FC2ブログ

第634回 元梛神社 節分祭~壬生節分散策2019~その1

2019年も節分の季節になりました。旧暦の大晦日ですね。
中国や韓国では旧暦の正月も祝いますが、
京都では節分の方を祝い、(割と昔の風習が残っています)
各神社仏閣でさまざまな行事を行います。
「京の道 今日の道」でも毎年節分になるとあちこち取材しますが、
2019年は上千本(千本釈迦堂千本ゑんま堂など)と共に
このブログでもよく行く「壬生」をまた散策します。


634-1.jpg
京都駅前北側市バスターミナルから26系市バスに乗り、
烏丸通を北上した後四条通を西に進み、
「壬生寺道」バス停で下りました。
元々このバス停は「四条坊城」交差点にありましたが、
今はそちらより西に約50mずれています。

こちらは、そのバス停辺りで四条通を西に向いています。
バス停前にたくさんの方々がいらして、
その前で京都市交通局の職員さんが整理されています。
ずっと向こうに(千本通付近に)、JR嵯峨野線の高架が見えます。
(第322回ブログを参照)
今回は、バス停近くの「元祇園 梛神社」に向かいます。
撮影日は、2019年2月3日日曜日午後1時10分。
曇り空から雨が降りそうでした。


634-2.jpg
「壬生寺道」バス停前で、四条通を西に向きました。
バス停から約50m先で、四条通は坊城通と交差します。
この坊城通沿いが壬生で一番賑やかな場所で、
節分散策もこの坊城通がメインストリートです。
ただその坊城通を南下する前に、
先に手前(西側)の神社に参拝します。


634-3.jpg
こちらが、その神社です。
石製鳥居の両脇に碑が2本立ってますが、
こちらに「元祇園 梛神社」「式台 隼神社」が合祀されています。


634-4.jpg
四条通沿いに、こちらのチラシが貼り付けてありました。
この表題通り、こちらの元梛神社で毎年節分祭が行われています。
壬生の節分散策には、最初にこちらを訪れます。


634-5.jpg
四条通から石製鳥居をくぐり、こちらの境内に入ってきました。
こちらは元梛神社の社務所なのですが、平日は閉まっています。
その社務所で、巫女さんが神楽を舞われていますね。
以前こちらでは聖護院から来られた修験者が祈祷されていました。
(修験者による祈祷は、第186回ブログ参照)


634-6.jpg
その境内の北東端で、お焚き上げが行われています。
こちらで、旧年中各家庭で使用されたお札などが焼却されています。
火が点いていて暖かく、周囲で暖を摂られる方もいらっしゃいます。
ただ、煙や煤が顔に掛かるとそこそこ煙たいですね。


634-7.jpg
境内の北西端に、「式台 隼神社」の本殿がいらっしゃいます。
節分期間中は多くの参拝者が来られるので、
賽銭箱が取り払われて、代わりに白い布が敷かれています。
その布の上に、お賽銭を納めます。

隼神社は式台社ですので、元は相当大きな神社でした。
延喜式に記載が見られ、日本三代実録という歴史書にも
隼神社の様子が記載されています。

ご祭神は建甕槌命(タケミカヅチノミコト)ですが、
経津主神(フツヌシノカミ)も祀られております。
「隼」は「ハヤクサ」とも読まれ、
瘡(くさ)という皮膚病平癒のご利益があるとされます。
ここから約350m北の「蛸薬師坊城」の辻付近に
元々はいらっしゃいましたが、
1918年にこちらに移されました。
ちなみに毎年11月17日の例祭では、
こちらからその「蛸薬師坊城」の辻間を
氏子衆が新撰組の扮装で往復されます。
(第323回ブログでの聞き取り内容です)


634-8.jpg
隼神社の南隣に、「元祇園 梛神社」本殿がいらっしゃいます。
こちらも賽銭箱が取り払われ、白い布が敷かれています。

こちらは平安時代初期(869年)に京都で天然痘が流行した際、
兵庫県の神社から牛頭天王の魂を勧請したのがその興りです。
そして、その魂の分霊を今の祇園に遷し八坂神社を創建しました。
(祇園祭の発祥は、元梛神社説と
第58回ブログの八坂御供社説があります)
ですからこちらが元々の祇園(牛頭天王を祀る場所)ですので、
それが「元祇園社」という名称の謂れです。
八坂神社創建後、跡地には祠が立ちましたが
その一連の場所はこの位置ではなく
「京都市下京区万寿寺通烏丸西入ル御供石町」で、
こちらには1932年に移転してきました。
祠がこのように神社化されたのは、その後です。
そのような訳でこちらのご祭神は素戔嗚尊ですが、
中国に渡った際に牛頭天王と名乗ったと社伝に載っています。


634-9.jpg
元梛神社本殿前から、境内を東に向いています。
社務所前(神楽の前)で、お守りやお札が売られていました。
では、その先の境内東側鳥居からこちらを出ます。


634-10.jpg
こちらの境内を出ると、すぐに坊城通に出ます。
先程の石製鳥居をくぐり、坊城通を北に向いています。
約10m先で、坊城通は四条通と交差します。


634-11.jpg
今度は、同じ位置から坊城通を南に向きました。
節分の際の坊城通は人通りが多いので、ずっと露店が立ちます。
そちらには、後で寄ります。


634-12.jpg
坊城通の露店は、四条通から約30m南下するといったん途切れます。
それは、こちらに踏切があるからです。


634-13.jpg
約1分待っていると、西から東へ京福電車(嵐電)の車両が来ました。
生八つ橋の一種「夕子」の広告のラップ電車ですね。


634-14.jpg
京福電車(嵐電)の車両は2連結しかありませんが、線路は複線です。
ちょうど10分ごとに電車が出ていてとても便利なので、
見た目以上に利用者が多いのが特徴です。
こちらは東に約400m進み、終点の「四条大宮」駅に至ります。


634-15.jpg
その踏切の上で、坊城通を南を向きました。
約10m先から、また露店が並びだしていますね。


634-16.jpg
こちらは、先程の写真にも写っていました。
民家の前と家の中で、雑貨を販売されています。
散策されている多くの方々が、こちらで買われていかれました。
10日ゑびすでは小売店舗が露店を出した例もありましたが、
民家がこのような露店を出すのは珍しいですね。


634-17.jpg
その民家より南は、また露店が立たないスペースが続きます。
左(東)側駐車場の南側が綾小路で、その辻に「幸福堂」があります。
きんつばの専門店ですが、夏季には水無月が売られます。
(きんつばは第188回ブログ、水無月は第321回ブログ参照)


634-18.jpg
坊城通から、綾小路を東に向いています。
こちらの辻に、旧前川邸があります。
元々は豪農の前川氏の邸宅だったのですが、
江戸時代末期新撰組に接収されてしまいました。
こちらには、帰り道に立ち寄ります。


634-19.jpg
今度は坊城通から、綾小路を西に向きました。
「幸福堂」の行列が、こちら側まで続いていますね。


634-20.jpg
さらに綾小路から、坊城通を南に向きました。
左(東)側が旧前川邸で、右(西)側が鶴屋という和菓子屋さんです。
その鶴屋の駐車場の前にシートが張ってあり、
その前に七味唐辛子の露店が立っていますね。


634-21.jpg
その南側に、虫籠窓の付いた町家が建っています。
こちらが、和菓子屋さんの鶴屋です。
この鶴屋を経営しておられるのが八木家の方々で、
その八木家邸宅に江戸時代末期新撰組がいました。
つまり、こちらが江戸時代末期の新撰組屯所跡です。
奥の京町家が京都市指定文化財で、
学芸員の解説付きでそちらを拝観することができます。
そちらにも、帰り道に立ち寄ります。


634-22.jpg
和菓子屋さんの鶴屋の前で、坊城通を南に向いています。
左(東)側が後述の新徳禅寺で、右(西)側が壬生寺です。
この辺りから、また露店が濃密に並びだします。


634-23.jpg
綾小路から、坊城通を約50m南下しました。
こちらで、新徳禅寺の門前に出ます。


634-24.jpg
こちらが、正面から見た新徳禅寺です。
1863年に14代将軍徳川家茂上洛の際、浪士組を結成した清川八郎が
その家茂の護衛名目でこの新徳禅寺で寝泊まりしました。
その際清川八郎は倒幕を主張し、それに反発した
近藤勇や芹沢鴨らが浪士組を脱退し、後の新撰組を結成しました。
ですから、ある意味こちらが新撰組発祥の地です。


634-25.jpg
その新徳禅寺の門前に、(先程写っていた唐揚げの露店の南隣)
タイ焼きの露店が出ていました。
お客さんが多くて、露店そのものの写真は撮れませんでした。
小豆餡以外にカスタードクリームなどの種類がありましたが、
自分はタイ焼きは小豆餡と決めています。
こちらは、尾までしっかり餡が入っていました。
では120円支払って、こちらを頂きます。


634-26.jpg
新徳禅寺の門前で、坊城通を南に向きました。
この辺りが一番露店が立て込んでいて、参拝者が多いですね。
次は、左(東)側に見えるブルーシートの露店に向かいます。


634-27.jpg
こちらが、そのブルーシートの露店です。
こちらでは素焼きの皿が売られていて、
その皿に購入者がいろいろ文字を書かれていました。


634-28.jpg
こちらが、その素焼きの皿です。
正確には焙烙(ほうらく)と呼ばれる調理器具です。
壬生寺ではこの裏側に自分の願い事を記して、
その後叩き割ることでその願いが叶うとされています。


634-29.jpg
そのブルーシートの露店の前で、坊城通を南に向いています。
左(東)側に京町家の武家屋敷跡が建っていますが、
こちらが京都清宗根付館です。
第319回ブログでこちらに訪れました。
また、こちらは元は武家の神先家邸宅で
最も保存状態が良い京町家の武家邸宅です。
ですから、こちらは京都市指定文化財に指定されています。


634-30.jpg
さらにブルーシートの露店前で、坊城通を西に向きました。
こちらから、壬生寺に入れます。
ここから壬生寺に参拝しますが、もうだいぶ写真を貼り付けました。
ですから、今回はここまでです。

~次回は、この壬生寺に参拝します~
~追記 その1~
この辺りの地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
元祇園梛神社が、起点です。

~追記 その2~
前回ブログの追記が、「その1」だけの訳
前回ブログの追記が一つだけなのに、
その追記に「その1」と書かれています。
これは、元来「その2」を載せる予定だったからです。
実は、そちらにウチのネコの最新情報を載せるつもりでした。
ただカメラの画像をウチのPCに取り込めず、
(どうもメモリの容量越えが原因だったようです)
数日挑戦した後に諦めました。
現在は新しいメモリに換えていますので、
問題なく更新しています。

~追記 その3~
結局、強い方が勝ちました
さらに2月に入って急に仕事が忙しくなり、
新しいブログ更新自体ちょっと遅れました。
その関係で、2019年2月2日に行われた
アジア杯の決勝の記事をこの時期に書きます。
ご存知の方も多いでしょうが、
結局日本は決勝で1-3でカタールに敗れ、
準優勝で大会を終えました。
大会を通して日本はGKやDFのミスで
ピンチになることが1試合に何回かあったのですが、
大半の国々がシュートミスで終わっていました。
(それ自体は、サッカーという競技の性質上よくあります)
ただカタールのFWはシュートが正確で、
ことごとくゴールの枠内に放っていました。
つまり、カタールは準決勝までに当たった国々と
シュートの質が根本から違ったわけで、
それは日本代表の選手・スタッフの想定外だったでしょう。
その辺が日本の敗因でしょうが、
全般的に、日本の選手やスタッフに経験が不足していた
ことも大きかったです。
ただ誰もいきなり経験豊かになるわけもなく、
アジア杯の結果は残念でしたが、
次に活かせる大きな経験を得たと思います。
カタールは次のW杯予選免除ですが、
日本はW杯前にこういう挫折を味わったことが
確かな肥やしになるでしょうね。
そもそも今大会の日本は、
そういう経験を得ることを目標にしていました。
ですから、その意味で今大会の日本は成功したと言えます。

~追記 その4~
節分で、こんなもの頂きました
634-31.jpg
2019年2月3日の節分取材後、
帰り道で節分用のイワシを買いました。
京都に限らず節分には餡餅とイワシを食べますが、
京都は節分で特にイワシをよく食べます。
この日は川魚屋さん(淡水魚専門の魚屋さん)も
イワシを焼いて出してくれます。
自分も、近所の魚屋さんでこちらを買いました。
こちらは、その日の晩御飯のおかずです。


634-32.jpg
で、恵方巻です。
こちらは、近所のお寿司屋さんから出前してもらいました。
実はその寿司屋さんの店員さんは
ウチの母が経営する店の常連さんで、
お互い「持ちつ持たれつ」でやっています。


634-33.jpg
こちらがその恵方巻です。なぜか毎年豆付きです。
こちらの中には細切りした焼きアナゴの他に
ニンジンなどの多くの根菜が入っています。
その根菜の味付けが京都人好みの薄味で、
自分はこの根菜目当てにこちらを毎年頂きます。

~追記 その5~
中国タルトを作ろう その2
634-34.jpg
2019年1月末日から、約1週間柿の実を煮込みました。
水分がほとんどなくなり、
糖度もちょうどいい具合になってきました。
ここまで来るとペクチンがしっかり出て、
果実ジャムのように固まってきます。
これで、タルトの下半分がようやく完成です。
(この段階で、全行程のまだ約2割です)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。 「錦小路東から西」 四条通の1本北に伸びる 錦小路を東から西に 進みます。 錦市場から祇園祭鉾町へ 最終的に住宅街に 移動していきます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: