第225回 雨模様のゑびす神社~大和大路南から北~その6

225-1.jpg
前回ブログ最後の写真と同じ禅居庵摩利支天堂の前から、
大和大路を北に向いています。
前回撮影日から約3週間たって、この日は結構な雨量です。
今回は、この北にあるゑびす神社に寄った後、
(ここからでも神社の青い看板が見えますね)
さらに北の門がある建仁寺の中に入っていきます。
撮影日は、2014年7月3日木曜日午後1時半。
ワールドカップ決勝トーナメント中の試合のない日でした。


225-2.jpg
禅居庵摩利支天堂の向かい(西)側に、京都市立新道小学校があります。
ただ、入り口に「児童館」と書かれているので
もしかすると小学校ではなくなっているかもしれません。
その校舎の脇に、アジサイが咲いていました。
梅雨の雨の中で、とても映えますね。
この写真は、クリックすれば拡大されます。


225-3.jpg
その京都市立新道小学校の北隣に、石製鳥居が見えます。
「ゑびす神社」と書かれた青い看板も見えますね。


225-4.jpg
約半年ぶりのゑびす神社です。(宵ゑびす以来です)
そのときは賑やかでしたが、通常営業のときは割と閑散としています。


225-5.jpg
鳥居をくぐって左(南)側に、こちらの手水舎があります。
先ずは、こちらで手を清めます。


225-6.jpg
こちらは、鳥居の右(北)側です。
神像の奥に末社の祠がいらっしゃって、
その奥に「財布塚」と「カード塚」があります。
この辺りは、十日ゑびすの際は露店があってお参りできません。


225-7.jpg
先ほどの神像の左(北)側に、ゑびす神像がいらっしゃいます。
こちらも、十日ゑびすの際は露店で隠れてしまいます。


225-8.jpg
この辺りから雨足が強くなって、
写真にもはっきり写るようになってきました。
こちらは、ゑびす神社「二の鳥居」の額束です。
宝船の帆にゑびす神のお顔があって、手前に熊手が付いています。
こちらにお賽銭を投げ入れられるようになっているのですが、
これがなかなか入りません。
10回以上失敗して、ようやく入れることができました。
他の参拝者に当たらないかと気にしながらでしたが、
(実は、周囲には10人前後いらっしゃいました)
十日ゑびすの際は、ここは覆いで隠されています。


225-9.jpg
本殿にお参りする前に、先に末社にお参りします。
天神さんに白大夫神社、八幡さんに猿田彦神社がいらっしゃいます。


225-10.jpg
こちらが、ゑびす神社の本殿です。
お参りしようとすると、さらに雨足が強くなりました。
今年の梅雨一番の雨ですね。
お参りをしている間中、十人ほどの参拝者がいらっしゃいました。


225-11.jpg
本殿の脇に、このような表札があります。
指示通りに回ってみますと……


225-12.jpg
本殿南側に木板があって、そちらを叩きながらお参りをします。
その先に裏口があってここを真っ直ぐ進むと、
京都が花街の一つ宮川町に通じています。
(この神社自体は、祇園にあります)


225-13.jpg
では、ゑびす神社から出ていきます。
また大和大路を北上します。


225-14.jpg
ゑびす神社から、大和大路を北に向いています。
この辺りは、昔ながらの商店が並んでいますね。


225-15.jpg
こちらは、ゑびす神社の北隣です。清酒の卸問屋ですね。
十日ゑびすの際は、こちらで紙コップ入りのお酒を販売しています。
京町家を基にした立派な建物ですが、
こちらは「歴史的建築物」の指定を京都市から受けています。


225-16.jpg
その酒問屋の北隣のビルの北側に、お地蔵さんがいらっしゃいます。
こちらにも、お参りしました。
大和大路は北側一方通行なのですが、
禅居庵の前から北に200mほど2車線両側通行になります。


225-17.jpg
この辺りの大和大路は完全に祇園の中なのですが、
飲食店よりもこのような商店が多く並んでいます。
一番右(南)側が桶屋さんで、どうもこの店の中で製造もされています。
煙草屋さんの左(北)隣りが、額縁屋さんです。
さらに左(北)隣り(軽トラックが停まっている店です)は畳屋さんで、
十日ゑびすの際には中敷きがイグサでできた草履を売り出します。
どちらも、古くから続くお店ですね。


225-18.jpg
こちらは、その畳屋さんの北隣です。
臨済宗発祥の寺院でもある建仁寺は、こちらから入ります。


225-19.jpg
建仁寺の門から入ってすぐに、お地蔵さんがいらっしゃいます。
こちらにもお参りしますが、その脇に立派なカエデがあります。
秋になると、ここも絶景になるでしょうね。
この辺は、「さすが禅寺」ということでしょうか?


225-20.jpg
門をくぐった後、建仁寺境内を東に進んでいます。
左(北)側の白い土塀は、建仁寺方丈のものです。
その奥に、法堂の屋根が見えますね。


225-21.jpg
門から建仁寺境内を東に約70m進みました。
こちらに、このような紙が貼ってあります。
禅居庵は、正門がこの建仁寺境内にあります。
(そもそも禅居庵は、建仁寺の末寺ですしね)


225-22.jpg
その張り紙の位置で、右(南)を向きました。
境内の東西の端に、末寺が並んでいます。
手前が久昌院で、奥が禅居庵です。
ただ、摩利支天堂と異なり禅居庵本堂は非公開です。


225-23.jpg
同じ位置で、東を向きました。
目の前に、建仁寺方丈と法堂をつなぐ渡り廊下があります。
ただ、ここは外側からでも歩いて越えられます。


225-24.jpg
先ほどの位置から、東に約50m進みました。
北を向くと、方状の入り口が見えます。
(ただし、ここからは入れません)
「最初禅堂」と書かれていますが、栄西はここで臨済宗を開きました。


225-25.jpg
その位置で東を向きました。
このまま進むと、東側の門に出ます。
そこから北に進むと、祇園の花見小路です。
(舞妓さんが普通に歩いている世界です)
今回はそちらに向かわずに、手前の十字路で左(北)を向きます。


225-26.jpg
こちらは、臨済宗建仁寺の僧堂です。
建仁寺の方丈やその他さまざまな施設へは、こちらから入ります。
ただ、この辺が区切りがいいので、今回はここまでとします。

~次回は、建仁寺方丈と法堂に参拝します~

~追記~
実はこの日は最悪で、職場に傘を忘れたせいで
七条本町にあるサークルKに行くまで、
体中雨でずぶ濡れになってしまいました……
服がドボドボになった上に、
カバンの中の本もビショビショになってしまいました。
ここ数日天気予報が雨でも晴れた日が続いたことで、
油断していたことが理由でした。
建仁寺で雨宿りをしている間に、だいぶ乾きましたが……

~追追記~
この周辺の地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
京都駅からなら、駅北側市バスターミナルから
高野行きの206系市バスに乗って「清水道」バス停で降ります。
松原通を西に約800m進み、
大和大路を北上すると約50mで禅居庵前に着きます。

~さらに追記~
ワールドカップ準々決勝フランスVSドイツ戦直後に書いています。
「今大会はカウンターサッカー全盛で
スペインなどパスサッカーが敗退したので
世界のサッカーは衰退しつつある」
そのような記事を多く目にします。
個人的には、これにはかなり反対です。
ブラジルは高温多湿で、
涼しいヨーロッパと同じ調子でサッカーはできません。
開催地にあった戦術を組むのは当然のことで、
「サッカーの在り方は一つ」という考え方自体が非現実的です。
(つまりパスサッカーのみが「正しいサッカー」という思想自体が
サッカーの可能性を奪っているということです)
まぁ、情熱的で激しいサッカーが幅を利かせているのは
見ていて面白いです。
ただ、次回開催国のロシアはとても寒いので、
真逆の結果になるでしょうね。
(下手したら、今大会活躍した中南米勢の大半が
1次リーグで敗退するでしょうね)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪ お邪魔します

えびす神社は年1回のえべっさんの時しか行かなくて^^;
あの賑わいが楽しいですよね

建仁寺はあの喧騒の中にあって
静寂がある場所ですね
京都の静と動が味わえる所らへんでしょうか
いよいよ祇園界隈まで来ましたね^^

今日は、朝から盛り上がりました
昨日のブラジル戦より大声出してました(笑)

ぴのぴなさんがおっしゃることわかります
戦術にこだわりすぎて負けてしまっては元も子もないです
土地にあった戦いかた大切ですよね
スペインの選手は足釣って大変でしたよね^^;

わたしはオランダファンなので
ロッペンのタフな戦車のようなプレーが頼もしく思えます(笑)

見ているものにとっては最高の組み合わせでの準決勝になりました
どの国が勝っても文句なし
メディアがどう言うかはわかりませんが
やはり今回も期待を裏切らない大会になって嬉しいです^^

Re: こんにちは♪ お邪魔します

あっさむさん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

ゑびす神社は「十日ゑびす」とそれ以外の日の差が極端ですね。
ただ、ここは祇園のただ中にあって、宮川町とも隣接しているので、
舞妓さんや芸妓さんが多くお参りに来られます。
ですから、普段は「花街の守護神」みたいな役割もありますね。

日本を応援するのは当然としても、
自分は他に1982年以来イタリアを応援していて、
2大会連続1次リーグ敗退の激震は、
日本の比ではありません。
(日本は2大会連続1次リーグ敗退をしたことがありません)
マルコ・マルディーニ選手引退以降
イタリアのディフェンダーは個人技や身体能力に優れていても
状況判断や駆け引きが苦手な方が大半です。
ですから、以前のような「カテナチオ」が
事実上不可能になってきました。
イタリアが新戦術で挑むのは、そのような側面があります。
それでもこの状態なら、だんだん「打つ策なし」になります。
もう元の「カテナチオの伝統」は、一回断絶していますし……

とは言え、今回も結局強豪だけが残りました。
準決勝は、2002年の決勝(ブラジルvsドイツ)と
1978年の決勝(アルゼンチンvsオランダ)の再現です。
どれも面白いカードですが、
個人的にはコスタリカ辺りにも残ってほしかったです。
ただ、4年後はコロンビアとスイスは優勝候補かもしれません。

追記:
自分の「十日ゑびす」の楽しみは、
北隣の酒問屋で売られる紙コップのお酒です。
向いの露店(毎年同じ位置です)から牛モツの煮込みを買って、
それと一緒に頂きます。
その際、一緒のテーブルに座った方々とお話しするのが楽しいです。
(もちろん、初対面の方です)
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: