第230回 長刀鉾から錦小路へ~祇園祭前祭2014~その1

2014年から、
祇園祭が前祭と後祭に分裂しました。

今まで通りの7月17日に巡行するのが前祭、
1週間後の7月24日に巡行するのが後祭です。
(宵山は、その3日前から始まります)
今までの山鉾が立っていた位置の南半分が前祭、
北半分が後祭に参加します。
(大船鉾だけ南にありますが、後祭に参加します)
そこで今年(2014年)は、前祭の模様を取材します。
(後祭は、来年ですね)


230-1.jpg
地下鉄烏丸線「四条」駅です。
いつもは一駅北の「烏丸御池」駅から出発していましたが、
前祭はこの駅からが便利です。
今回は、長刀鉾から烏丸通沿いを北上します。
撮影日は2014年7月14日木曜日午後2時。
分厚い雲が覆う一日でした。


230-2.jpg
では、こちらのエスカレーターに乗ります。
先ずは、改札口に向かいます。


230-3.jpg
こちらが、地下鉄烏丸線「四条」駅の北側改札口です。
次は、ここを北に抜けて四条烏丸交差点の地下に向かいます。


230-4.jpg
地下鉄烏丸線「四条」駅の北側改札口を抜けました。
この階段を北に上ったら、四条烏丸交差点の地下です。


230-5.jpg
ここが、四条烏丸交差点の真下です。
阪急電車「烏丸」駅の改札口が見えます。
では、ここから少しだけ東に進みます。


230-6.jpg
この地下道は、阪急電車「烏丸」駅~「河原町」駅間に伸びています。
この「20」は、最東端の木屋町通(高瀬川)から数えて
「20番目の地上への出入り口」という意味です。
(ちょうど四条東洞院交差点に出ます)
今回は、ここから地上に出ます。


230-7.jpg
階段を上り、地上に出ました。
ここは、正確には烏丸通と東洞院通との中間くらいです。


230-8.jpg
「20番出口」から四条通に出て、四条通を東を向きました。
すぐ目の前に、長刀鉾が立っています。


230-9.jpg
こちらが、長刀鉾のほぼ全景です。
先端部の「長刀」は、木でできています。
前祭では巡行の先頭をいつも進むので、
この祇園祭を代表する鉾と言えます。


230-10.jpg
同じ場所で、四条通を西を向きました。
目の前に、四条烏丸交差点があります。


230-11.jpg
こちらは、四条烏丸交差点の北東角です。
ここで、団扇を配られていました。
向こうに函谷鉾が見えますが、先に烏丸通を北上します。


230-12.jpg
自分も1枚団扇をもらいました。
祇園祭の地図になっているのが面白いですね。
赤い山鉾が前祭で、緑の鉾が後祭に立ちます。
大船鉾を除くと、南北で別れているのが分かりますね。


230-13.jpg
四条烏丸交差点から、北を向いています。
まだまだ昼間なので、大通りには露店は出ません。
(露店は午後5時からです)
この辺りで、京都市下京区から京都市中京区に変わります。


230-14.jpg
四条通から、烏丸通を北に約120m進みました。
こちらは、錦小路との交差点です。
南東角の和菓子店「鼓月」が、祇園祭用に露店を出しています。
祇園祭になると、このように老舗が露店を出すのが面白いです。


230-15.jpg
ここから錦小路を西に進むのですが、ちょっと北の方に寄り道です。
向こうの方に、提灯が見えますね。そちらの方に、行ってみます。


230-16.jpg
こちらは、第208回ブログにも出てきた御手洗井です。
普段は閉まっているのですが、
祇園祭の時期(7月10日~7月24日)限定で開いています。


230-17.jpg
ご存知ない方はそのまま通り過ぎられるのですが、
ここは京都市街地に数ある井戸の中で、
一番おいしいとされる水です。(まぁ、諸説あるでしょうが)
お賽銭を入れて、自分も一口いただきました。


~2014年7月17日23時半に追記~
230-34.jpg
ウチの会社が休みになる木曜日(2014年7月17日)に
再び御手洗井に寄りました。
今度はペットボトルを用意して、水をいただきました。


230-35.jpg
そして、こちらがコップに入れた御手洗井の水ですが……
写真では水道水と区別がつきません。
先ずはこのように飲んで、その後はお茶にして……
結構おいしくいただきました。

~ここまで、2014年7月17日23時半に追記~



230-18.jpg
御手洗井の前から、四条通を南に向いています。
では、ここから約70m先の錦小路に向かいます。


230-19.jpg
四条通から、錦小路を西に向いています。
目の前の提灯からも分かるように、すぐ先に占出山が立っています。
ただ、その前に……


230-20.jpg
四条錦小路交差点南西角に、孟宗山が立っています。
孟宗とは中国の三国時代の文官で、陸遜などに使えました。
その人物が母親のためにタケノコを採る姿を模っています。
要するに、親孝行を象徴した山です。
(竹の一種孟宗竹は、この故事から来ています)
……ただ、この時間は大通りの山がまだ会所を開いていません。
ここを寄らずに、立ち去ります。


230-21.jpg
四条通から、錦小路を西に向いています。
目の前に、占出山が立っています。


230-22.jpg
占出山が立っている場所の南に居酒屋さんがありますが、
その隣に占出山の会所があります。


230-23.jpg
その会所の門に、こちらが張られていました。
どうやら今年の山一番は、この占出山になったらしいです。


230-24.jpg
では、占出山の会所に入っていきます。
「うなぎの寝床」というように、入り口が狭く奥が広くなっています。


230-25.jpg
こちらが、占出山の胴掛です。
各会所には、このように山鉾に掛かる装飾品が展示されます。
この写真は、クリックすると拡大されます。


230-26.jpg
こちらが、胴掛の上の方をアップにしたものです。
36歌仙とその和歌が書かれていますね。
この会所に来れば、必ず見ておきたいのがこれですね。
この写真も、クリックすれば拡大されます。


230-27.jpg
会所の一番奥に、
こちらの祠と(お地蔵さんではありません)土蔵がありました。
この土蔵に、普段は占出山の装飾品が安置されています。


230-28.jpg
土蔵の西隣に、見送りと一緒にこの御太刀が展示されています。
こちらは、国宝に指定されています。


230-29.jpg
こちらが、占出山の会所内で粽(ちまき)を売っている所です。
普段は町内の小学生が売り子をしているのですが、
平日の昼間ではそれは無理です。


230-30.jpg
では、会所から出ます。
また錦小路に戻ります。


230-31.jpg
占出山の会所の前にいます。
占出山の西側で、吉兆鮎という期間限定の和菓子が売られています。
占出山は、神功皇后が朝鮮半島に攻め込むときに
神功皇后がアユを使って占いをしたことに由来します。
この和菓子は、それを模ったものです。


230-32.jpg
占出山を背に、錦小路を西に向いています。
次は、ここから西に進みます。


230-33.jpg
占出山から錦小路を西に進み、室町通との辻に出ました。
この辺りにここから北の山伏山と南の菊水鉾、西の霰天神山と
たくさんの山鉾が集中します。
ただ、そちらに行くのは次回とします。

今回は、ここまでです。
今回ブログでは、長刀鉾→孟宗山→占出山と回りました。

~次回は錦小路を西に進み、さらに新町通に向かいます~
~追記(2014年7月17日に大幅訂正)~
とりあえず7月16日の宵山に間に合わせるために
今回ブログはかなり急いで更新しました。
そのため、いろいろ誤字脱字が多くありました。
また、この追記も本来書こうとしたことを大幅に削ったため、
このように後日に書き足すことになりました。
今回は、かなり長い「追記」になります。

~追記その1~
何度も書いている通り、
今年(2014年)から、祇園祭が前半と後半に分かれました。
同じ場所が2回お祭りを行うのではなく、
前祭が23基、後祭が10基に分かれて別々にお祭りをします。
本文でも書いたとおり、おおよそ錦小路以南が前祭
錦小路以北が後祭になります。
詳しくは、こちらを参考にしてください。

~追記 その2~
サイドバーの変更 その1

「きょうと 明日と これからと」という
相互リンクさせていただいたブログが、この度
「きょう、アオゾラ☆」に改題されました。
それに伴い、ウチのサイドバーのリンク欄も改題しています。
こちらの訪問も、よろしくお願いします。

~追記 その3~
サイドバーの変更 その2

近日中に、このブログのカテゴリーを
大幅に変更します。


要するに、もっと細かくなります。
特に、この祇園祭は年ごとに区切らないと
いろいろ支障が出てきてしまいました。
そのために、順番を含めて大幅に変わります。
予定では、2014年7月中には改訂を終えます。

~追記 その4~
この辺りの地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。

~追記 その5~
いい加減しつこいのですが、またワールドカップネタです。
(まぁ、それくらい自分の頭に占める割合が大きいのですが)
2014年ブラジル大会は、ドイツの優勝で終わりました。
快適な南部と灼熱の北部を意図的に振り分けて、
明らかに一部の国が有利になるように
「仕組まれた」大会という側面もありましたが、
一番有利だった開催国ブラジルが途中で大敗したために
結局一番体力の消耗に強かったドイツが勝ち上がったわけですね。

……こう書くと、とてもつまらない大会に見えますが、
個人的には21世紀の中で一番楽しんだ大会でした。
最後の4強は、「強豪国」だけになりましたが、
「新興国」の台頭も目覚ましく、
本当の意味での「ワールド」カップも、
近年中に実現するでしょうね。
その意味で日本も台頭する最高のチャンスだったのですが、
自分で勝手にチャンスを逃し、勝手に自滅してしまいました。
新監督はメキシコ人のアギーレ氏が取り沙汰されていますが、
個人的には大賛成です。
日本は、「鬼軍曹」の許でヒーヒー言っているのが
いろいろな意味で似合っていると思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは☆

祇園祭ですね^^
自分で練り歩くのも良しですが
こうやってわかりやすい説明をいただけると
尚更楽しめます♪
「なるほど~」と思いつつ拝読しました^^
これからも楽しみにしています♪


W杯終わってとても寂しいです
朝起きても試合がない。。。腑抜けてしまいます^^;

わたし的に、とても楽しめた大会でした
前回大会も良かったけど、ヨーロッパ南米併せての大会の醍醐味が
出た今大会でしたよね
ぴのぴなさんの解説も合ったので尚更楽しかったです♪
ありがとうございました^^

今後の日本に期待(?)したいですね^^

Re: こんばんは☆

あっさむさん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

まぁ、このブログは「観光」というよりは「道ブログ」ですので、
あくまで「歩いている感覚」を追求した結果
こんな形になっていしまいました。
実際に歩いている感覚で見ていただければ幸いです。

はい、今回もワールドカップ終わりましたね。
ただ、自分は「とんでもないこと」になった
京都サンガの応援がまだ残っているので、
そちらで頑張ります。
正直なところ、自分は日本サッカーを楽観視しています。
状況だけは2006年に似ていますが、
背景やそれに伴う問題点の深刻さが全然違います。
(むしろ、韓国やほかのアジアの国々はちょっと絶望的です)
要は「戦う集団」になれればいい訳ですし、
次の「鬼軍曹」アギーレ監督にはそこを期待しております。
日本は、あらゆる面で「スピード」重視になるべきです。
走る速さ、パスの速さだけでなく、
考える速さ、判断の速さが勝負を分けます。
多分それが日本の個性であって、良さでもあります。
そのためにもっと組織的になるべきですし、
攻撃も守備も個人技と自己責任で成り立つ
スペインやブラジルとは対極であるべきでしょう。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: