第253回 深緑の金閣寺 前編~鞍馬口通東から西~その13

253-1.jpg
鞍馬口通を東端の下鴨神社から歩き始めて、
西端の「金閣寺前」交差点にまで辿り着きました。
「鞍馬口通編」の最後は、この金閣寺を散策します。
特に何があるわけでもない平日なのですが、
とてもそうとは思えないくらいの大混雑ぶりでした。
ここは、もしかしたら京都で一番混み合う場所かもしれません。
撮影日は、2014年9月30日火曜日午後1時。
彼岸も過ぎて、秋晴れの過ごしやすい一日でした。


253-2.jpg
鞍馬口通から、西大路を北に向いています。
西大路はあと100mで、北大路となって大きく右折します。
市バスが停まっているのは、「金閣寺道」バス停です。
金閣寺には「金閣寺前」バス停の方が近いのですが、
こちらのバス停からでも100mで金閣寺に着きます。
たぶん京都駅から来られるのなら、このバス停の方が便利です。
バス停の背後に「大」の文字が見える山が見えます。
こちらは「左大文字山」で、金閣寺の北隣の山になります。


253-3.jpg
今度は鞍馬口通から、西大路を南に向きました。
こちらは、南行きの「金閣寺道」バス停が見えますね。
ここから、京都駅まで205系市バスなどが直通です。


253-4.jpg
では、西大路を渡り鞍馬口通をさらに西に進みます。
交差点の南西角に「よ~じや」が見えますね。


253-5.jpg
西大路から、鞍馬口通を西に向いています。
この辺りに数軒、土産物屋さんが並んでいます。
見たところかなりの人出ですが、日本人がほぼいらっしゃいません。
(東洋系の方々は、大半が中国人です)
まぁ、平日ですからそうなりますよね。


253-6.jpg
西大路から、鞍馬口通を西に約100m進みました。
鞍馬口通は、ここ鏡石通とのT字路で突き当ります。
この横断歩道を渡ると、いよいよ金閣寺に境内に入っていきます。
この辺りに来ると、修学旅行の小中学生がいらっしゃいました。
時折その小中学生に声をかける外国人がいらっしゃるのですが、
その小中学生も陽気に外国人に話しかけられていました。


253-7.jpg
鞍馬口通から、鏡石通を北に向いています。
金閣寺の北側に、京都の観光地としては最大規模の駐車場があります。
そのさらに北側に、「左大文字山」が見えます。
こうして見るとかなり低い山に見えますが、
実は、金閣寺周辺もけっこう標高が高いのです。


253-8.jpg
鏡石通の横断歩道を渡り、鞍馬口通の突き当りにまで来ました。
では、ここから金閣寺に入っていきます。


253-9.jpg
金閣寺の黒門から、西へ約50m進みました。
周囲はカエデ並木が見事ですね。実は、金閣寺は紅葉もきれいです。
右(北)側に脇道がありますが、
順路では最後にここから出てくるようになります。


253-10.jpg
さらにカエデ並木を西に50m進みました。
こちらが、金閣寺の総門です。


253-11.jpg
総門の前に、こちらの案内図がありました。
予定では金閣が浮かぶ池を散策した後、北側へ回っていくつもりです。


253-12.jpg
総門の向かい(南)側には、休憩所があります。
今、方丈の特別公開をしているようですね。


253-13.jpg
こちらが、その金閣寺総門です。
では、こちらから中に入っていきます。


253-14.jpg
総門をくぐっても、金閣寺境内はカエデ並木が続いています。
左(南)側に、鐘楼が見えますね。


253-15.jpg
総門から約50mで、金閣寺のカエデ並木は突き当ります。
ここから1000円を払うと、方丈の方に入れます。
(庭園とは、別料金になります)


253-16.jpg
料金を払って、金閣寺方丈に入ってきました。
金閣寺の場合、ここが事実上の本堂になります。
(金閣寺には、法堂がありません)
ここは撮影不可なのですが、
中から外に向かっての撮影は許可を頂きました。
(この写真も、きちんと許可を頂いています)


253-17.jpg
実は2年前(2012年)の冬にこちらに来たときも
この方丈は特別公開中でした。
(ブログ取材は、していません)
そのときと比べて、杉戸絵が全面的に描きかえられていました。
「新しい杉戸絵」は生まれて初めて見ました。
それだけでも、ここに入った価値はありました。

こちらは、南側の方丈庭園です。
方丈庭園の中でも、メインとなる場所ですね。
やはり、禅寺はこの石庭ですよね。
(まぁ、散策できる金閣周辺の池もいいのですが……)
「庭の砂が白いのは、昼間に明り取りの役割も果たしていました」
ここを案内されていた学芸員の方に、教えて頂きました。
この写真は、クリックすれば拡大できます。


253-18.jpg
こちらは、方丈の西側庭園です。
確か2年前にここから見たときは
借景となった金閣が見事だったと記憶しているのですが、
今こうしてみると松の木々に邪魔されて全然見えません……


253-19.jpg
こちらは、方丈の北側に植えてある「陸舟の松」です。
西方浄土に向かう船の形をしています。
「京都三大美松」のうちの1本ですね。
元々は、足利義満が熱心に世話をしていた盆栽だったそうです。
それをここに植え替えたところ、こんなに大きくなりました。
この写真も、クリックすれば拡大されます。


253-20.jpg
そして方丈の北側には、こちらの坪庭がありました。
苔が陽光に照らされて、緑が映えます。


253-21.jpg
方丈を出て、入り口で右(南)を向きました。
今度はこちらの切符売り場に並び、庭園にはいていきます。


253-22.jpg
こちらが拝観用のチケットなのですが……どう見ても「お札」です。
ここに何度も来ると、その分だけ家に何枚も残ることになります。
何枚かは貼るのですが、残りは抽斗の中で眠っています……


253-23.jpg
切符売り場の左(南)隣に、金閣寺唐門があります。
こちらから入っていくのですが、
手前の看板は日本語以外に英語と中国語が書いてあります。
これは自分の感触ですが、ここ金閣寺に来られる外国人は
アメリカ人→中国人→オーストラリア人の順に多いと思います。
(周囲の会話の内容から判断しました)


253-24.jpg
では、唐門をくぐって金閣寺庭園に入っていきます。
ここもカエデに囲まれたきれいな門です。


253-25.jpg
金閣寺唐門をくぐると、こちらの細い道に通じています。
そして、この先の角を曲がると……


253-26.jpg
このような景色に替わります。
目の前に、鹿苑寺舎利殿(通所「金閣」)の威容が姿を現します。


253-27.jpg
池の端まで来て、鹿苑寺舎利殿を撮りました。
金箔で覆われているので、通称「金閣」です。
残念ながら、池に写る金閣を上手く撮れませんでした。
ちなみにここは「世界遺産」ですが、この「金閣」はその対象外です。
(「世界遺産」なのは、周囲の庭園だけです)
この写真は、クリックすると拡大されます。

ここには鎌倉時代までは西園寺がありました。
それが、その西園寺氏がこの地を将軍の足利義満に寄進したため
ここに足利義満の邸宅が建てられました。
(藤原公経が西園寺を相続した際に「西園寺」と姓を変えました)
足利義満の死後、遺言によりこの邸宅跡を
足利義満を開基とし夢窓疎石を開山として鹿苑寺としました。
「金閣」とは厳密にはこの舎利殿のことを指し、
その舎利殿のある鹿苑寺の通称も「金閣寺」となりました。


253-28.jpg
先ほどの写真から、後ろに少し下がって撮りました。
実際はこんな人混みの中にいます。


253-29.jpg
金閣のある池の周囲には、こちらの「お札入れ」があります。
仏教徒ではない外国人などが、
お札をその辺に捨てておられるのを以前見たことがあったので、
その辺が理由なのでしょうね。


253-30.jpg
では、金閣を見ながら池の周囲を巡ります。
ここも、「池泉式回遊庭園」になっています。


253-31.jpg
池の周りを歩きながら、金閣を眺めています。
金閣は池の北岸にポツンと建っています。
金閣が浮かぶ池自体もとても大きく、
足利義満はここに舟を浮かべて遊んでいたそうです。
池にはたくさんの浮島があって、それが景色を少しずつ変えています。
この写真は、クリックすると拡大されます。


253-32.jpg
池の東側を反時計回りに、北にある金閣に向かって歩いています。
この右(東)側に先ほどの方丈があるのですが、
周辺の方々がここから写真をバシバシ撮っています。
これでは、「方丈内撮影不可」のルールが有名無実化してしまいます。


253-33.jpg
また歩きながら、金閣を撮りました。また、景色が変わっていきます。
こちらもクックすると、拡大されます。


253-34.jpg
池の北側にまで歩いてきました。
向こうに観光客が特に集中している場所があります。


253-35.jpg
こちらが、その観光客が集中している場所です。
ここが金閣に最も近づける場所で、そのため人が集中します。


253-36.jpg
池の北側にまで来ました。
では、今度はここを西に進んでいきます。


253-37.jpg
池の北側を西に向かって歩いています。
こちら側からは、金閣の裏側が見えます。


253-38.jpg
こちらが、その金閣の裏側です。
金箔の上部に対して、下の方は白壁になります。


253-39.jpg
池の北側を歩き、道の西端まで来ました。
ここに船着き場があるのですが、
昔はここから船を浮かべたのでしょうね。


253-40.jpg
先ほどの写真から北を向き、池に背を向けました。
ここは「金閣」だけではありません。それ以外にもいろいろあります。
ただ、だいぶ写真を貼りつけたので続きは次回とします。

今回は、ここまでです。

~次回は、金閣寺の北側を回ります~


~2014年10月4日午前4時半に追記~
池泉式回遊庭園に思うこと
金閣は本当に日本人のみならず、外国人にも人気があります。
(特に、アメリカ人と中国人)
最初は黄金色の優美さが人気の秘密と思っていたのですが、
それだけではないような気が最近しています。
まぁ金閣が外国に知れ渡ったのは、
三島由紀夫氏の小説「金閣寺」からだとは思います。
ただ、発表から数十年たって
今では拝観者の大半がその小説の存在自体知らないでしょうし……

アメリカの雑誌に「日本の人気庭園ランキング」というものがあって、
(アメリカ人だけが投票しています。日本人の意見は入っていません)
10位以内に京都の庭園がいくつか入っているのですが、
無鄰菴平安ホテルは小川治兵衛が得意とする池泉式回遊庭園です。
さらに、2位にランクされていた桂離宮も作者は異なるものの
こちらも池泉式回遊庭園です。
そして、この金閣寺の庭園も典型的な池泉式回遊庭園です。
「池泉式回遊庭園」とは池の周りを歩いて回る庭園の総称で、
禅寺の定番でもある石庭とは一線を画します。
この形式の庭園の最大の特徴は、歩くことで視点が変わり
同じ庭園でも様々な顔を楽しむことができることです。
さらに、庭園内の植物の花が咲いたり枯れたりして
季節の移り変わりが楽しめるのも特徴です。
つまり、「静」であるはずの庭園の中に
「動」を見ることができるのです。
京都でも京都以外の地域でも、
もし新しく日本庭園を造営するなら是非この形式にするべきでしょう。
東福寺の方丈庭園や建仁寺の「潮音庭」のような「静」のみの庭園も、
それはそれで味があるのですが……

~2014年10月4日追追記~
2014年10月28日まで、
金閣寺は方丈を公開しています。

鹿苑寺のサイトを貼り付けます。(相国寺と慈照寺と同じものです)
詳しくは、ここをクリックしてください。


~追記~
この辺の地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
京都駅からなら、駅北側市バスターミナルから
西ノ京円町行きの205系市バスに乗って、
「金閣寺道」バス停で降ります。
すると、今回ブログの初めの方になります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

懐かしいです。

学生の頃、
金閣寺の近くの衣笠氷室町に下宿していました。
30年近く前のことを
懐かしく思い出しました。

Re: 懐かしいです。

ひまわりパパさん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

そうですか、この辺にお住まいだったのですね。
このブログは、この後きぬかけの路を進みます。
鏡石通と言いますか木辻通を南西に進みますので、
衣笠氷室町には行きませんが、だいぶ近くを通ります。
(衣笠馬場町とか)
ですから、ひまわりパパさんがご存知の場所も
たくさん出てくるかもしれませんね。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: