第457回 さらに八坂神社の豆まき~祇園節分散策~その3

[八坂神社] ブログ村キーワード
456-33.jpg
3回続けて、八坂神社本殿東側の舞殿に張り付いています。
前回ブログで豆まきの間の様子を取材しましたが、
今回はその間の写真はこの中国語の看板だけにします。
そして、そろそろ宮川町の舞妓さんによる豆まきが始まります。
撮影日は、2017年2月2日節分前日の木曜日午後3時。
今回も、クリックした写真は全て拡大されます。


457-2.jpg
八坂神社舞殿上部の提灯を眺めています。
時間経過とともに、ますます強風になってきました。
かなり大きく揺れていますが、
提灯が吊るされたステンレス製の棒も蝶番で舞殿に付いているので、
提灯が落ちるなどの危険はありません。
(大きく揺らすことで、落ちにくくしているのでしょうね)


457-3.jpg
午後3時からは、宮川町の舞妓さんが踊られます。
(祇園の舞妓さんは、翌日の2月3日に踊られました)
先ずは、小唄を歌われる芸妓さんと三味線の演奏される芸妓さんが
舞殿の舞台に上がって来られました。


457-4.jpg
続いて黒い振り袖姿の舞妓さんが上がって来られます。
この日(2017年2月2日)のTVやWEBで
八坂神社の豆まきの様子が映し出されていましたが、
この振袖から第455回ブログの先斗町の舞妓さんではなく、
こちらの宮川町の舞妓さんが放映されていたと分かりますね。


457-5.jpg
先程の舞妓さんに続いて、さらに舞妓さんが上がって来られました。
今回は、合計5名の舞妓さんが参加されるようです。


457-6.jpg
舞台に上がられた舞妓さんの5人が、本殿に向かって正座されます。
先ずは、八坂神社本殿へ舞殿上からお参りされていました。


457-7.jpg
そして、芸妓さんの三味線に乗せた小唄が始まります。
それに合わせて、舞妓さんによる正座の姿勢から
右手の扇を掲げての踊りも始まります。


457-8.jpg
小唄が進むうち、5人の舞妓さんが立ち上がりました。
だんだんと舞が大きくなります。


457-9.jpg
続いて、掲げられた扇を下の方に下げられます。
この舞は時々動作が止まるので、
自分のような動くものを撮影するのが苦手な人にも
結構簡単に撮影できます。


457-10.jpg
宮川町の舞妓さんの舞は、5秒動いて5秒静止されるので
本当に写真撮影しやすいです。
今度は後ろを振り返った姿勢で静止されています。


457-11.jpg
ただ小唄も後半になると、5人の舞妓さんは
左手に扇、右手に鈴を持たれます。
すると舞のテンポが速くなり、静止される瞬間がなくなります。


457-12.jpg
5人の舞妓さんが右手に鈴を掲げ、激しく揺らされています。
「凛」とした独特の音色が、一定のリズムで続きます。


457-13.jpg
そして小唄が止むと、5人の舞妓さんの動きも止まります。
これで、宮川町の舞妓さんの舞が終了しました。
前回ブログの神楽と同じ10分くらいだったと思います。


457-14.jpg
すると、宮川町の5人の舞妓さんが舞台の端に立たれました。
これから、2017年2月2日3回目の八坂神社の豆まきが始まります。


457-15.jpg
さらにたくさんの方々が、豆まきのために舞台に上がられました。
また5人の舞妓さんは、
自分のいる場所とは反対側に行かれました……


457-16.jpg
続いて八坂神社の神職さんが、豆袋が載った膳を運ばれています。
こちらが全員に行き渡ったら、この時間の豆まきが始まります。


457-17.jpg
この時間帯の豆まきが始まりました。
八坂神社舞殿のこちら側は、
商業演劇の装束をされた方々が豆を撒いておられます。
ただこちらはプロの役者さんではなく、
こういうコスチュームに仮装されている方々のようです。


457-18.jpg
豆まきが続いております。
やはりこの日(2017年2月2日)はかなりの強風で、
とにかく豆の袋が遠くに飛びません。
しかも時間と共にさらに強くなってきており、
この時間帯ではもう前3列までしか届きません。
自分の周囲の方々も必死に手を伸ばされているのですが、
もうこの辺りまで豆が飛んでくることはありません。


457-19.jpg
豆まきが、終わりました。
結局、今回も豆袋を手に入れることができませんでした。


457-20.jpg
豆まきが終わり、宮川町の舞妓さんら
豆まきに参加された方々が、舞殿の舞台から下りていかれます。


457-21.jpg
これで、宮川町の舞妓さんによる豆まきが終了しました。
祇園(甲部・東部)の舞妓さんによる豆まきは、
この翌日(2017年2月3日)の節分に行われました。
この日(2017年2月2日)もあと1回豆まきが行われますが、
そちらは取材しません。
(最後の豆まきは、この辺の商店街の方々が行われます)
ウチのカメラは夜間の撮影に不向きで、
さらに1時間遅らすと途中で撮影ができなくなるからです。


457-22.jpg
八坂神社本殿の南側に舞殿があるのですが、
さらに南側に南楼門があります。昨年(2016年)の7月以来ですね。
そのとき同様この日も(2017年2月2日)まだ修復工事中ですが、
桜のシーズン前には完成する予定です。


457-23.jpg
ではその南楼門から、八坂神社の境内を出ます。
修復中で幅が狭くなっており、かなりの人混みになっています。


457-24.jpg
八坂神社境内から南に進み、南楼門をくぐりました。
この南に見える石製鳥居は、第410回ブログの最初に登場しました。
(ただし、反対側から見た様子でしたが……)


457-25.jpg
八坂神社南櫓門を南にくぐり、北を向きました。
ここはまだ八坂神社境内なのですが、茶店と高級料亭が見えます。
こちらが、中村楼です。
室町時代創建の祇園「最高級」料亭の1軒ですね。


457-26.jpg
では、こちらの石製鳥居を南に抜けます。
この鳥居より南は、もう八坂神社境内ではありません。


457-27.jpg
八坂神社南櫓門前の石製鳥居の前で、北を向いています。
左(北)側に見える臙脂色の壁は、先述の中村楼のものです。
第410回ブログでは、
ここから円山公園経由で北東門から八坂神社に入りました。
いつもと違ってタクシーが並んでいますが、
それにはいろいろ理由があります。


457-28.jpg
今度は、同じ場所で西を向きました。
このまま急な坂を約100m進むと、東大路に出ます。
そしてそのまま約100m北上すると、「祇園」交差点に出ます。
(八坂神社の楼門前です)


457-29.jpg
八坂神社南楼門前から、東を向いています。
こちらにも、たくさんタクシーが停まっています。
自分がこの後もこの辺りをウロウロしていると、
宮川町の芸妓さんや舞妓さんなど
先程まで豆まきをされていた方々が、
これらのタクシーに分乗されていきました。

さて、この先は京阪電鉄「祇園四条」駅まで戻るのですが
せっかくなので祇園の街並みをうろうろしたいと思います。
とは言え、もうだいぶ今回は写真を貼り付けましたので、
今回はここまでです。

~次回は、昼間の祇園花街をうろうろします~
~追記~
この辺の地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
八坂神社本殿が起点です。

~追追記~
八坂神社の豆まきが延々続いています。
第455回ブログ前回ブログと似た表題のブログが続いています。
しかも、八坂神社で舞妓さんが踊った後に豆を撒くという
内容もそれほど違いがないものです。
本当は、前回ブログと今回ブログはまとめて1回分の予定でした。
それが前回ブログで八坂神社の露店を細かく掲載しすぎたため、
どうしても1回分に収まりきらず、分裂してしまいました。
まぁ原因は「蒸したカキ」があまりにおいしくて、
(自分が食べた露店史上いちばん美味でした)
ついでに他の2軒も丁寧に書きたくなったからなのですが……
(詳細は前回ブログ)

また、そのためこの「祇園散策編」も
「節分」のカテゴリーから分岐させることにしました。
通常は4回以上の連載で、このような処置をさせていただきます。
(「梅小路公園散策編」のように、
5回連載で独立していないものも例外的にあります)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぴのぴなさん、こんにちは

大変な、人ごみの中

ご苦労様でございました^^

可愛い舞妓は、居ましたか?

最近は、祇園町も綺麗な妓が、増えたと思います

私は、子供らを連れて

近所の壬生寺さんでした^^;

Re: No title

高兄さん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

実は、2017年2月1日の段階でも
今年(2017年)の節分訪問先を決めておらず、
朝起きた段階で、ウチの最寄りの神社になりました。
(本当は法住寺が最寄りですが、そちらは2月3日のみ開催)
ですから、自分ももう少し早く起きていたら
壬生寺に訪問していたかもしれませんでした。

舞妓さんは、地域ごとに個性がありますね。
祇園の方は見ていませんが、
先斗町の方々はおとなしいくらい楚々としておられましたし、
宮川町の方々はとにかく明るいですね。
(知人に大声を上げて、手を振ったりされていました)

ただ前回ブログにも書いたのですが、
カメラを持つ外国人の中には
舞妓さんを執拗に追い回す人も多くいます。
(特に、白人男性が多かったです)
芸妓さんの中にはむしろその場でポーズを作って
自分の撮影会にされてしまう場合もありますが、
よく見るとその大半が若い舞妓さんを庇っての行為です。
(その隙に、舞妓さんが逃げ出している場面を何度か見ました)
一定のルールを作って注意喚起をしないと、
そのうち事故や事件になると思います。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: