中社の前で、境内を西に向いています。
こちらには、本殿が並んでいます。
こちらは元祇園梛神社であるとともに、隼神社でもあります。
ですから、本殿が2棟並んでいます。


922-27.jpg
では、先に右(北)側の本殿から参拝します。
こちらは、隼神社の本殿です。
ご祭神は、建甕鎚神(タケミカヅチ)です。
794年の平安京遷都の頃の創建です。
実は、「従四位」と言う割と格上の神社です。
元は約200m北にいらっしゃいましたが、
約100年前にこちらに移ってこられました。
そのため毎年11月17日の例祭では、
その位置までこちらからご神体が神輿巡行されます。
(なぜか新撰組の扮装をされた氏子が、随行されます)


922-28.jpg
隼神社本殿の左(南)側に、元祇園梛神社本殿がいらっしゃいます。
ご祭神は、素戔嗚尊(スサノオノミコト)です。
「元祇園」とあるように、こちらは八坂神社の前身です。
もともと三条黒門という神泉苑の南端で、祇園祭が催されていました。
その後八坂神社はあちこち変遷を繰り返し、
現在の位置に移動されました。
まぁ元祇園梛神社も、ここではない別の場所から移転してきています。

現在の元祇園梛神社は、5月の例祭よりも
この節分会と夏越の払いで賑やかになります。


922-29.jpg
元祇園梛神社本殿前で、境内を北に向いています。
目の前の鳥居をくぐると、四条通沿いです。
その脇に、「壬生寺道」バス停があります。


922-30.jpg
今度は元祇園梛神社本殿前で、境内を東に向きました。
今回はここから鳥居をくぐり、坊城通に戻ります。


922-31.jpg
元祇園梛神社を出て、坊城通を北に向いています。
次はここから坊城通を北上して、四条通に向かいます。


922-32.jpg
坊城通から、四条通を西に向いています。
坊城通から約150m先の千本通まで、飲食店が建ち並んでいます。
(その辺りの千本通の様子は、第322回ブログ参照)


922-33.jpg
今度は坊城通から、四条通を東に向きました。
約300m先が、京都市街地屈指の繁華街「四条大宮」交差点です。
それはそうと東向きの「壬生寺道」バス停に、
26系市バスが停まっています。
自分が乗りたい市バスですが、信号から考えて
この市バスには間に合いませんね。


922-34.jpg
信号が変わったので、四条通を北側に渡りました。
この時点で、先程の市バスは既に出発しています。


922-35.jpg
四条通を横断歩道を北側に渡ってから、
坊城通から四条通を東に向いています。
目の前に、東行きの「壬生寺道」バス停が立っています。
取り敢えずこのバス停で、次の26系市バスが来るまで待ちました。
約10分後26系市バスが来たので、
そちらに乗って京都駅まで戻り、そのまま帰宅しました。

~次は、節分以降の「坊城通編」です。
元祇園梛神社に再訪して、坊城通をさらに北上します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第923回 平日の元祇園梛神社~坊城通南から北~その12

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

923-1.jpg
京都駅北側市バスターミナルから26系市バスに乗って、約30分。
こちらは、前回ブログで市バスに乗った「壬生寺道」バス停です。
今回は節分でも訪れた元祇園梛神社と隼神社再びを参拝して、
坊城通を四条通から北上します。
撮影日は、2023年2月16日木曜日午後1時。
数日ぶりに、肌寒い日でした。


923-2.jpg
「壬生寺道」バス停から、26系市バスが四条通を西に進みます。
26系市バスは西大路まで四条通を西に進んだ後北上し、
右京区花園地区を縦断して、最終的に右京区山越地区に向かいます。


923-3.jpg
再び「壬生寺道」バス停から、四条通を西に向いています。
約150m先の千本通まで、飲食店が建ち並びます。
(千本通の様子は、第322回ブログ参照)
さらに約100m西に進むと、JR嵯峨野線の高架と交差します。


923-4.jpg
今度は「壬生寺道」バス停から、四条通を西に向きました。
坊城通の手前に、石製鳥居が見えますね。


923-5.jpg
本当はもっと後から撮影したのですが、
四条通北側歩道に回ってその石製鳥居を撮りました。
鳥居の左(東)側に「元祇園梛神社」と書かれていますが、
右(西)側には「式台隼神社」と書かれています。


923-6.jpg
要するに、こちらは元祇園梛神社と隼神社が合祀されています。
前回ブログでは、こちらの節分会を取材しました。
今回は、平日の境内を取材します。


923-7.jpg
先程の鳥居をくぐり、境内に入ってきました。
節分会が終わると、社務所は通常閉じられています。
ただ近所の方中心に、常に数名の参拝者がいらっしゃいます。


923-8.jpg
境内の北東を向いています。
こちらに、こちらの末社が並んでいます。


923-9.jpg
先ずは、こちらの田中社にお参りします。
左京区の田中神社が勧請されたものと思っていたのですが、
どうやら地主神社(土地神様)のようです。


923-10.jpg
さらに、稲荷社にもお参りします。
こちらのご祭神は、上川稲荷大神のようです。


923-11.jpg
その稲荷社の前で、境内を西に向いています。
あちらに、隼神社と梛神社の本殿がいらっしゃいます。


923-12.jpg
先ずは、式台隼神社本殿にお参りします。
ご祭神は、建甕鎚神(たけみかづち)です。
皮膚病の平癒と言うご利益があります。
「式台」と言うことは、平安時代での社格が高かったことを表します。
延喜式にも、この神社の記述があります。
ただ、もともとこの神社は約200m北にいらっしゃました。
そちらには、次回ブログで訪れます。


923-13.jpg
続いて、元祇園梛神社にお参りします。
節分会の装飾が取り外され、通常モードですね。
ご祭神は、素戔嗚尊です。
祇園祭は平安時代当時の神泉苑最南端(現在の三条会商店街)で、
平安時代初期の863年に開催された祇園御霊会が始まりです。
祇園祭を催す神社はそこからあちこち変遷して、
平安時代半ばには現在の八坂神社に落ち着きました。
こちらの神社は、その間祇園祭を催した神社の一つです。
中世(鎌倉時代・室町時代)は別の位置にいらした祠でしたが、
明治時代初めに現在の位置に移られ、
昭和初期に現在の規模の神社になりました。


923-14.jpg
元祇園梛神社本殿に背を向け、境内を東に向きました。
ではあちらの鳥居をくぐり
この神社を出て、坊城通に向かいます。


923-15.jpg
先程の鳥居をくぐり、坊城通を南に向いています。
約20m先に、律宗壬生寺が建っています。
第917回ブログ以来の壬生の節分会も終わり、
露店などは完全に姿を消しています。


923-16.jpg
今度はその鳥居の前で、坊城通を北に向きました。
目の前で、坊城通は四条通と交差しています。
今回は、こちらを北上します。


923-17.jpg
鳥居前から坊城通を約10m北上して、四条通にやって来ました。
ここからは、この横断歩道を渡って四条通北側歩道に移ります。


923-18.jpg
横断歩道を渡って四条通北側歩道に渡り、
坊城通から四条通を東に向いています。
目の前に、京都駅行きの「壬生寺道」バス停が立っています。
前回ブログでは、このバス停から帰宅しました。
ちなみに四条通を約300m東に進むと、
京都市街地屈指の繁華街「四条大宮」交差点です。


923-19.jpg
四条通から、坊城通を北に向いています。
今回ブログは、このまま坊城通を北上します。


923-20.jpg
四条通から、坊城通を北上しています。
現在は商店舖が点在するものの、基本的には住宅街です。
ただ市電が京都市街地を走り、JR嵯峨野線が地上を走っていた
1980年ごろまでは三条会商店街以南の坊城通が
壬生寺へと続く参道でした。
その頃は結構な繁華街でしたが、今はその面影も薄いです。


923-21.jpg
その辺りの坊城通沿いで、右(東)に向いています。
こちらは、材木屋さんですね。
北山(京都市街地より北にそびえる山々)から切り出された木材は、
(主に北山杉を指しています)
1980年以前はいったんこの辺りに集積され、
JR「二条」駅から貨物列車で日本全国に売られていきました。
ですから当時は約150m西の千本通を中心に、
この辺りには大小の材木商が何軒も建ち並んでいました。
ところが1990年以降は北山杉が輸入材に圧されて、
集材所が縮小してJR嵯峨野線が高架に替わると、
バブル経済が崩壊したこととこの辺りが再開発されたことも加わり、
だんだんこの辺りが住宅街へと変わり、
材木商もどんどん数を減らしていきました。
(その辺の詳細は、第323回ブログ参照)


923-22.jpg
その材木商の前から、坊城通を北に向いています。
時折飲食店の看板を目にしますが、
その大半がもう閉められています。
こういうところが、「元繁華街」の名残ですね。


923-23.jpg
四条通から、坊城通を約100m北上しました。
ここから、左(西)へ錦小路が伸びています。


923-24.jpg
坊城通と錦小路の角に、錦坊城児童公園が広がります。
公衆トイレの手前に京都市の掲示板があり、
その手前が町内のゴミ捨て場です。
おそらくですが、この公園は町内の避難所であり
年に1回地蔵盆が開催れる場所です。
要するに、この公園は町内の集会所としても機能しています。
ちなみに目の前の鳥居は、立小便除けのまじないです。


923-25.jpg
坊城通から、錦小路を西に向いています。
このブログ掲載の「錦小路編」は、
約150m東の壬生川通までしか掲載していません。
(第609回ブログ参照)
ただ、この錦小路は千本通を越えて
ここから約300m先のJR嵯峨野線の高架で突き当たります。
あまりにも短いので、ここまで掲載を控えていました。


923-26.jpg
坊城通から錦小路を約10m西に進み、北を向きました。
では、ここから錦坊城児童公園に入ります。


923-27.jpg
錦坊城児童公園に入ってきました。
そういえば、坊城通は児童公園が多いですね。
午後1時過ぎですから、まだ小学校は終わっていません。
小学生がいないので、児童公園が撮り放題です。
(自分は児童公園の撮影が好きなのですが、
通常は小学生が写り込むのが良くないので、遠慮しています)
遊具はこの奥(西側)だけなので、広い印象があります。


923-28.jpg
錦坊城児童公園で、東を向いています。
向こう(東側)に見える出口は、坊城通沿いです。
ですから、あちらから児童公園を出ます。


923-29.jpg
錦坊城児童公園の東側で、坊城通から北を向いています。
この先に式台隼神社の跡地がありますが、
もうだいぶ写真を貼り付けましたので、
今回はここまでです。

~次回は、式台隼神社の跡地に向かいます~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第924回 たから餅の御手洗団子~坊城通南から北~その13

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

923-29.jpg
前回ブログでお邪魔した錦坊城児童公園の前で、
坊城通を北に向いています。
今回も坊城通を北上して、坊城通沿いのお店をあちこち散策します。
撮影日は、2023年2月16日木曜日午後1時15分。
ちょっと肌寒い一日でした。


923-30.jpg
錦坊城児童公園の前から、坊城通を約10m北上しました。
月極駐車場の北側にから、西に路地が伸びています。
この路地は、約150m先の千本通まで続いています。
この辺りの千本通の様子は、第323回ブログを参照してください。


924-1.jpg
その路地を背に、坊城通で東を向きました。
左の洋菓子店は閉じられていますが、
右側に板にフィンランド国旗が立てかけられたお店があります。


924-2.jpg
その国旗入りの板を大写ししました。
こちらは、フィンランド由来のパン屋さんです。


924-22.jpg
こちらのKITOSと言うパン屋さんには、
食パンやバゲット、ブールなどが売られていました。
天然酵母を使ているので、価格がちょっと高めですが
どちらもフィンランド風にアレンジされており、
ライ麦などを使った黒パンも多くありました。

自分は、このバゲットを350円ほどで買いました。
こちらもただのバゲットではなく、
ジャガイモの粉がパン生地に練り込まれています。


924-23.jpg
こちらは、2023年2月19日日曜日に戴いた自分の朝食です。
コーヒーとハムエッグと、ジャガイモのバゲットを戴きました。


924-24.jpg
ジャガイモのバゲットを大写ししました。
これで、半分の分量です。残りは、既に戴いていました。
味付きパンですから、細工はせずにバターを塗って焼いただけです。
こちらは、ジャガイモ独特の甘さと香りを感じるパンです。


924-3.jpg
フィンランド由来のパン屋さんKITOSの前から、
坊城通を北に向いています。
では、ここから再び坊城通を北上します。


924-4.jpg
錦坊城児童公園の前から、坊城通を約50m北上しました。
ここで坊城通は、蛸薬師通と交差します。


924-5.jpg
「蛸薬師坊城」の辻の南西角に、石碑が立っています。
1918年まで、前回ブログで訪れた式台隼神社がいらっしゃいました。


924-6.jpg
坊城通から西を向いて、その石碑が立っている場所を見ています。
現在は駐車場ですが、2015年7月段階では草が生えた空き地でした。
その時は、後述のたから餅老舗の店主に案内して戴きました。


924-7.jpg
この駐車場の西側は土がむき出しで、灯籠などが立っています。
おそらくですが、式台隼神社が「四条坊城」交差点に移っても
目の前の台の上に祠が暫く残っていたようです。


924-8.jpg
その灯籠の辺りから、東を向いています。
では、目の前の坊城通に戻ります。


924-9.jpg
その位置で坊城通を北に向くと、再び蛸薬師通との辻です。
辻の北東角に、先述の和菓子匠「たから餅老舗」が建っています。


924-10.jpg
「たから餅老舗」に立ち寄る前に、
坊城通から蛸薬師通を西に向いています。
この辺の蛸薬師通はまるで路地並みに狭い道ですが、
約150m先の千本通まで材木商が建ち並びます。
(詳細は、第323回ブログ参照)


924-11.jpg
今度は坊城通から、蛸薬師通を東に向きました。
約70m先に、UR都市機構直営の団地が建ち並んでいます。
そしてその団地の東側に後院通が伸びていて、
さらに東に蛸薬師通が復活して伸びています。


924-12.jpg
「蛸薬師坊城」の辻の北東角に、
和菓子匠の「たから餅老舗」が建っています。
2015年7月にこちらに訪問したときは、
店主と約1時間世間話をした後
先述の隼神社跡地に案内して戴きました。
また店内には様々な賞状が飾ってあり、
現店主は和菓子匠の全国大会で何度も優勝されています。
今回の訪問では店主は不在で、代わりに女将さんが応対されました。


924-25.jpg
まぁそういうお店ですから、京都の様々なTVでも紹介されています。
自分は上用まんじゅうとか水無月とか買ってきましたが、
TVでよく紹介されているこちらを購入しました。


924-26.jpg
レジ袋を開けると、こちらの包装紙が出てきました。
きちんと店名が入った包装紙ですね。


924-27.jpg
その包装紙を開けると、こちらが出てきます。
御手洗団子(みたらしだんご)が5本(500円)入っています。
たから餅老舗ではこのような袋入りだけでなく、
食べ歩き用に1本(100円)から売られています。
(こちらは、店内飲食はできません)


924-28.jpg
帰宅後袋から御手洗団子を袋から出して、皿に盛りました。
そば茶と一緒に戴くのは、
そば茶がウチの母の最近のマイブームだからです。


924-29.jpg
今度は、御手洗団子を大写ししました。
団子の食感が微妙に他店と異なるのは、
たぶん団子粉以外に何か入れていますね。
こちらは、割とそういう工夫をよくするお店です。
さらに、蜜は砂糖があまり入っていないですね。
焦がし醤油の味がしっかりするのが、うれしいです。


924-13.jpg
蛸薬師通から、坊城通を北に向いています。
たから餅老舗で御手洗団子を買って、坊城通を北上します。


924-14.jpg
蛸薬師通から、坊城通を北上しています。
四条通以北の千本通と異なり、四条通以北の坊城通には
京町家はほとんど残っていません。
ただこちらの京町家は「残っている」と言うより、
新築か改築か、修復直後に見えます。
白壁が、とても真新しいですね。


924-15.jpg
その京町家から、坊城通を北に向いています。
ここから、さらに坊城通を北上します。


924-16.jpg
蛸薬師通から、坊城通を約100m北上しました。
左(西)側に、京都市立朱雀第一小学校の塀が見えてきました。
この辺りは京都市街地でも人口増加率が高いところなので、
京都市立としてはかなり大きな学校ですね。


924-17.jpg
その京都市立朱雀第一小学校沿いに坊城通を北上すると、
すぐに後院通と交差します。
後院通は「三条千本」交差点から、「四条大宮」交差点を結ぶ道です。


924-18.jpg
坊城通から、後院通を南東に向いています。
約100m先に先述のUR都市機構の団地があって、
約500m先が「四条大宮」交差点で後院通は突き当たります。
京都市街地屈指の繁華街「四条大宮」交差点は
餃子の王将発祥の地ですが、
「坊城後院」交差点にも「京珉」という町中華があります。


924-19.jpg
今度は「坊城後院」交差点で、北西に向きました。
約200m先に、「三条千本」交差点があります。
三条会商店街の最西端部分ですね。


924-20.jpg
先程の位置から、後院通を北西に約10m進みました。
こちらに、京都市立朱雀第一小学校の校門があります。
この辺を散策していると、時折「朱一」という地名を見かけますが、
「朱一」とはこの京都市立朱雀第一小学校の略称です。
ちなみに、「朱雀」は朱雀大路を表します。
平安京の朱雀大路は、現在の千本通に相当します。
この坊城通の1本西の通りですね。


924-21.jpg
京都市立朱雀第一小学校校門前から、後院通を北西に向いています。
目の前に横断歩道がありますが、
こちらを渡ると坊城通をさらに北上できます。


925-2.jpg
その横断歩道を北に向いています。
こちらを渡ると、さらに坊城通が北に伸びています。
もちろんこのまま坊城通を北上し続けるのですが、
もうだいぶ写真を貼り付けました。
ですから、今回はここまでです。

~次回は三条会商店街に到達しますが、
その前に「鈴屋」と言う喫茶店に立ち寄ります~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第925回 鈴屋海老フライカレー~坊城通南から北~その14

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

925-2.jpg
前回ブログで脇を通った京都市立朱雀第一小学校の校門を背に、
後院通から坊城通を北に向いています。
今回は、後院通から三条会商店街まで坊城通を北上します。
撮影日は、2023年2月16日木曜日午後1時半。
三条通~後院通間の坊城通は、飲食店が多く建ち並んでいます。


925-3.jpg
先程の横断歩道を渡り、後院通北西側歩道に移りました。
そして、後院通から坊城通を北に向いています。
約150m先の三条通で、坊城通はいったん突き当たります。


925-4.jpg
後院通から、坊城通を約10m北上しました。
この辺から、坊城通は飲食店が多く建ち並びます。
近くの三条会商店街自体が繁華街なので、その影響でしょうね。


925-5.jpg
後院通から、坊城通を約50m北上しました。
坊城通の右(東)側に、こちらの路地が伸びています。


925-6.jpg
坊城通から、その路地を約5m西に進みました。
ここで、路地が右(南)側の路地と分岐しています。


925-7.jpg
路地のT字路で、南を向いています。
約10m先で路地が東西にまた分岐していますが、
その位置から約100m東に進むと、
約57回ブログにいらした武信稲荷神社です。


925-8.jpg
ただ今回はそちらに進まずに、路地を東に進みます。
こちらの先に、小さな稲荷社がいらっしゃいます。


925-9.jpg
こちらが、その小さな稲荷社です。
完全に稲荷神社の形式ですが、「杉春大神」と扁額に書かれています。
おそらくこの町内の土地神様なのでしょう。
古い稲荷社は死霊神としての側面もありますが、
(そうなれば、こちらはもともとお墓)
そうではない神社も多いので、何とも言えません。


925-10.jpg
杉春大神を背に、路地を西に向きました。
では、この位置から坊城通に戻ります。


925-11.jpg
先程まで散策していた路地を出て、坊城通を北に向きました。
ここから、また坊城通を北上します。


925-12.jpg
先程の路地から、坊城通を約50m北上しました。
坊城通の右(東)側に、「カレー」と書かれた看板が立っています。
こちらが、今回ブログのメイン「鈴屋」という喫茶店です。


925-13.jpg
その鈴屋に、この看板が掛かっていました。
どうやら、こちらはカツやフライが入ったカレーが名物です。


925-14.jpg
店頭に、こちらの写真も貼られていました。
スイーツの写真もありますが、半分以上カレーの写真です。
やはり、こちらはカレーを前面に出したお店です。


925-15.jpg
では、「鈴屋」の店内に入ってきました。
入り口付近にお客さんがいらしたので、奥に座りました。
そちらには、ゴヤの代表作「裸のマハ」の模写が掛かっていました。
家具や調度品は年季の入った、雰囲気のあるお店です。
「すみませんが、午後2時に閉店します」
女将さんのその一言で、慌てて席に就いて注文しました。


925-18.jpg
取り敢えず自分は、「裸のマハ」の模写の前の席に就きました。
こちらのお客さんは常連さんが多いようで、
入り口付近を占められた小父さんたちは、
女将さんと世間話に一生懸命でした。
(話の内容から、常連さんは三条会商店街の店主さんたちです)
ただ口コミやガイドブックで遠方から来られた方も、
常連さんの周囲に数人いらしたようです。


925-16.jpg
では、注文したカレーが来るまでちょっと待ちます。
自分はついた席の奥(北側)は、水槽がありました。
水槽の中には、ネオンテトラーが泳いでいますね。


925-17.jpg
さらに水槽の奥(北側)には、坪庭があります。
おそらくですが、この喫茶店は京町屋を改装しています。


925-19.jpg
こちらの席に就いて、約10分経ちました。
注文していた「海老フライカレーセット」が、やって来ました。
(海老フライカレーは単品で1,200円、セットで1,600円です)


925-20.jpg
確か単品でも、カレーにこのサラダが付きます。
ポテトサラダに、キュウリ、レタス・トマトが付きます。


925-21.jpg
続いて、こちらです。
ご飯の上に、エビフライが乗っています。
海老フライには、なぜかタルタルソースが付いていますね。
最近は減ってきましたが、昔ながらのカレーライスは
ご飯とカレーが別盛りです。


925-22.jpg
そして、こちらがカレールゥです。
中には洋葱やジャガイモなどの根菜が入っています。
arrows程ではありませんが、
同じ欧風カレーの系譜を継いでいますので、
最近の京都のトレンドであるインドカレーよりは辛いです。
(hyggeアジパイcafe marbleなどインドカレーのお店は、
欧風カレーの系譜のお店より辛くありません)


925-23.jpg
こういう形式ですとカレールゥを少しずつ掛ける方法もありますが、
自分は全部カレールゥをご飯に掛けました。
このエビフライは単品でもおいしいのですが、
やはりカレールゥをソースにしたいです。
ですから、混ぜるときはエビフライを崩さないように気を付けます。


925-24.jpg
約20分かけて、海老フライカレーとサラダを戴きました。
通常ならこれで全部ですが、セットメニューはまだまだ続きます。


925-25.jpg
カレーセットは、食後にコーヒーが付きます。
琥珀色に光っているのが、おいしいそうです。


925-26.jpg
喫茶店のコーヒーですから、何も入れず
コーヒー本来の風味と苦みを味わいます。
そこまで苦くないですが、薫り高いコーヒーです。
カレーの後の1杯には、ちょうどいいですね。


925-27.jpg
コーヒーは、約10分掛けて戴きました。
午後2時を回り、(この時点で午後2時15分)
自分以外のお客さんは全員帰られています。
自分も慌てて会計を済ませ、「鈴屋」を出ました。


925-28.jpg
喫茶店「鈴屋」を出て、坊城通を北に向いています。
あと約50mで、三条通なのですが……


925-29.jpg
喫茶店「鈴屋」から坊城通を約30m北上して、右(東)を向きました。
こちらにも、迷路状になっている路地が伸びています。
こちらの路地も、ちょっと寄り道します。


925-30.jpg
坊城通から、先程の路地を約5m東に進みました。
こちらに、ちょっと高めの居酒屋さんがあります。
(もしかすると、割烹料理店かもしれませんが……)
さらに三条会商店街が近づいてきて、路地にも飲食店が増えます。


925-31.jpg
先程の居酒屋さんから、路地を約30m東に進みました。
目の前に、お地蔵さんがいらっしゃいます。
地蔵盆も、この路地の中で催されるのでしょうか?
まぁ自動車がやって来ないので、かなり安全ですね。
取り敢えず、こちらのお地蔵さんにお参りして先に進みます。


925-32.jpg
お地蔵さんから約10m東に進むと、路地が突き当たります。
ただ、そこで路地は南北に伸びています。


925-33.jpg
路地のT字路で北を向きました。約20m先は三条会商店街です。
三条通沿いに見える紅い看板は、
最近京都のケーブルTVで放映された中華点心のお店です。
確か中国出身の店主が東京のホテルで長年働いた後、
独立後京都に移住してこのお店を開かれたそうです。


925-34.jpg
今度は路地のT字路で、南を向きました。
こちらにも、惣菜中心の居酒屋さんが建っています。
この辺の路地は日没以降に探検すると、
隠れ家的なお店を多く見つけることができます。
約70m先に東西の道が伸びていて、
それが先程出てきた武信稲荷神社への途です。


925-35.jpg
そして、そのT字路で西に向きました。
この路地も一通り散策しましたので、ここから戻ります。


925-36.jpg
先程のT字路から、路地を西に約50m進みました。
では、目の前の坊城通に戻ります。


925-37.jpg
その路地を出て、坊城通を北に向いています。
約20m先で、坊城通は三条通に突き当たります。
そちらが、三条会商店街です。


925-38.jpg
こちらで、坊城通は三条通に突き当たります。
ただここが最北端ではなく、
坊城通は筋違いでもう少し北に伸びています。
ちなみに、目の前のたい焼き屋さんはこの辺の名物です。


925-39.jpg
坊城通から、三条通を西に向いています。
三条通は約150m先で千本通と交差しますが、
そこが三条会商店街最西端です。


925-40.jpg
今度は坊城通から、三条通を東に向きました。
三条通は約800m先で堀川通と交差しますが、
そこが、三条会商店街最東端です。
目の前に右(北)に伸びる道がありますが、
こちらが続きの坊城通です。
ただ、この坊城通は約400m先の御池通で突き当たります。
そちらが坊城通最北端ですが、
もうだいぶ写真を貼り付けました。
今回は、ここまでです。

~次回は、JR嵯峨野線「二条」駅まで進み帰宅します。
つまり、次回が「坊城通編」最終回です~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第926回 二条駅から帰宅~坊城通南から北~その15

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。

925-40.jpg
今まで北上してきた坊城通から、三条通を東に向いています。
千本通~堀川通間の三条通は、三条会商店街です。
飲酒を伴う飲食店が多いので、京都市街地屈指の繁華街でもあります。
目の前に、すぐ左(北)へ筋違いの坊城通が伸びています。
今回は坊城通を突き当たり、JR嵯峨野線「二条」駅から帰宅します。
撮影日は、2023年2月16日木曜日午後2時半。
今回が、「坊城通編」最終回です。


926-1.jpg
先程の位置から三条通を東に約10m移動して、
坊城通を北に向いています。
今回ブログでは、ここから突き当りまで北上します。
また三条通から北上すると、
中京区壬生地区から中京区西ノ京地区に移動します。


926-2.jpg
三条通から、坊城通を約10m北上しました。
この辺りは、平安時代に勧学院でした。
藤原冬嗣が建立した大学別曹です。
要するに、学生のための寄宿舎ですね。


926-3.jpg
勧学院跡の前で、坊城通を北に向いています。
この辺りの坊城通は、京町屋が建ち並びます。
柱が黒いのは、先に木材をバーナーで焼いているからです。
こうすると、火災時燃えにくくなります。


926-4.jpg
勧学院跡地から、坊城通を約100m北上しました。
坊城通の右(東)側に、姉坊城児童公園があります。
そういえば、こちらは「坊城通編」で5つ目の公園です。
坊城通には、児童公園が多いですね。


926-5.jpg
姉坊城児童公園に、こちらが貼り付けてありました。
左(北)側が姉小路で、右(南)側が三条通です。
地図の中央に、この坊城通が貫いています。


926-6.jpg
また、姉坊城児童公園には町内の掲示板もありました。
ですから、こちらは町内の集会所としても機能しています。
ただ公園内にお地蔵さんがいらっしゃらないので、
地蔵盆は催されていないのでしょう。


926-7.jpg
こちらが、姉坊城児童公園の様子です。
枯れ木が数本立っていますが、大半が桜の木です。
ですから、もう数週間でこちらは絶景に変わります。
正面児童公園など、京都市街地の児童公園には桜並木が多く
そのどちらも春になると絶景に変わります。
本当は公園内から撮影したいのですが、午後2時を回って
小学生低学年の児童がだんだん増えてきました。
もうこの人数では、公園内を撮れません……


926-8.jpg
姉坊城児童公園の入り口から、坊城通を北に向いています。
児童公園の北端に、姉小路が東西に伸びています。


926-9.jpg
坊城通から、姉小路を西に向いています。
姉小路は、約150m先で千本通と交差しています。
この辺りには、JR「二条」駅周辺と
三条会商店街という二つの繁華街があります。
その間を結ぶこの辺りの千本通も、かなり賑やかな通りです。
(その辺りの千本通の様子は、第333回ブログ参照)


926-10.jpg
近藤は坊城通から、姉小路を東に向きました。
左(北)側は住宅地ですが、右(南)側は姉坊城児童公園です。
こちらを約1㎞進むと、祇園祭後祭では役行者山・鈴鹿山が立ちます。


926-11.jpg
さらに姉小路から、坊城通を北に向いています。
今回ブログでは、こちらを進みます。


926-12.jpg
姉小路から、坊城通を約30m北上しました。
こちらに、お地蔵さんがいらっしゃいます。
通常町内のお地蔵さんは延命地蔵尊か大日如来なのですが、
豆緑地蔵尊はかなり珍しいです。
取り敢えず、こちらにお参りします。


926-13.jpg
豆緑地蔵尊の前で、坊城通を北に向いています。
坊城通最北端の御池通が、だんだん近づいてきました。
では、さらに坊城通を北上します。


926-14.jpg
豆緑地蔵尊から、坊城通を約20m北上しました。
ここで坊城通はまた東西の道と交差しますが、
おそらくこちらの道に名称はありません。


926-15.jpg
坊城通から、その道を西に向いています。
この道に名称がないのは、とても短いからです。
この道は約150m先の千本通で突き当たります。
また東側も、坊城通から約50m先で突き当たります。
つまり、この道は約200mしかありません。


926-16.jpg
今度はその道から、坊城通を北に向きました。
では、このまま坊城通を北上します。


926-17.jpg
その道から、坊城通を約30m北上しました。
坊城通の左(西)側に、お酒を出す飲食店が2軒並びます。
だんだんJR「二条」駅が近くなってきました。
JR「二条」駅より東側は、割烹やバーの名店が数軒あります。
(唐揚げが名物の居酒屋もありますし……)


926-18.jpg
2軒並ぶ先程のお店から、坊城通を約20m北上しました。
この御池通で、坊城通は突き当たります。
そしてこの地点が、坊城通最北端です。


926-19.jpg
坊城通から、御池通を右(東)に向いています。
約50m先で、御池通は美福通と交差しています。
美福通は、二条城最西端を貫く通りですね。


926-20.jpg
今度は坊城通から、御池通を左(西)に向きました。
ここからは、この御池通を西に進みます。


926-21.jpg
坊城通から、御池通を約70m西に進みました。
ここで、御池通は南北を貫く通りと交差します。


926-22.jpg
御池通から、その通りを北に向いています。
こちらは意外と長い道なのですが、最南端は姉小路です。
一瞬筋違いの坊城通とも考えましたが、
坊城通最北端の御池通を南北に貫いているので、
坊城通とは異なる別の道と考えられます。


926-23.jpg
その道から、坊城通を西に向いています。
だんだん御池通が突き当たるJR「二条」駅が近づいてきて、
商店舗が増えてきました。
では、このまま御池通を西に進みます。


926-24.jpg
先程の道から、御池通を約70m西に進みました。
ここで御池通は、千本通で突き当たります。


926-25.jpg
千本通から、御池通を西に向いています。
御池通は、JR[二条」駅で突き当たります。
御池通は千本通より西にも存在しますが、
それは御池通より1本北に伸びる押小路が名称変更したものです。
つまり、押小路は千本通を境に名称が異なります。
また押小路は、二条城最南端の道です。
(詳細は、第339回ブログ参照)
では、目の前の横断歩道を渡り千本通西側歩道に移ります。


926-26.jpg
横断歩道を渡り、御池通から千本通西側歩道を南に向いています。
この辺りの千本通には、姉小路を境に佛教大学二条学舎と
立命館大学千本学舎が建ち並んでいます。


926-27.jpg
今度は御池通から、千本通西側歩道を北に向きました。
約100m先に千本通が押小路と交差します。
この押小路が千本通以西で、「御池通」と名称変更します。


926-28.jpg
JR嵯峨野線「二条」駅前に、大きな枝垂桜の木が立っています。
こちらも、春になるとかなりの絶景に変わります。


926-29.jpg
千本通より西に、JR嵯峨野線「二条」駅があります。
元の駅舎は重要文化財でしたが、
現在は移設されて京都鉄道博物館の出口部分です。
(転車台の北側ですね)
この駅の東側と西側が、京都市街地屈指の繁華街です。
(実は、反対側の西側の方が賑やかです)
では、この「二条」駅からJR嵯峨野線に乗って帰宅します。
よく考えたら、「坊城通編」はJR嵯峨野線2駅分でした。

これで、「坊城通編」を終了します。

~次回から、「京のお店 今日のお品」が続きます~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「京のお店 今日のお品」
緊急事態宣言後の
京都市街地で
コロナ騒動下でも
頑張っておられる
さまざまなお店と
その商品を
紹介して宣伝します。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。

「錦小路東から西」
四条通の1本北に伸びる
錦小路を東から西に
進みます。
錦市場から祇園祭鉾町へ
最終的に住宅街に
移動していきます。

「五辻通東から西」
上立売通と今出川通の
中間に伸びる五辻通を
東から西へと進みます。

「正面通東から西」
脳卒中のリハリビがてら、
比較的ウチに近い
正面通を
東から西に進みます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: