FC2ブログ

第671回 桔梗咲く智積院

前回ブログで「五辻通編」も完全に終わり、
祇園祭までちょっと遠出はお休みです。
こんな時は近所の「東山七条」交差点付近を掲載するのが常ですが、
今回も母の散歩に同行して智積院に訪れました。


671-1.jpg
京都駅市バスターミナルから東回りの206系市バスに乗って、
「東山七条」バス停に来ました……
という設定ですが、こちらは京都駅方面のバス停です。
つまり、反対車線のバス停です。設定に無理がありますね。
本当は自宅から「七条本町」交差点に出て、
そのまま東に400m進みました。
どうしても七条通の東端智積院総門を撮りたくて、
このような場所から始めます。
撮影日は、2019年7月4日木曜日午前11時。
曇り空ですが、雨は降りませんでした。


671-2.jpg
先程の位置から、さらに七条通を東に約50m進みました。
「東山七条」交差点東端に智積院総門が建ちますが、
一般人はここからは入れません。


671-3.jpg
「東山七条」交差点の信号が、青に変わりました。
ではこちらの横断歩道を渡り、七条通東端に進みます。


671-4.jpg
「東山七条」交差点で、七条通から東大路を南に向いています。
次は、こちらを進みます。


671-5.jpg
「東山七条」交差点から、東大路を約50m南下しました。
こちらが、京都駅発208系市バス用の「東山七条」バス停です。
本来なら、こちらから今回ブログを始めるべきでした。


671-6.jpg
先程のバス停から、東大路をさらに約100m南下しました。
東大路から左(東)に道が伸びていますが、
智積院へは一般人はこちらから入ります。


671-7.jpg
七条通から東大路を約150m南下して、東を向きました。
真言宗智山派本山智積院へは、こちらから入ります。
ちなみに芝生をはさんで左(北)側が歩道で、右(南)側が車道です。


671-8.jpg
その歩道の脇に、こちらの案内板があります。
今回ブログでは講堂付近を回り、次回ブログで本堂付近を回ります。


671-9.jpg
その歩道を東に進むと、智積院境内に入っていきます。
参道の周囲で、桔梗が満開です。
桔梗は、この智積院の寺紋でもあります。


671-10.jpg
この参道は、少し蛇行しながら東に進みます。
石段を上りきると、さらに東に参道が続きます。
その先に、桔梗紋が目立つ智積院本堂が見えます。
今回は、手前のT字路で左(北)に進みます。


671-11.jpg
そのT字路で、北を向きました。
では、この先の講堂に向かいます。


671-12.jpg
T字路から約10m北上し、東を向きました。
ここより先に(北)に進むには、
右(南)側の詰め所で500円納めないといけません。
また、左側は宝物殿です。
中には長谷川等伯長谷川久蔵の襖絵が展示されています。
(いずれも、国宝です)


671-13.jpg
宝物殿の前で、北を向きました。
では、こちらを進み智積院講堂の方を回っていきます。


671-14.jpg
先程の門をくぐり、右(東)を向きました。
では、高浜虚子の句碑の脇を講堂沿いに東へ進みます。


671-15.jpg
こちらの小径は、講堂沿いに北に進路を変えます。
すると左(西)に講堂が見え、右(東)に庭園が広がります。
この先の池越しに宸殿が見えますが、こちらには普段は入れません。


671-16.jpg
先程の小径は約50mで突き当たり、その位置で西を向きました。
左(南)側が先ほどの講堂で、右(北)側が大書院です。
では、こちらを突き当りまで進みます。


671-17.jpg
その突き当りで、北を向きました。
こちらは、大書院の下足場(玄関)ですね。
この左側が一面の靴を入れる棚で、目の前にもそれが並んでいます。
では、こちらで靴を脱いで大書院に入っていきます。


671-18.jpg
智積院大書院に入ってきました。
金箔が貼られた襖絵が豪華ですが、
元々長谷川等伯の障壁画で飾られていました。
こちらの障壁画は、国宝に指定された直後に
先程の宝物殿に移動されました。
(つまり、こちらのものは全てレプリカです)
目の前の床の間は、元来は豊臣秀吉のために作られました。

智積院は元々鶴松の菩提寺である祥雲寺でしたが、
徳川家康がその祥雲寺を廃寺にした後、
豊臣秀吉が攻め滅ぼした真言宗智山派の根来寺を
(元々は今の和歌山県にありました)
この位置に復興させました。
それが真言宗智山派総本山智積院の興りです。


671-19.jpg
大書院で、東を向きました。
こちらが縁側なので、陽の光が入って明るいですね。
縁側の向こうは、池が広がっています。
こちらは「利休好みの庭」と言われていて、
こちらの庭が造営された当時、
本当に千利休がこちらを絶賛されていたようです。


671-20.jpg
こちらの縁側に腰掛けて、同行した母と暫く休憩します。
池の向こう(東)側に、大きな築山が見えます。
この周囲に様々な花が植えてあって、
季節ごとにそれぞれ目を楽しませてもらえます。


671-21.jpg
その池の水面を取りました。
普段は錦鯉が泳いでいる姿が見えるのですが、
この日はなぜか魚類の姿は見えず、
代わりにアメンボが優雅に泳いでいました。
確かアメンボは肉食で小魚やオタマジャクシを食べるはずですが、
アメンボが多いということは
そういう餌になる生物がここには多いのでしょうね。


671-22.jpg
智積院大書院の縁側で、北を向きました。
向こう(北側)に見える宸殿には、
堂本印象の代表作「喫茶夫人」が飾ってありますが、
普段は非公開です。(数年に1回特別公開されています)
では縁側を廊下のように北上し、目の前の角で西に折れます。


671-23.jpg
智積院大書院の縁側を廊下のように歩き、西に進んでいます。
続いて、この先の角を南に折れます。


671-24.jpg
先程の角を南に折れると、智積院大書院の西側に移動できます。
大書院の西側は、こちらの坪庭です。
砂の波が、きれいな流紋を形作っていますね。


671-25.jpg
その坪庭の脇に渡り廊下があって、さらに西に進めます。
その突き当りから南下すると、智積院講堂に入れます。
ただし、ここから講堂までは一切撮影が禁止されます。
(本当は、外側の庭などを撮るのは可能です)
この先屋内には、古今の画家の作品が多く展示されているからです。
中には有名な画家の作品もありますが、
まだ無名の画家の絵画や障壁画も多いですね。
個人的には講堂内の田淵敏夫画伯の障壁画が、お気に入りです。
枝垂桜や柳の木が水墨画で描かれているのですが、
無いはずの花の色が見えるのが不思議ですね。


671-26.jpg
渡り廊下から智積院講堂を回り、下足場に戻りました。
距離にして、約200mほど移動しました。
ではこちらで靴を履いて、智積院境内に戻ります。


671-27.jpg
靴を履いて下足場を出て、東を向きました。
左(北)側が大書院で、右(南)側が講堂です。
では、この先の曲がり角で右(南)に折れます。


671-28.jpg
その曲がり角で、南に折れました。
右(西)側に、智積院講堂が見えますね。
さらにこの先の曲がり角で、右(西)に曲がります。


671-29.jpg
先程の曲がり角で、西に折れました。
では、智積院講堂の正面まで西に進みます。


671-30.jpg
その小径を西に進み、智積院講堂正面を背に南に向きました。
では、こちらを出て目の前の小径を突き当りまで進みます。


671-31.jpg
桔梗が植えてある智積院参道に戻り、東を向いています。
この先に、智積院本堂の桔梗紋が見えますね。
ここから智積院本堂周辺へ進みその周辺の紫陽花を見物しますが、
今回ももうだいぶ写真を貼り付けました。
今回は、ここまでです。

~次回は、智積院の紫陽花の迷路を散策します~



~追記 その1~
この辺りの地図を貼り付けます。
詳しくは、ここをクリックしてください。
「東山七条」交差点が、起点です。

~追記 その2~
最近雨が降りません
実は2019年の梅雨は九州地方・関東地方を中心に
豪雨災害が何ヵ所かありましたが、
何故か京都府下はほとんど雨が降っていません。
今回ブログ更新日の2019年7月11日はまる一日雨でしたが、
そういう日が数日に一日程度しかありません。
こういう年は祇園祭以降雨がよく降るのですが、
そうすると今年の取材は大変そうです。

~追記 その3~
暑がりのウチのネコ
670-52.jpg
2019年6月25日火曜日のウチのネコです。
前回ブログの「天神さん」の帰宅直後の様子です。
最近は暑いので、ウチのネコはグダグダです。
そこで、なるべく涼しい木の板の上
つまり、ウチの母の仕事場によく座り込みます。


670-53.jpg
おかげで、ウチの母の仕事は進みません。
それでも、可愛いので何となく許されています。
ウチの母は、ドライヤーで髪を乾かしながら
(仕事ができないので、暇つぶし)
ネコのことをあやしていました。


670-54.jpg
やがて、自分の身体を毛づくろいです。
身体をなめ終わると、この直後に
ウチのネコはウトウト眠ってしまいました。

~追記 その4~
コパアメリカは、ブラジルが優勝
実はずっと前に女子W杯も終わっているのですが、
それはおいおい書いていきます。(とても長い記事になります)
同時進行だったコパアメリカは、
開催国のブラジルが優勝したらしいです。
今回のコパアメリカはアメリカ合衆国と一悶着起こして、
さらに日本はTV中継しませんでした。
(日本代表の試合を中継しないのは、異常事態です)
まぁ、自分は観ていないので詳しいことは分かりません。

~追記 その5~
いつの間にか、2位?
2019年J2リーグ第21節で、京都サンガはホーム西京極で
1-0と勝利しました。
これで、京都サンガは勝ち点37の第2位。
首位山形とは勝ち点差3です。
ただ、次節はアウェイでその山形戦です。
ちょっと厳しいですが、このペースでいけば
J1自動昇格圏内の2位も現実味が出てきました。

~追記 その6~
アメリカvsヨーロッパ諸国
2019年7月7日日曜日に優勝国が決まっているのですが、
ようやく決勝トーナメント1回戦を振り返ります。
(それ以降は、次回以降です)
今大会の決勝トーナメントは、4試合とも
ヨーロッパvs他地域の国という対決でした。
なでしこ日本も、欧州チャンピオンのオランダと戦いました。
結果は……アメリカ以外はすべて欧州が勝利しました。
なでしこ日本も、なんと決勝トーナメント1回戦で敗退です。
2011年W杯優勝以前も、なでしこ日本は準決勝に進出していました。
多分、21世紀でいちばん悪い成績と思います。

女子サッカーのW杯フランス大会は、全体を通して欧州有利です。
なでしこ日本の対戦相手のオランダとか、
試合のない日は自国で暮らすこともできますし、
何よりヨーロッパの人々に馴染みのある気候です。
おそらくですが、来年(2020年)の東京五輪では
今回活躍したヨーロッパの大半は全然ダメでしょうね。
(ヨーロッパのサッカー選手は、日本の湿度が苦手です)

ただ、今回W杯はある意味分水嶺になる大会でした。
元々女子サッカーは、スウェーデン・ノルウェーの北欧諸国と
アメリカ・中国が世界の強豪でした。
これらの国々は大柄の選手が力づくでゴールする戦術を取り、
前線への放り込み中心の牧歌的なサッカーでした。
それを変えたのが我らがなでしこ日本で、
男子サッカーチームの多くが採用する細かい戦術と
細かくて速いパスサッカーで、女子サッカーの主流となりました。
それで多くの人々がなでしこ日本のサッカーに魅了され、
女子サッカー全体も見応えのあるものに変わっていきました。
やがて、女子サッカーにスポンサーが多く付き始めました。
女子サッカーに資本を出すのは、ヨーロッパが中心です。
男子サッカーの強豪クラブである
レアル・マドリードやマンチェスター・シティーが
2019年から女子サッカークラブを併設させました。
そして多くの企業が女子サッカーに資本をつぎ込み、
2019年W杯フランス大会が始まりました。
大会中の競技場は常に大入り満員で、TVの視聴者数も
男子サッカーのチャンピオンズリーグを上回りました。
おそらく、ヨーロッパ側は今大会を以って女子サッカーの主流が
日米からヨーロッパに変わることを目指していました。
それでなでしこ日本はイングランドとオランダに負けて、
これからの女子サッカーを象徴する出来事になりえたのです。
なでしこ日本はこういう激変に付いて行けていないだけなのですが、
それに対してアメリカは少々日程が不利でも、
競技場の移動が他国より多くても気にせずスペインを撃破しました。
それができないと、なでしこ日本も取り残されるのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

智積院、見ごたえありますね。
次回、京都に行くときは、ぜひ訪れたいです。

京都はいまは、祇園祭ですね
実は、いま娘が京都に行っています(一泊)
祇園祭の雰囲気としみだれ肉まんを目当てに行ったのですが、
うまく買えるかな。。。
すごい人なんですよね。。?

また、祭りリポート、楽しみにしていますね~

Re: No title

槿さん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

浸みだれ肉まんですか……
正直、自分が最後に食べたのは2012年でした。
それ以来、長蛇の列に諦めたり(3時間待ちくらい)
昨年は長蛇の列に並んでいる最中に、約50m手前で
「すいません、売り切れました」
そう宣言されたりしました。
かなり拡散した方々がいらして、(たぶん自分のその一人)
ここ数年購入が不可能になってきています。

まぁ、肉まんは「膳所漢ぽっちゃり」という中華料理店の
祇園祭特別メニューです。
ただ、ここは点心を普段は提供していませんし、
美味しい代わりに10,000円は覚悟しないといけません。

最近は放下鉾近くの「ハモバーガー」とか
占出山会所の和菓子「若あゆ」など他にもいろいろありますが……

No title

ぴのぴなさん、こんばんはー😆

娘ですが、かなりバテて帰ってきました。
そちらはもう相当暑いらしいですね。
関東はまだまだ涼しいので、それだけでもバテたみたいです。
しみだれ肉まん、買ってきましたよ。
今日は、買う人の列はそれほどでもなかったといっていました。15分くらいで買えたとか。雨だったし。。

祇園祭の雰囲気も味わえたし、とても楽しい旅になったようです。

京都はいつでも、そしていつまでも、私たちのあこがれの場所です。
それはやはり、京都の方々のいろいろな尽力、努力あってのことでしょう。
ぴのぴなさんも、そのひとりですね。
ありがとうございます。

Re: No title

槿さん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

そうですか、浸みだれ肉まんを戴けたのなら何よりです。
あのタレでトロトロになった肉まんの皮が、最高ですね。
今年の祇園祭取材は後祭中心ですので、
自分はもうちょっと後の祇園祭を散策しますが、
ウチの家用の郭巨山の粽と霰天神山のお札が必要です。
ですから、取材はしませんが前祭には繰り出します。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。

「錦小路東から西」
四条通の1本北に伸びる
錦小路を東から西に
進みます。
錦市場から祇園祭鉾町へ
最終的に住宅街に
移動していきます。

「五辻通東から西」
上立売通と今出川通の
中間に伸びる五辻通を
東から西へと進みます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: