第279回 大雪の伏見稲荷大社

明けましておめでとうございます。
2015年度も、旧年同様によろしくお願いします。

さて、毎年恒例の伏見稲荷大社への初詣ですが、
今年は例年とだいぶ趣が異なります。
2015年1月1日正午ごろから降り始めた雪は勢いが衰えず、
日が傾くにつれてだんだん積もってきました……


279-1.jpg
JR奈良線「稲荷」駅です。
この時期になると、このブログのために
わざわざ京都駅経由でこちらに来ることにしています。
いつもこの看板からスタートしていますが、
今年(2015年)は例年とは違う景色になってしまいました。
降雪の勢いは衰えることなく、見る見る間に積もっていきます。
撮影日は、2015年1月1日木曜日午後1時半。
分かりにくいですが、例年になく参拝者も多くありませんでした。


279-2.jpg
今まで乗っていた快速電車が奈良に向けて出発します。
普段は停まらないのですが、正月だけはここに快速電車が停まります。


279-3.jpg
一緒に電車に乗られていた方々が、改札口を目指しておられます。
ここだけ見るとたくさんの方がいらっしゃるように見えますが、
例年と比べると破格に少ない方々です。


279-4.jpg
少し写真がボケましたが、「稲荷」駅の改札口です。
こういう屋根のあるところは、こんな天気ではどうしても混みますね。


279-5.jpg
JR「稲荷」駅を出ました。
本町通をはさんで、向こうに伏見稲荷大社の大きな鳥居が見えますね。


279-6.jpg
本町通を渡りました。(と言っても、道幅は5m未満ですが……)
では、ここから東に伸びる伏見稲荷大社の表参道を進みます。


279-7.jpg
伏見稲荷大社表参道を東に進んでいます。
周囲は露店が囲み、いつもは立ち寄っている鮎の露店も見えます。
今年は……まぁこの雪量ですからね。
今年は寄らずに、先を急ぎました。
これまでもこのブログで雪の日の取材はあったのですが、
このように写真ではっきりと捉えたことはありませんでした。
つまり、この日がウチのブログ史上最も雪が降ったことになります。


279-8.jpg
本町通から表参道を約100m東に進み、北を向きました。
こちらに、伏見稲荷大社の末社があります。
左(西)から、熊野社・藤尾社・霊祖社です。
とりあえず、順にお参りしました。


279-9.jpg
その末社から表参道を東に向いています。
二の鳥居の向こうに伏見稲荷大社の楼門が見えるのですが、
もう雪で視界がどんどん狭くなっていきます。


279-10.jpg
こちらは、楼門脇の手水舎です。
こちらで両手と口を清めたのですが……
写真でも分かるように、ここからだんだん吹雪いてきました……


279-11.jpg
では、大雪の中伏見稲荷大社の楼門をくぐります。
……例年とは全然違う景色になってきました。


279-12.jpg
楼門をくぐると、目の前に伏見稲荷大社の拝殿が現れます。
いつも緑色の屋根が、この日は真っ白ですね。


279-13.jpg
こちらは伏見稲荷大社拝殿の南側です。
荷田春満の旧宅の東隣に、
荷田春満を祀った「東丸(あずままろ)神社」があります。
先ずは、こちらの本殿にお参りです。
……とは言え、さらにさらに雪量は増えてきました。
さらにさらに視界も狭くなってきました。


279-14.jpg
東丸神社は、地元では「受験のご利益がある」と有名な神社です。
ぞれだけに教育業界や受験生の信仰を集めているのですが、
今年は昨年の半分も参拝者がいらっしゃいません。
こちらは、本殿東側の春葉社と荷田社です。
春葉社は納札所で、荷田社は荷田氏の祖霊神です。


279-15.jpg
東丸神社の荷田社の前で、北を向いています。
向こうに、伏見稲荷大社の拝殿が見えます。
では、ここを出る前に東丸神社のお札を今年も買います。


279-16.jpg
東丸神社の前で東を向き、伏見稲荷大社本殿を見ています。
特に多かった一昨年と比べたら、
参拝者数はこの年の2割もいないでしょうか?
……と言いますか、地面にとうとう雪が積もり出しました。


279-17.jpg
伏見稲荷大社拝殿の正面に回って、参拝の列の最後尾に回りました。
例年はここから40分~1時間ですが、今年は一瞬でしょうね。


279-18.jpg
こちらは、参拝の様子を撮ろうとして失敗した写真です。
普通は「没」なのですが、敢えて残しました。
頭上の傘を見てください。数cmほどですが、積雪しています。
これがこの時間帯の積雪をよく表しています……


279-19.jpg
やはり、並びだしてから数分で本殿前の石段まで来ました。
(昨年の5倍ほどの速さです)
……石段を上る方々の傘が、積雪で白一色になっていますね。


279-20.jpg
本殿前の石段を上っています。
ここから見ると、本殿の屋根にも木の枝にも
はっきりと分かるペースで雪が積もっていきます。


279-21.jpg
石段を上り切り、伏見稲荷大社本殿の前に来ました。
拝殿の前から並んで約10分でした。
元旦のこの時間帯では、数十年お参りしていて初めてのことです。
(それくらい参拝者が少なかったですね)


279-22.jpg
では、今年(2015年)も氏神様である伏見稲荷大社にお参ります。
……周囲の方々が傘を畳まれるのですが、
そのときに雪が飛び散ってそこら中の方がずぶ濡れになりました。


279-23.jpg
伏見稲荷大社本殿にお参りをして、本殿の南側に出ました。
この右(南)で巫女さんが神楽を舞っていらっしゃるのですが、
そちらは撮影不可です。
では、ここを突き当りまで東に進みます。


279-24.jpg
伏見稲荷大社本殿の南側を東に進み、突き当りまで来ました。
ここでおみくじが売られているのですが、
ウチの母に買うのか聞いたところ「絶対買わない」と言ってきました。
3年前母はここでおみくじを買って「末凶」を出しました。
すると、そのときの年末に本当に風邪をひいて
一昨年の初詣に来られなくなりました。
多分そのことを気にしているのと思います。


279-25.jpg
本殿の真裏(東)に、やって来ました。
社が無いのに、鈴の緒と賽銭箱だけが置いてあります。
ここは稲荷山自体がご神体で、ここで稲荷山に向かってお祈りします。
周囲の方々はそのことに気付かず、おみくじを結ぶのに熱心でした。


279-26.jpg
その場所から、北を向きました。
こちらには社務所があって、お守りやお札などを買うことができます。


279-27.jpg
伏見稲荷大社の社務所の前から、北を向きました。
目の前が表参道ですが、積雪量がさらにさらにさらに増えてきました。


279-28.jpg
社務所の前から表参道に出て、東を向きました。
ここから稲荷山登山になるわけですが……
もう絶対無理です。
このまま四辻越えて一の宮とか行ったら、絶対遭難します!
実は、この時点で傘すら持っていませんし、
自分と母の頭には、数cmの雪が積もってましたし……

という訳で、ここから引き返しました。

今回は、ここまでです。

~次回は伏見稲荷大社裏参道をふらつきながら、
茶店のねざめ家に一時避難します~


~追記~
実は、今年(2015年)は稲荷山一周を企画していました。
いつも最初の社までで三辻すら行っていませんし、
ウチの家族はよく(自分も含めて)
「お山(稲荷山)を登らずして、伏見稲荷大社を参拝したとは言わない」
そんなことを豪語していました。
ですから、このブログでまったく紹介していない四辻の絶景や
一宮の古いお墓や祠の群れを写したく思い
今年こそそれを行うつもりでした。
(稲荷信仰は、そもそも「お山信仰」ですし)
……ですが、この雪では到底無理です。
それは、来年こそ行うことにします。
雪が積もらなければですが……

追追記::
この辺の地図を貼り付けます。
今回は、伏見稲荷大社のサイトから貼り付けました。
詳しくは、ここをクリックしてください。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとうございます。

京都は雪が降ってるのですね。
こちらは幸いお天気で初富士も拝めました。

雪の京都も一度は行ってみたいなと思ってます。

今年もたくさんの京都道案内を楽しみにしてます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

No title

ぴのぴな様、こんばんわ

あけましておめでとうございます

伏見稲荷さん、それにしてもスゴイ人出ですね

しかも今年は雪なんて…

週末に初詣に行こうと思ってましたが、心が折れてしまいました(ーー;)

べつのところでも行こうかななんて考えてます


No title

明けまして、おめでとうございます。
幸多き年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

雪で大変でしたね。
お疲れ様でした。

今年も京都の道を沢山紹介して下さるのを
楽しみにしています。

Re: No title

アマランサスさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

都合により数日返信が遅れてしまいました。
どうも、すみません。

この日は大雪で、頭に積雪したときは
本当に風邪をひくかと思いました。
降り始めから積雪までが1時間もないのは
京都で暮らしてほぼ初めてのことでした。
稲荷山は来年以降になりますが、
たぶん来年はもう少し楽な天候になるでしょうね。

Re: No title

cotoさん、明けましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。

実は、この後1月4日もここを訪れました。
日曜日だったのですが、そこそこの人出でした。
写真のアユの塩焼きの露店にも寄って、
その後再び本殿にお参りしました。
このときは待ち時間が0でした。
雪もだいぶ溶けていて、楽ちんでした。

Re: No title

宙海さん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ここまで降るとは思っていなかったので、
軽装でいたのがかなり仇となりました。
この後風邪をひかなかったのが、奇跡です。

今年は、この後塩小路や千本通を
取材しようと思っていますので、
また訪問してみてください。

おはようございます

遅ればせながら
明けましておめでとうございます♪

元旦に伏見稲荷に行かれたんですね^^;
時系列でとても雪の激しさがわかります
どんどん積もっていく様子がすごいですね
日中に降って積もることって滅多にないですよね~

わたしも実は稲荷山は歩いたことがないです
途中で引き返すパターンです
でも、この日に行ったら遭難しそうですね^^;

午前中は晴れてたので下鴨神社にうまい具合にお参りに行けました
予報では雪でしたが
朝起きたら晴れてたので、「急いで行こう」となったんですよ^^

今日の雨でようやく残ってた雪が溶けそうですね

最後になりましたが
今年もヨロシクお願い致しますm(_ _)m

No title

そうそう、この日は途中からどんどん積もっていきましたね~!!

私は部屋から外を見て、酒を飲んでいましたとさ(笑)

大変でしたね(^^;)

そうそう、この日は途中からどんどん積もっていきましたね~!!

私は部屋から外を見て、酒を飲んでいましたが(笑)

大変でしたね(^^;)でも結構人がいますね。さすがは伏見稲荷です。
人気ありますからね。

Re: おはようございます

あっさむさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
仕事の関係で、ゆっくりブログに入る間がなく
返事が大変遅れてしましました。

自分は小さいころから祖父や母に連れられて
この稲荷山によく登っていました。
夏休みになると、ほぼ毎日だった気がします。
小学校低学年が毎日のように登れるわけですから、
「登山」と言ってもほとんど「散歩」感覚で登れます。
(頂上が、400mそこそこですし)
……ただ、この日は頭に「危険信号」が灯りました。
(よく知っているだけに、灯ったのかもしれません)
まぁ、そういう山ですから、
あっさむさんも一度挑戦されるといいですよ。
特に夏は木陰が多いこともあって
涼しくてとても快適ですね。

Re: No title

na-ohさん、こんにちは。
たびたびコメントありがとうございます。

正直なところ、家を出たときはこのようになるとは思わず、
かなりの軽装でした。(傘すら持っていませんでした)
頭の上に積雪を感じながらの参拝は
今までで一番大変でした。

自分は、この後「ねざめ家」で熱燗を頂きました。
そうしないと、風邪を引きそうな気がしたものですから……

Re: タイトルなし

na-ohさんこんにちは。
たびたびコメントありがとうございます。

前の内容と似ていますので、
もしかしたら打ち直されたものでしょうか?
とりあえず、両方載せます。

まぁ、伏見稲荷大社の初詣は
毎年30万人~50万人の参拝者なのですが、
今年はいいところ10万人くらいでしょうね。
それでも10万人ですが……
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: