FC2ブログ

Ajanta

ホームに戻る
ajanta-1.jpg
店名:Ajanta   業種:インド料理レストラン
営業時間:午前11時~午後3時 午後5時~午後10時
定休日:なし   座席数:70(1F一般席は20)
デリバリー:なし   テイクアウト:なし
住所:下京区寺町通高辻下る京極町515-4
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


ajanta-2.jpg
京都駅北側市バスターミナルから、205系など
河原町通を北上する市バスに乗って約15分。
こちらは、「河原町松原」バス停です。
「四条河原町」バス停の一つ手前ですね。
今回は、この近くにあるインド料理店に向かいます。


ajanta-3.jpg
「河原町松原」バス停から、河原町通を北東に向いています。
先程まで乗っていた205系市バスが、この脇を北上していますね。
次はこの「河原町松原」バス停から、北東に進みます。


ajanta-4.jpg
「河原町松原」バス停から、河原町通を北東に約80m進みました。
ここで河原町通は、高辻通と交差します。
河原町通はこのまま約300m進むと、四条通とも交差します。


ajanta-5.jpg
河原町通から、高辻通を西に向いています。
この辺の高辻通は多少蛇行しますが、すぐに真西に伸びていきます。
ここからは、高辻通を西に進みます。


ajanta-6.jpg
河原町通から、高辻通を約100m西に進みました。
高辻通は、このまま最西端までこの道幅を通します。
高辻通をこのまま約300m西に進むと、
浄土真宗佛光寺派本山佛光寺が建っています。


ajanta-7.jpg
高辻通から、寺町通を北を向いています。
高辻通以北の寺町通は、かつての「電気屋街」です。
ただ2010年以降この辺りの電気屋さんはどんどん閉店していって、
今では電気量販店は数軒しか残っていません。
一時期「オタクのお店」が増加しましたが、近年はそちらも撤退して
現在は飲食店が増えてきています。
(この辺りの様子は、第156回ブログを参照にしてください)


ajanta-8.jpg
高辻通から、寺町通を南に向きました。
撮影日が日曜日だったので、
左(東)側の仏具店も右(西)側の本屋さんも閉まっています。
今度は、こちらを南下します。


ajanta-9.jpg
高辻通から、寺町通を約20m南下しました。
左(東)側にインド国旗が付いた看板が見えますが、
そちらが今回ブログのメインAjantaです。
国旗からわかるように、こちらはインド料理レストランです。
2Fの宴会席を含めると70席ありますが、
通常は1F部分の20席のみ入ることができます。


ajanta-10.jpg
Ajantaに、入店しました。
扉の脇に、こちらのアルコールジェルが置かれています。
ここ最近の「飲食店の必需品」ですね。
こちらで両手を除菌して、店内に入ります。


ajanta-11.jpg
京都市内にもインド料理店がたくさんありますが、
そのどちらもこのようなインドを印象付けるものを飾っています。
こちらには、シヴァ神の絵が飾ってありますね。


ajanta-12.jpg
入り口の脇には、開店当初からこちらのモニターが置かれています。
こちらからは、インド人歌手が歌う曲が流れてきます。
こちらをBGMにして、注文したものを待ちます。


ajanta-13.jpg
自分はこちらのお店を取材したのが、正午ごろでした。
店内がお客さんでいっぱいでしたので、
先程のモニターの背後のこの席しか残っていませんでした。
実はこちらのお店は数カ月前に改装したのですが、
以前はこちらの席はありませんでした。


ajanta-14.jpg
こちらが、Ajantaのランチメニューです。
こちらのお店のカレーが、左側の12種類から選びます。
(詳しくご覧になりたい方は、写真をクリックしてください)
全種類同じ価格ですが、右下のプラウンカレー(エビカレー)は
通常料金より100円増しです。
こちらに来られる多くの方は1,000円のAランチを注文されますが、
自分はいつも1,200円のBランチを頼みます。
(Aランチはカレーが1種類、Bランチは2種類頼めます)


ajanta-15.jpg
ランチメニューの隣には、アルコールメニューが並びます。
ビールだけでも11種類、他にも6種類あります。
アルコールの入っていないものはこちらに書いてありませんが、
チャイやラッシなど通常インド料理屋にある飲み物は
こちらに一通りあります。


ajanta-16.jpg
注文してから約5分後、こちらがやって来ました。
ランチメニューに限らず、コース料理を頼むと必ず出てきます。


ajanta-17.jpg
先ずは、生野菜のサラダです。
キャベツの千切りの上に、千切ったレタスが載っています。
黄色いパプリカも、数本入っています。


ajanta-18.jpg
金属製のポットの中には、こちらのスープが入っていました。
そのスープを金属製のマグカップに注いで、戴きます。
こちらのスープが基本的には洋食屋によくある
チキンコンソメスープですが、
そこはインド料理店ですから様々なスパイスで味付けています。
胡椒はもちろん丁子の味が強いですね。
こちらのポットは、1テーブルに一つやって来ます。
2名で来店したならポットの中を分け合うのですが、
自分のように1名で来店なら何杯かスープのお代わりができます。


ajanta-19.jpg
そのスープを飲んでいるうちに、こちらがやって来ました。
Bランチのメインディッシュは、全てこの大皿の中です。
自分はナンでBランチを戴きますが、
サフランライスでもこちらを戴くことができます。


ajanta-20.jpg
ナンの脇に、タンドリーチキンが置いてあります。
さまざまな香辛料の入ったソースに漬けてから、
筒形のオーブンで焼かれた鶏のモモ肉です。
先程の写真のナンが長さ約50㎝だったので小さく見えましたが、
本当は1人前としては相当大きめですね。
こちらのタンドリーチキンは他店と比べてスパイシーですので、
ナンを戴きながらこちらを齧るのがお勧めです。


ajanta-21.jpg
そして、こちらが2種類のカレーです。
こちらを千切ったナンに浸して、戴きます。
左が100円増しのプラウンカレー(エビカレー)で、
右が鶏肉入りほうれん草カレーです。
左側はエビ自体は甘いのですが、
こちらの店の中でも特に辛いカレーです。
とは言え、巷で流行っている「激辛カレー」ほどではありません。
まぁきれいなターメリック色ですし、
その他さまざまな香辛料の香りと辛味が、
一口頬張ると口の中に広がります。
右側のほうれん草カレーは、ほうれん草の甘味が先に口に来ます。
こちらは、まったく辛くありません。
ただ香辛料は多量に入っていますので、
食すとほうれん草の甘味と同時にスパイシーな香りも感じます。
ペースト状のほうれん草が中の鶏肉の塊と合わさって、
歯ごたえがあって面白いですね。


ajanta-22.jpg
約20分掛けて、ナンをすべて戴きました。
タンドリーチキンも、もう骨だけになっています。
ただ、カレーはどちらもまだ半分くらい残っています。
店員さんに頼めばナンのお代わりもできますが、
ちょっと目先を変えてみます。(追加料金は、ありません)


ajanta-23.jpg
こちらのランチメニューではナンだけでなく、
サフランライスもお代わりが何回も可能です。
ですから、ナンを戴いた後にサフランライスを戴くことも可能です。
(しつこいようですが、追加料金は発生しません)


ajanta-24.jpg
プラウンカレー(エビカレー)に、サフランライスを半分入れました。
カレーが器いっぱいなら零れてしまいますが、
半分しか残っていませんので可能なことです。


ajanta-25.jpg
カレーの中のサフランライスをかき混ぜると、こうなります。
この状態にしてから、プラウンカレー(エビカレー)の
残りをすべて戴きました。


ajanta-26.jpg
続いては、残りのほうれん草カレーです。
こちらにも、サフランライスの残りをすべて入れました……
のですが、ほうれん草カレーをかき混ぜた写真を撮り忘れました。
写真はありませんが、ほうれん草カレーもすべて戴きました。


ajanta-27.jpg
サフランライスがやって来てから、約10分後。
Bランチを完食しました。
まぁ普通ならこれでおしまいなのですが……
インド料理店はここから少しだけ続きがあります。


ajanta-28.jpg
Bランチを完食した直後、こちらのマグカップがやって来ました。
最後の一品は、チャイですね。
要するに、様々な香辛料が入ったミルクティーです。
普段の自分は紅茶には砂糖を入れないのですが、
チャイの場合は砂糖を入れています。
しっかり甘くしてから、こちらを戴きました。
最後に、血圧を下げる薬をコップのお水と飲みます。
(脳出血罹患以来、1日1回服用しています)


ajanta-29.jpg
お薬を含めて、約30分掛けてすべて戴きました。
会計の際に店員さんにブログ掲載許可を求めたところ、
即断で快諾して頂けました。
そのことにお礼を言ってから、帰宅しました。


156-9.jpg
2013年10月1日にも、Ajantaにお邪魔しました。
そのときも、ポットに入ったスープと生野菜サラダが前菜でした。


156-10.jpg
そして、この時もBランチを頼みました。
価格は、現在と同じ1,200円でした。
こちらの大皿には、2種類のカレーとタンドリーチキンです。
この時も鶏肉とほうれん草のカレーを頼みましたが、
もう片方はマトン(羊肉)カレーです。
マトンカレーもそれほど辛くないカレーでしたが、
それが却ってサフランライスとよく合ってました。
初めからサフランライスが付いていましたが、
その分ナンが現在よりも小さめでした。
この時もこれだけではカレーが食べ切れず、
さらにナンをお代わりしていました。

「今日のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。
さまざまなお店の検索が、可能です。

~追記 その1~
6,000拍手獲得しました!
2020年10月12日月曜日段階で、
「今日の道 今日の道」ブログ拍手総数が
遂に6,000を突破しました。
これも皆様のご支持の賜物です。
どうも、ありがとうございました

~追記 その2~
上々の0-0
2020年10月9日金曜日に、中立地オランダのユトレヒトで
男子サッカー日本代表が、カメルーン代表と対戦しました。
カメルーンと言えば1990年W杯イタリア大会で、
前回大会優勝国アルゼンチンを撃破したことで有名です。
そのとき以来カメルーンは強豪国の仲間入りを果たしましたが、
個人の身体能力は高いものの、組織だったプレーは皆無で
チーム内で分裂してそのまま敗戦することも多い国でした。
何よりの驚きは、そのカメルーンが試合を通して
きれいな組織を組み上げてきたことです。
さまざまな選手を試していた日本よりも、
カメルーンの方が組織立っていたことが、何よりの驚きでした。
これがW杯本番でもずっと継続が可能なら、
一変してカメルーンも優勝候補の一角に躍り出ます。
まぁ現時点ではそこまでの得点力は無いので、
日本も安定した試合運びが可能でした。
むしろ目立った個人は圧倒的に日本人選手に多かったですね。
特に伊東選手は様々な面で良いアピールができました。
カメルーン人にスピードで勝てたのは、
さまざまな国のクラブチームには魅力的だったでしょうね。
日本人選手は悪い意味で小さくまとまるのですが、
今回見ていると選手同士の競争も見えましたし、
得点は無かったものの南野選手辺りがゴールに貪欲なのも、
日本全体を良い方向に導いていました。
少なくとも、現時点までは順調ではないでしょうか?

~追記 その3~
堀米選手に引導を渡される
2020年10月10日土曜日に、J2リーグ第25節が行われました。
我らが京都サンガは京都府亀岡市のサンガスタジアムで
アルビレックス新潟と対戦して1-2で敗戦しました。
これで京都は10勝8分け7敗の勝ち点38の6位です。
J1リーグへの昇格争いは、1位から順に
徳島・福岡・北九州・長崎に絞られました。
得点王独走中のウタカ選手初め、
2020年の京都サンガは得点力があります。
その反面、主力選手が負傷などで欠場の多い守備に問題があります。
特にセンターバックの選手層が薄いですね。
安藤主将や森脇選手が抜けたら、守備の支えが効かなくなります。
まぁジョルディ・バエス選手と若原選手が何とか支えていますが、
センターバックの裏に致命的な弱点がありますし、
そこを攻められれば途端に守備が崩壊します。
この試合でそこで得点したのは、元京都サンガの堀米選手でした。
京都時代によく決めていた左サイドから中央に切り込んで、
最後まで京都の守備を翻弄されていました。
これで京都が来シーズンもJ2リーグとなると、
ウタカ選手を初め主力選手が京都から出ていきます。
下手したら、安藤主将や森脇選手は引退です。
また初めから、チーム作りをしなければなりません。
まぁ数字上は京都サンガにも昇格の可能性はありますが、
だんだんそれが現実的ではなくなってきています。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

↑の匿名希望さんへのご返信です。

コメント、ありがとうございます。
京都市内には、あと何軒かインド料理店があります。
高価なお店には行けませんが、安いお店は近日掲載予定です。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「京のお店 今日のお品」
緊急事態宣言後の
京都市街地で
コロナ騒動下でも
頑張っておられる
さまざまなお店と
その商品を
紹介して宣伝します。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。

「錦小路東から西」
四条通の1本北に伸びる
錦小路を東から西に
進みます。
錦市場から祇園祭鉾町へ
最終的に住宅街に
移動していきます。

「五辻通東から西」
上立売通と今出川通の
中間に伸びる五辻通を
東から西へと進みます。

「正面通東から西」
脳卒中のリハリビがてら、
比較的ウチに近い
正面通を
東から西に進みます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: