fc2ブログ

レストラン 菊水

ホームに戻る
kikusui-1.jpg
店名:レストラン 菊水  業種:レストラン・バー・ビアガーデン
営業時間:日曜日~金曜日 午前10時~午後10時
     土曜日 午前10時~午後11時
※ 緊急事態宣言中などの時短営業で、変更あり
定休日:なし     飲食スペース:400(バーなど含む)
デリバリー:なし   テイクアウト:あり
(詳細は、ここをクリックしてください)
住所:東山区川端通四条上る川端町187
(地図で確認されたい方は、ここをクリックしてください)


kikusui-2.jpg
京都駅からJR奈良線に乗って、1駅。
「東福寺」駅で、京阪電鉄出町柳行きに乗り換えます。
そこから4駅先の「祇園四条」駅で降りて、改札を出ました。
祇園の西端「四条川端」交差点の真下で、北を向いています。
……という設定ですが、本当は第480回ブログの取材中です。
今回は、祇園で「老舗」の洋食店にお邪魔します。


kikusui-3.jpg
いつもなら京阪電鉄「祇園四条」駅改札を出ると
そのまま東に進んで地上に出ますが、
今回は「四条川端」交差点の真下の地下道を北上します。
改札の北側に、京阪電鉄「祇園四条」駅の切符売り場があります。
その周囲に、様々なお店が並んでいます。


kikusui-4.jpg
京阪電鉄「祇園四条」駅切符売場から、地下道を北に向きました。
この地下道はこのまま北上すると、白川沿いに出ます。
左(西)側にパン屋の志津屋がテナントで入っています。
その向かい(東)側に、地上に出る階段があります。


kikusui-5.jpg
先程と同じ位置で、東を向きました。
では、この京阪電鉄「祇園四条」駅8番出口から地上に出ます。


kikusui-6.jpg
先程の階段を上り、地上に上がってきました。
京阪電鉄「祇園四条」駅8番出口は、
四条通から約50m北上した川端通沿いにあります。
時間帯の関係で西日が差していますが、
よく見るとその先に鴨川が見えます。


kikusui-7.jpg
京阪電鉄「祇園四条」駅8番出口から、川端通を南に向いています。
この辺りは、東山区祇園地区の最西端ですね。
左(西)側のレンガ造りの建物が、レストラン 菊水です。
このビル1棟まるまるレストラン 菊水なので、
階上にはラウンジバーや屋上ビアガーデンまであります。
また京都市街地を映すTV映像の大半が、
このレストラン 菊水の屋上にある定点カメラのものです。


780-31.jpg
「祇園四条」駅8番出口から、川端通を約50m南下しました。
「四条川端」交差点に、レストラン 菊水の入り口があります。
こちらの入り口は四条通側と川端通側がありますが、
今回は川端通から入店します。


kikusui-8.jpg
入店する前に、店頭のメニューを見ています。
左端のお品書きはコース料理ですので、特に高価ですね。
1万円前後の金額が、書かれています。
レストラン 菊水は、京都市街地の中でも高級店ですから……


kikusui-9.jpg
とは言え、レストラン 菊水の醍醐味はグリル料理です。
右側のお品書きは、安めの「定食」メニュー中心です。
単品に、ご飯(またはパン)とスープ、飲み物で構成されます。
だいたい1,000円~2,000円くらいで、抑えられます。

またレストラン 菊水は、コロナ禍以前から
テイクアウトがとても盛んです。
四条通をはさんでレストラン 菊水の南向かいに、
芝居小屋の南座が建っています。
歌舞伎などの観劇の合間(幕ノ内)に、
お弁当などを戴く風習が江戸時代からあります。
多くの方々が南座の敷地内にある蕎麦屋総本家 松屋でないなら、
レストラン 菊水から観劇幕間弁当を注文します。


kikusui-10.jpg
四条通沿いにしろ、川端通沿いにしろ、
レストラン 菊水に入店するとこちらに来ます。
アルコールジェルで両手を殺菌していると、
体温計片手にここのボーイさんが来られました。
検温の後、今回ブログ掲載の許可を取りつつ
紙製マスクカバーを戴きました。


kikusui-11.jpg
こちらのボーイさんに、東側窓際の席に通されました。
今回ブログ取材時は、2021年3月末日でした。
(第780回ブログ取材と同時に取材しています)
2回目の緊急事態宣言と3回目の緊急事態宣言の中間です。
1Fの座席は、1/3くらいの人出でした。
では、こちらで注文した商品を待ちます。


kikusui-13.jpg
注文してから約5分後、ボーイさんがこちらを運んでこられました。
コースメニューではなく「ランチ」メニューを頼んだのですが、
それでもパンとスープが前菜に付いてきます。


780-32.jpg
「定食」や「ランチ」には、コーンポタージュスープが付きます。
トウモロコシ由来の甘味が、前面に出たスープですね。


kikusui-14.jpg
パンは、バゲットとバターロール1片ずつです。
これに、バターが付きます。
小皿の向こうに赤いマークが付いていますが、
こちらは菊の花に流水を表す菊水紋ですね。
この菊水紋が、レストラン 菊水の屋号です。


780-33.jpg
コーンポタージュスープを飲んでいるうちに、
(つまりパンに手を付ける前に)
こちらのメインディッシュが来ました。
最近設定されたハイカラスペシャルという
ランチメニューの一種です。
ただし、ランチでも夕方や日没後も戴けるようです。
スープとこれら全てで、1,408円(税込み)しました。


780-34.jpg
こちらが、そのハイカラスペシャルのメインディッシュです。
奥のサラダとともに、クリーミーコロッケ、エビフライ、
鶏の照り焼き、ハンバーグが並んでいます。
そういえば、このお皿にも菊水紋が付いています。


kikusui-15.jpg
ハイカラスペシャルのメインディッシュを大写しにしました。
こちらはクリーミーコロッケとエビフライですね。
コロッケに掛かっているのは、オリジナルのトマトソースです。
(ケチャップではありません)
エビフライの下には、オリジナルのタルタルソースが付いています。
こちらのタルタルソースも、ますや並みに酸っぱいですね。


kikusui-16.jpg
クリーミーコロッケを半分にして、断面図を撮りました。
中には、ベシャメルソースが詰まっていました。


kikusui-17.jpg
さらにお皿の右側には、鶏の照り焼きとハンバーグが並びます。
エビフライを食べ終わると、ポテトサラダが現れました。


kikusui-18.jpg
鶏の照り焼きも、断面図を掲載します。
「照り焼き」は焼きながら醤油ダレを付けるのが普通ですが、
このコクはデミグラスソースが混じっているのでしょうね。


kikusui-19.jpg
そして、右端のハンバーグを大写しました。
ハンバーグの下に並ぶスパゲッティには、
ソースがほとんど付いていません。


kikusui-20.jpg
ハンバーグも、断面図を撮りました。
本当は肉汁が流れている途中を撮りたかったのですが、
ゆっくり戴いている間に流れ終わってしまいました。
ただハンバーグの流れた落ちた肉汁は、
全てスパゲッティに収まります。
スパゲッティは、ハンバーグの肉汁やソースで味付けられています。


kikusui-21.jpg
スープに続いて、パンとメインディッシュも戴きました。
ただ、まだまだハイカラスペシャルは続きます。


780-35.jpg
お皿が片付けられると、ボーイさんがこちらを運んでこられました。
食後のコーヒーですね。


kikusui-23.jpg
こちらが、レストラン 菊水のコーヒーです。
しっかりコクがあって、苦みのあるコーヒーですね。
レストラン 菊水は喫茶店としての側面もあって、
こちらのコーヒーだけを求めて来られる方もいらっしゃいます。


kikusui-22.jpg
こちらもブリキ製容器に、フレッシュミルクが入っています。
普段は入れずに飲むのですが、
おいしそうなので今回は入れてみました。


kikusui-24.jpg
それで、フレッシュミルクをコーヒーに入れてみました。
こうすると、カフェオレみたいですね。
するとコーヒーの苦味がまろやかになって、
いつものストレートとは違う味わいになりました。


kikusui-25.jpg
先程の撮影から約1か月後、
3回目の緊急事態宣言の期間中の午後3時ごろに、
レストラン 菊水に再訪しました。
この日は、さすがに1F部分は1/6くらいの混み具合でした。


kikusui-12.jpg
実は、前回お邪魔したときと同じ席に就きました。
その際東側の窓から外を見ると、ツツジがちょうど満開でした。
桜の後は、ツツジ、紫陽花と満開が続きますね。


kikusui-26.jpg
注文してから、約5分経ちました。
レストラン 菊水はフルーツパフェも有名ですが、
今回は「クリーム餡蜜」の抹茶味を頼みました。
(税抜きで、¥700です)


kikusui-27.jpg
「クリーム餡蜜抹茶味」のお皿の反対側から撮ってます。
中央に、抹茶味のアイスクリームが載っていますね。
反対側から撮っているので、
このお皿の菊水紋は上下逆になっています。


kikusui-28.jpg
「クリーム餡蜜抹茶味」を正面から大写ししました。
アイスクリームの手前に、つぶ餡とバナナが並びます。


kikusui-29.jpg
「クリーム餡蜜抹茶味」の反対側からも、大写ししました。
バナナ以外にも、キーウィや柑橘系果実が並びます。
サイコロ状に切り取られた寒天の下に、黒蜜が敷いてあります。
先述の小倉餡と黒蜜で、「餡蜜」です。


kikusui-30.jpg
約20分かけて、「クリーム餡蜜抹茶味」を戴きました。
では会計を済ませて、帰宅します。

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。
~追記 その1~
レストラン 菊水のリンクを書き換えます
レストラン菊水の記事は、ウチのブログでも何回か登場します。
そちらにはレストラン 菊水のサイトを貼り付けていますが、
少しずつ今回ブログへのリンクに変更します。

~追記 その2~
今後の予定
既に取材を終えているお店は、祇園の飲食店が1軒と
京都駅前の豆腐屋さんが残っています。
河原町五条下るのハンバーガー屋さんへの取材も予定していますが、
6月末日の「夏越の祓い」で疫病退散のお参りもします。
ただ、ちょっと別の記事も考えています。
先日CRAFT KYOTOのの店長さんと、偶然道端で会いました。
緊急事態宣言中は休業されていましたが、
アルコール規制が終了次第営業を再開される予定で、
その日はその営業再開の準備に奔走されていたようでした。

現在もあちこちのお店を取材していますが、
ご時世を考えるとアルコールを提供するお店を
特集して載せるべきではないか、と思っています。
(アルコールが解禁されるのが、前提ですが……)
以前訪れたお店も合わせて、
それらのお店の現状を書く必要を感じました。
敢えて規制破りをされているお店はともかく、
きちんと規制を守られているお店が
営業不振に喘いでいらっしゃるのは理不尽です。
政府(国と地方)の援助金もあるようですが、
一人一人も知らんぷりするのも違うような気がします。
自分はブログを書いているので、
せめて宣伝のようなことをしたいですね。
とは言え、自分は脳卒中のおかげで
それ程お酒が飲めませんし、
そもそも様々なお店に通い続けるほど収入はありません。
そこでお店に通った過去記事や追加記事中心に
「アルコールを提供するお店の現状」みたいな記事を
ブログ1回分でお店記事とは別枠で書こうと思っています。

~追記 その3~
EURO2020開幕!
2021年6月11日金曜日から、男子サッカーの
ヨーロッパ最強国を決めるEURO2020が開幕しました。
ヨーロッパ10カ国11都市で開催されるサッカーの祭典です。
コロナウィルスの影響で2021年開催ですが、
表記は元々開催が予定されていた2020年大会ですね。
1996年大会が見たい一心でWOWWOWに加入して、
早くも25年が経ちました。
開幕戦はイタリアのローマで、イタリアがトルコを
圧倒的な3-0と粉砕しました。
今大会のイタリアは、桁外れに強いです。
もしかしたら、史上最強かもしれません。
日本が出ていない大会では、
イタリアを応援する自分には最高の始まりですね。

~追記 その4~
シュート1本で勝利
そのイタリアの大活躍の次の日は、
グループリーグA組B組の残りを終えました。
いちばん目を引いたのは、フィンランドです。
初出場で、デンマークとコベンハーゲンで対戦しました。
(要するに、事実上アウェイ戦です)
デンマークは予選が好調だったので、
フィンランド苦戦とみられましたが、
たった1本のシュートでゴールを決めて、
1-0で勝利しました。
全員で必死に守る姿は好印象を与えましたが、
個人技もしっかりした選手が多いのも特徴ですね。

ただ、デンマークには懸念材料があります。
試合中にエースのエリクセン選手が倒れ、
18分も心肺停止になりました。
一時期は死亡の可能性もあったのですが、
現在は病院のベッドで療養されています。
一刻も早いご回復をお祈りしています。

~追記 その5~
京都はまた足踏み
2021年6月13日日曜日にJ2リーグ第18節が開かれ、
我らが京都サンガは京都府亀岡市にあるサンガスタジアムで、
2-2とまた引き分けました。
ここのところ、ずっと引き分けています。
エースストライカーのウタカ選手の2ゴールでリードしましたが、
守備のミスの連発で追い付かれてしまいました。
これで京都は、11勝5分け2敗の勝ち点38です。
首位新潟が岡山に負けたので、逆転首位に立ちました!
とは言え、危険な磐田も勝ち点が同じ2位です。
いつまで磐田を抑えつけられるかで、
今シーズンのJ2リーグは雌雄を決します。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも楽しく拝見させていただいています。
昨日まで京都に行っていました。
こちらの記事を参考に菊水さんのテイクアウトを利用させていただましたが
大変美味しくて満足しました。

Re: No title

信州焚火人さん、こんにちは。
またコメント、ありがとうございます。

レストラン 菊水のテイクアウト弁当は、長い歴史があります。
京都には大昔から「仕出し文化」があって
お弁当を日常的に注文しますが、
こちらは「洋風仕出し屋さん」の側面もあって、
コロナ禍以前でもこちらの主力所品であったようです。
「南座で歌舞伎を見ながら、菊水の弁当を戴く」のは、
京都市民もちょっとあこがれています。
検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「京のお店 今日のお品」
緊急事態宣言後の
京都市街地で
コロナ騒動下でも
頑張っておられる
さまざまなお店と
その商品を
紹介して宣伝します。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。

「錦小路東から西」
四条通の1本北に伸びる
錦小路を東から西に
進みます。
錦市場から祇園祭鉾町へ
最終的に住宅街に
移動していきます。

「五辻通東から西」
上立売通と今出川通の
中間に伸びる五辻通を
東から西へと進みます。

「正面通東から西」
脳卒中のリハリビがてら、
比較的ウチに近い
正面通を
東から西に進みます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: