FC2ブログ

第595回 島原輪違屋特別公開~京都駅から島原へ~その5

[輪違屋] ブログ村キーワード

595-1.jpg
壬生川通から、花屋町通を約50m西に進みました。
道のど真ん中に大きな門がありますが、
あちらが島原大門で江戸時代からこの位置にありました。
つまり、門をくぐったあちら側が花街の島原です。
今回は、「京の夏の旅」企画の一環で行われている
花街島原の置屋「輪違屋」(わちがいや)の特別公開を見に行きます。
撮影日は、2018年8月19日日曜日午後3時。
やはり島原は、炎天下が似合います。


595-2.jpg
島原大門をくぐり、花屋町通を西に向いています。
ここから西は、江戸時代の花街だった場所です。
そのような地域は道路がアスファルトではなく、
石畳で敷き詰められています。
現在は太夫の詰め所である置屋は1軒だけで、
お客さんが太夫と出会える揚屋は残っていません。
ただ元々そういうお店だった京町家が数多く残っており、
それらの家屋が独特の街並みを作っています。


595-3.jpg
島原大門から約30m西に進むと、花屋町通は坊城通と交差します。
こちらは、その辻の南西角の京町家です。
以前こちらを訪れた第315回ブログでは改装中でしたが、
3年経った現在はそれももう完成していました。


595-4.jpg
その京町家の前で、花屋町通を西に向いています。
目の前で、花屋町通は坊城通と交差しています。


595-5.jpg
花屋町通から、坊城通を南に向いています。
かつての花街島原だった地域は、花屋町通でなくても石畳の道です。
この坊城通は約100m南の正面通でいったん途切れますが、
その辺りまで石畳の道は続きます。
(坊城通最南端は、約400m先の七条通です)


595-6.jpg
今度は花屋町通から、坊城通を北に向きました。
約30m先に、たくさんの方々が出入りしている京町家があります。
灯りに付いた二つの輪がズレて重なっている家紋から、
こちらが置屋の「輪違屋」(わちがいや)だと分かります。


595-7.jpg
花屋町通から、坊城通を約30m北上しました。
入口からここに入り、土間で入場料を支払いました。
そして、靴を脱いでここから屋内に入りました。
祇園や先斗町・上七軒にしてもそうですが、京都の花街には
お客さんがいらっしゃる揚屋(またはお茶屋)と、
料理を調理してその揚屋に持ってくる仕出し屋と、
舞妓や芸妓(島原では太夫)の詰め所である置屋があります。
このうち、こちらの輪違屋さんは置屋に分類されます。
京都市指定文化財ではあるのですが、
考えようによっては「太夫さんの生活の場」でもあるので、
普段は公開していません。


595-8.jpg
こちらに詰めていらっしゃる学芸員さんに訊いたのですが、
輪違屋では1Fの撮影は自由にできるそうです。
(2Fの写真撮影は、全面的に不可です。
そちらにはより重要な文化財があります)
そこで1F限定ですが、写真を何枚か撮りました。

障子と木戸の間がガラス戸になっていて、
ガラスの部分にこの輪違屋の家紋が彫られています。
こちらの家屋が今の形になったのは江戸時代末期なので、
一部が洋風に改装されています。


595-9.jpg
こちらは玄関奥の少し広くなった部屋の奥の床の間です。
この左(西)に階段があって、そこから2Fに行けます。
ただし、そちらは前述のように撮影不可で
しかも一度に上がれる人数が限られるので、
(無理に上がると、重さで2Fの床が抜けるそうです)
先に1Fの方を回ります。


595-10.jpg
その階段の脇に、廊下がありました。
では、こちらの奥に進みます。


595-11.jpg
この廊下は、約5m続きます。
その先に中庭があって、この廊下はそのまま縁側になります。


595-12.jpg
廊下から、その縁側に移ってきました。
拝観者は、この中庭に入ることができません。
ですから、ここからお稲荷さんにお参りします。


595-13.jpg
縁側から、天井を見ています。
家屋の中心から外に向けて、梁が等間隔に並んでいます。
こちらはデザインではなく、この梁が家屋全体を支えています。
ですから、あまり大人数が2Fに上ると
床が抜けて家屋が倒壊してしまいます。
(この家屋が古いからではなく、元々そういう構造です)
では、障子を開けてこちらのお座敷に入っていきます。


595-14.jpg
そのお座敷に入ってきました。
元々は、輪違屋所属の太夫さんたちはここで生活されていました。
(今は、別の部屋を使われているそうです)
鷹峯常照寺を建立した学者としても有名な吉野太夫
江戸時代末期に活躍した桜木太夫は共に輪違屋所属でしたので、
おそらくこの部屋で生活していたのでしょうね。


595-15.jpg
その部屋の襖を写真に撮りました。
文字が書かれた和紙が何枚も貼られていますが、
こちらは全て、代々の輪違屋所属の太夫さんが書かれたものです。
このように残されると何か特別なものに見えますが、
実はこれらは全て手紙の失敗作です。
ただ高価な紙を使っていて、捨てるには惜しいものだそうです。
それでも、こうして見ると立派な文化財ですね。


595-16.jpg
障子の隅には、こちらの屏風がありました。
こちらは元々は手紙で、筆者は新撰組局長近藤勇です。
どうやら近藤勇は「筆まめ」だったらしく輪違屋所属の太夫さんに
何通も熱心に手紙を書いていたようです。
明治時代に入って、新撰組は京都では賊軍として扱われ
近藤勇の手紙も島原の太夫さん自身が処分してしまったものが多く、
このように残っているものは例外中の例外だそうです。
(こちらの学芸員さんに、教えて頂きました)
ただ、この文を読んでみますと……
「婦人好色」(女性は、いやらしい人が多く)
から始まるように、とんでもない「下ネタ」です。


595-17.jpg
こちらは、その向かい側の床の間です。
こちらにも掛け軸が掛かっています。
その右(東)側に、坪庭があるようです。


595-18.jpg
こちらが、その坪庭です。
この日(2018年8月19日)は快晴で、この時点で33℃くらいでした。
ところがこの部屋で両方の障子を開けておくと、
エアコンがない輪違屋屋内でも涼しく感じました。
町家造の面目躍如ですね。


595-19.jpg
これで、輪違屋1Fを一通り見て回りました。
次は階段から2Fに上がりますが、そちらは撮影不可です。


595-20.jpg
輪違屋2Fは撮影不可なので、ここからはパフレットで紹介します。
都合により、次回ブログで訪れる角屋の地下っとも写っています。
和傘が二つ並んで貼られた襖がある部屋が、2Fで最大でした。
(この写真の左下のチケットに写った部屋です)
ただその先は太夫さんが生活されている部屋もあって、
撮影だけでなくそちらに行くこと自体不可でした。


595-21.jpg
一通り見て回ったので、輪違屋の外に出てきました。
輪違屋の店先で撮影されている方々も多かったですが、
輪違屋に来られた大半の方々はこのまま帰られたようです。
ただ、島原の観光ポイントはこの周囲にもあります。
取りあえず、輪違屋前の坊城通をこのまま北上します。


595-22.jpg
輪違屋の前から、坊城通を約50m北上しました。
坊城通は約500m先の京都産業大学付属高校で突き当たりますが、
約100m北の松原通で復活し、その約300m北に壬生寺があります。
つまり新撰組屯所があった壬生と、この島原は隣接しています。
(第26回ブログ参照)

写真中央の京町家の北隣が、京都市島原地域包括支援センターです。
(写真左側の平屋の建物のことです)
元々、こちらに島原の歌舞練場がありました。
(歌舞練場は、祇園や先斗町・宮川町・上七軒には現存します)
確かこちらの桜は立派だそうですが、確認したことはありません。
次回ブログに出てくる幸天満宮も、
元々はこちらにいらっしゃいました。


595-23.jpg
京都島原地域包括センターの向かい(西)側に、
日蓮宗成就山法華寺があります。
では、こちらにお参りします。


595-24.jpg
法華寺境内の北側に、妙見宮があります。
妙見宮は妙見菩薩を祀っていますが、
本満寺など日蓮宗寺院に、妙見宮は多いですね。


595-25.jpg
こちらが、日蓮宗成就山法華寺の本堂です。
釈迦如来像が、ご本尊です。

こちらは、813年に真言宗東寺の塔頭として建立されました。
それが鎌倉時代の1281年当時の住職の真広法印が
日蓮の弟子となってこちらは日蓮宗になりました。
京都の日蓮宗は延暦寺の僧兵などに度々攻撃を受けましたが、
それはこちらも例外ではありませんでした。
ただ一貫して東寺の北側に位置していたのですが、
現在の位置に移ったのは1963年の東海道新幹線線路建設のためです。


595-26.jpg
京都市島原地域包括センターと法華寺前で坊城通を南に向きました。
では、こちらから花屋町通に戻ります。


595-27.jpg
法華寺から、坊城通を南下しています。
輪違屋の北側は更地ですが、
そこから輪違屋の西側に煙突が見えます。
あの辺りに銭湯があるのですが、今からそこに向かいます。


595-28.jpg
輪違屋の前で、坊城通を南に向いています。
この先で坊城通は、花屋町通と交差します。


595-29.jpg
坊城通から、花屋町通を西に向いています。
ちなみに京都の島原は、行政的には「西新屋敷」です。
次は、こちらを西に向かいます。


595-30.jpg
坊城通通から、花屋町通を西に歩いています。
左(南)側に「松栄」という旅館があって、
修学旅行生などがよく宿泊しておられるようです。
また、こちらの浴室は料金を支払えば
宿泊客でなくても入浴でき、事実上スーパー銭湯です。
とは言え、先ほどの煙突はこちらのものではありません。


595-31.jpg
その「松栄」の向かい(北)側に、こちらの町家があります。
この辺りの京町家は民家が大半ですが、
こちらは陶磁器やガラス器を販売するお店です。
この時間帯でも営業されていましたが、
時間帯が無くなっているので先を急ぎます。


595-32.jpg
末裔とその陶磁器店の前で、花屋町通を西に向いています。
ここでまた花屋町通は、南北の道と交差します。


595-33.jpg
花屋町通から、南北に伸びる道を南に向いています。
左(東)側は、駐車場の先に旅館「松栄」の本館が見えます。
(松栄には、こちらから入ります)
右(西)側は百日紅(さるすべり)がきれいですが、
こちらは第二次世界大戦のころまで揚屋でしたが、
現在は旅館兼カフェです。(詳細は、次回ブログで)


595-34.jpg
今度は同じ位置で、北を向きました。
左(西)側の家屋は民家に見えますが、実は製本所です。
では、こちらの道を少し北上します。


595-35.jpg
花屋町通から、この南北に伸びる道を約30m北上しました。
すると、「島原温泉」という銭湯があります。
(関西では、時折「温泉」と名の付く銭湯があります)
こちらは京都市街地としては割と遅くまで営業されているので、
仕事帰りにここまで自転車で来ることがあります。
実は次回ブログの角屋での取材の後、ここで入浴しました。
(ここからは、時間軸が実際と異なります)


595-36.jpg
その島原温泉の前に、このような張り紙がありました。
やはり、この日(2018年8月19日)に地蔵盆があるようです。
ウチの町内より1週間早いです。
ウチの母に聞いたところ、どうもウチの町内会長さんが
仕事の都合で地蔵盆を1週間ずらしていたようです。
ですからこの日に地蔵盆をすることが通常で、
ウチの町内が特殊だったようです。
ただもともと地蔵盆は毎年8月21日に固定されていたもので、
その感覚から8月19日は早いようにも思います。


595-37.jpg
島原温泉の前で、石畳の道を南に向いています。
花屋町通に戻るまでに、右(西)側に京町家が見えます。
こちらが第315回ブログ以来時折自分が通い詰めているhyggeです。
島原の花街内では2軒ある町屋カフェのうちの1軒です。
こちらにも、入浴の帰りに立ち寄りました。


595-38.jpg
こちらが、hyggeの店内の様子です。
こちらの土間の先に座敷があって、さらに先には坪庭があります。
典型的な京町家の作りですね。
自分がこの店に入ったとき、ちょうど満員で
入るのを諦めようとしていました。
ところが、その時カウンターにいらした小父さんが
「ほな、帰りますわ」
そう言い残されて席を立たれました。
和服姿がちょっとかっこいいなと思っていたのですが、
こちらの店主曰く、その方が先述の輪違屋の主人だったそうです。


595-39.jpg
いつもはここで凍頂烏龍茶など中国茶を頼むのですが、
この日は宇治金時のかき氷を頼みました。
輪違屋のパンフレットと一緒に写してみました。


595-40.jpg
こちらが、注文した宇治金時です。
かき氷に掛かっているのは、純然たる抹茶です。
シロップではないので、甘味は強くありません。
その代わり、器の下に小豆餡と甘味の付いた白玉が入っています。
それをかき氷に混ぜて食べると、ちょうどいい甘さになります。
自分は、これを約30分かけて食べました。
とてもゆっくりですが、まぁ本を読みながらでしたから……

こちらを食べ終わった後、こちらを出ました。
あと残っているのは角屋の拝観だけですが、
今回もだいぶ写真を貼り付けました。
ここから先は、次回とします。

~次回は、角屋に拝観して帰宅します~

~追記 その1~
この辺りの地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
島原の置屋輪違屋が、起点です。

~追記 その2~
輪違屋の一般公開は2018年9月末までです
今回ブログで紹介した輪違屋の一般公開は、2018年9月末までです。
こちらは「京の夏の旅」企画の一環なので、
普段は公開されておりません。
拝観をご希望の方は更新日より日が少ないので、
何卒お急ぎください。

~追記 その3~
北海道大地震にお見舞い申し上げます
京都市内が台風21号で被害を受けた2日後に、
北海道の胆振地区で震度7の大地震が起きました。
連日甚大な被害がTVなどで放送されておりますが、
被災地の方々にはお見舞い申し上げます。
そして、1日も早い復興をお祈りしております。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。 「錦小路東から西」 四条通の1本北に伸びる 錦小路を東から西に 進みます。 錦市場から祇園祭鉾町へ 最終的に住宅街に 移動していきます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: