FC2ブログ

中村軒

ホームに戻る
naka-1.jpg
店名:中村軒   業種:和菓子匠
営業時間:午前7時半~午後6時   定休日:水曜日
オンラインショップ:あり   喫茶スペース:詳細後述
(オンラインショップへは、ここをクリックしてください)
住所:西京区八条通桂大橋西詰桂浅原町61
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


naka-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、33系市バスか
私鉄バスの京都交通の普通バスに乗って、約30分。
八条通を西に進み桂川に架かる桂大橋も渡って、
「桂離宮前」バス停で降りました。
今回は、この近所に建つ和菓子匠に向かいます。
撮影日は、2020年8月14日金曜日でした。
自分は毎年お盆やお彼岸になると、こちらに立ち寄ります。


naka-3.jpg
「桂離宮前」バス停から、南西に向きました。
左(南)側にガソリンスタンドが右(北)側に桂離宮の塀が見えますが、
200年ほど前まではこの辺を「下桂村」と呼んでいました。
(つまり、京都市街地の郊外に位置しました)
ですから、この辺りには今でも古民家が多く残されています。
ここを約800m南西に進みますと、阪急電車「桂」駅に出ます。


naka-4.jpg
さらに「桂離宮前」バス停から、八条通を北東に向きました。
目の前で右(南)に伸びる路地が見えますが、
その先に中村軒の駐車場(自動車は府道123号線から入れます)と
中村軒店主の御子息が経営される「隆平そば」があります。
(「隆平そば」は、ミシュランの星付きの店です)
八条通の約50m先に、今回ブログのメイン中村軒が建っています。
さらにその東側に桂川が流れており、
八条通に「桂大橋西詰」と書かれた標識が立っています。


naka-5.jpg
中村軒の店内に入ろうとしたのですが……
このような紙が貼られていました。
2020年8月現在店内の密集を避けるため、
中村軒の喫茶スペースは予約制になっていました。
予約のない時間帯は「一見さん」でも入れますが、
夏場にそれはほぼあり得ない状況です。
ただ先述の駐車場の一部で露店を開き、
かき氷などの販売をされています。
(ただし、飲食スペースはほとんどありません。
自動車の中か路上で食べるか、持ち帰るかです)


naka-6.jpg
店内の下駄箱から、中村軒の室内に入れます。
元々はこの店の方々のプライべートスペースだったのでしょうが、
約30年前からこちらでお茶と和菓子、かき氷やあんみつ、
素麺やお茶漬けなどの軽食を出す茶店のようなことをされています。
100年以上昔の建築様式をしっかり守った家屋なので、
床の間があったり春には5段重ねのひな人形が飾られたりします。
この部屋の先には坪庭があって、その周囲にも部屋があります。
自分はいつも素麺セット(冬季にはにゅう麺セット)を注文し、
〆に葛切りを頂いていました。
ただ今回は予約をしていないので、ここより奥には入れません。


naka-7.jpg
今回は中村軒の喫茶スペースに入れないので、
店頭で和菓子を買うだけにします。
取りあえず、中村軒商品ケースの右側を撮りました。
奥には、きんつばと六方焼が並んでいますね。
手前の水ようかんは、この箱に薄く1枚の状態で入っています。
確か、食べる際に切り分けるようになっています。
その脇にある「白むし」とは、単にもち米を蒸しただけのものです。
京都では、お盆の際に墓前に白むしを供えることがあります。


naka-8.jpg
こちらは、先程の商品ケースの左側です。
奥には、一番の売れ筋商品の餡ときな粉の「おはぎ」が並びます。
手前の右側は、こちらの看板メニューの「麦代餅」です。
その左隣のお供え団子と「おけそくさん」も、
京都の伝統的な墓前の「お供え」です。
この時期の京都の和菓子匠では、
このように墓前や仏壇に供えるものが多く売られています。


naka-9.jpg
さらに商品ケースの左側は、このようになっています。
手前の持ち帰り用あんみつはプラスチック容器に入っていますが、
通常なら茶店でガラス器に入った状態でも頂けます。
奥には、昆布のつくだ煮とウナギの山椒炊きも売られています。
中村軒は和菓子匠ですが、このような軽食も豊富にあります。
そもそも自分は、いつも茶店で素麺やお茶漬けを注文しています。


naka-10.jpg
そして商品ケースの左端には、商品の代わりにこちらが並びます。
京都府知事発行の「京の老舗」店舗の認定書ですね。
京都府下では100年継続して営業していることが証明できれば、
京都府知事から「老舗店」として認定を受けることができます。
どちらかと言えば、大企業よりも個人企業対象ですね。
京都では「老舗」が濫立するので、これが一定の目安になります。
このブログで紹介したお店でも、他に甘春堂が認定されています。


naka-11.jpg
八条通の反対(北)側歩道から、中村軒の店頭を撮りました。
撮影日は、2020年8月14日金曜日のお盆でした。
遠方からの方々には中村軒は茶店のイメージが濃いと思いますが、
少なくとも自分にはお供え用の和菓子を買う店というイメージです。
京都人の和菓子はお墓や仏壇に供えるときに買い求めるものです。
ですから、中村軒はお盆やお彼岸にいつも以上に賑わいます。


naka-12.jpg
ですから2020年8月14日金曜日(つまり、お盆)に来店したのも、
亡き父の墓前に供えるものを購入するためでした。
阪急電車「桂」駅前から出発する定期便のバスに乗って、
京都府亀岡市との市境に近い京都霊園にやって来ました。
その一角に、ウチの父のお墓があります。
(個人情報秘匿のため、周囲が写らないように撮っています)
その墓前に、中村軒で購入したものを供えます。


naka-13.jpg
先程の包装紙を取ると、中から「おけそくさん」が出てきました。
要するに、搗きたてのお餅です。
強く握れば変形する程度には、まだ柔らかいお餅です。


naka-14.jpg
うちの父のお墓にお参りする前に、
「おけそくさん」をきちんと並べます……
と言いたいところですが……
元来「おけそくさん」は縦に3つ並べるものです。
(燈籠のような形状になります)
ところが5つと言う中途半端な数を購入したので、
どうしても上手く並べられません。
仕方がないので、この形状に並べて父へのお墓参りを済ませました。


naka-15.jpg
うちの父のお墓から定期バスのバス停へ向かう途中、
京都霊園内の休憩所に立ち寄りました。
広大な京都霊園内には、何ヵ所か休憩所が作られています。
エアコン完備なのは、参拝者の熱中症予防を考慮してでしょうね。
例年ですと、こちらにはやかんと湯呑がいくつか置かれています。
そこで勝手に湯呑に冷茶を注いで飲めるわけですが、
ご時世がご時世だけに、やかんと湯呑の代わりに
殺菌用アルコールジェルと冷蔵庫が置かれていました。


naka-17.jpg
その冷蔵庫を開けて、冷気が逃げないうちに慌てて中を撮りました。
ペットボトルのお茶と、冷却用の枕が置かれていました。
やはり枕は、熱中症対策でしょうね。
(この日の京都市の最高気温は、39℃でした……)
こちらは、常識の範囲内で無料で利用できます。


naka-18.jpg
では持参した紙コップにお茶を入れて、
この休憩所内でお下がりの「おけそくさん」を頂きます。
このように慌てて食べるのは、固くなってから焼き餅よりも
自分は柔らかい状態のお餅の方が好物だからです。
柔らかい状態を堪能するためには、
少しでも早く頂かなければなりません。


naka-19.jpg
……とは言え実際にこの場で頂いたのは、この一つだけです。
(いくら好物でも、5つ全部はちょっと厳しいので……)
焼餅なら砂糖醤油とか浸してから焼くのですが、
生餅は調味料は一切要りません。
変に何もつけないほうが、お餅由来の甘味を堪能できます。
特にこちらは、中村軒の「おけそくさん」ですし……


naka-20.jpg
京都霊園内のバス停から定期便の橋に乗り、
阪急電車「桂」駅前まで戻った後、
八条通を徒歩で中村軒まで戻りました。
そして、今度はこちらを購入しました。
自宅に帰宅後、撮影しています。


naka-21.jpg
先程写した袋から、この箱を取り出しました。
中村軒の店頭を描いたイラストが、
この店のロゴのように使われていますね。
今度は、ウチの仏壇に供える用の和菓子を買いました。


naka-22.jpg
そして、その箱を開けました。
左側は、きな粉とつぶ餡の「おはぎ」です。
中村軒で、いちばん売れている商品ですね。
右側は、中村軒の看板商品「麦代餅」(むぎてもち)です。


naka-23.jpg
こちらが、つぶ餡ときな粉の「おはぎ」です。
優しい甘さが心地よいつぶ餡の「おはぎ」もおいしいですが、
よりもち米の甘味と旨味を堪能できる
きな粉の「おはぎ」が自分のお気に入りです。
では、こちらをウチの仏壇に供えてきます。


naka-24.jpg
さらに、こちらが中村軒看板商品の麦代餅(むぎてもち)です。
「美味しく撮ってくださいね」
ブログ撮影許可を取った際に店員さんがおしゃっていたのですが、
トッピングのきな粉が崩れてこんな写真になりました……

開業当初の明治時代初期、中村軒の近くに住む下桂村の農民は
一掴みの麦を代金にしてこちらの麦代餅を買い求めていました。
それが「麦代餅」の由来ですので、
決して餅の中に麦が入っているわけではありません。
では、こちらの仏壇にお供えします。


naka-25.jpg
さて、この中村軒の店舗ですが……
写真の通り2020年10月1日~2021年3月末日まで
改装工事のため閉鎖されます。
その間は先述の駐車場前で仮店舗で営業されます。
ただし、そちらに茶店はありません。


naka-26.jpg
中村軒の店舗改装工事中は、茶店は京都市上京区北野に移転します。
今出川通沿い「北野天満宮前」交差点と「上七軒」交差点の間です。
北野天満宮や花街上七軒を訪れた際は、立ち寄れますね。

「京とお店 今日のお品」カテゴリーに
進みたい方は、ここをクリックしてください。
さまざまなお店の検索が、可能です。
~追記 その1~
がんばれ! とまとコーラ
サウナの梅湯では2020年8月8日~10月31日の間、
銭湯エールプロジェクトが開催され、
地ラムネ・地サイダーが販売されています。
サウナの梅湯では常に5種類の飲み物が販売されていますが、
「疫病退散 アマビエサイダー」と「富士山ゆずサイダー」が
先日売り切れたので、
新しく石川県産の「すいか姫」と「柚子乙女」が発売されました。
(地ラムネ・地サイダーは、全部で30種類あります)
「すいか姫」は「ダイヤレモン」と並ぶ自分の大好物なので、
ちょっとテンションが上がります。
ただ、熊本県産の「とまとコーラ」が他のものより
あまり売れていません。
飲んでみたら結構おいしいコーラなのですが、
見た目が真っ赤でちょっと二の足を踏む方が多いようです。
実はおいしいことを知る自分が率先して買うべきでしょうが、
何しろ「ダイヤレモン」と「すいか姫」に目移りして、
先にそちらを飲んでしまします……

~追記 その2~
ここ暫く勝っていません
2020年8月23日日曜日にJ2リーグ第14節が行われ、
我らが京都サンガはホームのサンガスタジアムで松本と戦いました。
まぁ対戦相手がJ1リーグへの昇格候補だったのですが、
結果は終了間際のゴールで何とか引き分けました。
ここのところ、京都サンガは勝っていません。
久しぶりのホームだっただけに勝利が欲しかったのですが、
結果はとても厳しいものでした。
安藤主将が復帰して森山選手がベンチに戻ってきて、
復調の兆しはあるのですが……
勝利までもう一歩ですね。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。

中村軒さんの茶店が上七軒の方に移転されるのですね。

桂のお店は行きにくくかき氷が食べたいと思ってたりもしましたが
上七軒なら一度行ってみたいです。

昔、父が入院している時向かいにいらしたおじいさんが中村軒のおじいさんだったらしく麦代餅いただいたことがあります。


Re: No title

RIYOさん、こんにちは。
たびたびコメント、ありがとうございます。

そうですか、麦代餅を頂かれたのですね。
自分は麦代餅も好物で、お茶を頼んで茶店で頂くこともあります。

まぁ中村軒は抹茶スイーツで大成した茶店なので、宇治金時は絶品です。
ただ個人的にはこちらでおいしいのは軽食と思っています。
自分は4月~10月はそうめんセット、11月~3月はにゅう麺セットを頼みます。
(ご飯と小鉢か香の物が付いています)
さらにもともと桂川流域のお店なので、
川魚(ウナギやアユ)を使ったメニューも絶品です。
持ち帰りもできますが、ウナギの山椒炊きを使ったお茶漬けもお勧めです。
そして年始限定の白味噌雑煮も絶品ですので、
一度お試しください。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「京のお店 今日のお品」
緊急事態宣言後の
京都市街地で
コロナ騒動下でも
頑張っておられる
さまざまなお店と
その商品を
紹介して宣伝します。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。

「錦小路東から西」
四条通の1本北に伸びる
錦小路を東から西に
進みます。
錦市場から祇園祭鉾町へ
最終的に住宅街に
移動していきます。

「五辻通東から西」
上立売通と今出川通の
中間に伸びる五辻通を
東から西へと進みます。

「正面通東から西」
脳卒中のリハリビがてら、
比較的ウチに近い
正面通を
東から西に進みます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: