第238回 五条坂の陶器祭

さて、8月に入り京都も猛暑が続いています。
祇園祭も終わり、京都も「五山の送り火」まで一休み
……ではなくて、この間にも大きなイベントがあります。
それが、この「陶器祭」です。
年に一度、日本中の陶工の作品が五条坂に集まります。
普段は高価な一品が破格の値段で売られていることもあり、
日本全国から買い求められる方がいらっしゃいます。


238-1.jpg
ここは、京阪電鉄「清水五条」駅のホームです。
今回はここから五条通を東に向かい、陶器祭を散策します。
撮影日は、2014年8月7日木曜日午後3時。
「五条坂陶器祭」の初日です。


238-2.jpg
今まで乗っていた京阪電鉄出町柳行の普通車両が出発しました。
この「清水五条」駅には、普通と準急、急行車両が停まります。


238-3.jpg
では、この階段を上って上に向かいます。
この上には、コンコースと改札口があります。


238-4.jpg
先ほどの階段を上ると、こちらの自動販売機があります。
そして、その前にテーブルとイスがあって、休憩ができます。
そちらにはたくさんの方が休んでいて、撮影ができませんでした。


238-5.jpg
こちらが、京阪電鉄「清水五条」駅の改札口です。
次はここを抜けて、この先に見える4番出口から地上に出ます。


238-6.jpg
では、京阪電鉄「清水五条」駅4番出口から地上に出ます。
既にベビーカステラの露店が見えていますね。


238-7.jpg
京阪電鉄「清水五条」駅4番出口から地上に出て、東を向きました。
清水寺六原へは、ここから東に向かいます。
五条通は東京~大阪間の国道1号線の途中なので、
自動車の交通量はとても多いですね。

238-8.jpg
同じ場所で、今度は西を向きました。
ここは、五条川端交差点の北東角になります。
そのさらに西側は鴨川で、この写真にも向こう岸が写っています。
毎年書くことですが、京都の夏は青空の「青」が濃いです。
この「青」を見ていると、余計に暑く感じます。


238-10.jpg
日差しが強いので上手く撮れず、
この写真は魚屋の庇の下から撮っています。
(もちろん、その魚屋さんは営業中でした)
この辺りは陶磁器ではなく、梅干しやかき氷の露店が並んでいます。


238-11.jpg
この辺りで南を向き、五条通の向かい側歩道を見ています。
テントが並んでいて、そこにも露店が並びます。


238-9.jpg
五条川端交差点から、五条通北側歩道約20m東に進みました。
ここは、宮川町筋との交差点です。
商店の向かい側に、露店がずっと並んでいます。
この辺りは普段からとても賑やかな商店街なのですが、
この日は平日にも拘らずさらに賑やかでした。


238-12.jpg
こちらは、先ほどの写真に写っていた露店です。
そちらには、たくさんの小物が並んでいます。
大半が陶器でできたもののようです。


238-13.jpg
こちらは、かまぼこ屋さんの老舗です。
この日は、このような店舗の大半が開いていました。
鞘町通との交差点に、京都中央信用金庫があります。


238-14.jpg
そのかまぼこ屋さんから、五条通北側歩道を東に約10m進みました。
こちらは、布カバンの露店です。
このように陶磁器以外のものも、この日は売り出されていました。


238-15.jpg
鞘町通との交差点から、五条通北側歩道を東に約20m進みました。
布製カバンの露店の向かいに、駄菓子屋さんがありました。
こちらの店で、冷やしあめを売っているようです。


238-16.jpg
……で、さっそく買ってしまいました。
紙コップにかき氷を入れて、その上に冷やしあめがかかっています。
氷だけが残ると悲惨なので、ゆっくり時間をかけて飲みました。


238-17.jpg
鞘町通から、五条通北側歩道を東に約50m進みました。
こちらは、本町通(五条通以北は森下通)との交差点です。
こういう所には、きちんと交通警察官が立っておられました。


238-18.jpg
本町通(森下通)から、五条通北側歩道を東に向いています。
この辺りから、陶磁器の露店の密度が上がっていきます。


238-19.jpg
本町通(森下通)から、五条通北側歩道を東に約20m進みました。
「秀峰閣」という旅館の前で、ビールサーバーが出店されていました。
どうやら、中の旅館で飲むこともできるようです。


238-20.jpg
「秀峰閣」の向かいの露店で、有田焼が売られていました。
五条坂は「清水焼」が有名ですが、
陶器祭は日本全国の陶磁器が集まります。
……しかし、有田焼でこの値段は本当に安いです。

ちなみに、アウトレットとは注文の品物を焼いたときの予備のことで、
決して割れていたり欠けていたりしているのではないそうです。


238-21.jpg
その東隣の露店では、小物の焼き物が売られていました。
下の方に並んでいるのは、香炉のようです。


238-22.jpg
そこから少し東側には、漆塗りの漆器が売られていました。
お椀やスプーン・お箸などが売られていました。
今回の陶器祭は取材だけでなく、
個人的にほしい商品に当たりを付ける目的もあります。
この日気に入ったものは、8月11日に買いに行こうと思っています。
(露店の全体を把握しないと、衝動買いしていつも後悔してしまします)
今年の「お目当て」は、茶道具とウチの母のご飯茶碗です。


238-23.jpg
さらに少しだけ東に行ったところに、こちらの露店がありました。
こういう露店は、だいたい陶工さんご自身が
自分で焼いたものを売っています。
ですから、それぞれがどういうものか詳しく説明をしてくれます。


238-24.jpg
また、こちらのように陶工さんの作品が
一ヶ所だけに集中していることもあります。
こちらは、けっこう高価な一品でした。
(そういうものも、売っています)


238-25.jpg
同じ露店の反対側には、「織部焼」と書かれた看板がありました。
本当に、日本全国からいろいろな焼き物が売られています。


238-26.jpg
そして、こちらは堺の包丁が売られていました。
陶磁器以外にも、本当にさまざまなものが売られていますね。


238-27.jpg
こちらは「ラーメン藤」と、その隣のたこ焼き屋さんです。
どちらも、この時間帯から営業中でした。
学生時代に陶器祭に来たときは、
よくこのラーメン屋で休憩してから先を進みました。
確か自分が初めてここで買ったのは高校生の頃で、
700円の九谷焼の急須でした。
結構気に入っていたのですが、10年くらい前に割れてしましました。


238-28.jpg
本町通(森下通)から、五条通北側歩道を東に約100m進みました。
大黒町通との角に、こちらの露店がありました。
空港の上に飛行機の模型があるように見えますが、
実はこれ飛行機型の箸置きです。
ただ商品名が「YS-10型」とか、かなりマニアックです。
(要するに、機種ごとに形が違うようです)


238-29.jpg
大黒町通から、五条通北側歩道を東に向いています。
この辺りは、約1年ぶりです。第153回ブログ以来ですね。


238-30.jpg
五条通北側歩道の大黒町通との西側角に、
こちらの金魚が売られていました。
陶器かとも思ったのですが、ゴム製のようですね。


238-31.jpg
大黒町通から、五条通北側歩道を東に約20m進みました。
こちらは、木工細工の露店です。
板状のものがまな板なら買おうと思ったのですが、
プレートと言うか、大皿だったので買うのをやめました。


238-32.jpg
さらに五条通北側歩道を約20m進んで、大和大路近くに来ました。
こちらでは、わらび餅と京菓子が売られていたようです。


238-33.jpg
京菓子の露店の前から、五条通北側歩道を東に向きました。
いよいよ大和大路との交差点です。
第224回ブログでは、ここを右(南)から左(北)に通り抜けました。


238-34.jpg
大和大路から、五条通北側歩道を東に向いています。
先々月通ったときとは、だいぶ違いますね。


238-35.jpg
五条通から、大和大路を南に向いています。
京都東山郵便局の脇で、佐世保バーガーが売られています。
佐世保バーガーの店は、京都では西京極陸上競技場内にもあります。
自分は京都サンガの試合のたびに、その店で買っています。


238-36.jpg
大和大路から、五条通北側歩道を東に向いています。
ここから五条通は急な上り坂になります。
厳密にはここから東が「五条坂」で、
清水焼のお店もここから東に集中します。
「焼き物」の露店もここから密度が濃くなりますし、
今度は周辺の店舗でも焼き物の安売りが始まります。
ただそちらへは、次回以降に行きます。

今回は、ここまでです。

~次回は、若宮八幡宮にお参りをします。
実は、この陶器祭はその神社の例祭だったりします~
~追記~
毎年8月第2木曜日~日曜日に、
「五条坂の陶器祭」が開催されます。

まだまだ地元民と業者のお祭りという感じですが、
京都人にとっては祇園祭や五山の送り火と並ぶ
大事な夏祭りの一つです。
我々地元民にとっては、
年に一回焼き物のまとめ買いをする日ですね。
詳しくは、こちらをクリックしてください。
陶器祭のサイトです。

~追追記~
この辺の地図を貼り付けました。
詳しくは、ここをクリックしてください。
京都駅からなら、駅北側市バスターミナルから
東山経由の206系市バスに乗って、「五条坂」バス停で降ります。

~2014年8月10日21時に追記~
本日高知県と兵庫県に上陸した台風11号の影響で、
2014年8月9日~8月10日の
五条坂陶器祭は中止になりました……

結局自分も、お目当ての茶さじとご飯茶碗を買えませんでした。
まぁ、これも「一期一会」ということで……

この日の京都市内には「特別警報」が発令されて、
けっこうものすごい報道もあったのですが、
実は昨年(2013年)9月16日の台風18号と比べたら、
それほどの被害は出ませんでした。
まぁ都市部でも冠水はありましたが、
鴨川も桂川も氾濫していませんでしたし、
鴨川の「渡河禁止」も1時間くらいのことですし……
(昨年は、30時間以上渡河禁止でした)
鴨川沿いに住んでいるウチの近所も、
床下浸水はなく文化財への被害も一切ありませんでした。

……ただ、ウチは築100年の古い町家ですので、
午後1時ごろから約2時間雨漏りが悲惨でした。
(合計2か所)
それも、今は完全に治まっています。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちはー。
五条坂・・・良いですねぇ。。。
何度見てもぴのぴなさんの五条坂の記事は涙なくしては見れません・・
(何度もみんなwww)

でもぴのぴなさんも個人的に購入されるのは
今日・・の予定でしたもんね・・・(TへT)

お互い来年に持ち越しですねぇ・・。
延長してくれたらいいのになぁ。。。

Re: No title

COCUEさん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

自分は呑気なので、
昼過ぎに五条坂に(現場に)行くまで中止を知りませんでした。
「雨が一段落したし、何か買いに行くか」
くらいの気分でした……

まぁ、こういうことは「一期一会」です。
今年気に入った茶さじとご飯茶碗が
来年も売っている保証はないですが、
それらのものと自分とは
そういう「縁」だったと思っています……

はじめまして

こんにちは。
寺町通りの事を調べているうちに、こちらに辿り着きました。
私は京都には生まれてから○十年の間に、3度しか行ったことが
ありません。

ここで質問をするのは場違いかと思うのですが、
ネットで地図を見ていても、距離感が掴めないのです。
それでお尋ねしたいと思ったのですが、寺町通りから祇園までは
歩いていける距離でしょうか?
また、寺町通りから壬生界隈までも徒歩でどれくらいか、
大体で良いので教えて頂けたら幸いです。

京都に関するブログは、いろいろ見て回るのが好きなので
今後は過去の記事も含めて、拝読させて頂けたらと思います。

Re: はじめまして

久瀬さん、初めまして。
コメント、ありがとうございます。

寺町通から鴨川までが約200mで、そこから東が祇園です。
(そこから八坂神社までは、500mもないです)

壬生方面は……徒歩30分でも着きません。
40分くらいはかかるでしょうか?
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: