FC2ブログ

肉の長崎屋

ホームに戻る
nagasaki-1.jpg
店名:肉の長崎屋   業種:精肉店
営業時間:午前10時半~午後7時   定休日:水曜日
(揚げ物は、午後6時まで)
デリバリー:なし   飲食スペース:なし
住所:下京区河原町通松原下ル難波長406-5
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


nishitomi-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから
河原町通経由「高野」行きの205系市バスに乗って、約15分。
こちらは、「河原町五条」バス停です。
今回も、揚げ物が美味しいお店にお邪魔します。


nishitomi-3.jpg
「河原町五条」バス停から、南西を向きました。
こちらに、元々の「河原町五条」バス停が立っています。
右(西)側に建築現場が見えますが、
あちらは京都銀行河原町支店をホテルに建て替えています。
(京都銀行河原町支店は、1Fに入る予定です)
その約50m先に、「五条河原町」交差点があります。


nishitomi-4.jpg
今度は「河原町五条」バス停から、北東に向いています。
京都市街地の大路も小路も東西南北に
正確な「碁盤の目」状に広がりますが、
四条通~上珠数屋町通間の河原町通は少し蛇行します。
これは河原町通が、約100m東を流れる鴨川に沿って
伸びているからです。
では、こちらから河原町通を北東に進みます。


nishitomi-5.jpg
「河原町五条」バス停から、河原町通を約80m北東に進みました。
ここで右(東)側から、寺町通が合流してきます。
寺町通は正確に南北に伸びており、
この河原町通は蛇行しているので、結果的に交差してしまいます。


nishitomi-6.jpg
その位置で、河原町通を北東に向いています。
河原町通と寺町通が合流する地点で、
東西に延びる万寿寺通とも交差しています。
ですから、この先の交差点は正確には六叉路です。


nishitomi-7.jpg
その交差点に、到着しました。
北東に伸びる河原町通の左(西)に、寺町通が真北に伸びています。
さらにその左(西)に、万寿寺通が真西に伸びています。
(第155回ブログでは、この交差点を寺町通経由で北上しています)


nishitomi-8.jpg
この交差点には、万寿寺通に沿って東に伸びる横断歩道があります。
ちょうど信号が変わりましたので、
ここからは横断歩道を渡って河原町通東側歩道に向かいます。


nishitomi-9.jpg
少し筋違いになりますが、
先ほどの写真で横断歩道が突き当たったマンションの北側から、
河原町通(寺町通)以東の万寿寺通が伸びています。
自動車が通れないほどの道幅ですが、これでも立派な公道です。
万寿寺通は約50m先の高瀬川を超え、木屋町通で突き当たります。
(木屋町通の様子は、第646回ブログ参照)


nishitomi-10.jpg
万寿寺通から、河原町通を北東に向いています。
約100m先に、今回ブログのメイン
「肉の長崎屋」の赤いテントが見えます。
では、ここからそちらに向かいます。


nishitomi-11.jpg
万寿寺通から、河原町通を北東に約20m進みました。
こちらに、西冨家コロッケ店が建っています。
ただ今回ブログの目的地ではありませんので、ここは素通りします。


nagasaki-2.jpg
「西冨家コロッケ店」から、河原町通を北東に向いています。
こちらの写真は少し引いて撮ったので、
「肉の長崎屋」の赤テントが小さく見えますが、
目的地まであと約80mです。


nagasaki-3.jpg
西冨家コロッケ店から、河原町通を約80m北東に進みました。
こちらの赤テントが、今回ブログのメイン「肉の長崎屋」です。
お店の左(西)側に、「河原町松原」バス停が見えます。
ただ普段起点とする北行きの205系市バスのバス停は、
この位置から約100m北にあります。
(和菓子匠幸福堂老舗の近くです)
市バスの移動時間も加味すると、
京都駅からなら「河原町五条」バス停の方が早くこちらに着きます。


nagasaki-4.jpg
「肉の長崎屋」の店頭を撮りました。
お気づきの方も多いでしょうが、
このお店はウチの近所ではありません。
それでも、自分はこちらには学生時分から通っています。
それはこちらに名物があるからですが、
そちらは店内に入ってから説明します。

そうそう、「食べログ」ではこちらのお店の住所を
「下京区河原町通松原下ル東側稲荷町355」
そのように書かれています。
「稲荷町355」には、中華料理屋さんの「桃園亭」が建っています。
そもそも「稲荷町」は、「四条河原町」交差点南側を指します。


nagasaki-6.jpg
「肉の長崎屋」に、入店しました。
写真撮影とブログ掲載の許可を撮ったうえで、撮影をしています。
今回ブログは精肉店の紹介ですから、
先ずは精肉の入った冷蔵庫を撮影します。
こちらは、その冷蔵庫の左側です。
上の段に牛肉、下の段に豚肉が売られていますね。
値札は、いずれも100gで表記されています。
(こちらは「精肉店」ですので、パック売りではありません。
100g単位でお店の方に注文して購入するスタイルです)


nagasaki-5.jpg
さらに、冷蔵庫の右側も撮りました。
こちら側には、上の段も下の段も
先程よりも高価な部位の牛肉が売られています。
(ステーキ用とすき焼き用、焼き肉用ですね)
ホルモンのマルハシでは牛の内臓肉ばかり売られていましたが、
こちらの焼肉用のお肉はカルビともも肉が売られています。
ニーズの関係でしょうか、同じ精肉店でもだいぶ異なりますね。
価格を見ていると京都市街地の他店の相場と大差ないですが、
写真からもこちらのお店の肉質の良さが分かります。


nagasaki-7.jpg
ここからは、精肉の冷蔵庫周辺を撮影した写真です。
冷蔵庫の背後には、総菜が売られていました。
イカリングと鶏の唐揚げ、つまり揚げ物ですね。
その後ろには、レトルトパックのカレールーも売られています。


nagasaki-8.jpg
「肉の長崎屋」のいちばん奥には、総菜入り冷蔵庫があります。
最上段には、扇形ソーセージとハムがパック売りされていました。
その下の段には、各種サラダが売られています。
サラダも、精肉店でよく売られていますね。


nagasaki-9.jpg
お惣菜の冷蔵庫の下の段も、撮影しました。
サラダの段の下には、蕎麦やうどん、出汁が売られています。
いちばん下の段にも、ベーコンなどの加工肉が並びます。
ご時世から冷蔵庫の前には薄いカーテンが敷かれているので、
実際よりも商品がぼんやり写ります。


nagasaki-10.jpg
「肉の長崎屋」店舗のの南半分は、このように仕切られています。
こちらは、「フライコーナー」つまり揚げ物売り場です。
ホルモンのマルハシ同様、こちらのお店も揚げ物が充実しています。
特にこちらのお店のコロッケはあちこちで好評で、
実際ブログでこちらのお店を検索すると
先ずはコロッケの記事が目につきます。
まぁ自分が昔からよく注文して売るのは、
また別の揚げ物なのですが……
とにかくこちらのお店は、京都市街地屈指の揚げ物店です。


nagasaki-11.jpg
「肉の長崎屋」から帰宅して、こちらを撮りました。
「肉の長崎屋」から、こちらの紙袋を購入しました。


nagasaki-12.jpg
こちらが、その紙袋の中身です。トンカツが2枚ですね。
まぁ豚の肉質が良いのでしょうが、豚肉の甘味と旨味が
衣を付けて揚げることで、この中に凝縮しています。
肉質以外にも上げる温度と時間が最適でないと、不可能な芸当です。


nagasaki-13.jpg
学生時分から自分がこのお店でトンカツを買ったときは、
このようにカツ丼を作っていました。
そのころを思い出してこちらを作ってみたのですが……
調理中にだんだん昔の手順が思い出せなくなって、
完成したらこんなグチャグチャになってしまいました。
せっかくの絶品トンカツが、あり得ないくらいボロボロです。
勿体ないといいますか、お店の方に申し訳ないといますか……


nagasaki-14.jpg
こちらのお店の取材後、1週間が経ちました。
そこで「肉の長崎屋」から再びトンカツを買って、
再度カツ丼に挑戦してみました。
出汁と卵の分量を減らして、手順も変えてみました。
前回よりも、形はできています。
ただ甘味と旨味の強い絶品トンカツ自体は美味しいのですが、
カツ丼はまた失敗でした……

~2021年5月22日追記~
783-50.jpg
2021年5月18日木曜日に、肉の長崎屋でこちらを買いました。
最初に取材したときはトンカツばかり買いましたが、
普通にお肉を買ったときはこのような袋に包まれて売っています。


nagasaki-20.jpg
先程の袋を開けると、こちらが入っていました。
前述のように、こちらはスーパーのようなパック売りはしません。
いちいち店頭で計測して、自分がほしい分だけ買うことができます。


783-54.jpg
こちらが、そのとき買った豚肉です。
先述の写真にあるように、肉の長崎屋では
店頭の豚肉は薄切り肉しか置いてありません。
ただ店頭でこちらの希望を言えば、
このようなサイズに切ってもらえます。
こちらは、大きなブロックをステーキ状に切ってもらいました。
切った後に計測して頂いたら、131gありました。
364円支払って、持ち帰りました。


783-51.jpg
2021年5月19日水曜日は、ウチの母の誕生日でした。
その晩御飯に、その豚肉を適度に切って
古老肉(酢豚)を作りました。
当初は上海風に豚肉だけにしようと思ったのですが、
食感から洋葱も入れてみました。
日本の中華料理店では甘酢で味付けしますが、
自分の好みは黒酢メインで
他の調味料は隠し味程度しか入れていません。

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。
様々なお店の検索が、可能です。
~追記~
またウチのネコがトイレの住人です
nagasaki-15.jpg
ウチの母がネコのトイレを作っていると、
母が紙くずを入れる前にトイレの中に入ってきました。
トイレを寝床と思っているのではなく、
ウチの母に構ってほしいのが本音のようです。


nagasaki-16.jpg
ただ、そうこうしているうちにウチのネコは眠ってしまいました。
結局、またトイレの中で睡眠です。

~2021年5月22日追記~
古老肉を作りました
nagasaki-21.jpg
中華料理の酢豚は、中国語では古老肉と言います。
先ずは、肉の長崎屋で買った豚肉です。
こちらをまな板の上に置きました。


nagasaki-22.jpg
その豚肉をサイコロ状に切りました。
131gの豚肉でしたら、6片くらいでいいでしょうね。
あまり小さく切ると、「肉を食べる」感覚が失われます。


nagasaki-23.jpg
サイコロ状に切った豚肉に片栗粉を付け、
ここでしっかり焼き上げます。
中華料理屋さんでは油通ししたり揚げたりしますが、
ゆっくり時間をかけて焼くのがポイントです。


nagasaki-24.jpg
豚肉を焼き上げた後、豚肉をいったん皿に上げて
それから大きめに切った洋葱を炒めます。
ポイントは、肉と野菜を同時に炒めないことです。


nagasaki-25.jpg
エビを剥いた後の殻から取ったスープに黒酢を入れて、
醤油は隠し味程度しか入れていません。
そのソースが馴染んだら、豚肉と洋葱をソースに絡めます。
ここから、黒酢で豚肉を少し煮込むのがポイントです。
そうすることで、豚肉に黒酢の味が浸み込みます。


nagasaki-26.jpg
豚肉に黒酢が浸み込んだら、火を停めて
水溶き片栗粉をフライパンに流し込みます。
火を止める前に水溶き片栗粉を入れると、
水溶き片栗粉とソースが分離します。


783-51.jpg
完成した古老肉をお皿に盛りつけました。
砂糖は一切入っていませんが、
エビの殻由来のスープは甘いので
それでバランスが取れています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「京のお店 今日のお品」
緊急事態宣言後の
京都市街地で
コロナ騒動下でも
頑張っておられる
さまざまなお店と
その商品を
紹介して宣伝します。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。

「錦小路東から西」
四条通の1本北に伸びる
錦小路を東から西に
進みます。
錦市場から祇園祭鉾町へ
最終的に住宅街に
移動していきます。

「五辻通東から西」
上立売通と今出川通の
中間に伸びる五辻通を
東から西へと進みます。

「正面通東から西」
脳卒中のリハリビがてら、
比較的ウチに近い
正面通を
東から西に進みます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: