第232回 蟷螂山とその周辺~祇園祭前祭2014~その3

231-34.jpg
新町通から南を向き、四条通を見ています。
ずっと向こうに、船鉾が小さく見えますね。
今回はここから四条通を西に進み、蟷螂山を目指します。
2年前と変わったところ、変わらないところ、両方ありました。
撮影日は、2014年7月14日月曜日午後3時。
この辺りから、少しずつ雨が止んできました。


232-2.jpg
新町通から、四条通を東に向きました。
室町通の手前に月鉾、室町通と烏丸通との間に函谷鉾が立っています。
長刀鉾は、函谷鉾の陰になっていて、見えませんね。
ただ、ここには第235回ブログで訪れます。


232-3.jpg
今度は、新町通から四条通を西に向きました。
ずっと先に見えるのは、郭巨山(かくきょやま)です。
今回ブログでは、そちらに向かいます。


232-4.jpg
新町通から、四条通を西に約30m進みました。
こちらは、日本最古のジャズ喫茶「こぐま」です。
今年も、郭巨山の手拭いが張り付けてありますね。
日曜日だった13日や宵山なら満員なのでしょうが、
この日はそこそこ空いていました。
ただこの日は給料日前なので、中に入るお金を工面できません……


232-5.jpg
数喫茶「こぐま」から、四条通を西に向きました。
目の前に、郭巨山があります。


232-6.jpg
こちらが、郭巨山です。今、正面を向いています。
見送りはまだですが、胴掛はもう付いています。
2年連続「山一番」でしたが、今年は逃しました。
(今年は、占出山が「山一番」です)
こちらの山は、郭巨という中国人男性による親孝行譚を描いています。


232-7.jpg
四条通の向かい(南)側歩道に、郭巨山の会所があります。
まだ歩行者天国ではありませんので、
そちらへは横断歩道を渡らないと行くことができません。


232-8.jpg
ウチは、毎年この郭巨山の粽(ちまき)を買っています。
今年も買って、軒先に飾り付けました。
こちらは、紙製の千両小判が入っているのが特徴です。
金運が上がる御利益があるそうです。


232-9.jpg
郭巨山から、四条通を西に向いています。
ずっと向こうに見えているのが、四条傘鉾です。
次は、その手前の西洞院通を目指します。


232-10.jpg
郭巨山から西洞院通へ行く途中の文房具店に、
こちらの手拭いが飾ってありました。
なかなか面白いデザインでしたが、
ここで売られているわけではなさそうです。
この写真は、クリックすると拡大されます。


232-11.jpg
郭巨山から四条通を西に進み、西洞院通に来ました。
向こうに四条傘鉾が立っていますが、先に西洞院を北上します。


232-12.jpg
四条通から、西洞院通を北に向きました。
提灯に「蟷螂山」(かまきりやま)と書いてあります。
次は、こちらに向かいます。


232-13.jpg
四条通から西洞院通を北に約100m進みました。こちらが蟷螂山です。
時折小雨が降ったりした日だったので、
山の周囲にビニールシートが掛けてありました。


232-14.jpg
蟷螂山の上部をアップにしました。
この山は、牛車の上にカマキリが乗っています。
カマキリの鎌は、「魔を払う」縁起物でもあります。
このカマキリはからくり人形で、頭・腕・羽根が動きます。
この写真も、クリックすると拡大されます。


232-15.jpg
2年前に来たときの会所がなくなって、マンションになっていました。
その代わりこちらにショウウィンドウができて、
そこに胴掛や見送りなどが展示されていました。


232-16.jpg
会所がなくなっているので、粽などは山の北側で売られていました。
ただ、今年からこの山では「かまきりおみくじ」が始まっていました。
前にいらっしゃるリュックを背負った男性が、
からくりの下の方にある木のハンドルを回しています。
すると、カマキリのからくり人形が赤い箱から木の玉を一つ出して、
その玉に書かれた番号のおみくじがもらえる寸法です。
かなり人気があるようで、平日の昼間だったのですが
「最後尾10分待ち」の状態でした……


232-17.jpg
蟷螂山から、西洞院通を南に向いています。
では、こちらから四条通に向かいます。


232-18.jpg
西洞院通を南下して、四条通との交差点にまで来ました。
次は、四条通を西に進みます。


232-19.jpg
西洞院通から、四条通を西に向いています。
いよいよ目の前の市場傘鉾に向かいます。


232-20.jpg
こちらが、四条傘鉾です。
一応「鉾」なのですが、他の山鉾とは明らかに形状が違います。
祇園祭が今の形になったのは室町時代後期なのですが、
こちらは祇園祭が始まった平安時代の形式を残したものです。
ですから、平安時代の形式をそのまま残す葵祭にも、
こういう傘が参列しました。


232-21.jpg
四条傘鉾の前で、四条通を東に向いています。
もう雨が止んでいて、傘を差さない人の方が大半です。
では、西洞院通に戻ります。


232-22.jpg
四条通を東へ進み、四条傘鉾から西洞院通に戻ってきました。
では、ここから南に進み、京都市下京区の山鉾へ参ります。


232-23.jpg
四条通から、西洞院通を南に向いています。
四条通より南に来ると、京都市中京区から京都市下京区になります。
この西洞院通が2車線なのは、
1977年までここに市電(路面電車)が通っていたからです。
(今は、市バスが通っています)
向こうのコンビニエンスストアで、今年も露店が出ています。
実は沿道のコンビニエンスストアの大半が
唐揚げやビール・ジュースを屋外で販売します。


232-24.jpg
四条西洞院交差点の南東角に、「化粧水」と書かれた石碑があります。
ここは平安時代に小野小町の邸宅があったそうで、
小野小町が洗顔などに使った井戸水が
今もここから湧いて出ているようです。
この建物は老舗和菓子屋「若狭屋」なので、
今はここが利用しているのでしょうか?


232-25.jpg
四条通から、西洞院通を南に約100m進みました。
こちらは、綾小路との交差点です。


232-26.jpg
綾傘鉾を背に、西洞院通から綾小路を西に向いています。
次はこの先の芦刈山を目指しますが、それは次回とします。

今回は、ここまでです。

~次回は、西洞院以西の山を回ります。
実は、自分の一番お気に入りの地域です~

~追記~
この辺りの地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
京都駅からなら、地下鉄烏丸線に乗って「四条」駅で降ります。
24番出口から出て、西へ約200mで
今回ブログの最初の地点四条新町交差点になります。

~追追記~
前祭の連載はおそらく8月半ばまで続くため、
このブログでは、
今年の後祭の連載はありません。


ただ、今回ブログ更新日が後祭宵山の7月23日なので、
ここに少しだけ後祭の様子を貼り付けます。

……と言いますのも、
今年(2014年)から後祭が始まって、まだまだ混乱が見られて、
いろいろ憶測が飛んでいるので、
本当の所を多少でも残しておく必要を感じたからです。

とりあえず、三条通から南へと下がるイメージで見てください。
(通常バージョンではないので、かなり飛ばし飛ばしです)


232-27.jpg
烏丸通から三条通を西へ西へと進み、
室町通と新町通との中間に、こちらの鷹山があります。
こちらは江戸時代の大火で焼失して以来休み山です。

「休み山」とは、ご神体や胴掛などしか現存せず
巡行ができなくなっている山鉾のことです。
2014年に大船鉾が復活したため、
残る「休み山」はこの鷹山と
蛸薬師通の「布袋山」の2基のみとなりました。


232-28.jpg
こちらは、鷹山の向かい(北)側にある京都医健専門学校です。
中で水墨画の展示があって
見に行くことができるようになっていました。


232-29.jpg
こちらは、三条通をさらに西に行ったところの様子です。
問屋さんの店先を利用して、露店が出ていました。
この後祭では専門職の露店が一切出ていないのですが、
地域の方々によるものや、
近隣の飲食店による露店がたくさん出ていました。


232-30.jpg
こちらは、三条新町の北東角にある洋菓子店「トゥレ・ドゥー」です。
(「京都で一番おいしい洋菓子店」と
自分がこのブログで何度か書いたお店です)
毎年露店を出していたのですが、今年は出店していません。
(店内は、混んでいました)


232-31.jpg
三条通から、新町通を南に向いています。
この少し先に、八幡山が見えます。
2年前には行われていたこの辺の美術品展示が、
2014年は行われていません。
また、露店がないので少しすっきりしています。



232-32.jpg
こちらは六角通から、室町通を南に見た様子です。
左(東)側の問屋の前で近所のスペイン料理屋さんが
生ハムとワインの露店を出していました。
その隣では、近所の酒屋さんが地ビールの露店を出しています。
露天商はいないものの、露店自体は決して不足していませんでした。


232-33.jpg
その露店の向かい(西)側では、西陣織の問屋さんが
和服や浴衣の露店を出していました。
西陣織や小物の露店や即売会が、祇園祭のもう一つの顔です。


232-34.jpg
その南側に、鯉山が立っていました。
後祭の中では、最も人気のある山の一つです。
この日も会所は、たくさんの人で溢れていました。


232-35.jpg
どんどん南へ進み、蛸薬師通まで下がってきました。
こちらは、もう一つの「休み山」布袋山です。
「休み山」の2基は、どちらも後祭に参加しています。
ですから、後祭には10基ではなく12基が参加しています。
こちらは、会所の売り子さん(中年男性です)の口上が上手くて
たくさんの方で囲まれていました。
サイトによると、だいぶ資金がたまってきたので
あと数年で山鉾巡行に参加できるそうです。


232-36.jpg
そして、こちらが2014年最大の注目の大船鉾です。
1864年の禁門の変の後に起きた
「どんと焼け」という大火によって焼失後、
約150年ぶりの復活となります。
ですから、四条通以南の新町通は
立ち止まって撮影ができないほど大混雑でした。
「大船鉾」と言いますが、実は船鉾よりも小さいですね。
また船首の部分が、多少違う形状をしています。
この写真は、クリックすれば拡大されます。

……これ関してちょっと問題がありまして……
先ずはここをクリックしていただきたいのですが、
ここの「大船鉾復活」の記事と実際の大船鉾と形状が違います。
実は、ここの写真は「大船鉾」ではなく「船鉾」のものです。
しかもこれって、自分が2年前に行った
このブログで全山鉾制覇したときの写真です。
つまり、この記事は「無許可転載」の上に
「事実ではないこと」を書かれていることになります。

「ネット上の記事や写真は原則共有されるべき」
自分はそう考えているので、
(またこのブログは商業目的ではないので)
少々の著作権は気にしないつもりでした。
ただ、「事実でないこと」の論拠に
「無許可で」ウチの記事または記事の一部を使うのは
ちょっと止めていただきたく思います。
何しろ、こちらとしては責任が持てませんので。
きちんと許可を取って事実を書いた記事なら
余程の内容ではない限りは転用しても構いませんが……
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪

いつもありがとうございます^^

鉾、知らない物が沢山あるんやな~と拝見してビックリ
来年はまた違う道を歩いて見学したいと思います
「カマキリ」がすごい!(笑)
是非みたいです^^

わたしは「岩戸山」の粽を買いました♪
手ぬぐいは残念なことに売り切れでしたよ~

いよいよ後祭ですね
来年もあるのかわからないから見たいなと思いますが
こう暑いとダメですね^^;

「ひじきのお料理」ですが
豆類は合うと思います~
さらに栄養価が上がりそうですね^^
実は「枝豆の湯がいた物」を使う予定やったんですが
夫がビールのアテに食べてしまったんですよ(笑)

お酒と共に楽しんでください~♪

Re: こんばんは♪

あっさむさん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

蟷螂山の大変身は、正直ちょっと驚きました。
会所はなくなっていますし、
「かまきりおみくじ」は始まっていますし……
このおみくじは、小さな子供中心に人気が出そうですね。
多分他のブログとかでも紹介されるでしょうから、
来年にはここの名物になっていると思います。

豆(特に大豆)は、自分の大好物です。
豆類とひじきは、単に自分の好きな食べ物を並べただけ
というのが真相です。
自分はお弁当のおかずのイメージでしたが、
酒の肴というのもいいですね。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: