第450回 攝取院に寄り道~伏見稲荷初詣2017~その1

新年あけましておめでとうございます。
旧年(2016年)中からご訪問して頂き、
ありがとうございました。
本年(2017年)も、何卒宜しくお願いいたします。


さて、2017年もまた初詣から始めます。
それも、毎年変わらない伏見稲荷大社に向かいます。
ただ2016年同様2017年も元日が快晴だったので、
毎年通っている自分ですら辟易するくらいの人出でした……
今年(2017年)も、人人人の伏見稲荷大社にご案内いたします。

450-1.jpg
本当は京阪電鉄「七条」駅の方がウチの家から近いのですが、
わざわざ京都駅まで寄ってJR奈良線「稲荷」駅に来ました。
今回は、この駅前にある伏見稲荷大社に向かいます……
と言いたいところですが、世の中そんなに甘くありません。
諸事情により、「寄り道」を余儀なくされました……
撮影日は、2017年1月1日元旦の午後2時半。
2年連続快晴の元日です。


450-2.jpg
京都駅から2駅乗ってきたJR奈良線の急行電車が、
宇治・奈良方面に去っていきます。
普段のJR奈良線は「東福寺」駅に急行が停まるものの、
「稲荷」駅は普通電車しか停まりません。(京阪電鉄と真逆ですね)
それが、正月限定で、この駅にも急行電車が停まります。
……まぁそれは毎年のことなのですが、
電車から降りられた方々の数が、例年よりはるかに多いです!
ですから、駅員さんの緊張加減が2015年と全然違います。


450-3.jpg
JR「稲荷」駅ホームから、改札口に向かいます。
ここを見ても、混み具合が例年と違います。


450-4.jpg
JR奈良線「稲荷」駅を出て、東を向いています。
駅から伏見稲荷大社までは、約5mの距離です。
(本町通の道幅分です。つまり、駅の向かいが伏見稲荷大社です)
ところが、駅から伸びる人の波が
伏見稲荷大社一の鳥居から遠ざかる南に向かって伸びています。
あまりの人出に伏見稲荷大社表参道から、
本町通まで参拝者の行列があふれだしています……
ここまで混むのは、毎年こちらに来ている自分でも初経験です。


450-5.jpg
JR奈良線「稲荷」駅から、本町通を南に向いています。
ここから、右側通行で行列が南に伸びています。
では、この行列に並びます。


450-6.jpg
JR奈良線「稲荷」駅の入り口から、本町通を南に進んでいます。
すると、右(西)側にこちらのレンガ造のランプ小屋が見えます。
JR東海道線(琵琶湖線)はもともと名神高速道路付近を通っており、
JR奈良線の一部は、そこから京都駅に向かう路線でした。
こちらは、その当時から存在する日本最古の鉄道施設の一つです。


450-7.jpg
そのランプ小屋の南側が、少し改築されてました。
金網の一部が取り払われ、そこに簡易改札口が増設されていました。
つまり、改札を増設しないといけない程の人出になっています。


450-8.jpg
その改札口の先で、やっと行列が北向に変わります。
右(東)側に画材屋さんの「きりん画房」が見えていますので、
伏見稲荷大社の表参道から約100m南に下がったのでしょうね。


450-9.jpg
行列の最南端から、本町通を南に向きました。
ここまで来ると、すぐ先にJR奈良線の踏切と
攝取院の地蔵堂が見えます。
もうここまで来たら、こちらの方にも寄り道します。


450-10.jpg
攝取院自体は境内に入ることができないのですが、
本町通沿いの地蔵堂には参拝が可能です。
(しかも、日中は地蔵堂は開放されています)
こちらには、腹帯地蔵尊がいらっしゃいます。
安産のご利益があって、今はこの大きさですが
江戸時代には多くの大名の帰依を受けて
(厳密には、大名の奥方の帰依を受けて)
相当栄えていたようです。
(詳細は、第133回ブログ参照)


450-11.jpg
腹帯地蔵尊がいらっしゃる地蔵堂の北側に、
こちらのお地蔵さんの祠がいらっしゃいます。
次は、こちらにお参りします。


450-12.jpg
攝取院の北側に、このまま東に伸びる小路があります。
本町通より狭い3mほどの道幅の道ですが、自動車が通ります。
(しかも、一方通行ではありません)
昨年(2016年)の初詣は、こちらから伏見稲荷大社に向かいました。
今年(2017年)も表参道の様子から、こちらを通ります。


450-13.jpg
高校生のころからこの道を時々使いますが、
実は自分はこの道の名前を知りません。
多少蛇行していますがこの道は東に伸びる上り坂で、
本町通周辺に住んでいる住民の生活道路です。
ただ、この日(2017年1月1日)は明らかに観光客姿の
方々が数多くこの道を利用されています。


450-14.jpg
まぁこのブログでも、この道は何度も出てきています。
ただ、それだけにこの道には注意点があります。
この道自体は東に一直線で分かりやすいのですが、
右(南)の脇道は少しでも入ると渦巻き状に複雑になります。
そちらに向かえば、自分でも迷ってしまいます。
ですから、もしこのブログを読んでこちらに来られたら
絶対にそちらに向かわないようにしてください。

本町通から、約100m東に進みました。
ここで、十字路に出ます。


450-15.jpg
その十字路で、北を向きました。
向こうに見えるコンクリート製の建物は、伏見稲荷大社の宿泊施設で
頼めば有料で食事も出してくれます。
この建物を目印にそちらに向かえば
伏見稲荷大社の本殿前に出るのですが、
今回はさらに寄り道するのでこの道は進みません。


450-16.jpg
先程の十字路から、さらに東に坂道を上ります。
大半の方々が十字路で曲がられたので、
こちらの人通りはほとんどありません。


450-17.jpg
先程の十字路から、さらに東に坂道を上りました。
ここで、また筋違いの十字路に出ます。
ここを左(北)に曲がっても、伏見稲荷大社本殿前に出ます。
(第367回ブログのルートですね)
ただ、今回はもう少し東に寄り道してからここを進みます。


450-18.jpg
筋違いの十字路から、さらに約50m東に坂道を上りました。
向こうの住宅で、この道は突き当たります。
ただしここは行き止まりではなく、南北に伸びる道と交差します。


450-19.jpg
その突き当りで、南を向きました。
すると、先ほどの住宅以南に墓地が広がります。
こちらは、先ほど出てきた攝取院の墓地です。
かなり古い墓地なのですが、
中央に南北に伸びる道がこの墓地を貫いています。
その道は、自分も含めた地域住民が生活道路として利用しています。
ですから、この墓地にあまり「怖い」というイメージがありません。


450-20.jpg
突き当りの住宅の前で南北に伸びた道が、墓地を貫く道です。
この道をずっと進むと、石峰寺宝塔寺の前に出ます。
そして小屋には墓守さんがいらして、
こちらでろうそくや線香を求められます。


450-21.jpg
こやにいらっしゃる墓守さんから、
ろうそくと線香(1セット100円)を買ってこちらにお参りします。
こちらは、第169回ブログ以来のぬりこべ地蔵さんです。
実はぬりこべ地蔵さんは、詳しい出自が諸説あります。
ただ、もともとは京都市伏見区ススハキ町にいらっしゃいました。
(ここから真西約300m先の京都警察学校周辺)
明治時代にその地に日本陸軍第16師団練兵所が作られたため、
こちらに移設されました。


450-22.jpg
ぬりこべ地蔵さんの北側に、こちらの石仏群が並んでいます。
おそらく元々はこの辺りのお墓だったものが、
無縁仏になったのでしょうね。
何しろ、この辺りのお墓は相当古いですから……


450-23.jpg
ぬりこべ地蔵さんからすぐ南に「若冲」の石峰寺があるのですが、
そこまで回る時間はないので、ここから北に戻ります。


450-24.jpg
ぬりこべ地蔵さんから約50m北上し、西に向きました。
こちらが、先程本町通からここに来た道です。
ではここから西に進み、来た道を少し戻ります。


450-25.jpg
先程の住宅前のT字路から西に約50m坂道を下り、
筋違いの十字路まで戻ってきました。


450-26.jpg
その筋違いの十字路で、南を向きました。
なかなか雰囲気のよい路地ですが、
先述の通りもしこちらに進むと100%道に迷います。
手前の石碑に見えるのは、
「お山」(稲荷山)の「お塚」と同じようなものです。


450-27.jpg
今度は十字路で、北を向きました。
では、この路地を北上していきます。


450-28.jpg
この路地は、だんだんと北西に曲がりながら蛇行します。
初めはコンクリート製の建物中心でしたが、
だんだん木造の町家が建ち並ぶようになりました。


450-29.jpg
結局この路地は、蛇行の末に東西に伸びます。
この先のT字路より南に、人通りが多くなります。
攝取院の北側の小路を東に約100m進んで北に曲がると、
最終的にこちらに出ます。


450-30.jpg
そのT字路で、北を向きました。
約50m先に、伏見稲荷大社拝殿が見えます。


450-31.jpg
T字路から、約50m北上しました。
目の前が伏見稲荷大社拝殿で、その奥が社務所です。
フレームから完全に外れていますが、
この右(東)側が伏見稲荷大社本殿です。
ここから2017年の初詣となりますが……
当初の予想以上の人出です。

とは言えもうだいぶ写真も張り付けましたので、
今回はここまでです。

~次回は、東丸神社と伏見稲荷大社に初詣です~

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第451回 「ゆっくり」初詣~伏見稲荷初詣2017~その2

[伏見稲荷大社] ブログ村キーワード

450-31.jpg
ぬりこべ地蔵さんから狭い路地を北上し、
伏見稲荷大社の本殿前に来ました。
例年と比べても、相当の人出ですね。
今回は、本殿の南側の東丸神社と伏見稲荷大社本殿にお参りします。
撮影日は2017年1月1日元日の日曜日午後3時。
今回は、クリックした写真が全て拡大されます。


451-2.jpg
先程と同じ場所で、西を向きました。
この朱塗りの鳥居が、東丸神社(あずままろじんじゃ)です。
御祭神は、伏見稲荷大社の神主で国学者の荷田春満です。
先ずは、こちらからお参りします。


451-3.jpg
まぁ伏見稲荷大社の本殿が超満員ですから、
こちらの東丸神社も相当の人出です。
こちらは学問の神様としてよく知られており、
受験生や塾関係者が多くお参りに来られます。


451-4.jpg
東丸神社境内の南側一面に、千羽鶴が並びます。
こちらはおそらく受験生が製作したものでしょうね。
絵馬が、同じ場所に何枚も層を為しています。
ちなみに絵馬はここだけに貼り切れず、本殿裏にも並んでいます。


451-5.jpg
では、こちらの行列に並んで参拝順を待ちます。
こちらは、荷田春満の邸宅の北隣に建てられた神社です。
ちなみに荷田春満のお墓は、前回ブログの攝取院の墓地の中です。
(第169回ブログで訪れました)


451-6.jpg
東丸神社本堂の東側に、こちらの祠が並んでいます。
左(北)側が荷田社で、荷田氏の祖霊神です。
右(南)側が春葉社で、お札などの納札所です。


451-7.jpg
荷田社の前で、北を向きました。
長い長い参拝の行列が、続いています。
こちらで会社用のお札を買って、先を急ぎます。


451-8.jpg
東丸神社の鳥居前で、北を向きました。
左(西)側に伏見稲荷大社の楼門が見え、
右側には伏見稲荷大社の拝殿が見えます。
この人出を見ると、前回ブログでもし表参道を通っていたなら
おそらくまだこの楼門に辿り着いていないことが想像できます。


451-9.jpg
東丸神社の前から西に進み、伏見稲荷大社楼門前に来ました。
昨年(2015年)同様攝取院経由でこちらに来ましたので、
また今年(2017年)もこの門をくぐりませんでした。


451-10.jpg
伏見稲荷大社楼門の前で、東を向いています。
こちらは、伏見稲荷大社の拝殿です。
企業などからのお供え物を並べてありますが、
正面に賽銭箱があるので本殿と勘違いされる方も多いですね。
そして、ここが伏見稲荷大社本殿参拝の最後尾です。
行列の長さは、例年通りです。
実は、かなりの方が行列の長さに辟易して
参拝を諦めておられます。
……とは言え、これでも東京の明治神宮よりは
参拝者の行列よりは短いと思います。
(サイドバーにある個人情報満載の限定公開は天皇杯決勝の観戦と
明治神宮参拝が掲載されています)


451-11.jpg
先程の写真から5分が経過し、2017年1月1日午後3時20分です。
10mくらいは、移動しています。
このペースなら、あと40分くらいで本殿に辿り着けます。
(これは、例年のペースです)


451-12.jpg
先程の写真から5分経過して、午後3時25分です。
拝殿の東側にいらっしゃる伏見稲荷大社本殿が見えてきました。


451-13.jpg
伏見稲荷大社参拝の行列が、拝殿の南側を東に進んでいます。
拝殿の西(正面)側には伏見の清酒が奉納されていましたが、
南側には醤油やウスターソース・お好み焼きソース・
お好み焼きの素(要するに、味付きの小麦粉)が並びます。
大半が、大阪や神戸の企業です。
食品メーカーばかりですが、よく考えれば自社製品とはいえ
電化製品やコンピュータを奉納するのは変ですよね。
(京都は、食品よりそういう機械工業がさかんです)


451-14.jpg
この時点で、午後3時25分です。
あと50mほどで、伏見稲荷大社本殿に辿り着けます。


451-15.jpg
午後3時半になりました。
あと少しで、伏見稲荷大社の拝殿横を抜けます。


451-16.jpg
午後3時35分になりました。
これで、伏見稲荷大社拝殿脇を抜けました。


451-17.jpg
その辺りで、南を向きました。
東丸神社東側に、南へ抜ける道があります。
前回ブログでは、そちらから伏見稲荷大社境内に入ってきました。


451-18.jpg
伏見稲荷大社拝殿の東側で、北を向きました。
ここで少し北上してから、東を向きます。


451-19.jpg
伏見稲荷大社拝殿を背に、東を向きました。
ここから石段を上れば、伏見稲荷大社本殿です。
……とは言え、ここからが大変です。
まぁ一番混み合っている場所ですから、
ここからさらに歩行速度が遅くなります。


451-20.jpg
歩行速度が遅くなると、逆に周囲を見渡す余裕ができます。
こちらは、伏見稲荷大社本殿の破風です。
極彩色に彩られた見事な透かし彫りですね。


451-21.jpg
こちらは、その透かし彫りの左上の部分です。
鳥の姿が彫られていますが、
鳳凰というよりは鴛鴦(おしどり)に見えます。


451-22.jpg
今度は、透かし彫りの右上の部分です。
こちらの鳥は左右対称ではなく、嘴を大きく開けています。
2羽合わせて、阿吽の形をしていますね。
そう言えば、鳳凰も鴛鴦も通常夫婦で描きます。


451-23.jpg
こちらは、透かし彫りの左下です。
先程のものとよりも小さめに、キツネが彫られています。


451-24.jpg
さらに、右下の透かし彫りです。
こちらのキツネは左右対称でもなければ阿吽の関係でもありません。


451-25.jpg
ここから石段を上り、伏見稲荷大社本殿にお参りします。
ただこれ以上本殿に近づくと、本殿内部を撮影してしまいますので
撮影不可の区域になります。

結局、伏見稲荷大社本殿には午後4時ごろにお参りできました。
そう言えば、後ろに並んでいた男子高校生数人の集団が
何を祈願するか大声で相談されていました。
そのとき気付いたのですが、自分は神社にお参りするとき
特に何もお願いしていません。
まぁ、人それぞれということで……


451-26.jpg
伏見稲荷大社本殿に参拝した後、本殿南側に向かいました。
こちらで元日は神楽が舞われるのですが、そちらも撮影不可です。
そちらから東に進み、本殿の裏(東)側に回り込みます。
(この辺りから、撮影を再開です)


451-27.jpg
伏見稲荷大社本殿の裏(東)側をうろうろしています。
この辺りに、おみくじ目当ての方々が集中します。
そんな中、「お山」(稲荷山)の斜面に接するところに
社も祠もないのに鈴の緒と賽銭箱がある場所があります。
こちらは、この「お山」自体がご神体としてお祀りされています。
ただ、大半の方々がそれに気づかず通り過ぎておられます。


451-28.jpg
そちらの北側にも、こちらの社がいらっしゃいます。
多分本殿に対しての末社と思うのですが、
どちらの神様をお祀りしているのかは、自分は知りません。


451-29.jpg
その社の前から、北を向きました。
こちらは京阪電鉄「伏見稲荷」駅から本殿北側経由で、
「お山」(稲荷山)参道に至る御幸通なのですが、
この混雑は今まで自分がここに来て以来最大規模ですね。
(たぶん、生まれてから自分は5,000回くらい来ているはずです)


451-30.jpg
ただいつまでもここで停滞し続けることもできないので、
自分たちも御幸通の人波に合流します。
ちなみにずっと向こう(北)に見えるのは、講務本庁です。
(全国の稲荷信仰の総本山です)


451-31.jpg
伏見稲荷大社本殿の北東から、御幸通を東に向いています。
この鳥居をくぐると、「お山」(稲荷山)の神域に入ります。
ただ昨年(2016年)「お山」(稲荷山)をブログ8回かけて回ったので、
今年(2017年)は産場稲荷にお参りするだけにとどめます。

また今回はもうだいぶ写真を貼り付けたので、ここまでとします。

~次回は、産場稲荷にお参りした後スズメの焼き鳥を頂きます~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第452回 稲福スズメの焼鳥~伏見稲荷初詣2017~その3

451-31.jpg
伏見稲荷大社本殿の北東側で、御幸通を東に向いています。
目の前の鳥居より東が、「お山」(稲荷山)の聖域になります。
初詣を無事終えた後の今回は、産場稲荷を訪れた後
参道のお店に立ち寄ります。
撮影日は、2017年1月1日水曜日午後4時。
今回もクリックした写真は、全て拡大されます。


452-2.jpg
先程の鳥居をくぐり、御幸通を東に向いています。
ここから、「お山」(稲荷山)の上り階段が始まります。
ただ「お山」(稲荷山)には昨年(2016年)登りましたので、
今回はこの石段より上には行きません。

そう言えば、この辺りはカエデ並木が続いています。
秋にはかなりの絶景に変わります。
(第167回ブログ参照)


452-3.jpg
その石段の北側に、伏見稲荷大社の末社が並びます。
左(西)側順に、伏見稲荷大社を建立した秦氏を祀る「長者社」・
伏見稲荷大社の神職を歴代務めている荷田氏を祀る「荷田社」・
京都のあちこちの神社を勧進した祠(西から事代主を祀る「蛭子社」・
素戔嗚尊を祀る「荒尾社」・「若王子社」「八幡宮」です)・
伊勢の内宮と外宮を祀る「両宮社」です。


452-4.jpg
石段を上り切ると、御幸通が突き当たります。
その先に、玉山稲荷社がいらっしゃいます。
元は京都御所にいらしたのを明治天皇の東京御幸以降に、
こちらに勧請されたものです。
この辺りは日が直接当たらないので、写真がボケてしまいました。


452-5.jpg
玉山稲荷社の前で、右(南)を向いています。
この鳥居をくぐると、すぐに道は東へ曲がり
そこからさらに登り階段が続きます。
そして、その先で「千本鳥居」が始まります。
ただ、こちらへは昨年(2016年)行きましたので
今年(2017年)はそちらへは向かいません。


452-6.jpg
玉山稲荷社の北隣に、こちらの社がいらっしゃいます。
ただこちらには神様が祀られておらず、
伏見稲荷大社への供物を納める場所です。


452-7.jpg
さらに北隣から、こちらの山道が東に登っています。
ここをずっと進むと、第369回ブログ熊鷹社の前に出ます。


452-8.jpg
その道の最西端で、北を向きました。
こちらは、2014年に通ったルートです。
今年(2017年)も、こちらを通ります。


452-9.jpg
先程の写真の左(西)側の白壁の下側に、こちらの花が咲いています。
赤い色と形状から、寒椿ですね。


452-10.jpg
一方その反対(東)側は、生垣越しに大きな池があります。
こちらは、その手前に立っていらっしゃいます。
「お塚」のようにも見えますが、こちらのご神体はその池です。


452-11.jpg
その「大八島大神」の前で、北を向きました。
この先で道が石畳からアスファルトに変わりますが、
その辺りで「お山」(稲荷山)の聖域から住宅地に変わります。
では、今年(2017年)はそちらに向かいます。


452-12.jpg
先程の道はすぐに突き当たっているように見えましたが、
筋違いになった後また北上することができます。
この先にある茶店は甘酒が名物で、昨年(2016年)にも訪れました。
今年(2017年)も訪れる予定でしたが、満員なので諦めました。


452-13.jpg
その茶店の北側に、十字路があります。
東に向かうと「お山」(稲荷山)への参道があって、
西へ進むと住宅街に入ります。
そのまま北上すると、こちらの産場稲荷社に到達します。


452-14.jpg
先程の鳥居をくぐり、北を向いています。
右(東)側の道はそのまま北上することができ、
蛇行しながら約700m進むと東福寺勅使門の前に出ます。
一方、左(西)側の鳥居をくぐると、小さな鳥居に囲まれた
産場稲荷社の「お塚」がいらっしゃいます。

先程登場した大八島池の北側(つまりこの辺り)は、
江戸時代には大きな森林でした。
そして、その森林に野生のキツネがたくさん住んでいたそうです。
(場所が場所だけに、キツネは手厚く保護されていたようです)
そして、まさにこの辺りがそのキツネの出産の場だったそうです。
明治時代以降その森林も住宅地となりましたが、
キツネの出産の場であったここが神聖視されて、
こちらが立てられました。
名前の通りこちらは伏見稲荷大社の末社なのですが、
「産場」の名の通り安産と子宝のご利益があるとされています。
そのせいか、ここでは妊婦さんの参拝者によく会います。


452-15.jpg
産場稲荷社の「お塚」から西を向いています。
向こうにこちらの社務所が見えますが、
「あまざけ」の札があるように、こちらは茶店でもあります。
そう言えば、「お山」(稲荷山)のあちこちにも
社務所兼茶店がたくさんあります。
(第371回ブログ薬力社前の茶店が典型です)


452-16.jpg
産場稲荷社から南に進み先ほどの十字路に戻り、
その位置で西に向いています。
もうこの辺りは、完全な住宅地です。では、ここを西に進みます。


452-17.jpg
産場稲荷社から、西に約50m進みました。
こちらは、京都市指定文化財の大橋家邸宅です。
水琴窟などを有する大きな庭園があるのですが、非公開です。
まぁ、個人宅ですからね。


452-18.jpg
その大橋家邸宅の前で、西を向いています。
では、この緩やかな下り坂を約150m先の突き当りまで進みます。


452-19.jpg
その緩やかな坂道を西に約150m進み、
突き当りを南に向きました。
ここを進むと、伏見稲荷大社参道の御幸通に到達します。
ちなみに、向こうに見えるビルは伏見稲荷大社の結婚式場です。


452-20.jpg
先程のT字路から、南に約100m進みました、
ここでこの通りは、御幸通に突き当たります。


452-21.jpg
先述の通り、御幸通は伏見稲荷大社の参道です。
ここで、またたくさんの参拝者とも合流します……
この通りには、神具と共に伏見人形を販売するお店が並びます。
また通りの西側には、様々な食べ物の露店も並びます。


452-22.jpg
御幸通に合流し、西を向いています。
ただ、前回ブログの伏見稲荷大社本殿参拝と比べて
人数は多くても皆さん足早に移動されているので、
渋滞することはありません。
この写真の右(北)側に、茶店の「稲福」さんが見えます。
ちょっとお腹がすいてきたので、こちらに立ち寄ります。


452-23.jpg
こちらには、2014年以来の訪問です。
この西側にあるねざめ家さんと、こちらを交互に訪れています。
こちらに来ると、毎回いなり寿司とスズメの焼き鳥を注文します。
熱燗のお猪口が2つなのは、母と自分の分です。


452-24.jpg
こちらが、「稲福」さんのいなり寿司です。
しっかり煮出したお揚げの中には、
芥子の実入りのすし飯が入っています。


452-25.jpg
こちらが、伏見稲荷大社名物のスズメの焼き鳥です。
スズメの姿そのままなので、数年前に自分がここで食べていたら
フランス人の(話していた言葉から推測)10歳くらいの女の子が
自分の食事風景を見て号泣していました。
それくらいインパクトがある食べ物ですが、
実は一番おいしいのは頭部です。
少し骨っぽくてかたいですが、独特の甘味があります。

自分が子供のころ今は亡き祖父がよくお土産に買ってくれました。
ですから、自分にとって「焼き鳥」とはこちらを指します。


452-26.jpg
「稲福」を出ると、もう午後5時を回ってました。
時期的に、もうすぐ日が暮れようとしています。
そういう訳で、店の前から西に御幸通を進みます。


452-27.jpg
「稲福」の前から、御幸通を西に約100m進みました。
目の前の鳥居を抜けると、伏見稲荷大社の敷地を出ます。


452-28.jpg
先程の鳥居を抜けると、御幸通と本町通との十字路に出ます。
御幸通はここからさらに西にも続いており、
京阪電鉄「伏見稲荷」駅前を通り抜け、
ここから西に約600m先の竹田街道まで伸びています。
この十字路の南西角に、「ねざめ家」という茶店があります。
例年こちらに立ち寄っているのですが、
今年(2017年)は「稲福」で食事を済ませたので、素通りします。


452-29.jpg
御幸通から、本町通を北に向いています。
この道をこのまま進むと、第136回ブログのルートになります。
こちらは伏見稲荷大社の参道から外れるので、
急に人通りがまばらになります。


452-30.jpg
今度は御幸通から、本町通を南に向いています。
右(西)側の建物が、先ほどの「ねざめ家」です。
左(東)側に、赤いテントのお店が見えますね。


452-31.jpg
この辺りの本町通は稲荷繁栄会で、観光客用のお店と
地元民用の個人経営の小売店舗が混在します。
まぁ、この辺りの大半がその区別が曖昧になっています。
こちらの「イナリセンター」がその典型で、
地元民がよく通うお肉屋さんである一方、
観光客目当てに鶏の唐揚げを売ってます。
この唐揚げが相当の人気なのですが、
実は自分がこの店に入ったことがありません。
ですから、今回初めてここに並んで買ってみます。


452-32.jpg
こちらが、その「イナリセンター」で並んで買った唐揚げです。
コロッケとセットで、500円でした。


452-33.jpg
こちらが、セットで付いてきたコロッケです。
中はジャガイモがメインで、スープで煮込んだひき肉が
独特のアクセントになっています。


452-34.jpg
こちらが、お目当ての唐揚げです。
醤油ベースのタレに長い時間漬けていたようで、
中までしっかり醤油の味が浸み込んでいました。
衣のサクサク感は溶き卵が混じっているせいでしょうね。


452-35.jpg
「イナリセンター」の前で、本町通を南に向きました。
だんだん日が暮れるにつれ、少しづつ道が空いてきました。
では、ここを進んでいきます。


452-36.jpg
「イナリセンター」の向かい(西)側に、こちらの露店があります。
今年(2017年)も、「浸みだれ肉まん」が売れていますね。


452-37.jpg
御幸通から、本町通を約100m南下しました。
こちらのコンビニエンスストアで、
唐揚げなどホットスナックを露店で販売しています。
ここの名物の豆大福は、もう売り切れていました……


452-38.jpg
そのコンビニエンスストアのほぼ向かい(東)側に、
伏見稲荷大社の一の鳥居と、表参道が続きます。
この時点で、2017年1月1日午後5時半です。
第450回ブログで通った約3時間前と違って
もうだいぶ人通りが少なくなりました。
これなら、攝取院経由で進まなくてもよさそうです。


452-39.jpg
その鳥居の向かい(東)側に、(先程のコンビニエンスストアの南隣)
JR奈良線「稲荷」駅があります。
では、ここから京都駅に向かい帰宅します。

これで、2017年の初詣を終えます。

~次回は、ゑびす神社の「残り福」に行きます~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第453回 「残り福」の禅居庵

[禅居庵] ブログ村キーワード

さて、初詣の次は「10日ゑびす」です。
今年(2017年)は仕事が立て込んで、更新日が遅れておりますが……
さらに基本的に自分の休日は毎週木曜日なので、
2017年1月10日火曜日には参拝できませんでした。

ところで、この「ゑびす大祭」は5日間にわたって開催されます。
1月8日→初ゑびす
1月9日→宵ゑびす
1月10日→本ゑびす
1月11日→終い(しまい)ゑびす
1月12日→残り福
今年(2017年)の木曜日は1月12日なので、
今回は「残り福」の様子を取材しました。


453-1.jpg
約2年半ぶりの京阪電鉄「清水五条」駅です。
今回はここから川端通を北上し、松原通経由で禅居庵に向かいます。
撮影日は、2017年1月12日木曜日午後1時半。
今回も、全ての写真がクリックすれば拡大されます。


453-2.jpg
京阪電鉄「清水五条」駅の改札口を通り抜け、左(北)を向きました。
ちなみに、京阪電鉄本線は「七条」駅以北が地下鉄です。
(つまり、「東福寺」駅以南が地上に出ます)
この辺りの京阪電鉄は、琵琶湖疎水の真下を通っています。
ですから、改札口より東のここは「五条川端」交差点の真下です。
今回はすぐに地上には出ずに、地下から北上します。


453-3.jpg
京阪電鉄「清水五条」駅改札口から、地下道を約50m北上しました。
その先の階段を上ると、京阪電鉄「清水五条」駅5番出口に出ます。


453-4.jpg
京阪電鉄「清水五条」駅5番出口の前で、北を向いています。
こうしてみると、川端通が2本あることが分かります。
左(西)側の広い方の川端通には、
約25年前まで琵琶湖疎水が流れていました。
今はその疎水は、暗渠となっています。
(さらにその下に、京阪電鉄が走っています)


453-5.jpg
京阪電鉄「清水五条」駅5番出口から、
川端通を約100m北に進みました。
向こうに見えるお地蔵さんの辺りが、T字路になります。
この辺りの川端通は宮川町置屋さんが並んでいます。
ですから夕方以降は芸妓さんや舞妓さんが徘徊されるのですが、
お昼過ぎはこんな風に人通りも少なくなります。
まぁ花街独特の情緒があるのに近隣の祇園よりひっそりしている分、
自分のような「街歩き」をしている者には最高の場所です。


453-6.jpg
そのT字路で、東を向きました。
ここから約700m先の東大路まで六波羅裏門通が伸びます。
第151回ブログで訪れたように、宮川町の東隣は六原です。
ちなみに、ここから約350m東に六波羅蜜寺があります。

そうそう、この六原裏門通を真西に伸ばすと
そのまま万寿寺通に達します。
実は江戸時代にはこの位置に橋が架かっていて、
この六原裏門通の位置も「万寿寺通」と呼んでいました。


453-7.jpg
六原裏門通から、川端通を北に向きました。
では、ここを歩いていきます。


453-8.jpg
六原裏門通から、川端通を約50m北上しました。
川端通の東側に(この写真だけ、南に向いています)
「和のせ」という看板が見えます。
ちょっと寄り道して訪ねてみると、中から女将さんが現れました。
こちらは、海産物の西京漬けの専門店です。


453-9.jpg
実は、自分は鰆(さわら)の西京漬けが大好物です。
今回ブログ取材時は1月半ばですが、鰆は冬の魚です。
こちらは冷凍魚は使われないので、2月までの限定販売です。
そのため、慌てて買いました。
こちらは、このように一切れごとに真空パックされています。
ちなみに京都では白味噌のことを西京味噌と呼び、
その西京味噌に魚などを漬けこんだものを「西京漬け」と呼びます。

こちらの「和のせ」さんは、3年前から開店されていたそうです。
自分はこの前をよく通っていたのですが、
こちらの存在を全然知りませんでした。


453-10.jpg
で、鰆を焼いてみました。
味噌は焦げやすいので、しっかりふき取って
弱火のコンロで焼きました。
まぁちょっと焦げましたが、鰆の甘味と味噌の味が合わさって
独特の味わいですね。
今回はこんな風に小松菜のお浸しなどを添えて頂きましたが、
おにぎりの具材にするなど様々な食べ方があります。


453-11.jpg
西京漬け屋さんの「和のせ」の前から、川端通を北に向いています。
この先に、松原通との交差点が見えます。


453-12.jpg
川端通から、松原通を西に向いています。
鴨川に架かるこの松原橋は、16世紀末まで五条大橋でした。
(「橋弁慶」の舞台ですね)
こちらを進むと、第24回ブログのルートを進むことになります。


453-13.jpg
今度は、川端通から松原通を東に向きました。
今回も、ここを進んでいきたいと思います。


453-14.jpg
川端通から、松原通を東に約50m進みました。
ここで、松原通は宮川町筋と交差します。
この辺りが、宮川町のほぼ中心地です。


453-15.jpg
松原通から、宮川町筋を南に向いています。
この石畳の道沿いに、芸妓さんや舞妓さんの置屋や出会い茶屋・
仕出し屋さんなどが建ち並んでいます。
それ以外にも様々なお店が並んでいて、
和菓子屋さんや豆腐屋さんなどの名店もあります。
(第101回ブログを参照)


453-16.jpg
今度は、松原通から宮川町筋を北に向きました。
こちらも、出会い茶屋や置屋さんが並ぶのですが……
確かこちらは石畳の道だったような気がします。


453-17.jpg
宮川町筋から、松原通を東に向いています。
では、こちらを進んでいきます。


453-18.jpg
宮川町筋から、松原通を東に約30m進みました。
こちらは、第20回ブログ以来たびたび登場している
洋菓子店「Friand」(フリアン)です。
実は、2016年の母の誕生日ケーキはこちらで買いました。
こちらはご進物のフィナンシェなどが主力商品ですが、
誕生日ケーキのような生菓子も絶品でした。
よくよく調べてみたら、京都を代表する老舗洋菓子店のようです。


453-19.jpg
その洋菓子店から、東に約10m進みました。
ラーメン店「ポパイ」の脇に、お地蔵さんがいらっしゃいます。
とは言えこの店、ここ数年開店していません。
もうやめてしまったのでしょうね。


453-20.jpg
そのラーメン店の前で、松原通を東に向いています。
ここから東の松原通沿いには、肉屋さんや川魚屋さんなど
高級食材を取り扱った小売店舗が建ち並びます。
その辺も、宮川町や祇園などの花街が近いせいでしょうね。


453-21.jpg
先程の場所から、松原通をさらに約50m進みました。
向こうに、川魚屋さんが見えますね。
川魚屋さんは淡水魚専門の魚屋さんで、京都にはたくさんあります。
地元民は夏になるとアユやウナギを求めに行きますが、
節分にイワシを焼いて売っていたりします。
(まぁ、イワシは海水魚ですが……)


453-22.jpg
その川魚屋さんの東隣には、お地蔵さんがいらっしゃいます。
延命地蔵尊の真言が書かれた紙が貼り付けてあるので、
こちらはその延命地蔵尊が祀られているのでしょうね。
数年前はこの背後も川魚屋さんだったように思うのですが、
今は更地になって駐車場です。
京都市街地にも、マンションと駐車場に変わりつつあります。


453-23.jpg
そのお地蔵さんの前で、南に向きました。
ここから大黒通が南に伸びています。
向こうに「山田家具」という看板が見えますが、
その向かい(西)が壽延寺という寺院です。
(第153回ブログを参照)


453-24.jpg
先程と同じ場所で、東を向いています。
松原通は、ここで大和大路と交差します。
この辺りは「建松商店街」で、この交差点を中心に
観光客目当てのお土産店や地元民が通う小売店が並びます。


453-25.jpg
松原通から、大和大路を南に向いています。
約350m南に進むと、五条通に出ます。
第224回ブログでは豊国神社から大和大路を北上し、
ここを通り過ぎて禅居庵に至りました。


453-26.jpg
今度は松原通から、大和大路を北に向きました。
「10日ゑびす」ではいつもこんな感じでしたが、
1月12日ともなれば露店などはなくなっています。


453-27.jpg
松原通から、大和大路を約50m北上しました。
八坂通とのT字路の南東角に、こちらの骨董屋さんがあります。
ここは閉まっていることの方が多いのですが、
「ゑびす大祭」の時期は開いています。


453-28.jpg
大和大路から、八坂通を東に向いています。
この先に禅居庵と建仁寺の勅使門があります。
詳しくは、第102回ブログを参照してください。


453-29.jpg
八坂通から、大和大路を北に向いています。
このT字路の北東角に、今回ブログのメイン禅居庵があります。


453-30.jpg
八坂通から、大和大路を約10m北上しました。
こちらから、臨済宗建仁寺派禅居庵に入ります。


453-31.jpg
禅居庵の入り口には、狛犬の代わりに狛猪がいます。
ただ口の形を見ても、「阿形」「吽形」ではありません。


453-32.jpg
こちらの「狛猪」は、どちらも口を閉じています。
こちらが猪なのは、こちらの仏さんが摩利支天だからです。
(猪は、摩利支天の眷属です)


453-33.jpg
禅居庵の境内に、入ってきました。
「ゑびす大祭」になるとここは割と賑やかになりますが、
「残り福」ともなるとだいぶ平常営業に戻ります。


453-34.jpg
禅居庵の境内をそのまま東進すると、手水舎に行き当たります。
ここで手を浄めて、先を進みます。
ちなみにこのまま東進すると禅居庵の本堂に行き当たりますが、
そちらは非公開です。
たださらに先を進むと、そのまま建仁寺の境内に入れます。
この禅居庵は、建仁寺の境内にある建仁寺の塔頭寺院です。


453-35.jpg
手水舎の北側に、禅居庵の摩利支天堂があります。
禅居庵は本堂は非公開ですが、
こちらの摩利支天堂は参拝可能です。
さらに摩利支天堂のご本尊の摩利支天像は
普段から拝観が可能ですが、
この時期限定でお堂の中に入り近くで参拝ができます。


453-36.jpg
禅居庵の摩利支天堂の西側に、
お地蔵さんやたくさんの祠が並んでおられます。
次は、こちらにお参りします。


453-37.jpg
これで、禅居庵摩利支天堂の周辺を一通り回りました。
では、ここを出て大和大路に戻ります。


453-38.jpg
禅居庵の前で、大和大路を北に向いています。
ここからでもゑびす神社が見えますが、
1月12日ともなると露店は一切立っていません。
ただ「残り福」の日であるだけに、
参拝者がそこそこいらっしゃいます。


453-39.jpg
こちらが、ゑびす神社です。
ただ、1月12日ともなれば神社も後片付け中です……
それだけに、「残り物には福がある」ということですね。
ここからゑびす神社に参拝しますが、
もうだいぶ写真を貼り付けましたので、
今回はここまでとします。

~次回は、ゑびす神社に参拝します~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

第454回 「残り福」のゑびす神社

[ゑびす神社] ブログ村キーワード
453-39.jpg
前回ブログで参拝した禅居庵から、大和大路を約50m北上しました。
今回は、こちらからゑびす神社に入ります。
撮影日は、2017年1月12日木曜日午後2時。
「残り福」なので、もう撤収準備に入っています。
今回もクリックすると全ての写真が拡大されます。


454-2.jpg
ゑびす神社の一の鳥居をくぐりました。
境内には軽トラックが何台か駐車していて、
露店などの撤収作業が進んでいます。


454-3.jpg
そこで、いつもは参拝できない末社の祠に
お参りしようと思ったのですが、
撤収用の軽トラックが停まっていて結局お参りできませんでした。


454-4.jpg
ただ、一の鳥居南脇の手水舎には入ることができました。
(「ゑびす大祭」中は、こちらの前にも露店が立ちます)
こちらで手を浄めて、いよいよ参拝を始めます。


454-5.jpg
こちらは、ゑびす神社境内にある「二の鳥居」です。
普段は額束の熊手の付いたゑびす像が姿を現されるのですが、
さすがにこちらは布で覆われています。
(普段のゑびす神社の様子は、第225回ブログ参照)


454-6.jpg
ゑびす神社の「二の鳥居」も、くぐりました。
境内北側に納札所があって、旧年の笹や熊手を納めます。
その脇に臨時の社務所があって、
本年分の笹や熊手を販売しています。
この辺は、まだまだ「お祭り仕様」ということで……


454-7.jpg
納札所のさらに奥(西)に、こちらの天満宮がいらっしゃいます。
次は、こちらと隣の白太夫社に参拝します。
そちらのさらに奥(西)に、また臨時の社務所が設けられています。
「残り福」は撤収作業中ですが、
「残り物には、福がある」とのことで、
実はそこそこの賑わいがあります。


454-8.jpg
その臨時社務所の奥(西)側がゑびす神社境内の北西端で、
こちらに八幡宮や猿田彦神社・稲荷神社など
様々な祠が鎮座されています。
例年通り、こちらにお参りしてから本殿に向かいます。


454-9.jpg
先程の祠の南隣に、ゑびす神社本殿がいらっしゃいます。
まぁ、この日は(2017年1月12日)「残り福」ですから
10日ゑびすと比べたら参拝者がだいぶ少なくなります。
普段本殿前に並ぶ冷凍マグロも、この日はいません。
それでも普段のゑびす神社と比べたら、参拝者は相当多いですね。


454-10.jpg
こちらはゑびす神社本殿の南側で、境内の南西端です。
こちらの社務所では笹や熊手を求める方も多く、
まだまだ賑わっています。
こちらがゑびす神社の裏門で、
普段の「10日ゑびす」ならここから神社の外に出ます。
ここをずっと進むと、前回ブログで出てきた宮川町に戻ります。
ただ、このゑびす神社自体は祇園に位置しています。
つまりこの辺りが、宮川町と祇園の境界です。


454-11.jpg
先程の写真にも写っていましたが、
ゑびす神社本殿南側の壁に大きな板が貼り付けてあります。
こちらのゑびす神にお祈りするときは、この板を叩きます。
(そのため、その下に賽銭箱があります)

ゑびす神の起源は諸説あるのですが、
そのうちの一つに「蛭子神」(ヒルコガミ)説があります。
その蛭子神には視覚障害があったとされ、
そのためお祈りをするときは
こちらに気づいてもらうためにこの板を叩きます。


454-12.jpg
ゑびす神社本殿の前で、東に振り返りました。
毎年先ほどの西裏門からここを出て行っていましたが、
「残り福」はそこまで人が多くないので、
今年(2017年)は大和大路側から出て行きます。


454-13.jpg
ゑびす神社の前で、大和大路を北に向いています。
では、ここを北上していきます。


454-14.jpg
ゑびす神社北隣に、駐車場の付いた京町家があります。
こちらは平野酒造で、「本ゑびす」では中で樽酒が飲めます。
(確か、コップ1杯500円です)
例年なら、向かいの露店で牛筋の土手焼きを買って
それを肴にここでそのお酒を飲むのですが、
「残り福」では露店は出ませんので今年(2017年)は諦めます……


454-15.jpg
平野酒造の前で、大和大路を北に向いています。
では、ここを進んでいきます。


454-16.jpg
ゑびす神社の前から、大和大路を約100m北上しました。
東側に、臨済宗建仁寺派大本山建仁寺の西門が見えます。
ここをまっすぐ進むと、建仁寺の庫裏や方丈に出ます。
(第225回ブログ後半を参照)
ただ今回はこの後予定があるので、
(撤去された自転車を取りに行きます)
ここには寄らず先を進みます。


454-17.jpg
建仁寺西門の前で、大和大路を北に向いています。
ここで大和大路の道幅が、半分くらいになります。
(ここから大和大路は、北側一方通行)
そして、ここから北は祇園らしく呑み屋街になります。
(居酒屋やバーなどが入る雑居ビルが増えます)


454-18.jpg
先程の地点から、大和大路を焼く10m北上しました。
こちらの小物屋さんが「店じまいセール」をしていました。
この辺りはお酒を飲む店に混じって、
古い小売店舗が結構あったのですが、
こちらのようにだんだんと数が減ってきています。
いろいろ残念なことです。


454-19.jpg
建仁寺の西門の前から、大和大路を約50m北上しました。
ここで、大和大路は団栗通を交差します。


454-20.jpg
大和大路から、団栗通を東に向いています。
ここから約50m先の十字路で南下すると、
豊川稲荷経由で建仁寺の北門に達します。
(第228回ブログを参照)
団栗通自体は、ここから約150m先の花見小路で突き当たります。
「祇園歌舞練場」付近ですね。


454-21.jpg
団栗通から、大和大路を北に向いています。
このまま大和大路を北上すると、約250mで四条通です。
その西側が南座で、(歌舞伎の顔見世興行で有名ですね)
東側が「目病み地蔵」の仲源寺です。


454-22.jpg
大和大路から、団栗通を西に向いています。
ここで団栗通は、道幅が広くなります。
この辺りは、おでん屋さんやホルモン屋さん居酒屋さんなど
祇園でも「庶民的な」お店が続きます。
「観光ガイドブックに載っている祇園の美味しいお店」
というのが、花見小路・四条通でなければだいたいこの辺りです。
では、次はここを進みます。


454-23.jpg
大和大路から、団栗通を西に約50m進みました。
ゑびす神社を裏門から出て、そのまま北上していれば
こちらのT字路に出ていました。


454-24.jpg
そのT字路の南西角に、こちらのお店があります。
この「錦 キムラ」は、羊肉の焼き肉専門店です。
2年前「初ゑびす」にお参りした後は、
ジンギスカンとビールを頂きました。
ただ、ここはランチタイムは閉まっているので
午後2時半段階では入れません。


454-25.jpg
「錦 キムラ」の前から、団栗通を約20m西に進みました。
こちらは、宮川町筋の最北端です。
ここから南に五条通まで、この道と川端通沿いが
京都五大花街の一つ「宮川町」です。
(第101回ブログを参照)


454-26.jpg
宮川町筋から、団栗通を西に約30m西に進みました。
ここで団栗通は、鴨川東岸の川端通と交差します。
この後団栗通は、西側の「団栗橋」で鴨川を渡った所で
高瀬川東岸の木屋町通と交差して突き当たります。

「団栗川端」交差点の南東角に、
京阪電鉄「祇園四条」駅への入り口があります。
まぁ、地下に潜ってから200m以上地下道を北上するわけですが……
では、ここから京阪電鉄「祇園四条」駅に向かって
そこから「鳥羽街道」駅まで行って、
京阪電鉄「七条」駅前で撤去された自転車を返却してもらいます。

これで、2017年の「10日ゑびす編」が終わります。

~次回は未定ですが、たぶん「節分」まで更新しません~

続きを読む

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: