第439回 落葉の通天橋~月輪紅葉散策2016~その2~

[通天橋] ブログ村キーワード

439-1.jpg
東福寺日下門の前で、東を向いています。
今回は東福寺境内に入り、通天橋の周囲に入っていきます。
例年11月23日には人が多くて通天橋の中に入れなかったのですが、
今年(2016年)は待ち時間0分で中に入れました。
撮影日は、2016年11月23日勤労感謝の日の水曜日午前11時。
今回の写真は、クリックすれば全て拡大されます。


439-2.jpg
東福寺日下門の前で、南を向きました。
左(東)にカエデ並木、右(西)に竹林が続きます。
この辺りは竹林が日照の邪魔をするので、
12月に入ってから紅葉が進みます。
……実は、この道は自分の高校時代の通学路の一部です。
(伏見区深草に当時住んでいた亡き祖父の家に行くときに
ここから本町通へよく自転車で通り抜けていました)
東福寺境内の紅葉もきれいですが、
自分はこの辺りの紅葉がお気に入りです。


439-3.jpg
今度は、東福寺日下門前で北を向きました。
通常の観光ルートなら、
この道を通ってこの門に入っていきます。
この奥に「東福寺3橋」の一つ臥雲橋があるのですが、
そちらへはずっと後の回のブログで訪れます。


439-4.jpg
では、東福寺日下門をくぐり東に進みます。
写真にはたくさんの方々が写っていますが、
これでも例年に比べればかなり少なめです。


439-5.jpg
東福寺日下門をくぐり、東を向いています。
先ず目に入るのは、大きな法堂(本堂)ですね。
その左(北)側に回廊が見えますが、
これがそのまま通天橋に通じています。


439-6.jpg
同じ場所で、南を見ています。
こちらに便所があるのですが、
どうしても男子に比べて女子は混んでしまします。
ちなみに、東福寺には本堂の反対側にも便所があります。


439-7.jpg
さらに同じ場所で、北を向きました。
この先に、東福寺通天橋へ入るチケット売り場があります。
例年ならここに長蛇の列ができていたのですが、
今年(2016年)は待ち時間0分です。


439-8.jpg
こちらが、その拝観用チケットです。
こちらで、東福寺の通天橋の周辺と開山堂に入れます。


439-9.jpg
では、東福寺通天橋周辺に入っていきます。
今年(2016年)は、チケット売り場の脇に入り口があります。
ちょっと昔なら、ここの入り口の出口が同じ場所で
それがここが渋滞する一因だったのですが、
それが解消されています。
(もしかすると、それもここの待ち時間短縮の理由かもしれません)


439-10.jpg
チケットを使って、通天橋周辺に入ってきました。
要するに、東福寺日下門から
北に広がる三ノ瀬川の両岸に入っていきます。
(そのさらに北に、東福寺の開山堂があります)
ここから一面に紅葉が広がります。
……ただ、今まで書いてきたように2016年は紅葉がよく進み
もうカエデの枝から紅葉が落ち始めています。


439-11.jpg
ですから、葉がついていないカエデの枝を見て
がっかりしておられる方もいました。
(実際に、そのようなことを口に出しておられる方もいました)
ところが、こういう時は少し角度を変えると
全く違うものが見られます。
葉は落ちた後、カエデ並木の地面は
落葉が敷き詰められて「紅い絨毯」になります。
自分には、これが「究極の紅葉」です。
個人的には、京都での「落葉」はこの東福寺が「東の横綱」です。
ちなみに、落葉の「西の横綱」は常寂光寺です。
(第92回ブログ参照)


439-12.jpg
東福寺通天橋庭園に入って、北に約30m進みました。
ここで最初の道が、三ノ瀬川に突き当たります。
……と言いましても、三ノ瀬川は崖の下の小川です。


439-13.jpg
そのT字路で、東を向きました。
向こうに、通天橋を渡った方々がいらっしゃいます。
通天橋は、開山堂~法堂間を結んだ回廊上にあります。
ですから、廊下を歩いている感覚でいると
いつの間にか通天橋を通り過ぎていることがあります。


439-14.jpg
そのT字路と通天橋の間に、下りの石段があります。
次はこちらを通り、三ノ瀬川が流れているところに向かいます。


439-15.jpg
では、この石段を下りていきます。
石段の両側にカエデ並木が続くので、まるで紅葉のドームですね。


439-16.jpg
石段を約10m下りてきました。
ここでテラス状になって、反対側の石段を合流します。


439-17.jpg
そのテラス状のところから、東を向きました。
向こうに見える通天橋を背景に、
多くの方々が写真を撮られていました。


439-18.jpg
そのテラス状のところから、北にさらに石段を下りていきます。
崖の一番下に小川が流れています。それが三ノ瀬川です。
三ノ瀬川の上に小さな橋が架かっており、
そこにたくさんの方々が集まって通天橋を撮られています。


439-19.jpg
その小さな橋の上で、三ノ瀬川の上流(東)側を撮りました。
「紅い絨毯」の上に、十重二十重に紅が積まれていきます。
こちらが、東福寺の絶景ポイントの一つです。


439-20.jpg
今度は、反対側の下流(西)側を撮りました。
カエデ並木の先に、重要文化財の臥雲橋が見えます。
こちらの眺めも、なかなか趣があります。


439-21.jpg
同じ場所で、北を向きました。
三ノ瀬川の北岸を上っていく石段が見えます。
では、ここを上って三ノ瀬川北岸を進みます。


439-22.jpg
三ノ瀬川北岸の石段を上っています。
右手の崖下を見ると、先程の「紅い絨毯」が見えます。


439-23.jpg
さらに、石段を上っていきます。
だんだん向こうの通天橋がしっかり見えてきました。


439-24.jpg
小さな橋から、石段を約20mの上りました。
ここで石段が終わり、次は三ノ瀬川北岸を歩いていきます。


439-25.jpg
先程の写真にも写っていましたが、
三ノ瀬川の北側に、こちらの六角堂があります。
赤いお堂の周囲のカエデは、日陰にあるのでまだまだ碧です。


439-26.jpg
その六角堂の東側から、回廊が伸びています。
ここを右(南)に折れると、そのまま通天橋なのですが……


439-27.jpg
大半の方々は、回廊の中をこのまま東に進んでいきます。
ここをまっすぐ進むとすぐに北に折れ、
東福寺開山堂に到達します。


439-28.jpg
その辺りで脇に反れて、写真を撮りました。
このすぐ先で、北に折れる上りの石段が見えます。
その先に、開山堂の山門が見えますね。


439-29.jpg
では、その石段を上ります。
この辺りも、「紅い絨毯」が広がりますね。


439-30.jpg
今度は石段を上りながら、先程の地点を見ています。
この先に、三ノ瀬川の崖があります。


439-31.jpg
東福寺開山堂の山門から、北を向いています。
次はいよいよこの開山堂に入っていくのですが、
もうだいぶ写真を貼り付けたので今回はここまでです。

~次回は、東福寺開山堂を散策します~
~追記 その1~
この辺りの地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
通天橋の北側にある開山堂が、起点です。

~最初の更新から、約12時間後にここから先を更新しています~
~追記 その2~
football unti-climbmax
2016年11月27日は日曜日でしたが、仕事がない日でした。
(自分の職種では、珍しいことです)
ですから、ちょっと大阪の長居まで足を鉾び
「J1昇格プレイオフ」を観てきました。
ここから先は、その時の様子です。
(なんと、写真付きです)

439-32.jpg
京阪電鉄「七条」駅から、特急に乗って「淀屋橋」駅まで。
そこから大阪市営地下鉄御堂筋線に乗り換え、
「長居」駅で降りました。(約1時間掛かりました)
こちらがC大阪のホーム金鳥スタジアムの最寄り駅です。


439-33.jpg
では駅ホームから、コンコースに向かいます。
柱を見てわかるように、この駅はC大阪一色ですね。


439-34.jpg
地下鉄御堂筋線「長居」駅1番出口から外に出て、
北を向いています。
左(西)側には、JRの駅まで続く飲食店街が続きます。
右((東)側は長居陸上競技場ですが……
観戦者がだれも通ってません。
実は大幅に遅刻しまして、現在ハーフタイムです。


439-35.jpg
先程の地点から、約100m北上しました。
この先に横断歩道があって、そこを右(東)に曲がると
長居陸上競技場に辿り着きます。


439-36.jpg
その横断歩道で、東を向きました。
ここから先が、長居公園です。


439-37.jpg
先程の地点から、東に約200m進みました。
だんだん長居陸上競技場が見えてきました。
こちらは日本屈指の収容人数を誇る競技場で、
2002年W杯では日本vsチュニジア戦が行われました。
(森島選手、中田英寿選手のゴールで、2-0の勝利。
日本は初めて決勝トーナメントに進みました)
また、毎年2月に大阪女子マラソンンの発着所でもあります。


439-38.jpg
その長居陸上競技場の手前(南)に、大きな寺院がります。
なかなか興味がそそられますが、
現時点で遅刻なので先を急ぎます。
ちなみに、帰りに寄ろうとしたらもう閉まっていました。


439-40.jpg
その長居陸上競技場の手前で、左(西)を向きました。
すると、陸上競技場の向かい(南)側に別の競技場が見えてきました。


439-41.jpg
こちらが、J2リーグが行われる金鳥スタジアムです。
この日の試合は、ここで行われました。


439-42.jpg
……ここからが、また遠かったです。
いったんスタジアムの北端まで行って、
そこでチケットを見せてからスタジアム内を南端まで移動します。
ここはアウェイ席の真横なのですが、紫の服装が見当たりません。
完全アウェイの中では、
さすがにユニフォームやタオルマフラーは出せません……


439-43.jpg
仕方がないので、さらに南側で試合観戦です。
この辺りにいらっしゃる方々は、
全員京都サンガサポーターです。
……ただ、一人だけ無線で
あちこち指示されている方がいらっしゃいました。
多分、機動隊員でしょうね。


439-44.jpg
……で、ようやく後半が始まります。
得点は……1-0で京都は負けています。
同店でもC大阪が勝利なので、(J2の順位から)
あと2点必要です。
……これは厳しいですね。

石丸監督は後半早々に堀米選手を投入し、
いつもより早いタイミングでキロス選手も交代してきました。
明らかに、「パワープレー」狙いですね。
(背の高い選手に、ひたすらボールを掘り込む作戦。
日本人のサッカーファンは忌み嫌う人が多いですが、
意外に後方からの放り込むパスの正確さが問われる
割と高度な戦術です)

ただ、京都の中盤の選手はすぐには掘り込まないので、
必ずしも有効ではありませんでした。
そうこうしているうちに、時間だけが過ぎていきます……


439-45.jpg
後半終了間際に、有田選手が同点ゴールを決めました!
ただし、ゴールシーンでは自分もはしゃぎすぎて
写真を撮っていません。

ここからC大阪の選手は相当バタバタしました。
多分ですが、あと10分速く京都がゴールを決めていれば
京都はもう1点取っていたでしょうね。
結局京都のゴールはパワープレイーからでしたし、
その徹底ができなかったことが
この試合の雌雄を決しました。


439-46.jpg
結局、1-1のまま試合は終了しました。
これで決勝にはC大阪が進出し、
京都サンガの2016年シーズンが終了しました。
今シーズンは5位で、プレイオフ初戦敗退です。

試合終了直後に、京都の選手がピッチに倒れ
中には涙ぐむ選手もいらっしゃいました。


439-47.jpg
試合が終わって、お祭り騒ぎのC大阪サポーターに対して
アウェイ側の京都サンガは静かに選手が集まってきます。
サポーターは、拍手で選手を迎えます。
さすがにブーイングは起きませんでした。
今シーズンの京都はやれることはすべてやり尽くしました。
残念ながらJ1リーグ昇格は叶いませんでしたが、
だんだん強くなっていく過程が見えたシーズンでもあります。


439-48.jpg
ここでも、涙ぐんだりサポーターに頭を下げたり
そんな選手もいらっしゃいました。
それでもらい泣きしているサポーターも
相当数いらっしゃいましたが、
自分は今シーズンを誇りにして次のシーズンにつなげれば
それで十分と思います。
サッカーには、終わりがありません。
ここで勝とうが負けようが、京都サンガは永遠に残り続けます。
例えここで勝てても、3年後にはJ3かもしれません。
大切なことは、次にどうつなげるかです。
ここで敗退するのはとても残念ですが、
それを次のシーズンにつなげればそれでよし、なのです。


439-49.jpg
小さな集会をしていた京都サンガの選手たちが、
スタジアムの屋内に帰っていきます。
サポーターは、その間ずっと京都サンガコールを続けました。
来シーズンJ2リーグでもこうありたいですね。


439-50.jpg
選手が引き上げても、もう暫く京都サンガコールが続きました。
これで2016年シーズンは終わりましたが、
もう4カ月すれば、2017年シーズンです。
それまで少しの間Jリーグはお休みですね。


439-51.jpg
……で、これが帰りの風景です。
たくさんのC大阪サポーターで、大渋滞しています。
ここを少人数の京都サポーターが通り抜けます。
もし京都が勝っていたらC大阪側は険悪だったでしょう。
そんな状態でここを通っていたら、
もしかしたら大乱闘があったかもしれません……

金鳥スタジアムの観戦環境は
もしかしたら日本一かもしれないのですが、
こういう面も気を付けないと
危ないかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: