fc2ブログ

6月26日の京都駅前 その2

ホームに戻る
ekimae-21.jpg
前回ブログでウチの最寄り「京阪七条」バス停から塩小路を西進し、
東洞院通から塩小路をさらに西に約10m進みました。
今回は目の前の階段を降り、
京都駅前地下街と南側の八条口付近を散策し、
京都駅前の飲食店の様子を取材します。
撮影日は、2021年6月26日土曜日午後5時半。
3回目の緊急事態宣言解除後、最初の週末です。


ekimae-22.jpg
先程の階段を下りると、京都駅前地下街PORTAに出ます。
ただ、この写真はそのPORTAより約100m北にある
京都タワーの地階KYOTO SANDOの入り口です。
本当は地下街PORTA散策の途中に寄ったのですが、
時系列通りに掲載するとややこしいので、
先にこちらを書きます。

こちらは緊急事態宣言が解除されても閉まっていましたが、
2021年6月25日金曜日から営業を再開されています。
店内を覗くと、どのお店もお客さんで賑やかでした。


ekimae-23.jpg
こちらが、KYOTO SANDOに入ったお店です。
KYOTO SANDOはフードコートの形態を取っていますが、
京都市街地の人気店が集結しています。
一覧の最上段中央には、「京のお店 京のお品」でも
紹介した中華料理店精華園の支店も健在ですね。
ただ、こちらの一覧から2店舗が撤退していることが分かります。
やはり、中には経営が順調と言えないお店もあります。


ekimae-24.jpg
KYOTO SANDOから約100m南下して、
京都駅前地下街PORTAに入っていきます。
この日(2021年6月26日)は、以前の普通の週末並みの人出でした。
皆さんマスクを着けて無言でしたが、結構の人出でした。
ただ、あまりお店に入っていかれる方はいらっしゃいませんでした。


ekimae-25.jpg
そして、PORTA内の飲食店街を散策しました。
PORTA内の飲食店街は、PORTA敷地の東端と西端に分かれます。
コロナ禍で撤退されたお店も何店舗かありますが、
そちらにはどこも新しいお店が入っています。
この日(2021年6月26日)はそこそこの人出でしたから、
ある程度のお客さんが入ったお店も数多くありました。


ekimae-26.jpg
PORTA東端に観光客目当てのお土産物屋街があったのですが、
そちらは2021年6月26日段階で閉鎖されています。
代わりに2021年7月15日からテイクアウト専門店街として
新装開店されるようです。
中には大阪市に本店があるお店も混じっていますが、
京都市民にとって長年馴染みのあるお店で占められています。
やはり飲食店のトレンドは、地元でテイクアウトなのでしょうか?


ekimae-27.jpg
その南隣が、「京名果」です。
こちらも、2021年6月26日現在改装工事中です。
観光客目当ての和菓子専門の土産物店街でした。
こちらは改装後も存続されるようですが、
どうもカフェスペースが併設されるようです。
観光客をターゲットにしてはいますが、
以前よりも地元民を意識した展開に変化し始めていますね。


ekimae-28.jpg
PORTAから、京都駅地下改札口付近に南下しました。
ここからさらに南下して、
今度は京都駅南側の八条口付近を散策します。


ekimae-29.jpg
先程の地点から約100m南下し目の前の階段から、
京都駅八条口付近の地上に上ってきました。
ここからは、京都駅八条口付近の様子を取材します。


ekimae-30.jpg
京都駅八条口改札口の前を西に進み、飲食店街に入ってきました。
午後5時で閉店の店もありましたが、大半のお店が営業中でした。
インバウンド需要華やかな頃よりは人出は少ないものの、
それでも結構な方々がいらっしゃいました。
京都を代表する回転寿司屋さんの「回る寿司 むさし」は
お店に入り切れず、お店の前に行列ができていました。


ekimae-31.jpg
先程の飲食店街から約200m西に進むと、
今度は近鉄京都駅より西の飲食店街です。
ここからは、そちらを散策します。


ekimae-32.jpg
近鉄京都駅側の飲食店街も、
この日(2021年6月26日)はそこそこの人出でした。
その飲食店街の東側は、さまざまな和食の老舗が並びます。
中でも「江戸川」は、京都市街地屈指のウナギ料理のお店です。
左(南)側の蕎麦屋さんも含めて、元気にお店を開いておられました。
江戸川のメニューはだいぶ減らされていましたが、
それでもそこそこお客さんがいらっしゃいました。


ekimae-33.jpg
その西側に、喫茶店や洋食のお店が並びます。
こちらは、その中のイタリア料理店です。
……のですが、調理スペースも飲食スペースも片付けられて
固く扉が閉じられています。
どうやら、こちらは撤退されていらっしゃるようですね。
実は、こちらの西隣の喫茶店も撤退されていました。
今回の取材で、全体の約1割が撤退されている現状です。


ekimae-34.jpg
とは言え、さらにその西側は結構な人出でした。
この辺りには中華料理店のハマムラ、洋食の東洋亭など
京都市街地での老舗有名店が並ぶのですが、
どちらもそこそこお客さんが入っておられました。


ekimae-35.jpg
その中華料理店ハマムラと洋食店の東洋亭の南側から、
八条通に通じる入口に進めます。
次は、こちらから八条通に出ます。


ekimae-36.jpg
先程の入り口より西の八条通沿いにも、飲食店が続きます。
実はJRの京都駅から近鉄の京都駅前まで、
と言いますか竹田街道から油小路まで、
八条通沿いに飲食店がずっと並びます。
こちらは、先程の入り口から約30m西に進んだところのお店です。
ギネスビールなどアイルランド製ビールを出すアイリッシュパブ
Man in the Moonというお店です。
アルコールを提供するのがメインの飲食店は経営が苦しいので、
いろいろ心配していたのですが、まだまだ健在ですね。
こちらのお店は、ウチのブログで何度か出てきていました。


572-24.jpg
こちらは、そのMan in the Moonが
2018年6月24日に発売されたチケットです。
こちらがあれば、ビールが1杯だけ無料で付いてきました。
この日限定で、このチケットがないと入店できませんでした。
当時は2018年W杯ロシア大会の開催中で、
そのときに入店すれば、大勢の方々と共に
ワールドカップのTV観戦が可能でした。
要するに、こちらのお店はスポーツバーでもあります。
こういうお店は京都市街地に何軒かありますが、
自分はいつもスポーツの国際大会はこちらでTV観戦しています。
そういえば、この時パナマvsイングランドを見ながら
イギリス人の男性とハリー・ケイン選手を
散々こけおろしたのを覚えています。
(詳細は、第572回ブログ参照)


691-34.jpg
こちらは、2019年10月13日日曜日午後7時半ごろです。
Man in the Moonに、様々な国々の方々が集結です。
2019年ラグビーW杯日本大会の
日本vsスコットランドが始まろうとしています。
スコットランド人の集団が早くに来られて店の奥を占拠されたので、
日本人や何故かニュージーランド人は店の外を占拠します。
ちなみにビールなどお店のものを何か頼めば、
お店の外でもTV観戦が可能でした。
(詳細は、第691回ブログ参照)


691-37.jpg
日本が、スコットランドに勝利した瞬間です。
自分自身が飛び跳ねているので、カメラがブレました。
日本人だけでなく、ニュージーランド人やオーストラリア人まで
歓喜の渦に加わっていました。


691-39.jpg
敗退したスコットランド人が早々に帰宅されたため、
日本人中心に店内でお祝いの大合唱となりました。
まぁ2021年の東京五輪でこういうことをしてしまうと、
一発でコロナウィルスのクラスターが大発生するでしょうね。
2021年6月EURO2020 のイングランドvsスコットランド戦後、
イギリス中でクラスターが発生しました。
ただ、こちらはこういうお店であると理解してほしくて
数年前の写真を何枚か貼り付けました。


ekimae-37.jpg
写真は、2021年6月26日土曜日午後6時に戻ります。
Man in the Moon店頭から、八条通を東進しました。
竹田街道と、油小路とのほぼ中間点です。


ekimae-38.jpg
その辺りは、地理的には室町通に相当します。
こちらに「南北自由通路」という陸橋があります。
八条通と塩小路を結ぶJRの線路と駅舎に架かる橋です。
次はそちらを渡るのですが、もうだいぶ写真を貼り付けました。
今回は、ここまでです。

~次回は、JR西日本伊勢丹店頭経由で
「七条新町」交差点に向かいます。
次回で、「京都駅前リポート」は、終了します~

「京のお店 今日のお品」カテゴリートップに
進みたい方は、ここをクリックしてください。
さまざまなお店の検索が、可能です。
~追記 その1~
この辺の地図を貼り付けました。
詳しくは、ここをクリックしてください。
京都駅が、起点です。

~追記 その2~
夏越の祓いに行きました
毎年6月末日(30日)に、「夏越の祓い」が行われます。
各神社の鳥居に大きな茅の輪を飾り、
そちらをくぐりながら疫病退散をお祈りするお祭りですね。
特定の神社ではなく、京都市街地の多くの神社で行われます。
「京の道 今日の道」では毎年こちらに参加してきましたが、
2021年もあまり人出がないことを予想した神社に向かいました。
実は2柱の神社に向かいましたが、
そのうち片方は結構な人出でした。
こちらの様子は現在の京都駅散策の連載終了後、
夏越の祓いの記事を掲載します。

~追記 その3~
田中さん、5試合です
ヨーロッパ各国で開催されているEURO2020は、
決勝トーナメント1回戦が終了しました。
各グループリーグ1位はイタリア、ベルギー、スウェーデン、
オランダ、イングランド、フランスでした。
そのうち90分以内で快勝したのはベルギー、イングランドのみで、
イタリアはオーストリアと延長戦の末に辛勝でしたし、
スウェーデン、オランダ、フランスに至っては敗戦しました。
さらに延長戦まで戦ったのが、8戦中5試合でした。
WOWWOWの実況アナウンサー田中大志氏が
8戦目のスウェーデンvsウクライナ戦で延長戦になった試合を
指折り数えられていたのですが、
スペインvsクロアチア戦を数え忘れておられました。
5-3(2点差)でスペインの勝利でしたから、
あまり延長戦の印象がないのでしょうね。
EURO2016Franceは、1回戦は8戦中2試合が延長でした。
それを思うと、今大会は同点で延長戦に突入することが多いですね。

~追記 その4~
波乱万丈で、怒涛の展開
そのEURO2020決勝トーナメント1回戦ベストゲームが、
F組1位のフランスとA組2位のスイスの試合でした。
前半1-0でリードしたスイスが、後半15分にPKをミスしました。
ミスしたロドリゲス選手が精彩を欠くなか、
試合の流れが大きく変わり、ベンゼマ選手2点とポグバ選手の1点で
1-3とフランスが大逆転に成功しました。
特にポグバ選手がゴールパフォーマンスで踊り続ける中、
誰もがフランスの勝利を予想していました。
WOWWOWの解説者安永聡太郎氏も、
スペインvsフランスの試合展望を始めていましたし、
スイスのジャカ選手も小さなことでレフリーに執拗に抗議し、
イエローカードを受けていました。
そんな中諦めていなかったのがスイスのセフェロビッチ選手で、
ずっとフランスDFの裏を取るプレーを黙々と続けていました。
それが終了間際のスイスの2得点を生み出し、
最終的にPK戦でスイスはフランスに勝利しました。
つまり、セフェロビッチ選手の折れない心と
自分ができることを継続する意志の強さがフランスを凌駕しました。

~追記 その5~
さすがにシェフチェンコ監督も怒ります
逆にワーストなのが、スウェーデンとウクライナの試合です。
延長前半8分にスウェーデンのダニエルソン選手が一発退場となり、
終了間際のゴールでウクライナが勝ちました。
まぁ一人多いウクライナがセンターバック同士でパスを回し、
終了間際まで攻めない変な試合でしたが、
この試合をワーストにしたのがダニエルソン選手の退場シーンです。
ウクライナのベゼディン選手の右足の脛を狙って飛び蹴りをして、
一瞬ベゼディン選手の右足がありえない方向に曲がっていました。
(要するに、骨折を狙ったプレーです)
そして決勝ゴールが決まったとき、
スウェーデンのアンデション監督は
ウクライナのシェフチェンコ監督に対して
「演技で骨折したふりをさせた」というゼスチャーをしました。
これには、温厚なシェフチェンコ監督も激高していました。
まぁ試合後のインタビューでアンデション監督は、
ダニエルソン選手のプレーに
「退場は当然」とコメントしていますが……

~追記 その5~
一方EUROでは、感染者が急増しています
EURO2020は10カ国11都市の分散開催なのですが、
観客動員は各国の裁量に任されています。
ドイツのミュンヘンでは収容人員の20%を上限としていますが、
ハンガリーのブタペストは収容人員の100%を上限としています。
これはワクチンの接種率とは関係なく、
各国大統領や内閣総理大臣の政治思想によるものです。
ですから、国によってはコロナウィルス感染者が大量発生しました。
報道されている中では、イングランドvsスコットランド戦後に
スコットランド人サポーターのクラスターが発生したようです。
またロシアのサンクトペテルブルグでも
大きなクラスターが幾つか発生しているようです。
観客の受け入れはハンガリーとルーマニアが緩かったのですが、
そちらのクラスター発生の情報は入っていません。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 京都道案内
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

ぴのぴな

Author:ぴのぴな
ぴのぴなと申します。
生まれたときから50数年
ずっと京都住まいです。
中2のころから
自宅近くを中心に
寺社巡りをしてきました。
このブログで,
本当に京都に来たような
そんな気分を
味わってください。

リンク・カテゴリの説明
いい加減複雑になったので、
サイドバーの説明をします。
☆リンク
「京の天気」
京都市内の今の天気と
天気予報が分かります。

「京都桜100景」
ブログ用に
今まで撮った写真に
新たに撮ったものを加え
独断と偏見で桜の名所を
100選びました。
少しずつ更新して
ゆっくり完成させます。

「祇園祭の歩き方」
YAHOO知恵ノートを
こちらも利用して、
祇園祭宵山で回る
ポイントを書きました。
実際に回るときの
参考にしてください。

「京都市バス路線図」
京都市交通局発行の
京都市バスと市営地下鉄の
路線図を貼り付けました。
バス停や駅の位置以外に、
各観光地の位置関係も
これで分かります。

「京都市バス検索」
系統(「5系」とか)別に
市バスを検索できます。
各系統の停留するバス停や
バス停別時刻表が
貼り付けてあります。
京都観光に来られる前に、
今一度確認してください。

「嵐電(京福電気鉄道)」
京福電車(嵐電)のサイトを
そのまま貼り付けました。
電車の情報もありますが、
嵯峨野嵐山など
沿線の観光情報が
詳しく書いてあります。

「きょうもいろいろ」
ここと同じ
京都観光のブログです。
許可をいただいたので、
リンクさせて
いただきました。

「ひまわりパパの
ときたま日記」
ご家族のことを書かれた
ブログです。
こちらも
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「アマランサス☆
だいあり~」
いろいろなことを
書かれたブログです。
こちらも、
許可をいただいて
リンクさせて
いただきました。

「写真缶」
京都周辺の写真と
短いコメントの
写真ブログです。
こちらも、
許可をいただいて、
リンクさせて
いただきました。

「子連れ京都旅行」
ウチと同じ京都の
観光ブログです。
「幼児連れで
便利な店と
不便な点」を
詳しく
書かれています。
こちらは、
自分がお願いして
リンクさせて
いただきました。

「京都パワースポット
体験」
京都の様々な情報を
連載されています。
こちらも、
許可を頂いて
リンクをしました。

「京都散歩
日々の出来事と
三毛猫ブログ」
飼い猫と京都観光地の
様子を書かれた
ブログです。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

「京都に夢中!
古都・京都
お祭りナビ」
これから始まる
京都のお祭りや
イベントの
情報が載っています。
こちらも許可をいただいて
リンクしました。

布袋山保存会
祇園祭前祭の布袋山の
サイトです。
宵山でここに訪れて、
ここの方と親しくなって、
そのまま相互リンク
することにしました。

One-Shot Photo Blog
北関東と東京の下町の
写真ブログです。
自分の大ファンの
写真家さんが
運営されています。
こちらからお願いして、
リンクさせて
いただきました。

「春夏秋冬 京のくらし」
京都の季節の様子や
ご自身が経営されている
カフェの様子を
書かれたブログです。
この度、相互リンクさせて
いただきました。

☆カテゴリ
これまでの記事を
テーマ別に分けました。
記事は順番通り
並んでいますので、
観光コースをそのまま
追いかけられます。

「京のお店 今日のお品」
緊急事態宣言後の
京都市街地で
コロナ騒動下でも
頑張っておられる
さまざまなお店と
その商品を
紹介して宣伝します。

「未分類」
京都を書いては
いるのですが、
他の「道ブログ」とは
趣旨が違うものが
入ります。

「ここって、
何のブログなの?」
このブログの説明です。
記念すべき第1回です。

「限定公開」
パスワードがないと、
閲覧できません。
うちの家族の
個人情報満載なので、
こうなりました。
京都サンガの応援に、
東京に行った記事です。
(国立競技場と明治神宮)

「京都」
どのカテゴリにも
入らない記事です。

「京都サンガ」
Jリーグクラブの
京都サンガの 試合観戦や
イベントの様子を
記事にしました

「東福寺と泉涌寺」
ウチの近所なので、
一番よく行きます。

「伏見稲荷大社」
ウチの氏神様です。
初詣など
こちらも多くなります。

「ゑびす神社」
毎年参拝しているので、
独立させました。

「清水寺から平安神宮」
京都の東山周辺です。
京都観光の
一番有名なコースです。
これから京都観光を
考えておられる方は、
ここをご覧ください。

「京都紅葉散策」
紅葉の季節にあちこち
散策してきました。
毎年11月23日に行く
紅葉散策は含まれません。
そういうものに含まれない
短いものを集めました。

「京都桜案内」
桜の季節にあちこち
花見に行きました。
毎年少しずつ増えます。

「祇園散策」
花見小路の花街や
八坂神社・建仁寺など
祇園各地の散策です。

「祇園祭宵山散策」
祇園祭宵山を
毎年更新した記録です。
ゆっくり回ったので、
次に祇園祭に来られた時の
参考にしてください。

「節分」
毎年少しずつ増えます。

「京都のお祭り」
春から初夏を中心に
京都市内各地のお祭りを
記録したものです。

「松尾散策」
地蔵院や鈴虫寺、
松尾大社や法輪寺など
松尾を散策します。

「嵯峨野嵐山」
嵯峨野嵐山周辺散策です。

「京都駅前散策」
京都駅から
五条通にかけて
あちこち回りました。

「蹴上・鹿ヶ谷散策」
南禅寺のある蹴上や
哲学の道がある鹿ケ谷を
散策しています。

「太秦散策」
蚕ノ社や広隆寺、
映画村など太秦周辺を
散策しました。

「花園散策」
JR「花園」駅から
北側の衣笠山手前の
「きぬかけの路」に
かけて散策しました。
妙心寺や等持院など
並んでいます。

「松原通東から西」
清水寺~西小路間の
松原通を東から西へと
写真で追いかけます。
京都盆地を輪切りにして、
地域ごとの違いを
楽しんでください。

「松原通東から西」EX
松原通が終わる西小路から
京都盆地の西の端の
松尾までを書いています。
松原通の記事と
併せて読むと、
京都盆地の東西の様子が
よく分かります。

「三条通西から東」
嵐山から始まり、
名神高速道路
京都東インターまでの
三条通を西から東に
書いていきます。

「本町通北から南」
京都盆地の東側を通る
本町通を南から北に
進みます。

「寺町通南から北」
河原町通の1本西
寺町通を
五条通から北大路通まで
散策します。
[六原」経由で、
「本町通編」と
つながっています。

「烏丸通北から南」
「寺町通編」の最終回
今宮通から南に
十条通まで続きます。

「大和大路南から北」
本町通より1本東にある
大和大路を北上します。

「鞍馬口通東から西」
室町時代に
京都最北端の道だった
鞍馬口通を下鴨神社から
金閣寺まで進みます。

「きぬかけの路散策」
その金閣寺から西に
龍安寺や仁和寺経由で
北嵯峨まで進みます。

「塩小路東から西」
京都駅前の北側を
東西に貫く塩小路を
東端の智積院から
西端の梅小路公園まで
進みました。
そのあと、
七本松~佐井西通間の
{西塩小路編」も
続きます。

「千本通南から北」
平安時代の中心
旧朱雀大路である
千本通を
七条通から、
鷹峯まで進みます。

「高倉通南から北」
京都中心街を縦断する
烏丸通と河原町通の
中間を貫く高倉通を
北上していきます。
神社仏閣よりも、
飲食店の取材が中心に
なってしまいました。

「上立売通東から西」
今出川通の北側に伸びる
東西の道を散策します。
京都市街地屈指の
桜がきれいな通りです。

「若宮通南から北」
西本願寺と東本願寺の
中間点を通る小路を
北上しました。
京町家と古い商店街の
京都らしい町並みです。

「若宮通南から北」EX
「若宮通編」の最後から
三条通まで
若宮通の真北の通りを
北上していきます。

「釜座通南から北」
若宮通を真北に
延長した先の釜座通で
三条通~京都府庁間を
北上しました。
途中、二条城に
立ち寄りました。

「錦小路東から西」
四条通の1本北に伸びる
錦小路を東から西に
進みます。
錦市場から祇園祭鉾町へ
最終的に住宅街に
移動していきます。

「五辻通東から西」
上立売通と今出川通の
中間に伸びる五辻通を
東から西へと進みます。

「正面通東から西」
脳卒中のリハリビがてら、
比較的ウチに近い
正面通を
東から西に進みます。
サイトやブログのリンク
シリーズごと読むなら、こちらから
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブログの訪問者数
 
現在の訪問者数
現在の閲覧者数:
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ランキング参加バナー
ブログ村ポイント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: