第397回 葵祭の車争い

2016年5月15日日曜日は京都では一日快晴となったわけですが、
毎年5月15日に行われる葵祭に
毎年5月第3日曜日に行われるお祭りが加わり、
京都市内のあちこちで大小のお祭りが同時に行われました。

ですから、午前中に葵祭を見て午後は別の場所に向かいます。
(それでも、2ヶ所しか回れません)
先ずは、朝から京都御苑に向かいます。


397-1.jpg
朝早くに起きて地下鉄に飛び乗り、
地下鉄烏丸線「丸太町」駅に着きました。
今回はこの横にある京都御苑に行き、
葵祭巡幸の出発の模様を取材します。
撮影日は、2016年5月15日日曜日午前10時。
朝から熱中症になりそうな日でした……


397-2.jpg
地下鉄烏丸線「京都」駅付近からそうだったのですが、
午前9時からずっと時間が経っているのにこの人混みです。
しかも、その大半がこの「丸太町」駅で降ります。
……全員、目的は同じですね。


397-3.jpg
人混みは、コンコースに上がっても変わりません。
ここから改札口が見えません……


397-4.jpg
何とか改札口を出たのですが……地下道にこの行列です。
全く動かないので、最寄りの1番出口には向かえません。
そういう訳で、烏丸通西側歩道にある3番出口に向かいます。


397-5.jpg
地下鉄烏丸線「丸太町」駅3番出口から、南を向きました。
向こうに、「丸太町烏丸」交差点が見えます。
では、向こうの横断歩道から烏丸通を東に渡ります。


397-6.jpg
横断歩道を渡り、「丸太町烏丸」交差点北東角で東に向いています。
人混みを嫌って遠回りしましたが、
結局ここでその1番出口からで来られた大勢の方々と混じります。


397-7.jpg
大勢の人混みの方々と一緒に、丸太町通を東に歩いています。
烏丸通から約100m東に、東洞院通の最北端がありました。
その向こうの信号が、間之町通の最北端です。
さらに東に、高倉通・堺町通と最北端が続きます。
ですから、この辺りが現在連載中の「高倉通編」の最終回地点です。


397-8.jpg
さらに東に進み、間之町通の最北端に来ました。
こちらが「間之口門」で、間之町通の由来となった場所です。
では、この「間之口門」から京都御苑内部に入っていきます。


397-9.jpg
間之口門から、京都御苑を北上しています。
この道は、約50m先の宗像神社で突き当たります。
(この辺りには、第201回ブログで一度訪れています)
ただ、ここに来られた方々は皆右(東)の方に折れていきます。


397-10.jpg
宗像神社の前から、京都御苑を東北東に進んでいます。
宗像神社の前から約100m先に、たくさんの人混みが見えます。


397-11.jpg
その人混みに向かう途中で、南を向きました。
この繁みの向こうに大きな池があって、
その中央に厳島神社がいらっしゃいます。
「蚕ノ社」木嶋神社と並ぶ「京都3珍鳥居」がある神社です。
(詳細は、第201回ブログで


397-12.jpg
宗像神社の前から、京都御苑を東北東に約100m進みました。
ここから約500m先に、建礼門があります。
そこが京都御苑のメインストリートで、幅約50mの広い道です。
有料観覧席に就かないなら、この辺りで葵祭を見ることになります。
道の西側にテントが張ってあって、そこで露店が出ていました。
左(南)側が製茶メーカーの伊藤園で、
右(北)側が京都の老舗洋菓子店のマールブランシュです。
すでに気温が上がっていて、
伊藤園のペットボトルのお茶はもう売り切れていました。
(慌てて補充されていました)


397-13.jpg
露店からさらに東に行き、そこで北を向きました。
ここから建礼門が見えるはずですが……
この人垣では何も見えません.。


397-14.jpg
そこから、南を向きました。
九条邸へと続く橋の上に、たくさんの方々が集まっておられます。
太鼓橋ですので、少しでもよく見えると思われたのでしょうね。

葵祭でいい場所を取ろうとあちこち奔走するお話が、
1,000年以上前から様々な書物に載っています。
その大半が笑い話の説話ですが、
「源氏物語」の「車争い」のように悲惨な話がもあります。
(光源氏の愛妾六条御息所の下人と正妻の葵の上の下人が
葵祭の場所取りからケンカになって
勝利した葵の上の下人が
六条御息所に暴言を吐きながら牛車を壊しました。
六条御息所はそのことを思い悩むうちに生霊になり、
葵の上に憑依して殺してしまいます)
まぁそこまで激しいことはありませんが、
今も昔も葵祭では良い場所を狙って押し合いへし合いしています。


397-15.jpg
取りあえず自分は人混みの後方から、
適当に手を挙げながら適当に写真を撮りました。
100枚以上写真は無駄になりますが、第394回ブログのように
たくさん撮ればそれなりにいいものも出てきます。

この時点で午前10時半ですが、まだ巡行は始まりません。
2騎だけこの辺りでうろうろしていました。
この写真以降、クリックすると拡大されます。


397-16.jpg
最大望遠で、建礼門を撮っています。
巡行の開始とともに門が開くと思っていたのですが、
どうもそういうことはないようです。


397-17.jpg
そうこうしているうちに、午前10時40分ごろ
建礼門がある北の方から、巡行の行列が始まりました。
先ずは2騎の束帯姿の男性が、こちらに来られました。

ちなみに行列の後ろから適当に手を挙げて撮っていますので、
これから暫く写真の下の方にいろいろな方の頭が写ります。


397-18.jpg
さらにその後ろから、1騎の束帯姿の男性が来られました。
この人混みですから、徒歩の方を撮るのは
かなり困難になってきました……


397-19.jpg
ただ、あれこれ挙げた手の角度を変えて頑張ってみると、
何とかこちらの方を撮ることができました。
馬上の方が数騎通り過ぎると、
弓を携えた束帯姿の男性が来られました。


397-20.jpg
その次は、岡持ちを持たれた方が通り過ぎます。
この間何人かが徒歩で通り過ぎましたが、
上手く撮れませんでした。


397-21.jpg
その後から、また馬上の束帯姿の方が来られました。
馬上の方は背が高くなるので、だいぶ撮りやすいです。


397-22.jpg
そして、こちらの牛車が現れました。
藤とツツジの造花がすだれになっていて、とてもきれいですね。


397-23.jpg
その牛車を何人もの方が押しています。
よく見ると、先頭に牛がつながれていません。
多分、堺町御門の辺りで牛が繋がれるのでしょうね。


397-24.jpg
こちらの馬は手綱を馬上の方ではなく、
徒歩の方に引かれています。
どちらの方も、頭上に葵の葉を飾られています。


397-25.jpg
ただ、こちらの馬には誰も乗っておられません。
乗り換え用の予備の馬なのでしょうか?


397-26.jpg
そして、紅白の花を付けた笠がやって来ました。
花が揺れて綺麗なのも、昨年と同じですね。


397-27.jpg
また、馬に乗った束帯姿の男性が通り過ぎます。
この辺りの馬上の方は、従者を連れています。


397-28.jpg
従者を従えた馬上の束帯姿の男性が、また通り過ぎます。
こちらの方々も、頭に葵の葉を差しています。


397-29.jpg
その後に、ツツジの造花を差した笠が通り過ぎます。
黄色い花が、この日差しによく映えますね。


397-30.jpg
さらに、十二単姿の女性が通り過ぎます。
彼女らは皆、日傘を差した白装束の男性を従えています。


397-31.jpg
そして、いよいよこちらの輿が登場です。
輿の上には、今年の斎王代が座っておられますね。


397-32.jpg
斎王代の後は、馬上にいらっしゃる十二単の女性が通り過ぎました。
馬上でこの装束は晴れの日はいいのですが、雨の日は悲惨です。


397-33.jpg
こちらも、馬上に十二単姿の女性ですね。
馬が白いので、よく目立ちます。


397-34.jpg
さらに、紅白の花が付いた傘で日差しをよけている
十二単姿の女性が続きます。


397-35.jpg
最後に、また牛車がやって来ました。
こちらも牛ではなく、人が押しています。


397-36.jpg
厳密には牛車の後には、軽トラックが通り過ぎました。
よく見ると、牛が牛車の後ろから付いています。
葵祭の行列はこの後東側の堺町御門から丸太町通に出て、
下鴨神社に立ち寄ってさらに上賀茂神社に向かいます。

クリックすると写真が拡大できるのは、ここまでです。


397-37.jpg
葵祭の巡航行列を見ていた一から、西を向きました。
今まで一緒に観覧していた人たちが、一斉に動き出します。
このまま下鴨神社に向かわれる方も多いようですが、
そうでない方も多いようです。
(自分は、他のところに行きます)


397-38.jpg
先ほどの場所から、京都御苑を西南西に約100m進みました。
あちらに閑院宮邸の門が見えますね。


397-39.jpg
閑院宮邸の前から(宗像神社の前でもあります)、
京都御苑で南を向きました。
目の前に、間之口門があります。
ここから丸太町通に出て西に向かい、
「丸太町烏丸」交差点から地下に潜って、地下鉄に乗りました。
では、この日(2016年5月15日)の午後のお祭りに向かいます。

今回は、ここまでです。

~次回は、嵐山に向かいます~

~追記~
……で、地下鉄烏丸線「丸太町」駅1番出口は混むと思い、
また烏丸通を西に渡って3番出口から地下に潜りました。

397-40.jpg
それでも、1番出口から伸びる地下通路との合流地点は
こんな風に全く動かない状態でした……
約10分かけて切符を買って
ここから「烏丸御池」駅に向かい、東西線→嵐電と乗り換えます。

~追追記~
この辺りの地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
巡航行列を見ていた地点の南西にいらっしゃる
厳島神社を起点にしています。

~さらに追記~
そう言えば、帰りの地下鉄に向かうときに
いろいろな方から下鴨神社への道を訊かれました。
(半部以上が外国人)
地下鉄職員さんはいったん京阪電鉄「三条」駅を経由して
「出町柳」駅から徒歩のコースを勧めておられましたが、
自分は地下鉄烏丸線「今出川」駅から徒歩を勧めていました。
(まぁ、自分に尋ねた大半の方が健脚そうな若い方でしたので)
こちらの方が早いと思ったからですが、
よく考えれば地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅から徒歩の方が
早くて近いことに、後から気づきました。

そう言えば、今気づきました。
この後地下鉄に何度も乗るわけですから、
京都駅で「ONE DAYチケット」(嵐電付き)を買っておけば、
運賃が半額以下に抑えられていたのでした!
後悔先に立たずですね……

~追記 その4~
この辺は、更新から約24時間後の2016年5月21日に書いています。
京都桜100景の最新版を更新しました!
今回は、2014年に取材した京都御苑の分を掲載しました。
京都御苑はあまりにも広大なので、いくつかに分けて載せます。
近衛家邸宅跡【京都御苑】
建礼門前大通り【京都御苑】

~追記 その5~
イングランドプレミアリーグで
レスターが優勝しました!

ちょっと古いネタですが、
2015/2016イングランドプレミアリーグは、
レスターシティーの初優勝で終わりました。
日本人の岡崎選手がレギュラーでいたこともあって
日本でもだいぶ話題になりましたが、
このことがヨーロッパサッカーの在り方変える
分岐点になるかもしれないほど大事件なのです。
日本のプロ野球のようにドラフトもなく、
チームの選手保有権が緩いのがヨーロッパのサッカーです。
そうなると、チームのオーナーの資金力が
そのままチームの力になってしまいます。
21世紀に入るとその傾向がますます強くなり、
特にイングランド(イギリス)プレミアリーグは
オーナーの持っている資産額が
そのまま各チームの順位になってしまっていました。
極端な例ですが、マンチェスターシティーは
2010年ごろにアラブ首長国連邦の王子がオーナーになり、
原油で儲けたお金をチームに注ぎ込むと、
弱小チームがわずか1年で優勝してしまいました。
ところが、レスターシティーのタイ人オーナーの資産は
リーグ20チーム中18位で、はっきり言って
レスターはリーグ屈指の貧乏チームです。
それが選手一人ひとりの勤勉さと常に戦う貪欲さで、
「強豪」金満チームを次々倒していったのです。
だんだんとプレミアリーグの各チームが
世界中の資産家の投資や
マネーゲームの道具と化していただけに、レスターの優勝が
そういったことに歯止めをかけるきっかけになりそうです。

~追記 その6~
沼大希選手が決勝ゴール!
こちらは、もっとローカルな話です。
J2リーグ第13節アウェイの対愛媛戦で、
京都サンガは終了間際の決勝点で1-0で勝利しました!
そのゴールを決めたのは、
高卒ルーキーの沼大希選手でした。
もともと京都サンガは自分のチーム内で
選手を育てるのが得意なのですが、
今シーズン初めに23歳前後の若手有望株が
全員チームを退団していました。
それだけにシーズン開幕当初はJ3降格すら覚悟していたのですが、
昨年の主力選手よりさらに若い年代が活躍しています。
それでも現時点ではJ1昇格は厳しいでしょうが、
何とか6位以内に入ってプレーオフに参加してほしいですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

すっかり暑くなりましたね(^_^;)

葵祭、今年は日曜日だったこともあってすごい人ですね!
日差しがあって、衣装がとても映えていますね~♪
すっかりこちらの記事で堪能させていただきました(笑)

レスター優勝は本当にビックリしました!
スタープレーヤーばかりでも優勝できないのはレアルで知っていますが快挙やと思いました^^

Re: こんばんは

あっさむさん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

葵祭は毎年別の場所から見ていますが、
京都御苑が最も混んでいるように思います。
北大路とか加茂街道とか、
上賀茂神社に近づくにつれ結構空いていくのですが……

2016年の3月段階で
(レスターがマンチェスターシティーに大勝した時点で)
マンチェスターユナイテッドの現オーナーが
こんな発言をしていました。
「UEFAチャンピオンズリーグに
無名選手だらけのレスターシティーが出るべきではない。
たとえ順位が低くても、
我々マンチェスターユナイテッドのような
ビッグクラブが出場するべきだ。
こういうことが続くなら、
我々ビッグクラブはプレミアリーグから離脱する」
それに対して、イングランドサッカー協会会長は
「どうぞご勝手に。好きにすればいい」
と一蹴したそうです。
今のマンチェスターユナイテッドは少々苦戦しても
「脱イングランドサッカー」を目指しており、
明らかに地元のマンチェスター市民の方に
視点が向いていません。
ファン・ハール監督がどうこうと言う前に、
経営陣のそういう姿勢に
「サポーター」が抗議する意味で
試合中に監督批判が噴出しています。
今プレミアリーグの各クラブは
世界中の投資家の
マネーゲームの道具と化しています。
まぁ、1990年代後半から
この動きが続いているのですが、
古いスタイルを貫く弱小チームが優勝することが
この「見えない危機状態」を
脱する機会になっていくと思っています。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: