第382回 芳春院 特別公開~千本通南から北~その39

382-1.jpg
大徳寺塔頭龍源院境内から、外を見ています。
前回ブログ散策中に、閉山時間が来たので、
1週間置いてまた散策を再開します。
今回はこの広い大徳寺境内の北側に戻り、
芳春院などの塔頭を回ります。
撮影日は、2016年2月25日木曜日午後3時。
今回も、全ての写真をクリックすると拡大されます。


382-2.jpg
龍源院の前から、大徳寺境内を南に向いています。
道の両側に、大徳寺の塔頭が約150m先の北大路まで並びます。
(その辺りに、「大徳寺前」バス停があります)
大徳寺塔頭は大半が非公開ですが、
その塔頭を含めた大徳寺境内の広さは京都で一番です。


382-3.jpg
今度は、龍源院の前で北を向きました。
この道は、約30m先で交差する東西の道で突き当ります。


382-4.jpg
こちらが、その突き当りです。
松並木の背後には、朱塗りの大徳寺山門が見えますね。


382-5.jpg
同じ場所で東を向きました。こちらに大徳寺の門があります。
その門を出たところで、大徳寺通に出ます。
この道は大徳寺東端を走り、
そのまま北に進むと新興住宅地の西賀茂まで行けます。


382-6.jpg
今度は、同じ場所で西を向きました。
この先に、勅使門が見えますね。


382-7.jpg
前回ブログに続いての大徳寺勅使門です。
気のせいか、1週間前(2016年2月18日)より参拝者が多いですね。


382-8.jpg
大徳寺勅使門から、西を向ています。
左(南)に見えるのは、平康頼の塚です。
ご遺体がこの下にいらっしゃるかは、分かりません。


382-9.jpg
大徳寺勅使門の北側に、朱塗りの大きな門が見えます。
こちらが、大徳寺山門です。
応仁の乱で焼失後、16世紀末に再建されました。
この辺りの大半は豊臣秀吉とその家臣の庇護で再建されましたが、
特に千利休の援助を受けました。
このことから、この山門の上階に利休の木像があります。
ところが、そのために秀吉がここに訪れる際に
利休の木像の下をくぐることとなり
それを屈辱と感じた秀吉が利休に切腹を命じたという説があります。
(千利休切腹の理由は、実はよく分かっていません)


382-10.jpg
平康頼の塚の北側に、北に伸びる道があります。
この左(西)側に、前回ブログで訪れた瑞峯院と
精進料理を頂いた「泉仙」大慈院店があります。
ここをまっすぐ進むと、勅使門や山門、法堂の脇を通り抜けます。


382-11.jpg
しばらく、北に伸びる道を進みます。
左(西)側に、こちらのポスターが貼ってありました。
2016年度の「京都冬の旅」特別公開には
大徳寺本坊と芳春院が対象になっています。
(大徳寺本坊には、第380回ブログで訪れました)


382-12.jpg
平康頼の塚の北側から、北に約50m進みました。
目の前に、十字路があります。
左(西)に進めば大徳寺塔頭の正受院で、
右(東)に行くと大徳寺法堂です。


382-13.jpg
こちらは、その臨済宗大徳寺派本山大徳寺法堂(本堂)です。
こちらのご本尊は、釈迦如来像です。
大徳寺は、鎌倉時代の半ばに建立された臨済宗の寺院です。
ただ、室町時代は後醍醐天皇支持派に回ったため冷遇され、
「京都五山」からも外されました。
(臨済宗の大寺院。建仁寺・天龍寺・東福寺・万寿寺・相国寺。
南禅寺は別格で、京都五山と鎌倉五山の筆頭)
それから応仁の乱の戦災後に、一休が復興しました。
今の大徳寺は豊臣秀吉が16世紀末に本坊や法堂を復興した後に、
大名がこぞって周囲に塔頭を建立したことに始まります。
おかげで、京都最大の境内を誇ります。
また千利休との縁が特に深く、
山門の木像を初め遺構もたくさん残っています。


382-14.jpg
大徳寺法堂に参拝した後、また北に伸びる道に戻ってきました。
では、ここをまた北上します。


382-15.jpg
その道の途中に、大徳寺塔頭の三玄院があります。
建立した石田三成のお墓もありますが、非公開です。


382-16.jpg
平康頼の塚の北側から伸びる道は、約150mで突き当たります。
そこには、大徳寺の本坊があります。
普段は非公開なのですが、2016年3月18日まで
京都市観光局主催の京の冬の旅の企画で特別公開されています。
(第380回ブログで拝観しています)


382-17.jpg
大徳寺本坊と第380回ブログで紹介した聚光院との間に
細く北に伸びる道があります。
次は、ここを突き当りの門まで進みます。


382-18.jpg
先ほどの場所から、約70m北に進みました。
ここから東に進めば、大徳寺塔頭の大仙院です。
東福寺塔頭の龍吟庵と並ぶ現存する日本最古の方丈があります。
常時公開寺院なのですが、時間が無くなって行けませんでした。
(その理由は、のちほど)
では、ここをまっすぐ北上して芳春院に向かいます。


382-19.jpg
北に伸びる道の突き当りで、芳春院の山門をくぐりました。
さらに、この北上する桜並木の道を進みます。


382-20.jpg
桜並木の道は、約100m続きます。
この芳春院は普段は非公開なのですが、
この時期限定で方丈庭園を拝観できます。
その先の門から、拝観料600円を払って芳春院に入ります。


382-22.jpg
その門をくぐると、こちらの庭に出ます。
紅白の梅が見事でした。
料金を払うとき、ここにブログ取材で来たことと
どこまで写真撮影が可能かを聞きました。
この庭園の向こうに見える唐門より先が見えない範囲のみ
撮影の許可を頂きました。
(つまり、ここが許可を頂いた撮影の限界です)

向こうの唐門を越えると、方丈南側庭園が見えます。
白砂の波がきれいな石庭で、
岩山と白砂の海が対照的で見事です。

方丈には、ご本尊の釈迦三尊像の脇に前田利家の正室まつの木像や
加賀(石川県)前田家の歴代大名や住職の位牌が並んでいました。
こちらは、江戸時代最大の領土を誇った
加賀前田家の菩提寺です。
そもそも「芳春院」とはまつの法名で、
こちらはそのまつが建立しました。

一方、方丈北側庭園は池泉式のまた別の趣のある庭園です。
錦鯉が泳ぐ大きな池には橋が架かっており、
その先に「呑湖閣」という大きな楼閣が建っていました。
さらに、ここは近衛家とも縁が深く
元首相の近衛文麿が学生時代にここに下宿していました。


382-23.jpg
芳春院には、1時間弱いました。
学芸員さんの話が面白くてついつい長居してしまい、
気付いたらもう午後4時です。
急がないと、他の寺院がまた閉まってしまいます。
芳春院から出て、急いで南下しています。


382-24.jpg
芳春院の前から南に伸びる道を南下しています。
この左(東)に、先ほど紹介した大仙院があります。
ただ、今ここに入ると
楽しみにしてた高桐院の閉山時間が過ぎてしまいます。
ですから、泣く泣く大仙院は諦めました。


382-25.jpg
芳春院から南に伸びる道は、約70mで突き当ります。
その突き当りから、西を向きました。
この右(北)側には聚光院があって、
その東側に大徳寺本坊があります。
では、この道を西に進んでいきます。


382-26.jpg
先ほどの地点から、西に約100m進みました。
こちらの総見院の鐘楼は、第380回ブログにも出てきましたね。


382-27.jpg
この大徳寺境内の道は、蛇行しながら西に進みます。
急がないと、高桐院が閉まってしまいます。


382-28.jpg
総見院の鐘楼から、大徳寺境内を約50m西に進みました。
この道は、ここで船岡東通と交差します。


382-29.jpg
船岡東通との辻で、南に向きました。
この船岡東通を南に約200m下ると、前回ブログに出てきた
「泉仙」大寺院店の前に出ます。
さらに150m南に進むと北大路と交差し、
さらにさらに400mほど南に下がると
鞍馬口通と交差します。
(第250回ブログ第251回ブログの冒頭に出ます)


382-30.jpg
先ほどの辻から、船岡東通を南に約50m進みました。
こちらが、臨済宗大徳寺派高桐院です。


382-31.jpg
高桐院の山門前に来ました。まだ開門時間です。
今からここに入るわけですが、もうだいぶ写真を貼りつけたので、
ここから先は次回とします。

今回は、ここまでです。

~次回は、この高桐院を散策します~

~追記~
2016年3月18日まで、
大徳寺塔頭芳春院も特別公開されます。

こちらも、大徳寺本坊同様に
「京の冬の旅」の特別公開です。
詳しくは、ここをクリックしてください。

~追追記~
この辺の地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
大徳寺本坊を起点にしています。
京都駅からなら、駅北側市バスターミナルから
西回りの205系か206系市バスに乗って、
「大徳寺前」バス停で降ります。
北大路北側歩道から、バス停前の門をくぐれば
約150m先が今回ブログの初めです。

~さらに追記~
2016年シーズンの
J2リーグが開幕しました。

我らが京都サンガは、大幅にメンバーを入れ替えて
苦手の水戸ホーリーホックと対戦しました。
対戦相手の水戸はまだまだチームができていないようで、
シュートを放つも大半が枠外にそれました。
ただ、そのおかげで京都も何とか負けずに済みました。
我らが京都は、序盤に得点しないと後が続きません。
やっているサッカーは高品質と思うのですが、
時間が経つと共に、自分で崩れていきました。
FW陣はかなり守備を求められるので、
その上得点まで入れるのはちょっと厳しいですね。
(その意味で、絶えずシュートを打っていた
有田選手はすごいのですが……)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!
ぴのぴなさんも芳春院いかれたのですね!
私もこの公開期間中に見に行けたら・・と
目論んでおります。
京の旅は学芸員さんにご説明いただけるので
本当にありがたいです。
拝観料もばかにならないので
今年は3箇所のみ、と決めましたが
大徳寺はなんだかんだと回を重ねて
制覇しつつある気がします^^
(といってもまだまだですが・・)
高桐院レポートも楽しみにしてますー!

Re: No title

cocueさん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

実は大徳寺本坊取材の際、
「ほかに芳春院も行くから、安くなりませんか?」
と値切り交渉をしてみました。
(「だめです」と即答されました)

芳春院は本当にいろいろありすぎて、
かなり時間をかけて回れたほうがいいです。
ここの一番は、南北の方丈庭園の対比です。
簡素な中に「侘び」の粋が詰まった南側石庭と、
優美であり雄大である北側池泉式庭園との対比が極端で、
この方丈庭園だけで一日飽きません。
昔の南側庭園も、「まつ」が大好きな桔梗が
一面咲いていたそうなのですが、
それはそれで見たかった気もします。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: