第443回 東福寺三門と法堂~月輪紅葉散策2016~その6

[東福寺] ブログ村キーワード
442-33.jpg
三ノ瀬川に架かる「東福寺3橋」の一つ偃月橋を南に渡り、
東福寺の方状(正確には庫裏)の前で西を向いています。
目の前の回廊を右(北)に進むと、
第440回ブログ以来の通天橋に通じています。
今回は東福寺境内の南側を散策した後、
残りの「東福寺3橋」臥雲橋を渡ります。
撮影日は、2016年11月23日勤労感謝の日の水曜日午後1時。
今回もクリックされた写真は、全て拡大されます。


443-2.jpg
先程の写真と同じ場所で、南を向きました。
では、ここから東福寺境内の東側を南下していきます。


443-3.jpg
東福寺方丈(庫裏)から、東福寺境内を南進しています。
東福寺庫裏の南隣に宗務本院があるのですが、
その手前に普段は使われてない建物があります。
そちらが、紅葉シーズンは茶店に変わります。
(この南側が、便所です)


443-4.jpg
その茶店は、超満員でした。
大半の方々が入りきれないので、その西側に縁台が並びます。
(東福寺法堂の東側です)
こちらも、お客さんでいっぱいですね。


443-5.jpg
フレームから外れていますが、茶店(法堂)の前で南を向いています。
ずっと先に、東福寺山門が見えますね。
ただ、その前に左(東)に伸びる手前の道に立ち寄ります。


443-6.jpg
その道の前で、東を向きました。
この緩やかな上り坂の先にも、寺院があるようです。
右(南)側の石碑には、「月輪殿下兼実公本墓」とあります。
「月輪殿下兼実」とは、九条兼実の別名です。
(平安時代や鎌倉時代の貴族は、住所で呼ばれていました)
つまり、この先に九条兼実のお墓がいらっしゃいます。
では、ちょっとこちらにお邪魔します。


443-7.jpg
先程の地点から、東に約100m進みました。
では、この日下門をくぐって最勝金剛院に入ります。
ちなみに、この門より東は「京都市東山区月輪」から
「京都市伏見区深草」に変わります。


443-8.jpg
最勝金剛院の日下門をくぐり、東に向いています。
境内は一本道で、その周囲が墓地です。
この寺院は東福寺の墓地という側面があるので、
ここの境内の大半がお墓です。
左(北)側の枯れ枝は桜と思っていたのですが、よく見れば梅でした。


443-9.jpg
墓地を抜けても、まだ境内は東に伸びています。
この先に、最勝金剛院の本堂があります。


443-10.jpg
その辺りで、南を向きました。
分別ごみ箱(京都市は割と細かく指示が出ます)の先に、
白い寒椿が咲いていました。


443-11.jpg
その向かい(北)側に、最勝金剛院の本堂が建っています。
手前の枝垂桜は、皇族からの下賜品です。

鎌倉時代に東福寺が建立される前まで、
この辺りには法性寺が建っていました。
ですから、この辺りはその法性寺の東端に当たりました。
この寺院は元は藤原忠通の正室藤原宗子の発願で
1148年に建てられたお堂から始まっています。
その後、1205年に法性寺の塔頭寺院になりました。
その約50年後にこの地が法性寺から東福寺の寺領となったとき、
この最勝金剛院はそのまま東福寺の塔頭寺院になりました。
また、九条(藤原)兼実も一時期この辺りに住んでおり、
そのためこの寺院は九条氏の菩提寺でもあります。


443-12.jpg
こちらが、最勝金剛院の最東端です。
こちらの霊廟が九条兼実のお墓でしょうか?
(確か、藤原宗子の霊廟もいらしたはずですし)


443-13.jpg
その霊廟の前で振り返り、西を向いています。
では、今来た道を戻ります。


443-14.jpg
最勝金剛院の日下門をくぐり、西を向いています。
ここでまた、「京都市東山区月輪」に戻ってきました。
次は、この坂道を下ります。


443-15.jpg
先程の地点から西に約100m進み、東福寺境内に戻ってきました。
右(北)側の繁みの向こうに、東福寺法堂があります。
真正面には、東福寺僧堂が見えますね。


443-16.jpg
東福寺境内の東側に戻り、南を向きました。
向こうに、東福寺三門が見えますね。


443-17.jpg
先程の場所から約50m南下し、東を向きました。
この鳥居の先に、五社大明神がいらっしゃいます。
(第86回ブログを参照してください)
ただ、今回は時間の都合で素通りします。


443-18.jpg
その南隣は、鎌倉時代の浴室です。
鎌倉時代からあるので、サウナ風呂ですね。
(現在のお風呂は、江戸時代以降にできました)
手前のカエデの紅葉が、きれいですね。


443-19.jpg
その浴室は、東福寺境内の南東端にあります。
次は、そこから西を向きました。
ですから、左(南)側の塀の向こうはもう東福寺ではありません。
東福寺境内の南西端の勅使門へ向かう途中、
最南端中央に柵が付いています。
次は、そちらに向かいます。


443-20.jpg
その柵の前で北を向きました。池越しに東福寺山門が見えます。
勅使門の先に大きな三門→法堂と続くのは、
南禅寺建仁寺大徳寺など臨済宗の各派本山に共通しています。
そしてここが絶景ポイントなのも、共通していますね。


443-21.jpg
その場所から、西を向きました。あちらが、東福寺の勅使門です。
皇族などの貴賓が来られたときのみ、開かれます。
まぁ通常勅使門は、どの寺院も閉じられたままです。


443-22.jpg
その勅使門の西側に、こちらの小さな門があります。
もし京阪電鉄「鳥羽街道」駅から東福寺北大門経由で来るなら、
こちらの門をくぐることになります。
ちなみに、自分が高校生の頃はこの門から境内に入っていました。


443-23.jpg
その門から、東福寺境内を北に向いています。
右(東)側に東福寺三門が見えていますね。
そう言えば、いつの間にか晴れています。


443-24.jpg
先程の地点から、東福寺境内を約100m北上しました。
東福寺法堂を南西角から見ています。
建仁寺同様こちらは特に撮影を禁じていませんが、
自分は本堂のご本尊は撮らないようにしています。
こちらのご本尊は釈迦三尊像で、天井画は堂本印象筆です。
この裏(北)から真っすぐ回廊が伸びており、
通天橋経由で開山堂に向かっています。
この回廊は、開山堂~法堂間の「朝のお務め」に利用されます。


443-25.jpg
東福寺法堂の西側を北上しています。
向こうに通天橋へのチケット売り場が見えますが、
これでブログ5回使って東福寺を一周したことになります。


443-26.jpg
東福寺法堂の北側まで進み、そこから西に向きました。
では向こうに見える日下門から、東福寺を出ます。


443-27.jpg
東福寺日下門を出て、北を向きました。
この左(西)側の下り坂を進めば、
第438回ブログに出てきた芬陀院東福寺中大門があります。
とは言え、本当は今向いている道の方が
東福寺の通常観光ルートです。
(第3回ブログ第15回ブログ参照)
では、今度はこの道から「御寺」泉涌寺を目指します。


443-28.jpg
東福寺日下門から、東福寺の土塀沿いに北上しています。
この辺りも、紅葉が濃いですね。
右(東)側の東福寺に対して、左(西)側は塔頭寺院の天得院です。
(入り口が、第438回ブログに出てきました)
天得院の前の大きな門は、マイクロバスの出入りが可能です。
といいますのも、ここは「東福寺保育園」を経営しており、
そのバスが平日ならここから出入りします。
そして、今年(2016年)もその門の前で
ヨモギの焼麩まんじゅうの屋台が出ています。
自分は、これ目当てで毎年ここに来ています。
だんだん東福寺といいますか、天得院の名物となってきましたね。


443-29.jpg
もちろん今年(2016年)も2個買いました。(自分と母の分です)
そう言えば、ここ5年ほどお値段据え置きですね。
ちなみに、平日は保育園バスの邪魔にならないように
芬陀院の前で売っています。


443-30.jpg
そのまんじゅうを半分に割りました。
中には粒あんが、ぎっしり詰まっています。


443-31.jpg
紅葉の下で焼麩まんじゅうを立ち食いしながら、北側を向きました。
この先に、重要文化財の臥雲橋が見えます。


443-32.jpg
いよいよこの東福寺最高の絶景ポイント臥雲橋に来ました。
ところが、今年(2016年)から橋の上での撮影が厳禁になりました。


15-23.jpg
まぁ自分の場合以前から撮った写真のストックがありますので、
撮影が禁止されても昔の分を掲載できます。
(こちらは、第15回ブログ取材時の2011年11月24日撮影分です。
ちなみに、このブログで使用している自分のアバターです)
この橋の上から見た通天橋が京都で一番の絶景なのですが、
実はこの橋はとても狭くてここで誰かが立ち止まったら
あとから来た人に圧されて橋の下(崖の下)に転落の危険があります。
その意味で、ここの撮影禁止は致し方ないと思っています。
(自分も、何年か前に落ちそうになりましたし……)
ここは東福寺の外ですから、東福寺の開門時間に縛られません。
ですから、もしここの撮影をしたいなら早朝に来るといいでしょう。


443-34.jpg
「東福寺3橋」の一つ臥雲橋を北側に渡ってきました。
ここからは道の両側に東福寺の塔頭寺院が並びます。
ではここから北にこの道を突き当り、東に折れて
京都市立日吉ヶ丘高校経由で「御寺」泉涌寺に向かいます。
ただ、今回はだいぶ写真を貼り付けたので、今回はここまでです。

~次回は、東福寺の塔頭寺院勝林寺に向かいます~

~追記 その1~
この辺りの地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
東福寺の庫裏が起点です。

~追記 その2~
だんだん誤字脱字が多くなってきました……
毎年12月は仕事で忙しいのですが、
それは今年(2016年)も同じです。
ただ、どうしても「月輪紅葉編」を年内に終えたいので、
ちょっと無理して更新ペースを上げています。
そのため、誤字脱字チェックや推敲が疎かになってきています。
読み返すと東西が真逆に書かれていることも何ヵ所かありますし、
単純な誤字も数カ所確認しています。
さすがに写真を貼り間違えた前回ブログは直しましたが、
(龍吟庵庭園の写真です)
結構そのままのものも残存しています。
ちょっと落ち着いたら直そうと思うのですが、
下手したら来年(2017年)になるかもしれません……

~追記 その3~
「月輪殿」あれこれ
今回ブログの最勝金剛院の記事で書いたことへの追記です。
もう平氏政権が力を振るっていた平安時代末期(1150年くらい)
摂政の藤原忠通はこの辺りに住んでいたので
「法性寺殿」と呼ばれていました。
(摂関政治は終わっていますが、役職だけは残っていました)
そして、その息子の藤原兼実(のちの九条兼実)は
その少し東にある偃月橋付近に住んでいて
「月輪殿」と呼ばれていました。
また、その九条兼実が造営したその辺りにあった庭園と邸宅も
「月輪殿」と呼ばれていました。
正確には前回ブログに出てきた即宗院も、その「月輪殿」の遺構です。
ちなみにその「月輪殿」は「月輪寺」という寺院になった後
あちこちに移転して、
最終的に壬生で落ち着いて現在もそこにあります。
(第320回ブログ参照)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: